まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:関係改善

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/18(月) 16:49:37.77 ID:CAP_USER
    18日、韓国・マネートゥデイは「任期が200日しか残っていない文在寅大統領はなぜ日本との関係改善に積極的なのか」と題する記事を掲載した。

    2021年10月18日、韓国・マネートゥデイは「任期が200日しか残っていない文在寅(ムン・ジェイン)大統領はなぜ日本との関係改善に積極的なのか」と題する記事を掲載した。

    岸田文雄首相と文大統領は15日午後に初の電話会談を行った。記事によると、韓国大統領府の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官は会談終了から2時間後に書面を通じて「文大統領は岸田首相と頻繁に意思疎通したいと考えており、直接会って両国関係発展の方向性について意見交換がしたいと話した。これに対し岸田首相も、両国首脳間の意思疎通が非常に大事だと共感を示した」と会談内容を明らかにした。

    一方、日本メディアは電話会談後すぐに会談内容を報道した。岸田首相も官邸で記者に直接、文大統領との会話内容を公開し、「現時点で文大統領と首脳会談を行う予定はない」と述べたという。

    この違いについて記事は「日韓関係の改善により積極的なのは韓国のようにみえる」と指摘している。また「岸田首相は文大統領に、元徴用工や慰安婦問題での積極的な対応も求めた。あいさつを兼ねた初の電話で両国間の敏感な問題を強くアピールするのは異例のことだ」と説明し、「韓国の政界では、日本が韓国との関係改善に消極的である中で韓国だけが積極的になっているのではないかと懸念する声も出ている。文政権は発足から最近まで、日本に強硬な姿勢を見せてきたためなおさらだ」と伝えている。

    韓国大統領府関係者によると、文大統領は任期中に日本との関係を改善させたい思いが強い。複雑に絡まった日韓関係を一気に解決することは難しいものの、和解ムードを次の政権に引き継ぎ「架け橋」の役割を果たすことは可能とみており、そのきっかけを作る最後のチャンスが岸田首相との対話だと考えているという。与党関係者は「日韓関係が現在のまま次の政権に引き継がれた場合、文政権が最悪の日韓関係をつくったと批判される可能性があるため、文大統領と大統領府は関係改善に積極的に乗り出すだろう」と話したという。

    また、文政権が積極的なのは「米政府が強調する日米韓3カ国協力を履行するため」との見方もあるという。バイデン米大統領は4月に菅義偉前首相、5月に文大統領と会談を行い、日米韓協力を強調している。

    記事は最後に「日韓首脳は今回の初電話会談で互いの立場を確認した。今後直接会う機会が作られるかは未知数だが、しばらくは文大統領と大統領府の関係改善に向けた努力が続くとみられる」と伝えている。

    この記事を受け、韓国のネットユーザーからは「『二度と日本に負けない』『南北平和経済で一気に日本を超える』と言っていたのに…。こんなうそつきが大統領をしているだなんて」「ずっと反日を貫いてきたけど、任期末だけ頑張って『良い人』のイメージで去りたいのだろう」「一つくらいは功績を作ろうと必死になっているのでは」「見せかけの親日ショーはやめて、静かに過ごすことが国益につながる」など、文政権の態度変化に戸惑いや批判の声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    Record China 2021年10月18日(月) 15時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b883756-s25-c100-d0191.html

    引用元: ・【レコチャ】任期残りわずかの文大統領、なぜ日本との関係改善に積極的なのか=韓国ネット「見せかけのショーはやめて」[10/18] [新種のホケモン★]

    【情けない大統領だな。 【レコチャ】任期残りわずかの文大統領、なぜ日本との関係改善に積極的なのか=韓国ネット「見せかけのショーはやめて」[10/18] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/29(水) 12:59:26.74 ID:CAP_USER
    日韓共同で行われた世論調査で互いの国への否定的な印象が依然として根深い一方、関係改善への期待感には差があることが分かりました。

    日本の非営利組織「言論NPO」と韓国のシンクタンク「東アジア研究院」は日韓の18歳以上の男女2000人余りを対象とした世論調査の結果を公表しました。

    相手の国に「良くない印象」を持っている人は日本人の48.8%、韓国人の63.2%に達し、ともに歴史問題を理由に挙げた人が最多でした。

    一方で、日韓関係を改善するべきと回答した人は韓国の71.1%に対し、日本は46.7%にとどまりました。

    双方の政権交代による関係改善の見通しも韓国では2割ほどが肯定的な回答をした一方で日本は5%以下と大きな差がつきました。


    テレビ朝日 9/29(水) 7:39配信
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000230288.html

    ※こちらとの数字と誤差あり
    【NHK】日韓関係冷え込み 国民意識に影落とす 民間団体世論調査=日本のNPO法人「言論NPO」と韓国の「東アジア研究院」[9/28]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1632827350/

    前スレ
    【日韓世論調査】 関係改善に差  改善するべきと回答した人は韓国の71.1%に対し、日本は46.7% [09/29] [荒波φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1632875084/l50

    引用元: ・【日韓世論調査】 関係改善に差  改善するべきと回答した人は韓国の71.1%に対し、日本は46.7%  ★2 [9/29] [昆虫図鑑★]

    【何度も穿り返して来たのは韓国だからな 【日韓世論調査】 関係改善に差  改善するべきと回答した人は韓国の71.1%に対し、日本は46.7%  ★2 [9/29] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/23(金) 17:11:07.54 ID:CAP_USER
    東京五輪・パラリンピックを機に韓国の文在寅大統領が日本を訪問する計画が見送られた。韓国側が首脳外交の儀礼にとどまらず、「成果」を求めたためだが、韓国紙は「葛藤の悪循環を断つことがこれほどまでに難しいのか」「日本に関係改善の意志はあるのか」などと反応した。

    東亜日報は社説で「外交協議が実現しなかったことで、韓日の葛藤の溝が深いことが改めて確認されたといえる」と指摘。「韓日政府は終盤まで首脳会談の日程と議題、時間、儀典などをめぐって意見をすり合わせてきたが、調整に失敗したのだ」と続けた。

    社説は「今回も韓日両国が2018年から3年近く続いた自尊心争いと感情的争いの壁を越えることができなかった。先月、英国で開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)でも韓日は略式首脳会談で暫定合意したものの実現せず、相手に遺憾の意を表し、神経戦を繰り広げた」と言及。「今回も両国政府がどのような説明をして責任を転嫁するのか懸念される。首脳会談見送りは、隣国として最低限の信頼もない今の韓日関係を如実に物語る」と嘆いた。

    その上で「実際、韓日両首脳が会ったからといって、長い間の屈曲の歴史の中で生じた葛藤が解決されるわけではない」としながらも、「両国間の最低限の信頼を構築し、そうすることで事あるごとに衝突して葛藤と対決の悪循環を繰り返す関係から抜け出さなければならない。今後、両国首脳は反転の機会を模索しなければならない」と訴えた。

    ハンギョレ新聞は「日本は関係改善への意志はあるのか」との社説を掲載。「事がこのようになったのは、日本政府が『「韓国が強制動員問題などの解決策を先に出すべき』という従来の立場を固守したからだ。加害者である日本の高圧的な態度は嘆かわしい」「韓国政府は首脳会談を通じた実質的成果の導出を強調してきたが、日本政府がこれを受け入れなかったということだ」などと批判の矛先を日本政府に向けた。

    さらに「韓国政府は『低姿勢外交』という国内の一部の反発を押し切って韓日首脳会談を推進してきた。しかし、日本政府は自国のマスコミに協議内容を流し続け、国内政治に利用しようとする意図をあらわした。日本政府は文大統領に対して無礼な妄言を吐いた在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使に対して適切な措置を取っていない」と非難。「最近の日本政府の様子からは相手に対する礼儀と尊重、対話を通じて問題を解決するという意志が見られない。日本の態度の変化を改めて求めたい」と主張した。(編集/日向)



    【韓国】文在寅大統領の訪日見送り ハンギョレ新聞「加害者である日本の高圧的な態度は嘆かわしい」「関係改善の意志はあるのか」[07/23] [ろこもこ★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1627016410/l50

    引用元: ・【韓国】文在寅の訪日見送り ハンギョレ新聞「加害者である日本の高圧的な態度は嘆かわしい」「関係改善の意志はあるのか」[07/23]★2 [ろこもこ★]

    【負け犬の遠吠え【韓国】文在寅の訪日見送り ハンギョレ新聞「加害者である日本の高圧的な態度は嘆かわしい」「関係改善の意志はあるのか」[07/23]★2 [ろこもこ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/03(水) 17:22:00.59 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の外交部長官に指名された鄭義溶(チ ン・ウィヨン)前国家安保室長は3日、国会人事聴聞会に送った答弁書で、対日外交について、政府が堅持してきた過去の歴史問題と未来志向の協力を分離して対応する「ツートラック」政策に基づき、関係改善に向けた努力を続ける考えを示した。

    また、「韓日の間には難しい問題が多くあるが、日本は最も近い隣人であり、朝鮮半島と北東アジア、ひいては世界の平和と繁栄のための協力パートナーで、韓日関係の安定的な管理・発展は大変重要だ」と表明した。

    国防部が2日に公表した2020年版国防白書は日本との関係を「パートナー」から「隣国」に格下げしたが、鄭氏は「パートナー」との表現を使った。

    旧日本軍の慰安婦問題に関しては、「世界で例のない戦時の女性人権蹂躙(じゅうりん)事例で、真の解決は単純な対日圧力や韓日がやり取りする方式の交渉では達成できない」との認識を示した。

    その上で、「バイデン政権の発足を機に強固な韓米同盟に基づき、韓日関係を改善・発展させ、韓米日の連携を強化する機会にしたい」とし、「3カ国協力は朝鮮半島問題、域内とグローバル懸案(の解決)に重要で、3カ国とも共感している」と強調した。

    朝鮮半島の平和プロセスについては、「(朝鮮戦争の)終戦宣言は非核化プロセスの一部で、終戦宣言を巡る議論を通じ朝鮮半島平和プロセスの再点火のため努力する」との姿勢を表明。

    「終戦宣言は法的拘束力がない政治的な宣言で、在韓米軍・国連軍司令部の地位に影響を与えない」とする政府の従来の立場を重ねて示した。

    対中関係に関しては、「国家利益のためには米中双方と友好的な関係を維持することが不可欠で、韓米同盟を根幹とし中国との戦略的な協力パートナー関係もバランスを取って発展させていく」との考えを示した。


    2021.02.03 17:09
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210203004200882

    引用元: ・【韓国外相候補】 日本は「パートナー」=「ツートラック」政策に基づき関係改善へ努力継続 [02/03] [荒波φ★]

    【日本人は全く相手にしてませんけどw 【韓国外相候補】 日本は「パートナー」=「ツートラック」政策に基づき関係改善へ努力継続 [02/03] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/21(土) 04:23:54.82 ID:CAP_USER
    日本の菅政権が軌道に乗り出し、米国の民主党バイデン政権発足の可能性が高まりつつある昨今。韓国ではムン・ジェイン(文在寅)大統領を始め、”韓国のCIA”国家情報院のパク・ジウォン(朴智元)院長、韓日議員連盟会長のキム・ジンピョ(金振杓)議員、与党「共に民主党」代表イ・ナギョン(李洛淵)議員ら政権と与党の有力者が、日本側に関係改善の意向を示し出している。

     その背景にはバイデン氏を始めとした東アジア政策に影響力を持つ民主党系の有力者らが、北朝鮮の核問題や、中国の人権問題等を始めとする諸問題において、多国間による解決と韓米日三角同盟を重視しており、これに歩調を合わせる必要性が強まったからだという国際政治学のリアル・ポリティクス的な見解がしばしば報道されている。

     確かに「華夷秩序」的な外交文化・外交感覚を持つ韓国において、盟主たる米国の「空気」とその変化・動向に細心の注意を払い、所謂「忖度」して動く事を通して陣営内での「位相(地位や順位や序列)」を向上させようとする動きとも見て取れる。

     しかし、同時に以前の解説でも指摘したが、「政権交代=革命」観によって内外の政権交代を見てしまう韓国の政権交代観の影響も指摘したい。韓国にとって好ましくない対韓政策、例えばインド太平洋戦略を始めとした対中包囲網形成、対北朝鮮強硬政策、通商上の制裁等を執った安倍・トランプ旧政権が「天命・天意=民意」を失ったとの解釈だ。

     つまり、政権交代である以上、新政権は旧政権の政策を放棄して親韓国的な対韓政策へと転換(革命)してくれる筈だという「政権交代=革命」観だ。故に好意的な姿勢をまず示す事で、日本が親韓国的な対韓政策へと躊躇せずに転換・革命出来るように誘導したいのだろう。

     ここでもう一つ指摘したいのが、以前紹介した「礼部・礼曹」型外交である。少なくとも日本は政権交代の結果、安倍旧政権の対韓政策の旧弊を革命・転換しなければならないと看做している。また同時に無視出来ないのが「礼部・礼曹」型外交、つまり対日徳化・対日教化である。

     昨年の朝鮮人労働者への賠償を日本企業に命じて在韓資産を差し押さえた最高裁判決の後、日本は”建前”として、韓国の半導体産業に欠かせない品目につき、「輸出管理・輸出規制」を強化した。もちろん「公然の秘密」や「建前・本音」の文化が存在しない韓国はこれを「制裁」と受け止めている。

     その翌日、文在寅大統領は閣議で「(制裁ではなく、輸出規制だと嘘をつく)日本は正直であるべきだ」と対日本の非難を開始したが、「正直であるべき」といった外交上の表現に馴染まない、まさに道徳的・倫理的な非難の表現を用いたことに注目したい。

     なおこれは文大統領に限った事ではない。時を遡ると1995年、故キム・ヨンサム(金泳三)元大統領が江沢民元総書記との会談で日本の歴史観・歴史教育(故江藤隆美元総務長官の発言)を非難した際に用いた表現も「日本の悪い癖を叩き直してやる」と上位者が下位者に叱る際に用いられる表現を使っていた。

     また別の際には「日本をしつけ直す」と言ったこれもまた、外交上の表現に馴染まない、まさに「道徳的・倫理的な非難」の表現を用いていた。この言葉が1997年の韓国の通貨危機(IMF体制)を招いたとの説も根強い。

     今までの対日非難の表現を見てみると、韓国から見た正義や正統の基準に従って、対日矯正を通した対日徳化・教化が前提となっているのが、韓国の対日外交にはしばしば見られるのだ。逆に対日徳化・教化の失敗は、現代の天子たる大統領や、その重臣たる政権・与党の関係者の「失徳」、つまり「天命・天意=民意」を失ったと看做されるのだ。

     故に対日矯正を通した対日徳化・教化が前提となっているが故に、外交上の表現に馴染まない(明確な上下関係を前提とした)道徳的・倫理的な表現での非難であり、関係改善のメッセージなのだ。特に「政権交代=革命」した菅政権の対韓政策や姿勢はまだ白紙状態であると看做している。

    (続く)

    WoW!Korea 11/20(金) 13:25
    Copyrights(C)wowkorea.jp
    https://news.yahoo.co.jp/articles/acafcd08e93791b8cfdff6d688857ca193026ef2

    ※前スレ
    【日韓】関係改善に焦り出した韓国、その動機とは?「礼部・礼曹」型外交の視点 日本を徳化・教化せねばならないと確信している [11/20] [新種のホケモン★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1605847968/

    引用元: ・【日韓】関係改善に焦る出韓国、その動機とは?「礼部・礼曹」型外交の視点 日本を徳化・教化せねばならないと確信している ★2 [11/20] [新種のホケモン★]

    【バカな奴らだ 【日韓】関係改善に焦る出韓国、その動機とは?「礼部・礼曹」型外交の視点 日本を徳化・教化せねばならないと確信している ★2 [11/20] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ