まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:情報収集

    1: まぜるな!キケン!! 2023/03/31(金) 07:32:11.22 ID:/Pl3njOL
    ・「高度な知識を持つ」集団は北朝鮮政府と関連を持ち、APT43として知られている
    ・アメリカと韓国の機関、学識者、シンクタンクが標的とされた

    ロンドン:新たに発表されたレポートによれば、北朝鮮のハッカーたちが核関連の安全保障政策について情報収集するためジャーナリストになりすましている。

    サイバーセキュリティ企業でグーグルの子会社であるマンディアントが28日に発表した調査結果によれば、
    ここ数ケ月の間、北朝鮮と関連を持ち多くの活動を行っているAPT43として知られるサイバースパイ集団が、ジャーナリストを装って機密情報を収集しようとしていたことが分かった。

    「マンディアントは年間を通じて、非常に多くの活動を行っている彼らを追跡しているが、入手した情報を特定のグループに結び付けるだけの十分な証拠を常に持っているわけではない」。同社はブログへの投稿でこう述べている。

    「しかしながら、長い時間をかけて多くの活動を観察し続けていると、関連する多くの脅威に関する知識が深まっていき、それらを特定の集団に結び付けることが可能になる。それはAPT43のケースについても同様だ」

    この集団は、偽造した個人情報を使用して、主にアメリカと韓国の各種機関や学識者、シンクタンクに連絡し、核関連の安全保障政策や兵器の拡散について問い合わせを行ない、情報を入手していた。

    ある事例では、この集団はボイス・ オブ・アメリカのジャーナリストを装って専門家に連絡を取っていた。

    ボイス・ オブ・アメリカの特派員からのものに見えるメッセージでは、不特定の人物に対し、北朝鮮が核実験を行う中で日本は防衛予算を増額すると予測するかという質問が行われていた。

    「5日以内に回答をいただければ幸いです」。メッセージにはこう書かれていた。

    マンディアントは、同様のキャンペーンに関する情報を3月に公開し、北朝鮮のハッカーと疑われる集団が、
    ニューヨークタイムズの採用担当者からのもののように見える偽の添付ファイル付きメールの配信も行っていたと伝えた。

    「誰もがこのような活動の被害者になる可能性がある。彼らは信じられないほど革新的で大胆不敵な集団だ」。
    マンディアントのバイスプレジデント兼グローバル・インテリジェンスの責任者であるサンドラ・ジョイス氏はこう述べている。

    レポートの中で、マンディアントは、ハッカーたちが「なりすましや詐欺的な手口を使い、人々が本人と信じてしまうような人物像を作り出す」ことを中心とした様々な戦術を駆使して、
    個人を特定することができる情報を盗み、それを利用してアカウントを作成し、正当なWebサイトに見えるようにドメイン登録を行い、サイバースパイ活動を正当なものと信じ込ませようとしていると述べた。

    ハッカーたちはまた、学者たちに対し、研究論文を書くことと引き換えに数百ドルを支払うことを提案している。

    また彼らは、悪意のあるアプリを使用して暗号通貨を作り出し、ユーザー名とパスワードを盗み、核関連の政策に関する国家間交渉に焦点を当てたスパイ活動を行っていた。

    マンディアントは、この集団が北朝鮮の主要諜報機関である朝鮮人民軍総参謀部偵察局に代わって活動していると確信している。

    「全体的に標的とする範囲は広いが、これらのキャンペーンの最終的な目的は、北朝鮮の兵器計画の実現に焦点を当てている可能性が最も高い」。
    彼らの活動には、「北朝鮮の核の野望に影響を与える可能性がある」ものとして国家間交渉や、制裁に関する政策、他国の外交と内政に関する情報収集が含まれていた。マンディアントはレポートでこう伝えた。

    マンディアントによれば、この集団は十分な活動資金を持っており、サイバースパイ技術について高度な知識を持っているとのことであり、APT43の活動は今後も継続し、エスカレートすることさえあると予想している。

    同社は、各機関・組織に対し、APT43の戦術を認識し、強力なセキュリティ対策の実施や、フィッシング攻撃の危険性に関する従業員教育など、自らを守るための対策を講じる必要があると警告している。

    30 Mar 2023 07:03:50 GMT9
    https://www.arabnews.jp/article/japan/article_88607/

    引用元: ・【AEABNEWS】 北朝鮮のハッカー集団が核に関する情報収集のためジャーナリストになりすまし [3/31] [仮面ウニダー★]

    【日本でも前から【AEABNEWS】 北朝鮮のハッカー集団が核に関する情報収集のためジャーナリストになりすまし [3/31] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/14(火) 10:56:18.36 ID:CAP_USER
    北朝鮮が新たな挑発を行う可能性も

     北朝鮮の弾道ミサイル発射情報を集めている在日米空軍のRC135系列の偵察機が13日、韓国首都圏や西海(黄海)一帯で偵察活動を行ったことが分かった。RC135系列の偵察機は、北朝鮮の弾道ミサイル発射や弾頭の大気圏再突入に関する情報などを追跡できる。

     韓国軍は、今回の偵察活動を「通常の」ものと説明したが、内心の不安を隠せずにいる。RC135系列の偵察機は、北朝鮮が先月17日に初めて「新型戦術誘導兵器」挑発を行ったその直前、数回にわたって捕捉されていた。当時、同機は韓国首都圏はもちろん江原道春川地域でも活動を展開し、その後、北朝鮮は今月4日に江原道元山の虎島半島で2回目の挑発を行った。今月9日に「イスカンデル」クラスのミサイルで挑発を行った際も、その前日にRC135W「リベットジョイント」が韓国首都圏地域に展開し、「今回は西海岸地域で挑発を行うのではないか」という見方が浮上していたが、実際北朝鮮は西海岸に近い平安北道亀城で挑発を行った。

     これにより、北朝鮮が西海岸地域で挑発を行うこともあり得る、という分析が登場している。北朝鮮は東海岸を挑発場所として利用しているが、東側でのミサイル挑発は射程が限定されるのに対し、西側では相対的に長い射程で挑発ができる。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/14/2019051480041.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/05/14 10:30

    引用元: ・【韓国】在日米軍の電子偵察機、黄海沿岸で情報収集 韓国軍は、今回の偵察活動を「通常の」ものと説明したが、内心の不安を隠せず[5/14]

    【そら瀬取りがバレるからなw 【韓国】在日米軍の電子偵察機、黄海沿岸で情報収集 韓国軍は、今回の偵察活動を「通常の」ものと説明したが、内心の不安を隠せず[5/14] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/01/22(日) 18:05:24.69 ID:CAP_USER
    5・18民主化運動(光州事件)当時、日本の自衛隊が私たちの領海で軍事活動を行った情況が米国国防省機密文書を通じて明らかになりました。一部から米政府の要請や黙認なしには不可能なこととして法的・歴史的責任を問わなければならないという声が出ています。

    平和と統一を開く人々(平和統一社)傘下の平和統一研究所パク・キハク所長は聯合ニュースに「日本の海上自衛隊が5・18時、光州の状況情報を収集した」という米国政府文書について「戦時作戦統制権を握る米国の作品と判断される」という意見を表明しました。

    該当文書は1980年5月当時、自衛隊の役割を扱った米太平洋司令部1級秘密(Top Secret)交信記録です。20ページの交信記録は「海上自衛隊は韓国西南部地域の状況を注意深く観察していた。その不幸な土地(韓国)の不安定化が日本に及ぼす数多くの危険因子」等が主要内容です。

    パク所長は「自衛隊が光州地域の情報を公海で収集したと見るのは難しい。領海侵犯はもちろん、内陸に入った勢力まであったかもしれない」と話しました。彼は「1級秘密であることを考慮すれば混乱政局で私たちの側の同意を得たわけがない。国際法にも国内法にも明白な領海侵犯であり、かなり深刻な問題」と強調しました。

    パク所長は「たとえ12・12で政権を簒奪した全斗煥(チョン・ドファン)新軍部の事前同意を受けたとしても、それ自体でまた別の論議を避けられない。李明博(イ・ミョンバク)政権の時に始まった韓日軍事情報保護協定問題を思い出させば良い」と説明しました。5・18当時、自衛隊が韓半島有事時に軍事介入まで念頭に置いていたという分析も付け加えました。

    パク所長は「日本と5・18光州は何の関係がなかった。内政探査ではなく、当時、米国が航空母艦を韓半島に配置したことと軌を一にしたとみるべきだ」と分析しました。彼は「北朝鮮側の動きによっては武力阻止に出る準備をした。私たちの海軍があるのに、米国が海上自衛隊を呼び入れた理由は何か」と問い直しました。

    同文書は米国の探査ジャーナリスト、Tim Shorrock(66)が3千514ページ分量の5・18関連米政府記録物を最近、光州市に寄贈して37年ぶりに公開されました。彼は米ホワイトハウスの韓国担当秘密対策チームとチョン・ドファン新軍部の間に行き来した秘密通信機録のいわゆる「チェロキー・ファイル」を発掘した人物です。

    彼はこのファイルで米国が5・18当時の韓半島安保と安定のためにチョン・ドファン新軍部を支援し、光州虐殺をほう助した状況を世界に知らせました。寄贈を受けた文書には一度も公開されなかった「新国防部文書(1979年12月に作られた80ページ分量の韓・米両国高位級メモ)」も含まれており、成り行きが注目されます。

    ユン・ヨンヒョン記者

    ソース:SBSニュース(韓国語) "5・18当時日自衛隊、領海侵犯情報収集…背景に米国?"
    http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1004003787

    引用元: ・【軍事】 5・18光州事件当時、日本の自衛隊が領海侵犯して情報収集していた…背後に米国?[01/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【全部妄想とかほんとすげえな】「法的・歴史的責任を問わなければならない」光州事件当時、日本の自衛隊が領海侵犯して情報収集していた…かもしれない】の続きを読む

    このページのトップヘ