まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:連続

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/30(土) 11:46:22.84 ID:CAP_USER
    消費が4カ月連続で減少した。1998年の通貨危機以来24年ぶりだ。

    韓国統計庁は29日、こうした内容の「産業活動動向」報告書を出した。6月の小売販売額指数(以下、季節調整、2015年=100)は118.3で、前月比0.9%下落した。3月(-0.7%)、4月(-0.3%)、5月(-0.2%)に続いて4カ月連続の下落だ。4カ月連続の消費減少は1997年10月-1998年1月以来初めて。

    「消費氷河期」の原因は物価高・高金利、猛暑や頻繁な雨、貨物運送の支障など複合的だ。乗用車のような耐久財(-2.3%)、娯楽・趣味用品など準耐久財(-0.9%)、飲食料品など非耐久財(-0.3%)の販売がすべて前月比で減少した。

    一方、6月の全産業生産指数は117.9と、1カ月前に比べて0.6%上昇した。企画財政部はこの日、報告書「産業活動動向および評価」で「厳しい対外環境の中でも設備投資が2カ月連続で増加するなど回復の流れを維持している」と診断した。

    問題は今後だ。韓国はもちろん世界的に景気沈滞が懸念され、消費・生産が同時に冷え込む可能性が高まっている。企画財政部は報告書で「世界的な成長減速による輸出への影響などが生産回復の流れに負担として作用する可能性がある」と評価した。

    物価も下落する兆しが見えない。この日、方基善(パン・ギソン)企画財政部第1次官は非常経済次官会議で「7月の消費者物価は先月に続いて6%台の上昇率になると予想される」と述べた。

    https://japanese.joins.com/JArticle/293772?servcode=300§code=300

    引用元: ・韓国、4カ月連続で消費減少…1998年の通貨危機以来24年ぶり [7/30] [昆虫図鑑★]

    【とんでもない事になってますなあ - 韓国、4カ月連続で消費減少…1998年の通貨危機以来24年ぶり [7/30] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/25(月) 21:49:31.59 ID:CAP_USER
    韓国の対中国貿易「3カ月連続赤字」で非常灯…28年間月別連続黒字が反転

    韓国の対中国貿易収支赤字の流れが7月も続き、3カ月連続している。両国間の貿易関係史できわめて異例なことだ。

    24日、韓国関税庁の輸出入統計によれば、7月に入り20日までの韓国の対中国輸出額は昨年同月より2.5%減った80億7600万ドルだった。輸入は23.5%増えた96億1500万ドルと集計され、貿易収支は15億3900万ドルの赤字と記録された。7月全体でも赤字になると見込まれる。これに先立って5月と6月にもそれぞれ10億9900万ドル、12億1400万ドルの赤字を記録した。韓国の対中貿易収支は、1994年8月(1400万ドル赤字)以後今年4月まで28年にわたり月別基準で連続黒字だった。

    韓国の政府当局と産業界は緊張している。消費・投資が振るわない状況で、国内経済全般を支えるのは輸出であり、その輸出全体に占める中国の比重は4分の1に達するほど圧倒的だからだ。産業通商資源部のイ・チャンヤン長官は22日、韓国の輸出前哨基地の一つに挙げられるソウルデジタル産業団地を訪問し、行事の目的を「対中輸出活力向上のため」と明示した。

    貿易協会は対中国貿易に現れた異常気流に関する緊急報告書を準備している。貿易協会の関係者は「(対中国貿易で)2~3カ月の連続赤字はきわめて異例で、政府としても関心を注ぐ事案だとし、緊急(報告書作成)作業に入っている」として「8月初めに公開するだろう」と明らかにした。彼は「対中国輸出の不振が、中国の主要都市封鎖にともなう一時的な現象なのか、構造的に固定化されていることなのか、統計を中心に精密分析してみている」と付け加えた。中国は「ゼロコロナ」政策により今年3月から3カ月ほど上海・北京などの主要都市を全面・部分封鎖して、6月に入り上海の封鎖を解除するなど緩和するムードだった。

    現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は、対中国貿易不均衡の原因として「現在としては都市封鎖が最も大きいようで、その他には明確な兆候が見当たらない」と話した。チュ室長は「封鎖が消費とサプライチェーンに大きな影響を及ぼしたようだ」として「封鎖と緩和が繰り返され、長く影響を及ぼす可能性が大きい」と見通した。中国の都市封鎖は6月に入り解けそうだったが、7月に舞鋼市をはじめとする河南省の一部都市で再び封鎖措置が下されたと外信は伝えている。

    韓国は対中国貿易で2013年には628億ドルの黒字で歴代最大値を記録し、その後は上下しながら概して下落傾向を見せ、昨年には243億ドルまで減った。輸出の好調は続いたが、輸入がさらに早く増えた結果であった。都市封鎖以前から対中国貿易の基調変化が一部あったことを示す内容だ。

    中国の輸入市場で1位を台湾に渡したことも似た脈絡とみられる。貿易協会の資料によれば、中国の輸入市場で韓国は2013~2019年まで7年連続で占有率トップの座を占めてきたが、2020年から昨年まで2年連続で台湾に抜かれた。これと関連しては、韓国が米中摩擦事態の中で東南アジア市場に輸出を多角化し、韓国企業が中国現地での生産量を伸ばしたことなどを考慮しなければならないという反論もある。

    一つ幸いな点は、ここのところ国際原資材価格が下降線を辿っている点だ。上半期の貿易赤字が歴代最大の103億ドルに達したのは、ウクライナ事態にともなう原材料価格の暴騰から主に始まったという点で、今後の流れは変わるだろうと期待できそうな部分だ。だが、原資材価格の下落傾向が世界の景気低迷を反映しており、これが輸出を萎縮させる要因になるという点で楽観はできない。

    輸出で最大の比重を占める中国に関連する悪材料が山積しているという事情がここに加わる。米国主導の中国牽制戦略であるインド太平洋経済フレームワーク(IPEF)のスタート(5月)、「半導体同盟」(チップ4)結成構想(8月具体化予想)などは、すべて韓国の対中国輸出には相当な負担要因だ。2016年の韓国へのTHAAD配備の時、中国の経済報復措置(限韓令)を思い出させる内容だ。そのため今年の全体貿易収支が赤字を記録するだろうとの予想は既定事実化して久しく、年間ではアジア通貨危機直前の1996年の記録(206億ドルの赤字)を超え、歴代最大に達するだろうとの展望が出ている。あいにく韓中修交30周年を来月に控えた時点だ。

    キム・ヨンベ先任記者

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5daad217b65990eb9ef7c34ff1bb2539bd8957de
    119

    引用元: ・【中韓】 韓国の対中国貿易「3カ月連続赤字」で非常灯…28年間月別連続黒字が反転[07/25] [LingLing★]

    【黄信号→赤信号→非常灯→??? 【中韓】 韓国の対中国貿易「3カ月連続赤字」で非常灯…28年間月別連続黒字が反転[07/25] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/03/13(日) 12:26:59.67 ID:CAP_USER
    2022年3月8日、韓国・時事ジャーナルは「職場における男女の平等度を指標化した『ガラスの天井指数』で、韓国が10年連続最下位となった」と伝えた。

    英誌エコノミストは毎年3月8日の国際女性デーに合わせ、「ガラスの天井」指数を発表している。学歴格差、賃金格差、労働参加、国会議員、育児休暇など10の指標を総合してランク付けするもので、点数が低いほど働く女性の環境が全般的に劣悪であることを意味する。今年は経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち主要29カ国を評価した結果、韓国は29位だった。

    13年にこの指数集計が始まって以来、韓国は10年連続で最下位を記録している。家父長制の文化が強いトルコ(27位)や日本(28位)よりも評価は低い。1~5位はスウェーデン、ノルウェー、アイスランド、フィンランド、フランスで、上位は北欧の国が多い。

    韓国は賃金格差29位、管理職29位、企業役員29位、労働参加28位、学歴格差28位、国会議員27位など、ほとんどの部門で低評価を受けている。記事は「韓国の女性は他の先進国の女性に比べて社会的権限が少なく、労働市場から疎外される水準が高く、深刻な所得不平等にあることを意味する」と説明している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国の20代女性は、義務を果たさないのに権利ばかり主張する最悪の世代だ」「女性が得する指数世界トップの間違いでしょ。軍隊には行かなくていいし、子供を産もうとしないし、自分だってお金を持ってないのに男性の経済力にケチをつける。韓国のフェミは世界最悪の集団だ」「能力がないだけなのに『ガラスの天井』だと?」「女性も軍隊に行けば(扱いが)良くなるよ」「同等の仕事をすれば同等に稼げるのに、それをしないのが悪いんでしょ。笑わせるな」などのコメントが殺到している。

    一方で、「こういう記事が出ると必ず、男性がコメント欄で大騒ぎする(笑)」「コメント欄を見ていると、なぜ韓国が最下位なのかよく分かる」「コメント欄と合わせて完成される記事だね」というコメントも多数見られた。(翻訳・編集/麻江)

    https://www.recordchina.co.jp/b890535-s39-c30-d0195.html

    引用元: ・「女性の働きやすさ」ランキング、韓国は10年連続でビリ=韓国ネット「能力がないだけ」[3/13] [首都圏の虎★]

    【女性家族省とやらは何してるの? - 「女性の働きやすさ」ランキング、韓国は10年連続でビリ=韓国ネット「能力がないだけ」[3/13] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/08/16(火) 21:40:33.21 ID:CAP_USER
    米国債保有高、6月に中国は7カ月連続減 日本は増加

    [ニューヨーク 15日 ロイター] - 米財務省が15日発表した6月の対米証券投資統計で、中国の米国債保有額が7カ月連続で減少したことが分かった。

    中国の保有額は9678億ドルと、2010年5月(8437億ドル)以来の低水準。5月は9808億ドルだった。

    中国の米国債保有はここ数カ月間、12年ぶりの低水準を記録している。

    INGのクリス・ターナー氏は、中国の米国債保有減少について「ドル高が続く中、米ドル/人民元相場を安定させるための中国当局による為替介入の可能性が高い」と指摘した。

    その上で、ロシアのウクライナ侵攻とロシア外貨準備の凍結で地政学的な影響が強まる中、中国の米国債保有高がさらに減少する可能性があるとの見方を示した。

    一方、日本の保有額は1兆2360億ドルと、5月の1兆2240億ドルから増加した。

    海外投資家の米国債保有は7兆430億ドルと、5月の7兆4260億ドルから増加した。

    取引ベースでは589億ドルの純流入。5月は998億4000万ドルの流入だった。

    株式は253億6000万ドルの売り越しだった。売り越しは6カ月連続で、5月の91億5000万ドルから拡大した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/48ae7466b7c1fe613d4ab39ed06efafade9e9590
    913

    引用元: ・【経済】 米国債保有高、6月に中国は7カ月連続減 日本は増加[08/16] [LingLing★]

    【台湾侵略で紙クズだもの【経済】 米国債保有高、6月に中国は7カ月連続減 日本は増加[08/16] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/16(土) 19:52:56.48 ID:CAP_USER
    ソウルのマンション価格が7週連続で下落、下落幅も拡大
    no title


    ソウルのマンション価格が7週間連続で下落し、下落傾向も激しくなっている。大統領執務室の移転前後にマンション価格が上がったソウル龍山区(ヨンサング)も、4ヵ月ぶりに下落に転じた。韓国銀行が史上初の「ビッグステップ」(基準金利の0.05%の引き上げ)に踏み切り、住宅市場の様子見の傾向が深まり、取引の崖がさらに深刻化するだろうという予測が有力となっている。

    14日、韓国不動産院の週間マンション価格の動向によると、7月第2週(11日基準)のソウルのマンションの売買価格指数は先週比0.04%下落し、下げ幅が大きくなった。週間の下落幅が0.04%を示したのは、2020年5月第2週以降、2年2ヵ月ぶりのことだ。

    ソウル25区のうち、前週比上昇幅が拡大した瑞草区(ソチョグ、0.03%)を除く全ての地域が下落した。松坡区(ソンパグ、マイナス0.03%)は蚕室・新川洞(チャムシル・シンチ ンドン)の主要団地で売り物件が積もり、買い手が減少した。先週、4ヵ月ぶりに下落に転じた江南区(カンナムグ)」も、2週間連続で0.01%下落した。ソウル松坡区蚕室洞のレイクパレスの専用面積135平方メートルは、先月18日、33億8000万ウォンで売れ、直前の最高価格の取引である2月(35億5000万ウォン)より1億7000万ウォン下落した。

    大統領室の移転前後に引き続き上昇傾向を示した龍山区は、前週比0.01%下がり、下落傾向に転じた。龍山区が下落傾向に転じたのは、今年3月第3週(マイナス0.01%)以来16週間ぶりのことだ。龍山区東子洞(トンジャドン)の「セントレビルアステリウムソウル」の専用面積128平方メートルは、今月5日、直前取引価格比1億5000万ウォン下落した16億8000万ウォンで取り引きされた。蘆原区(ノウォング)と道峰区(トボング)も、それぞれ0.1%下落するなど、江北(カンブク)地域の下げ幅も先週比大きくなっている。

    京畿道(キョンギド)と仁川(インチ ン)は、それぞれ0.07%と0.04%下落した。全国のマンション価格は、先週と同じく0.03%下落した。伝貰(チ ンセ、賃貸保証金)価格の場合、全国は0.03%下落し、先週(マイナス0.02%)比下落幅が大きくなり、ソウルは先週と同じく0.02%下落した。明知(ミョンジ)大学不動産学科のクォン・デジュン教授は、「景気不況に物価高騰、金利引き上げの影響で住宅買収心理が萎縮し、取引件数も減り続けている」とし、「様子見の傾向は当分続くだろう」と話した。

    チェ・ドンス記者

    https://www.donga.com/jp/home/article/all/20220715/3512173/1
    780

    引用元: ・【韓国】 ソウルのマンション価格が7週連続で下落、下落幅も拡大[07/16] [LingLing★]

    【良いことじゃないか。 【韓国】 ソウルのマンション価格が7週連続で下落、下落幅も拡大[07/16] [LingLing★]】の続きを読む

    このページのトップヘ