まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:連盟

    1: まぜるな!キケン!! 2023/03/26(日) 23:26:34.32 ID:TvweT4w4
    自動車産業はロボットを最も多く使う産業に挙げられる。生産自動化をリードしてきた元祖格の産業といえる。

    現在、主要自動車製造国の生産工場には労働者10人に1台以上のロボットが配置されている。
    ロボットなしでは工場は回らない。
    電気自動車の生産ラインが増え、工場の自動化速度はさらに速まる傾向だ。

    国際ロボット連盟(IFR)が、世界の自動車生産工場で作動しているロボットが100万台を突破したと発表した。世界の産業用ロボットの3分の1に相当する。

    生産自動化がどの程度かを示す指標がロボット密度だ。
    ロボット密度は、労働者1万人当りのロボット台数を意味する。
    連盟によると世界の産業用ロボット密度1位の韓国は、自動車産業ロボット密度でも圧倒的な1位だ。
    2021年末現在2867台で、ロボット密度が産業用ロボット平均のほぼ3倍に達する。
    ロボットが労働者4人に1台の割合だ。

    最近、現代自動車は10年ぶりに生産職の新入社員を採用することにし話題になった。
    現代自動車がこれまで工場の自動化にどれだけ集中してきたかをよく示す事例だ。
    昨年、韓国の自動車生産台数は376万台で、世界5位だった。
    続いてドイツが1500台で2位、米国が1457台で3位、日本が1422台で4位だ。

    《後略》

    クァク・ノピル先任記者
    https://www.hani.co.kr/arti/science/technology/1085007.html
    韓国語原文入力:2023-03-24 10:56
    訳J.S


    全文はソース元でご覧ください
    ハンギョレ 登録:2023-03-26 19:37
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/46286.html
    no title

    no title

    引用元: ・【国際ロボット連盟】韓国の自動車工場、ロボット密度は圧倒的世界首位[3/26] [すりみ★]

    【 ロボットなら社長を監禁しないからな 【国際ロボット連盟】韓国の自動車工場、ロボット密度は圧倒的世界首位[3/26] [すりみ★]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/12/13(日) 20:09:49.91 ID:CAP_USER.net
     韓国で「お家芸」と言われるスピードスケート・ショートトラックで、またも不祥事が起きた。しかも、9月にベテラン選手に暴行された17歳の
    男子代表最年少の選手がまたも当事者という因果。17歳選手は未成年にもかかわらず、泥酔状態になるまで飲酒し、おまけに女子選手の
    宿泊施設に侵入したという。男子選手は代表資格を一時停止され、近く賞罰委員会で正式に懲罰処分が決まるようだ。しかし、韓国メディアは
    国家代表としての品格と認識を欠くだけでなく、暴行事件で何ら教訓を得ていなかったと手厳しく批判。韓国スケート連盟に対しても杜撰な
    選手管理能力が問われるとしている。

     11月26日付のSBSテレビのホームページによると、17歳の男子選手は同21日、帰宅許可が出たことで外出。家には帰らず、知人らと
    一緒に泥酔状態になるまで飲酒したという。韓国では2013年の民法改正で成人年齢が20歳から19歳に引き下げられ、これに伴って飲酒や
    喫煙できるのは満19歳になる年の1月1日からとなった。17歳は日本と同じく当然、違法。これだけでも重大な問題である。

     さらに、酩酊状態の男子選手はその後、宿泊施設に戻ったが、悪いことに男子選手ではなく、女子選手の宿泊施設に入ったという目撃証言を
    SBSは伝えた。これに対し、男子選手は泥酔状態だったため「選手の保護者用の施設だった」と釈明しているという。

     ただ、SBSは「保護者の多くは女性だ」とし「理由の如何なく男性が深夜に女性が寝る宿に行ったのは、誤ったでは済まされない」と追及。
    倫理観のなさにあきれ果てていた。

     ショートトラック界を巡っては、派閥争いに起因した暴力事件をきっかけにロシアに帰化したビクトル・アンが14年ソチ五輪で金メダル3個を獲得し、
    政府がスケート連盟の実態調査に乗り出した経緯がある。さらに今年5月には選手強化費などを着服した疑いで元五輪銀メダリストのコーチらが
    警察に立件されており、朝鮮日報は「派閥争いや八百長問題で騒動続き」と嘆いた。

     そんなゴタゴタ続きの中で、今年9月に17歳の男子選手は練習中、13年世界選手権で総合優勝した22歳のシン・ダウンを追い越した際に
    転倒させ、顔を拳で殴られてアゴなどに全治2週間のけがを負った。シンは今シーズンの全ての大会で出場停止の処分を受けた。

     今回はこの17歳の男子選手が皮肉にも主役となった。SBSによると、実力的には世界トップクラスとは距離があるそうだ。となれば、自らの実力を
    いち早く上げるのが代表選手としての使命のはず。しかも、11月29日からショートトラック・ワールドカップ大会を目前に控えているならば、なおさら
    練習に身を入れるべきところだ。

     SBSもこの状況を受けて「休暇を受けるとすぐに他人の宿泊施設に間違って入るほど無節操にお酒を飲むのは、国家代表として『公認意識』が
    ゼロに近いという証拠だ」と厳しく批判。さらに、今回の醜態を見れば、男子選手が9月の暴行事件で「そのいくつかの教訓も実現しなかったことが
    明らかだ」と男子選手の脳天気ぶりに呆れるばかりだ。

     選手を管理できないスケート連盟にも批判の矛先は向く。「代表選手の管理は連盟と指導者の責任だ」とSBS。そのうえで、再発防止のために
    厳罰を求め、確実な防止策の策定を促している。

     暴行事件が起きた際、韓国ネットユーザーは「一度駄目になったら、ずっと駄目だね」などと組織の腐敗を指摘していた。このままいくと、
    韓国の「お家芸」は衰退の一途をたどるだけだ。韓国メディアは連盟と選手の「覚醒が必要」と自浄作用にも期待していた。

    Yahoo!ニュース 産経新聞 12月12日(土)9時5分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00000510-san-spo

    引用元: ・【韓国】韓国の「お家芸」ショートトラックでまたも不祥事 17歳の代表選手が飲酒のあげく女子寮侵入 連盟に批判の嵐[12/12]

    【日常茶飯事だろ【韓国】韓国の「お家芸」ショートトラックでまたも不祥事 17歳の代表選手が飲酒のあげく女子寮侵入 連盟に批判の嵐[12/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ