まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:遠征

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 16:39:32.47 ID:???.net
    マカオで一攫千金の夢を追った者たちが次々と検挙された。カジノに行ったギャンブラーの話ではない。
    検挙された者たちは海外遠征売春女性と斡旋業者である。これまで日本やオーストラリア、アメリカなど
    で猛威を振るった韓国人遠征売春が、東南アジアにまで拡散したという噂が現実となって現れたので
    あーる。警察によれば、ほとんどの遠征売春女性が短期間で大金を稼ぐために海外就労を選択している。
    しかし、『日曜新聞』が取材した遠征売春経験女性は、「一攫千金は夢に過ぎない」と話した。その実態を
    詳細に覗いてみた。

    (写真)
    no title

    ▲ 最近、自発的に海外就労をする女性が増えている。しかし見かけとは違い、実際はかなり悲惨だ。
    写真はマカオ現地の売春の店。
    _________________________________

    「大金は1日も休まずに一生懸命働いた場合のみ稼ぐ事ができた。それでも借金だけが増えて何も残らず、
    再び売春をするしかない悪循環だけが繰り返された」

    日本で遠征売春を経験したAさん(30歳・女)は、『日曜新聞』の取材でこのように明らかにした。去る
    2012年から2014年までの2年間、日本で遠征売春をしたという彼女は、「韓国でテンプロ(高級店)の
    ルームサロンを転々とする生活に疑問を持った。稼ぎもイマイチでその日暮らしの生活に息が詰まり、
    このように生きててtどうなるんだろうかと考えたりした」と告白した。特に、『ナガヨ』を眺める視線と自分の
    後ろめたさが一番我慢できなかったと話した。

    去る2012年、Aさんと一緒に働いていたルームサロンの事業主が、『海外就労』を斡旋した。事業主は、
    「為替レートの違いから1ヶ月で1000万ウォンは簡単に稼げて、業務内容やレベルも低い。きれいな店で
    酒を勧めてたらいい」という言葉で斡旋したという。Aさんは、「当時できる事がその程度しかないという
    考えだけだった。日本にまで行って居酒屋で働くというのが気になったが、他の事をする意欲が出な
    かった」と話した。

    事業主の誘惑に陥って日本に到着したAさんは借金を負った。今すぐに住む場所がなく、店で『マエキン
    (前金)』または『バンス(前払い)』と呼ばれる先金5000万ウォンを受けたのだ。1年から3年以内に返済
    しなければならない金銭である。 関連業界の女性が合宿する『リョ(寮)』というマンションがあったが、
    その事は一緒に働いていた仲間を通じて後で知ったという。

    Aさんが働いていた場所は『クラブ』というオープンバー形態の高級クラブだった。Aさんは、「第一印象
    は大丈夫だった。斡旋してくれた事業主の言葉通りオープンな空間で、男性とお酒を飲むだけだった。
    2次(売春)の強要もなかった」と話した。

    しかし見た目が全てではなかった。Aさんは、「働いていたクラブは徹底的に売上げがメインだった。
    毎月の売り上げによって女性の順位を付けて、それによって月給が出た。売上げを上げるために
    『ドハン(同伴)』というのを必ずしなければならない状況になった」とし、「ドハンは簡単に言えば、出勤前
    にお客様にあらかじめ会って店に連れて来る事だが、お客様を何人連れて来るかによって月給が
    変わった。結局は毎日営業時間外にお客様と対価のないデートをしながら、性売買ではない性売買を
    するしかなかった」と話した。

    ソース:日曜新聞(韓国語)
    http://ilyo.co.kr/?ac=article_view&entry_id=140249#close_kova

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】経験者が語る海外遠征売春の実態[09/02]

    【朝鮮人を騙すのはいつだって朝鮮人w 【韓国】経験者が語る海外遠征売春の実態[09/02]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/01/21(水) 09:59:38.87 ID:???.net
    ■ 短い時間に大金を稼げて匿名性の保障を受け易くて誘惑に屈服
    ■ 海外売春事犯、2009年の40人から2013年は283人で7倍に急増
    ■ 監禁状態で売春を強要された女性も・・・被害も同時に急増

    (写真)
    no title


    「最も良い環境で楽して働くオンニ(おねえさん)を捜しています。賃金の事、仕事の事、知りたい事、
    いつでもお問い合わせください。時給は70ドルです。仕事はより忙しく、ちゃんと支給される所です。
    我々の店はそんな所だと約束できます。気楽なお姉さんと思ってぜひ連絡ください」

    「ノレバン(歌房=カラオケ)という認識のため、韓国ルームサロンと似ているのではと先入観を持って
    見られます。しかし、約束します。韓国とは非常に違います。正直に嘘偽りの無いナイトブッキング
    とカラオケコンパニオンのまさに中間です。正直にお客さんの中でそれ以上の水準を求める方が
    います。 しかし私が約束します。そのまま部屋から出てください」

    オーストラリアの某韓人(コリアン)サイトに上った求職内容である。ルームがラオケヘルパー
    (コンパニオン)として働けば時間当り70豪州ドル(約6万2,000ウォン)が稼げるとし、オーストラリア
    に留学した若い女性を誘っている。

    シドニーで運営する某店では、1日5時間ずつ働けば1週間に1,500~3,000豪州ドル(132万~265万
    ウォン)を稼げると言いながら女性従業員を募集した。週給だけで265万ウォンも稼げる場所ならば、
    何かやましい場所であるのは間違いない。事実上、売春が可能な店という事だ。

    海外で売春をする、いわゆる『遠征売春』が急増している。ソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊は18日、
    マカオ現地で中国人男性を相手に売春を斡旋した疑い(売春斡旋など行為の処罰に関する法律
    違反)で、ユ某容疑者(30歳)を拘束した。

    警察はまた、ユ容疑者に売春女性を紹介した疑いでブローカーのイ某容疑者(32歳)など2人と、
    売春の事実が確認された韓国人女性のムン某容疑者(28歳・女)など10人を書類送検した。
    ユ容疑者らは昨年の4~11月、マカオで中国人男性らに韓国女性数十人を斡旋して、売春の代金
    の一部を受け取った疑いを受けている。ユ容疑者が斡旋した女性は江南(カンナム)一帯の風俗店
    で働いた事ある20,~30代の若い女性で、ブローカーが掲載した求人広告を見て売春をしにマカオ
    行きの飛行機に乗った。売春女性は高級マンションで合宿して、観光客として10~30日ずつ売春
    をした事が調査で分かった。

    ソース:NAVER/ソウル経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=011&aid=0002628834

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】「女子大生から会社員まで・・・」~遠征売春の誘惑[01/20]

    【売春して銅像になるニダ 【韓国】「女子大生から会社員まで・・・」~遠征売春の誘惑[01/20]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/11/27(木) 10:16:15.51 ID:???.net
    1967年10月、ソウル市内の徳寿宮美術館に展示されていた高句麗時代の仏像(国宝第119号)が白昼に消えた。捜査本部が設置されマスコミが騒ぎ出すと、
    犯人は市内の繁華街・明洞の喫茶店に「生活苦で過ちを犯した。すぐに返す」とメモを残した。そして、夜中に文化財管理局長の家に「漢江鉄橋16番橋と
    17番橋の間の川岸にビニール袋に包まれて埋められているので探してほしい」と電話をした。文化財管理局長は妻と一緒に車を運転して向かった。
    川岸を20センチほど掘ると、仏像があった。夫妻は夜0時近くに漢江の橋の下で仏像を拝んだという。

    仏像が無事に戻り、犯人も過ちに気付いたので、まずは一件落着と言ってもいいだろう。文化財当局も泥棒も無邪気というか、少し間が抜けていた時代だった。
    だが、中国・吉林省集安市で消えた高句麗時代の古墳壁画を考えると、今でも胸が痛む。古墳の内部は1500年前へとさかのぼれるタイムマシンだった。
    美しい服を着て外出する女性、楽器を弾く人、相撲をする男…。生き生きとした暮らしの様子を描いた壁画が2000年5月、チェーンソーで丸ごと切り取られていった。
    韓国の古美術商の指図を受けた地元住民が犯した行為だったとされる。

    それから少し経った後、ソウル市内の骨董(こっとう)品街・仁寺洞には、集安市から持ち込まれたという30×30センチ四方の高句麗壁画の破片が出回った。
    警察の捜査が始まると、壁画の破片は隠され、国内で流通させた犯人もまだ捕まっていない。一部には「中国が東北工程(中国の歴史見直し作業)により
    高句麗を中国史の一部だったと主張している中、高句麗の壁画を取り戻せたのだから、良かったではないか」という人もいた。

    韓国各地の寺や書院、宗家で盗みを働いていた文化財泥棒が海外に狙いを付けてかなり経つ。1990年、兵庫県神戸市内にある収集家の家に凶器を持った
    人物が入り、数億ウォン(1億ウォン=約1000万円)の高麗青磁・朝鮮白磁を奪った。2004年には同県内の寺を回り国宝級の高麗仏画を盗んだ。
    犯人たちが供述した犯行動機はもっともらしかった。「そうしなければ、略奪された文化財を取り戻す方法がなかった」と言ったのだ。

    長崎県対馬の寺で統一新羅時代の仏像を盗んだ韓国窃盗団がおととい、日本で逮捕された。一昨年に韓国人窃盗団が高麗時代の仏像を盗んだのに続き、
    対馬だけで2回目だ。「愛国的犯行」だと言おうと何と言おうと盗みは盗みだ。日本が植民地時代に略奪していった数万点の文化財はまだ戻って来ていない。
    窃盗団の行為は国に泥を塗り、文化財を取り戻そうという真摯(しんし)な努力に水を差すものだ。窃盗団を厳しく処分してこそ、日本が盗み、奪っていった
    文化財を明確かつ堂々と返還要求できる道徳的な力となる。

    金泰翼(キム・テイク)論説委員

    ソース:朝鮮日報 2014/11/27 07:51
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/27/2014112700712.html

    引用元: ・【朝鮮日報/萬物相】韓国から海外に遠征する文化財泥棒[11/27]

    【泥棒国家が泥棒への戒めを語る愚かさ【朝鮮日報/萬物相】韓国から海外に遠征する文化財泥棒[11/27]】の続きを読む

    このページのトップヘ