1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/01/12(月) 21:22:53.02 ID:???.net
米ニューヨークのケネディ空港で、大韓航空のチョ・ヒョンア副社長(当時)が機内サービスに激怒して飛行機を引き返させた「ナッツ・リターン」事件をきっかけに、
昨年8月にCNNが選定した「韓国が世界一優れている10項目」というリストが注目されている。

CNNが選んだのは▽高いカード発行率▽整形手術▽長時間労働と短時間睡眠▽革新的化粧品▽合コン文化▽IT技術▽航空サービス▽会食と飲酒文化▽女性ゴルファー▽スタークラフト――の10項目。

韓国紙・ヘラルド経済が5日に掲載したコラムによると、この中でも「韓国の機内サービスは世界最高と絶賛されていた」という。
韓国の乗務員は、乗客の些細な要求にも親切に応え、機内食が品切れになろうものなら自殺衝動でも感じているかのような表情を見せる。世界的な航空会社が機内サービスを学ぶために韓国を訪問するほどだったという。

コラムは、こうしたサービスを作り上げたのが「ほかでもないチョ・ヒョンア前副社長」だったと指摘。
チョ前副社長の今回の行為について、1995年に不良品の携帯電話15万台を回収して焼却した「李健熙サムスン電子会長のショック療法を思い出したかもしれない」と推測して擁護した。
さらに、「女性というハンデ」「反財閥感情」「大衆の嫉妬」「企業の危機管理システム不足」の4つによって「拘束という悲劇」が起きたと同情している。

一方で、今回の事件を機に、顧客の要望を尊重しない従業員が増えてきたと主張、「ナッツ・リターンが大韓民国のサービス産業にとって重要な分岐点になるかもしれない」と懸念を示している。

これに対し、韓国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

「正常な国とは言えない。韓国は、世界の笑いもの」

「会社における会食が韓国では一つの文化として定着。当たっているけど、悲しい」

「美に限って韓国は地球上で最も進化した国だと断言する」

「大げさな記事だけど、長所だけ見れば、悪くない」

「低い出産率、高い高齢者の貧困率と自殺率・・・。現状がよく表れている」

「『優れた10項目』というタイトルが似合わない」

「この結果、笑ったらいいのか、泣いたらいいのか、分からない。昔は、もっと自慢できる国だった気がするんだけど」

「米国と韓国は、どんぐりの背比べ」

「K-POPの次に外国の新聞を飾ったのは、ナッツ副社長」

「笑いものとして1位」

「CNNが見逃した点がある。長時間労働でも生産性は保障されないと付け加えたら、完璧」

「自爆級のネタ」

「CNNの記者はおかしい。ブッシュとクリントンにべったりの集団」

(編集 MJ)

http://news.livedoor.com/article/detail/9664830/

引用元: ・【韓国】CNN選定「韓国が世界一優れている10項目」が話題に 韓国ネット「正常な国とは言えない」「昔はもっと自慢できる国だった気が」

【皮肉のオンパレードw 【韓国】CNN選定「韓国が世界一優れている10項目」が話題に 韓国ネット「正常な国とは言えない」「昔はもっと自慢できる国だった気が」】の続きを読む