1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/03/12(土)18:00:57 ID:aFz

 「3.11(2011年3月11日に発生した東日本巨大地震)の後、誰も責任を取らないのは、実は日本が
(第二次世界大戦で)敗戦したときと同じ構造が繰り返されているからだ。このような恐ろしい災害
があったということだけでなく、発生の仕方や収拾の仕方、「(状況は)コントロールされている」
という虚言、その虚言に国民の多数が従うという状況、これらは全て敗戦直後の「戦後復興」神話の
構造が繰り返されているのだ。つまり1945年と2011年に起きたことは基本的につながった一本の線の
上にあるということだ」(徐京植〈ソ・ギョンシク〉東京経済大教授)

 東日本巨大地震の発生から今年3月11日で満5年を迎える。日本の国土の10%が放射性物質で汚染さ
れ、15万人以上が被災する大惨事となった。2000日近い月日が流れたが、福島の災害はいまだ進行形
だ。歴史に対する省察には時効などあるはずがない。今週だけで3冊の関連書籍が韓国で出版された。
単純に原発に対する嫌悪や原発反対といった短絡的なスローガンではなく、われわれが見逃していた
部分に対する警告と省察はないだろうか。

 『ふたたびフクシマに向き合うということ』(徐京植、鄭周河〈チョン・ジュハ〉他著、原題『奪
われた野にも春は来るか-鄭周河写真展の記録』)は歴史的・芸術的な創造力を通じて団結の力を取
り戻そうという試みだ。著者の一人である韓国の写真家・鄭周河氏は、大地震後の被災地域を撮影し、
1年4か月にわたって日本の6か所で巡回写真展『奪われた野にも春は来るか』を開催した。今回出版
される書籍には展示会場でのトークセッションの記録が収められている。

 写真展に企画段階から関わった知識人で在日韓国人の徐京植教授は、福島の原発事故と、日本によ
る韓半島(朝鮮半島)の植民地支配を重ね合わせる。核心は「反省なき日本」。放射能災害は、日本
が国策によって東京電力と共に全世界に及ぼした害だ、というわけだ。世界の海と世界の空気を汚染
したのだから、当然全世界に向けて謝罪し、二度とそのようなことはしないと約束すべきなのだ。し
かし日本は自国民にすらまともに謝罪しないまま時間だけが過ぎている、と同教授は指摘する。これ
は「ファシズム回帰」の兆候だ。

 『終わりなき危機』(ヘレン・カルディコット監修)は、福島原発事故の医学的・生態学的影響に
関する最新の研究とエッセーをまとめたものだ。代表著者のヘレン・カルディコット氏は「医師とし
ての社会的責任を追及するための組織」の共同設立者であり、反核活動家でもある。同氏は2013年3
月、ニューヨークでシンポジウムを開催し、医学・生物学・原子力学・エネルギー学の観点からシン
ポジウムの結果をまとめた。同氏は「世界の主要メディアは放射能に関して恐ろしいほど無知だった」
と批判し「安全な放射線量」などないと言い切る。「年間20ミリシーベルトまでは放射能にさらされ
ても大丈夫」という日本政府の発表に真っ向から反論しているわけだ。年間20ミリシーベルトとは胸
部レントゲンを1日3回ずつ1年間撮影した場合の放射線量に相当する。しかし(1)体に入った放射性
元素は将来にわたり蓄積され、(2)子どもは放射線の影響による発がん可能性が成人の10-20倍に達
し、(3)がんと白血病の潜伏期は5-10年であることから、福島の場合はここからが始まりだと警告
する。

つづく

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/11/2016031100601.html

【社会】「福島の被曝量は仏コルシカ島より低い」 英国の世界的権威が報告 子供たちの健康を継続調査 [H28/3/8]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1457548897/

引用元: ・【韓国】敗戦と震災、「反省なき日本」は繰り返される:東日本巨大地震から5年、韓国で関連書籍相次ぎ出版[3/11]

【五年経っても震災を祝っているのか【韓国】敗戦と震災、「反省なき日本」は繰り返される:東日本巨大地震から5年、韓国で関連書籍相次ぎ出版[3/11]】の続きを読む