まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:請求

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/05(月) 11:43:16.32 ID:CAP_USER
    no title

    no title


     英国の船主会社ゾディアックが、法定管理(日本の会社更生法に相当)手続きの開始を申請した韓国の海運最大手、韓進海運を相手取り、用船料(借船料)の支払いを求める訴訟を起こした。
    また、台湾の陽明海運が韓国南東部・釜山港に入港する船舶を増やすなど、韓国海運業の仕事を奪おうとする外国海運会社の動きも本格化している。
    韓進海運が法定管理に入れば複雑な法的紛争が続き、韓国海運業の競争力が弱まるとの懸念が現実のものになりつつある。

     韓国政府は4日、関係省庁による合同対策タスクフォースを設置し、緊急対策の取りまとめに入った。
    政府は、荷主への道義的な責任の観点から、韓進海運が所属する韓進グループが支払い保証をするなどして船舶の入港禁止措置を解除すべきだとグループ側に圧力をかけている。
    また、韓進グループが系列会社の資産を担保に融資を求めるなら、銀行団を通じて資金を支援する意向を明らかにした。
    だが、海運業界では「資金がなくて韓進海運の法定管理を回避できなかった韓進グループに、またしても資金支援を要求するのは理解し難い」と批判が起きている。

     米国の海運専門誌JOCは4日、英国の船主会社ゾディアックが韓進海運を相手取り、用船料の支払いを求める訴訟を米ロサンゼルスの連邦裁判所に起こしたと報じた。
    ゾディアックは韓進海運に3600TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個分)クラスのコンテナ船2隻を貸しており、現在、用船料307万ドル(約3億2000万円)の支払いが滞っている。
    また、シンガポールの船主会社イースタン・パシフィックも用船料の支払い請求訴訟を準備しているとされる。

     用船料をめぐる訴訟よりもさらに懸念されるのは、荷主との訴訟だ。現在、韓進海運に貨物を任せている荷主は約8300社に達し、貨物の価格は総額140億ドル(約1兆4500億円)に上る。
    韓国船主協会の関係者は「荷主たちも訴訟を起こす可能性が高い。複雑な訴訟に対応する中で、韓国海運業に対する信頼は地に落ちるに違いない」と嘆いた。

    輸出入への悪影響も予想を上回っている。韓国LG電子の趙成珍(チョ・ソンジン)社長は
    「(韓進海運の事態が)予想よりも良くない方向に向かっており、心配だ。ブラックフライデー(米国のクリスマス・セールが始まる11月の最終金曜日)などが目前に迫っており、在庫でカバーし切れるかどうか分からない」と懸念を示した。

     また、韓進海運船舶の運航がストップしていることを受け、中国や台湾など海外の海運会社が釜山港経由の路線を強化している。
    海運業界の関係者によると、中国国有の海運最大手、中国遠洋(コスコ)や台湾の陽明海運などが釜山港に入港する船舶の数を増やしている。日本や欧州の海運会社も「韓進海運の仕事を狙っている」という。
    国内外の港湾に停泊中または足止めされている韓進海運の船舶は4日現在、計68隻で、前日に比べ15隻増えた。

     韓進海運による法定管理申請の波紋が広がると、韓国政府は海洋水産部(省に相当、以下同じ)が主導していた非常対策班を4日から企画財政部や外交部など9省庁による合同対策タスクフォースに拡大。
    すぐに路線を増やすことが難しい地域には、韓国海運会社の中間定着地(寄港地)を追加することを決めた。

     これに対し、業界は「現実的に動員できる韓国海運会社は現代商船しかなく、実効性はほぼない」と指摘する。
    物流混乱を最小限に抑えるため、外国港湾の荷役業者などに対し政府が韓進海運の代わりに支払い保証をするといった、より積極的な対策を取るよう求めている。

    李性勲(イ・ソンフン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/05/2016090501243.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/05/2016090501243_2.html

    引用元: ・【経済】韓進海運が国際訴訟戦に突入、懸念が現実に 「韓国海運業に対する信頼は地に落ちるに違いない」[9/05]©2ch.net

    【【経済】英国の船主会社が韓進海運に支払い請求訴訟!】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2016/06/11(土) 09:33:52.91 ID:CAP_USER
    韓国空軍F16D墜落事故、原因は「エンジン部品の欠陥」
    メーカーに損害賠償を求める予定

     今年3月に発生した韓国空軍のF16D戦闘機墜落事故は、飛行中にエンジン部品が脱落し、エンジン故障を起こしたことが原因と判明した。韓国空軍は、墜落した戦闘機のエンジンを製造したメーカー(米国プラット・アンド・ホイットニー社)に損害賠償を請求する方針だという。

     韓国空軍は10日、「3月末に発生したF16D戦闘機墜落事故の原因は、航空機エンジン内で推進力を作り出す『ブレード』の保護装置(カバープレート)が外れ落ち、連鎖的にエンジンのタービンを壊したためと分かった」と発表した。およそ30個ある「カバープレート」のうち一つが、飛行中に脱落したという。F16D戦闘機は今年3月30日、韓国東部沿岸上空で飛行訓練を行っていたところ、エンジンが止まり、慶尚北道青松の野山に墜落した。

    ユ・ヨンウォン記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/11/2016061100452.html

    引用元: ・【軍事】韓国空軍F16D墜落事故、原因は「エンジン部品の欠陥」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【また】韓国空軍機墜落事故、原因は「エンジン部品の欠陥」 。 米国メーカーに損害賠償を請求】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 00:26:18.69 ID:CAP_USER.net
     朴槿恵(パク・クンヘ)大統領への名誉毀損で在宅起訴され、無罪判決を受けた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が3月18日に韓国政府に対し、裁判期間中の交通費など刑事補償を請求していたことが17日までに明らかになった。

     刑事訴訟法は無罪判決が確定した場合、被告に対し、国が裁判にかかった費用を補償することを定めている。加藤前支局長は弁護人の選任費用、裁判に出廷するための交通費、証人の宿泊費などの費用の補償を求めた格好だ。

     加藤前支局長は2014年8月3日に産経新聞の電子版に掲載されたコラムで、セウォル号沈没事故が起きた同年4月16日に朴大統領の所在が7時間にわたり把握できなかった疑惑があると書き、名誉毀損罪で起訴された。裁判所は「記事は虚偽であることが明白だ」としながらも、「大統領の動向という公的関心事項を扱っており、韓国の政治状況を日本に伝えようとして書いた記事であることから、誹謗(ひぼう)の目的があるとは言えない」として、無罪を言い渡した。

    キム・アサ記者

    ソース:朝鮮日報日本語版<虚偽記事の産経前ソウル支局長、韓国政府に交通費まで請求>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/18/2016041800510.html

    関連スレ:【産経前ソウル支局長無罪】 韓国で相次ぐ「裁判費用一切請求」の誤報~加藤前支局長「悪意感じる」[04/18]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460992697/

    引用元: ・【産経前ソウル支局長無罪】 虚偽記事を書いておいて…交通費まで請求した加藤前支局長 [04/18]

    【この記事の中身そのものが捏造なんだな 【産経前ソウル支局長無罪】 虚偽記事を書いておいて…交通費まで請求した加藤前支局長 [04/18]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 12:17:09.68 ID:???.net
     中国のコンドームメーカー、広州大明聯合橡膠製品が“世界一薄い”との宣伝文句をめぐり、日本の同業世界大手、
    オカモトなど4社を相手取って起こした裁判が16日、広東省広州市の越秀区裁判所で始まった。中国新聞網が同日伝えた。

     広州大明聯合は昨年、オカモトが中国で販売している製品のパッケージにある「薄さギネス世界一」といった宣伝文句が
    虚偽に当たり、不当競争を引き起こしているとして、広州市や同省深セン市で提訴。該当製品の販売停止と1元(約19円)の
    損害賠償などを求めている。「1元」という額には象徴的な意味合いがあるという。

     オカモトは2012年1月に0.038ミリのコンドームで「薄さ世界一」とのギネス記録に認定されている。しかし広州大明聯合は
    自社がこれを上回る薄さの0.036ミリの製品で13年12月にギネス世界記録に認定されたことから、オカモトの製品表示は
    虚偽だと主張している。

     裁判ではオカモト側が「“薄さギネス世界一”といった表示は日本のギネス社の許可を得て使用したもので、大明社が記録を
    破ったということをわが社が知っていたという証拠を大明社は示していない」と強調。逆に、大明社の製品を調べた結果、
    0.036ミリというデータは見当たらないため、大明社側の“世界最薄”との主張こそが虚偽だと反論した。

     これに対して大明社側は、自社が深センで起こした同様の裁判ではオカモトが13年12月には世界記録を抜かれたことを
    把握していたとの証拠が出ており、オカモトはこれ以降、宣伝文句の使用停止を約束していたと指摘。オカモトはこの「証拠」について、
    「内部文書であり、内容に不確実性がある」と訴えた。

    (編集翻訳 恩田有紀)

    フォーカスアジア 2015年04月18日
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/415466/

    引用元: ・【コンドーム】“世界一薄い”コンドーム訴訟開廷、中国メーカーがオカモトに「19円」の賠償請求―広東省広州[4/18]

    【なにこの茶番 【コンドーム】“世界一薄い”コンドーム訴訟開廷、中国メーカーがオカモトに「19円」の賠償請求―広東省広州[4/18]】の続きを読む

    souiu


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/26(木) 22:20:21.58 ID:???.net
     【ソウル聯合ニュース】

     韓国旅客船セウォル号沈没事故で、韓国政府が20日、同船の運航会社、清海鎮海運の実質的なオーナー
    兪炳彦(ユ・ビョンオン)容疑者らに対し4031億5000万ウォン(約404億円)相当の財産仮差し押さえを
    ソウル中央地裁に申し立てた。法曹界の関係者が26日明らかにした。

     仮差し押さえの対象は不動産、船舶、債権、自動車など多岐に渡る。債務者は兪容疑者はじめ、同船船長の
    イ・ジュンソク容疑者と乗務員8人、法人としての清海鎮海運と同社のキム・ハンシク代表と社員4人など。

     差し押さえた財産は事故の犠牲者と遺族に対する被害補償の財源に充てる。政府自体も事故の被害者として
    救助や船の引き揚げ費用を請求するものとみられる。

    聯合ニュース 2014/06/26 19:18
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/06/26/0900000000AJP20140626003300882.HTML

    引用元: ・【韓国】韓国政府が没船オーナーらの財産仮差し押さえをソウル中央地裁に請求[06/26]

    【国がネコババする気まんまん -【韓国】韓国政府が没船オーナーらの財産仮差し押さえをソウル中央地裁に請求[06/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ