まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:日本車

    1: 動物園φ ★ 2018/07/18(水) 09:08:09.94 ID:CAP_USER
    2018年07月18日08時16分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    中国市場で現代自動車はTHAAD(高高度防衛ミサイル)韓国設置に対する報復をまだ完全には乗り越えていないことが分かった。また米国の燃料電池車市場では日本企業に比べて成績が良くなかった。

    17日の中国乗用車市場連席会の集計によると、北京現代は上半期に中国で38万98台を販売した。昨年(30万1277台)と比べると26.2%も増えたが、中国政府のTHAAD報復の余波で失ったシェアを完全に回復することはできなかった。現代車はTHAAD報復前の2014-16年には毎年50万台以上を販売していた。当時は市場シェア5位前後を維持していたが、今年は9位だった。このままでは年間目標の「中国内90万台販売」達成は難しいと業界はみている。

    3-4月に中国での販売が増えて期待感が高まった北京現代車の上半期の実績が停滞したのは5-6月の販売が振るわなかったからだ。まず現代車が中国現地小型SUV市場をターゲットに投入した「エンシノ」(コナ)の販売が不調だった。該当モデルは4月、発売1カ月間で4385台売れたが、5月は604台と急減した。さらに2010年8月の現地発売から100万台以上も売れた人気車種「ルイナ」(ベルナ)の生産に支障が生じた。ルイナは昨年9月に新型が登場し、中国市場での実績改善に寄与すると期待されたが、協力会社の北京汽車との摩擦で今年1月から3月まで生産が中断した。

    現代車が停滞する間、中国自動車企業が大きく飛躍した。今年上半期、中国で個人を対象にした乗用車小売販売は計1155万7599台と、前年同期比5.68%増えた。中国企業の吉利、上海自動車の販売台数が前年比それぞれ44.3%増、53.7%増となった。

    現代車は「燃料電池自動車(FCV)市場のバロメーター」と呼ばれる米国でもプライドに傷を負った。米エコカー専門メディア「ハイブリッドカーズドットコム」によると、現代車の燃料電池車ツーソンixは先月、1台も売れなかった。上半期全体では36台の販売に終わった。前年同期(20台)比では16台増えたが、ライバルのトヨタ・ミライ(743台)、ホンダ・クラリティ(616台)とは大きな差がある。「世界初の量産燃料電池車」というタイトルを持つツーソンixが振るわないのは、ミライやクルラリティに比べて1回の充填での走行距離などで劣るためだと、業界は分析している。

    現代車の関係者は「8月に次世代燃料電池車ネクソの生産施設が完成すれば10月中に公式発売が可能。本当の競争はこの時期から始まるだろう」と述べた。

    http://japanese.joins.com/article/279/243279.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【国際】現代車、米国燃料電池車市場で販売ゼロの屈辱…日本車に劣勢

    【日本日本っとうっとおしい【国際】現代車、米国燃料電池車市場で販売ゼロの屈辱…日本車に劣勢 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/19(日) 10:00:50.46 ID:CAP_USER
    サーチナ2017-11-19 09:12
    http://news.searchina.net/id/1648188?page=1

     中国国内では「愛国」を理由に、日系車の排斥を叫ぶ声が一部で存在するが、実際には日系車の販売は好調そのものであり、17年1ー10月の販売台数は前年比14.72%も増加している。

     一方、韓国の自動車市場では韓国車が圧倒的なシェアを獲得しており、日本車を含め、外国車は韓国車に勝てない状況が続いているのが現状だ。中国メディアの今日頭条は14日、「韓国人は自国の車である韓国車を支持している」と伝え、中国と韓国の違いについて嘆く記事を掲載した。

     記事はまず、中国車の品質は近年、明らかに向上してきており、「中国車に乗っていたのではメンツが立たない」と考えていた中国人消費者にも徐々に受け入れられつつあることを指摘する一方、中国ではドイツ車や日系車などの合弁車が市場の約半分を押さえていて、実際に街中では合弁車を数多く見かけると紹介。

    だが、韓国を旅行で訪れた中国人の多くは「韓国の街中ではほとんど日本車を見かけず、走っているのは韓国車ばかり」であることに驚いてしまうと指摘。中国と大きく違っているのは、韓国人は自国の車に乗ることを「メンツが立たないこと」と見なしていないということだとし、しかも韓国では日本車がほとんど存在しないにもかかわらず、韓国人は別に日本車を排斥しているわけでもないことも驚きであるとした。

    引用元: ・【韓国】ボイコットなんてしなくても韓国人は日本車に乗らないらしい

    【【卵投げそうだもんな】ボイコットなんてしなくても韓国人は日本車に乗らないらしい 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/12(月) 22:19:55.74 ID:CAP_USER
    韓国内の輸入車市場が揺れている。ハイブリッド人気のおかげで日本車の全体販売台数は増加した半面、ディーゼルの需要減少でドイツ車の全体販売量は落ちている。

    11日、韓国輸入車協会によると、ことし1~5月の日本車の累積販売台数は1万6245台で、昨年同期に比べて29.4%増えた。同じ期間、輸入車における日本車の比率は17.2%で、昨年より3.8%ポイント高まった。

    先月の販売台数も3727台で、昨年同期比37.1%増加した。販売比率は19.2%で、昨年比5.2%ポイント上昇した。

    このような日本車の販売好調にはいくつか理由がある。

    まず、豊富なラインナップとコストパフォーマンスの高さが挙げられる。

    日本車のうち人気車種であるトヨタ「カムリ」やホンダ「アコード」などは3000万ウォン(約294万)台に設定されて、韓国産の中型車と価格差はそれほど大きくないが、洗練された外観に豊富なオプション、優れた走行性能が評価されている。

    ここにディーゼル車中心のドイツ車の販売不振も影響を与えている。「ディーゼル事態」の余波で、アウディやフォルクスワーゲン(VW)に対する風当たりが厳しくなったことで、ドイツ車のことし1~5月の累積販売台数は5万5656台で、前年比8.1%落ちた。

    また、エコカーと燃料効率性が高い車両に対する関心が高まったことから、ハイブリッド車を代表的なモデルとして早くから供給してきた点も有利に働いている。

    ことし5月までの輸入車市場におけるハイブリッド車の販売は、前年比70.8%増となる8212台だった半面、欧州が中心のディーゼル車は22.1%減少した。

    業界では、日本車の好調は当面続くと見ている。ディーゼル車対策を公約で打ち出した文在寅(ムン・ジェイン)政府が発足したうえに、日本車メーカーが次々と新車の供給に動いているからだ。

    トヨタとレクサスはことし「新型LC(LC 500h)」と「ニュージェネレーションLS」を発売する予定だ。

    日産は大型スポーツ用多目的車(SUV)「パスファインダー」のマイナーチェンジモデルを、インフィニティはスポーツクーペである「Q60」を出す。

    ホンダも今月15日に準中型セダン「新型シビック」をはじめ上半期にはミニバン「オデッセイ」を出す計画だ。

    業界関係者は「日本車がドイツのディーゼル車の空白を埋めて輸入車市場で躍進している」とし「特にことしはハイブリッド市場の成長が予想されており、ハイブリッド市場で信頼を得ている日本車の勢いが一層強まる見通し」と述べた。

    http://japanese.joins.com/article/047/230047.html

    日本車販売が好調 輸入車シェアが17%超に=韓国
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/06/11/0400000000AJP20170611000600882.HTML

    引用元: ・【韓国】揺れ動く韓国の輸入車市場…日本車販売が好調 輸入車シェアが17%超に[6/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【そいつらは親日派】韓国の輸入車市場…日本車販売が好調 輸入車シェアが17%超に】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/13(土) 10:37:24.70 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=172932&ph=0

    2017年5月11日、韓国・デジタルタイムズによると、韓国の輸入車市場で最近、日本車の人気が高まっている。

    数年前まで日本車は韓国車との差別化が難しいこと、欧州車に比べ高級感やデザイン性に欠けることなどが原因で、韓国市場で苦戦を強いられてきたが、最近は高い商品性とエコ性能を武器に急速に市場を広げている。

    業界によると、トヨタ、ホンダなどの日本メーカーの販売量は昨年より大幅に増加し、韓国市場で好調な成績を上げている。特にホンダの成長が著しく、先月の販売量は前年同月比33.4%増を記録し、一気に輸入車販売ランキング5位まで上がった。

    トヨタも安定した成長を続けている。特に高級車のレクサスは先月1030台を販売し、前年同月と比べ38%の販売成長率を記録した。

    昨年は認証書類の偽造問題の影響で不調だった日産の高級ブランド・インフィニティも回復の兆しをみせている。インフィニティは高性能ハイブリッドスポーツセダン「Q50」などの販売が好調で、先月の販売量は前月より80%増加した。

    日本メーカーの躍進はハイブリッドなどエコカーの販売量が増加した影響が大きいという。環境問題でディーゼル車の人気が落ちる中、ハイブリッドとガソリン中心の日本車の販売が大幅に伸びた。

    輸入車業界関係者は「軽油税引き上げ問題などの影響でエコカー市場の拡大が予想される」とし、「ハイブリッド車の種類が豊富な日本メーカーに有利になるだろう」と話している。

    日本車の人気が高まっていることについて、韓国のネットユーザーからは「日本車の品質が韓国車よりも優れているから」「良い製品だから買う。それだけ」「日本車が人気の理由?いまさら説明しなくてもみんな分かっている」「車の選択は命に関わる問題。愛国心で決断するわけにはいかない」「当然、いつ爆発するか分からない韓国車よりも日本車がいい」「韓国メーカーは新しい技術を開発したらすぐに口外してしまう。トヨタのように適切な時期に発表してほしい。世界的な核心技術は慌てて秘法を明かしたりしない。200年、300年と続く伝統技術は秘法を命のように大切にし、徹底的に守る。日本、米国、ドイツは鉄熱処理技術の秘法を徹底的に守ったから世界の強国になれた」など納得するコメントが多く寄せられている。

    そのほか「韓国に親日派が多い証拠では?」「日本は韓国社会が混乱している間に目覚ましい躍進をみせている。米国でも日本車の人気は根強いが、韓国車はあまり見かけなくなった。日本は今、経済が好調だ。韓国も静かに力を蓄え、復活のタイミングを見計らうべき」などと指摘する声もみられた。

    引用元: ・【車】韓国で苦戦していた日本車が躍進!人気の理由は?=韓国ネット「命に関わる問題だから」[05/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【売ってやる必要なし】韓国の輸入車市場で日本車の人気が高まる】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 22:55:34.68 ID:???.net
    韓国人はなぜ日本車を買わないのか・・タクシー運転手「まともな人なら買うはずがない!」
    FOCUS-ASIA.COM 7月27日 22時22分配信

    中国ニュースサイト「界面」は27日、「韓国人はなぜ、日本車を買わないのか?」と題し、その理由を分析する記事を掲載した。

    記事ではまず、「韓国の自動車事情は中国と大きく違い、乗られている日本車の割合はわずか3%程度と非常に小さい」と指摘。
    その理由について複数の都市でタクシー運転手に取材した内容を紹介した。

    取材の結果、タクシー運転たちの答えは同様の内容で、「韓国車は最高なのに、なぜ日本車を買う必要がある?」といったものだった。
    中には「まともな韓国人なら日本車など買うはずがないだろう!?」と興奮した様子で逆に問いかけてくる運転手もいたという。

    記者はその上で、「韓国人はなぜ日本車を買わないのか?」という問いの答えとして、「過去に日本に侵略された韓国人の民族感情があり、韓国当局が自国の自動車産業を保護していることもあるが、最も大きな理由は、
    『自国製の車の質が高いから』ということで、少なくとも韓国人自身はそれが理由だと考えている」と分析した。

    (編集翻訳 恩田有紀)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000038-xinhua-cn

    引用元: ・【韓国】韓国人はなぜ日本車を買わないのか・・タクシー運転手「まともな人なら買うはずがない!」

    【 良いものと悪いものの区別がつかないから 【韓国】韓国人はなぜ日本車を買わないのか・・タクシー運転手「まともな人なら買うはずがない!」】の続きを読む

    このページのトップヘ