yaru


1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 09:38:35.92 ID:???.net
未婚の母Aさん(24)が、モーテルで警察の売春取締りから逃れようとして死亡した。小学校1年
生の娘がいるAさんは、17才で未婚の母になり、定職に就けず、娘を父親に預けて実家から離れ
たチケット喫茶で働き、毎月父親に送金していた。

売春取締りの警察官は、宣伝ビラにあった番号に電話をかけ、Aさんをモーテルと呼んだ。Aさん
がシャワーを浴びている間に別の警察官も来た。Aさんは服を着る間だけ出ていくよう頼んだ。し
かし、5分が過ぎてもAさんが出てこなかった。警察官が部屋に入ってみると、Aさんがモーテル6
階の窓の下に倒れていた。売春禁止法は、性を売った側も買った側も処罰される。Aさんが法律
違反行為をしたことは間違いないが、警察の取締りも不法なおとり捜査と見る余地がある。売春
が隠れて行われ、摘発が容易でないため、警察は様々な捜査方法を使う。それでも警察官がAさ
んに先に電話をかけ、モーテルに来たAさんにチップまで払ったことは、捜査の範囲と見ることは
できない。

売春禁止法の趣旨は、過去に集娼村で性を売る女性だけを取り締まったことから一歩進んで、性
を買う男性も処罰し、売春を抜本的に撲滅するということだった。今回のように、性を買う男性はい
ないのに性を売る女性だけをターゲットとしたことは、摘発件数だけ上げようという取締りだ。しか
も、警察が売春女性を取締りながら女性警察官が同行せず、被疑者を一人にして死なせたことは
弁解の余地がない。

経済の悪化で就職が難しくなり、未婚の母だったAさんの暮らしは苦しかっただろうが、売春でな
い別の仕事をすることもできたのに違反行為で生計を立てたことは誤りだ。だとしても、警察がこ
のように死を招いた取締りをしなければならなかったのか、疑問が残る。

ソース:東亜日報<[社説]警察の無理な売春取締りが招いた未婚の母の死>
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014112953628

引用元: ・【韓国】 警察の無理な売春取締りが招いた未婚の母の死/東亜日報社説[11/29]

【売春強国らしい情緒に溢れた1シーン 【韓国】 売春取締りから逃れようとして死亡した未婚の母/東亜日報社説[11/29]】の続きを読む