まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:未成熟

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/11/17(木) 21:07:22.24 ID:CAP_USER
    iRONNA
    http://ironna.jp/article/4519

    このところ韓国財閥の不振が目立っている。韓国を代表する企業であるサムスン電子は最新の決算で大幅な減益となったほか、韓国の海運最大手である韓進(ハンジン)海運は経営破綻した。

    日本を起源とするロッテ財閥は、グループの重光昭夫会長らが韓国検察から在宅起訴されるという事態に陥っている。

    財閥企業の経営不振から一部では韓国経済が急降下するのではとの懸念も出ている。一連の背景にあるのは韓国経済における慢性的な資金不足である。

    韓国経済は1997年に発生したアジア通貨危機の後、めざましい回復を見せ、2015年のGDP(国内総生産)は約140兆円と日本の3割に近い水準となっている。韓国経済が躍進する原動力となったのは、財閥系企業の活動であることは説明するまでもない。

    特にサムスン電子は、日本メーカーを完全に追い抜かし、最強のグローバル企業の一つに成長した。そのサムソンが大幅な減益となったことを考えると、産業界におけるショックは大きいだろう。

    だが普通に考えて、国内の有力企業の経営が傾いたからといって、その国の経済がすぐにダメになるということはあり得ない。それにもかかわらず、財閥系企業の業績低迷が韓国経済そのものへの懸念につながっている。

    これには韓国経済特有のある事情が深く関係している。それは財閥系企業の影響力が圧倒的に大きいことと、国内の資本蓄積が経済規模に比べて貧弱なことである。

    サムスン電子の2015年12月期の売上高は約206兆ウォンであり、同社が生み出した付加価値は77兆ウォンに達する。同じ年の韓国におけるGDPは1559兆ウォンなので、サムスン1社で全GDPの5%を生み出している計算になる。

    韓国経済のかなりの割合が、こうした財閥系企業の活動によって支えられているのだ。ちなみにトヨタが1年に生み出した付加価値は約5兆円であり、日本のGDPは約500兆円なのでトヨタの占める割合は1%である。

    これに加えて経済の基本的な構造も日本とは異なっている。日本の場合、GDPに占める消費の割合は約6割となっているが、韓国は半分程度しかない。一方、設備投資がGDPに占める割合は、日本は2割だが韓国は3割に達する。GDPに占める消費の割合が高いということは、十分なインフラがすでに整備されており、安定した消費経済が存在することを意味している(ちなみに米国経済における消費の割合は7割に達する)。

    つまり韓国経済は新興国から先進国に移行する途上であり、企業活動が経済全体に及ぼす影響は依然として大きい。サムスンなど大手企業の業績が低迷すると、設備投資が大きく減少するので、景気全体を冷え込ませてしまう。

    日本では企業の経営不振が長く続いているにもかかわらず、国内経済はそれほど壊滅的な打撃を受けていない。その理由は、企業活動とは直接関係しない、層の厚い消費経済が確立しているからである。日本の製造業はすでに衰退フェーズに入っているわけだが、これが逆に景気のバッファになっているのだ。

    日本がこうした消費経済の恩恵を享受できるのは、長年かけて資本の蓄積を行ってきたからである。過去20年を取っても日本は累積で約280兆円の経常黒字の蓄積がある。韓国は最近ではかなり金額が伸びてきているが、同じ期間で58兆円程度の蓄積しかない。

    経常収支は赤字・黒字という表現をするので国の儲けと認識している人も多いが、お金の出入りを示しているだけで、経常黒字そのものが国の利益につながっているわけではない。だが日本や韓国のような加工貿易を中心とした国の場合、輸入の代金や海外への投資に際して必ず外貨が必要となる。

    豊富な外貨の蓄積があることは、企業活動に極めて有利に働くことになる。

    つつく

    引用元: ・【経済】サムスン不振で見えた「未成熟」韓国経済と日本の実力差[11/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【比べること自体が無謀】サムスン不振で見えた「未成熟」韓国経済と日本の実力差】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/01(日) 13:38:44.53 ID:???.net
    子どもがつま先立ちをしてエレベーターのボタンを押した。後ろに立っていた母親が言った。「負けちゃった。ママが押したかったのに」。
    「閉」ボタンも子どもが押した。「残念。ママがまた負けちゃった」。

    宅配ドライバーが手を伸ばしてエレベーターの番号を押す瞬間、子どもが泣き出した。ドライバーも子どもの望みどおり「負けて」やらな
    ければならなかったのだ。

    子どもに喜んで負ける母親を目にすると、日本のドラマ「ファースト・クラス」を思い出す。ファッション界で働く女性たちの暗闘を露骨に
    描いたこのドラマのコンセプトは、「マウンティング女子」だ。「マウンティング(mounting)」とは、動物が優位性を誇示するために相手に
    馬乗りになる行動を意味する。

    ドラマのマウンティング女子たちは、服装や美貌、バック、学歴などで互いを比較し、虎視耽々ライバルの上に立とうとする。

    現実の女性の多くはこのような行動を敬遠する。しかし、一部は自覚せずにマウンティング女子の姿を現わす時がある。エレベーターで
    皆に勝たなければならない子どもの母親がそうだ。

    彼女自らが負けることができない性格であるため、子どもも負けないことを望むのだ。母親は率先して負けることで、自分の最も大切な
    価値を子どもに伝えようとする。このため、「私の上にマウンティングする」ことこそ、彼女が子どもにしてあげられる最高の愛情表現と
    いうわけだ。

    エーリッヒ・フロムは「愛の技術」で、母親の献身的な愛と父親の条件つきの愛をバランスよく受けて成長した人は、他人とも愛をうまく
    交わす健全な大人になると指摘した。

    エレベーターの母親の献身は、健全な大人になるための育児方法とは距離がある。母親にマウンティングして育った子どもは、人より
    優位に立たなくては自尊心を得ることができない未成熟な大人に成長する可能性が高い。

    マウンティング女子傾向の母親の心配に反して、肯定的な自我は多くの失敗を経験してはじめて形成される。「マウンティング」のような
    勝利の快感だけを味わわせたからといって自信を得るわけでも人生が順調になるわけでもない。

    「世の中はあなたに良く接する」という信頼を植えつけることほど、子どもを危険に追い込む教育はない。大人には母親や父親のように
    良い人だけがいるわけではない。子どもに勝つ喜びを味わわせる前に、母親自ら生きてきた道を振り返る必要がある。勝利だけで果た
    して幸せだったのか。

    ソース:東亜日報 JANUARY 31, 2015 07:28
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015013181088

    引用元: ・【韓国】「マウンティング女子」の育児法[02/01]

    【前頭葉が壊れてるんでどんな教育法も無駄【韓国】人より 優位に立たなくては自尊心を得ることができない未成熟な大人に成長する「マウンティング女子」の育児法[02/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ