まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:恩知らず

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/13(月) 18:15:03.68 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    「韓国は先進国になった」と喜ぶ韓国人が多い。更に、「次は『G8』の座を狙おう」としている韓国人も多い。

    1950年代の朝鮮戦争で国土が廃墟と化した「絶対貧困」の状態から70年あまりで、1人当たりGDPなどの経済指標は世界10位の前後となり、少なくとも「ハンガン(漢江)の奇跡」を成し遂げた事は称賛されても良いはずだ。経済発展に関しては、韓国人がプライドを感じても良い水準である。

    しかし、その背景に何があったのかを聴いてみると、韓国人の間でも意見が分かれる。

    まずは、日本の統治から独立したことを「米国のお陰で独立できた」と言うと、「太平洋戦争の末期、光復軍(武装した独立運動勢力)が満洲で待機していた。日本が予想より早く米国に降伏したから半島に進撃するチャンスを逃した」と答える人もいる。

    その「光復軍」の実際の戦力は歩兵600人規模に過ぎなかったことはあまり言わない。1940年代、日本軍に入隊しようと自ら「志願」した半島出身の青年は、数十万人の規模だったことに関しては目も耳も閉じる。

    1944年末から1945年8月15日の終戦まで、1年間にならない期間に朝鮮半島の青年が「徴兵」されたことを「強制徴兵だったので仕方なく日本に協力した」と口を開けて騒ぐ。

    1945年の終戦から3年間の米軍の軍政の後、韓国政府の樹立に合わせ、米国が統治権を返還してくれたことに関しても、「初代大統領のイ・スンマン(李承晩)が親米派の人物であり、米国のいいなりだったから」と答える人もいる。

    朝鮮戦争の時「数万人の米国青年が自由主義・資本主義の韓国を守るために命を犠牲にした」と話すと、「朝鮮半島は米国に対して重要な地域だから」や「米国の利益のためだから」と言う人も多い。

    確かに「米国の利益のため」だったのかもしれないが、それが韓国の利益に反したものでもない。

    今の韓国はあまりにもその時代の恩を忘れてしまった。それどころか、韓国において米国を代表する駐韓米国大使を刃物で傷つけたり、大使が日本出身だとして人種差別的に罵倒したりする。

    「儒教の国」の伝統や「東方礼儀之国」の基本徳目である「義」や「礼」や「信」がまったく見えてこない。

    韓国の時事漫画家ユン・ソイン(尹瑞寅)氏はこのような韓国の状況に対して警鐘を鳴らす。20コマ余りの漫画は、「韓国は米国になぜ感謝しないといけないのか?」が分かりやすく描かれている。

    韓国に対する米国の好意は「米国の利益のため」だったかもしれないが、まずは「素直に感謝しよう」とのことだろう。


    2021/09/13 17:32配信 Copyrights(C)wowkorea.jp
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0913/10314035.html

    引用元: ・【W漫画】 恩知らず 「ありがたがる必要はない」という韓国人へ警鐘=時事漫画家のユン・ソイン氏 [09/13] [荒波φ★]

    【異常過ぎる 【W漫画】 恩知らず 「ありがたがる必要はない」という韓国人へ警鐘=時事漫画家のユン・ソイン氏 [09/13] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/25(水) 23:36:50.60 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年10月25日 20時20分 (2017年10月25日 20時53分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171025/Recordchina_20171025067.html

    2017年10月24日、韓国・毎日経済新聞などによると、朝鮮半島情勢が緊迫化し、米トランプ大統領の就任後初となる訪韓が迫る中、韓国の団体による激しい反米・反米軍デモの様子がSNSで公開され、米国ネットユーザーが怒りの声を上げている。

    事の発端は、米海軍所属とみられる女性がフェイスブックで公開した「訪韓を歓迎してくれてありがとう(Thanks for the welcome South Korea)」と題する30秒ほどの短い動画だ。今月14日、在韓米海軍司令部の主催で同軍関係者らのパーティーが開かれていた釜山(プサン)のホテル近くで撮影されたとみられる動画には、韓国人の女性が米軍兵士に殴り掛かろうと手を出し、あらゆる暴言を吐く様子が映っている。

    また、動画と共に「US TROOPS GO HOME(米軍は帰れ)!」と書かれたビラの画像も掲載された。このビラには「韓国人はトランプを軽蔑し、トランプの手下であるあなたたちも嫌悪している」「よって韓国はあなたたちにとって安全ではあり得ず、武器を持ちすぐに立ち去ることがあなたたちを生かす唯一の方法だ」といった脅迫めいた内容が、米兵向けに英語で書かれていた。

    この投稿は米国人の大きな反響を呼び、「米国の助けがなければ韓国は今ごろ金正恩(キム・ジョンウン)の統治下にあったはずなのに、ありがたいとも思わないのか」「北朝鮮がそのまま韓国を手に入れるように放っておこう」など韓国への批判が殺到しているという。「彼ら(反米デモをする韓国人)は少数にすぎず、ほとんどの韓国人は米国が韓国を守ってくれるよう望んでいる」との声も中にはあるものの、「韓国人は恩知らずだ」といった意見が圧倒的なようだ。

    (全文は配信先で読んでください)

    1がたった日時:2017/10/25(水) 21:01:44.89
    前スレ 【米韓】「韓国人は恩知らず」「米軍撤収して放っておこう」=韓国の反米軍デモに米国人がブチ切れ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1508938119/

    引用元: ・【米韓】「韓国人は恩知らず」「米軍撤収して放っておこう」=韓国の反米軍デモに米国人がブチ切れ★3

    【【今頃気づいても遅いよ】米国ネットユーザー「韓国人は恩知らず」「米軍撤収して放っておこう」 韓国の反米軍デモに米国人がブチ切れ】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/20(火) 13:52:58.63 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が先週、新たな対北朝鮮政策を発表した際、日米と事前協議をしなかったと、日米韓関係筋が明らかにした。文政権は、米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)配備でも米国の意向に反する動きを見せるなど混乱。来週、康京和(カンギョンファ)外相を米国に派遣し、月末の米韓首脳会談に向けた調整を急ぐが、日米韓の対北朝鮮政策に齟齬(そご)が目立っている。

     文大統領は15日、2000年の南北首脳会談を記念した演説で、対北朝鮮政策について「北が核とミサイルの追加挑発を中断すれば、無条件で対話に臨む」と述べた。文正仁(ムンジョンイン)・大統領統一外交安保特別補佐官もワシントンを訪れた16日、北朝鮮の核・ミサイル開発中断を条件に、米韓合同演習や米軍の戦略兵器派遣を縮小する可能性に触れた。

     日米韓は北朝鮮が非核化につながる具体的な動きを示さない限り、対話に応じない姿勢をとってきた。関係筋によれば、新たな政策について、文政権から日米に事前の説明はなく、両政府が韓国に真意を問い合わせたという。

     これに対し、韓国大統領府は「文正仁氏の発言は個人的なもので、韓米同盟の利益にならない」として、同氏に注意したが、文大統領の発言の背景や意図についての説明はないという。

     一方、文政権は6基の砲台のうち2基だけが先行して稼働しているTHAADについて、配備先の環境影響調査を行う方針。1~2年かかる調査が終わるまで、6基すべての稼働を認めない可能性が出てきた。

     米国は一刻も早い完全稼働を求めているが、文政権は19日現在、調査について詳細を米側に説明していない。関係筋の一人によると、トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスでティラーソン国務長官らから文政権のTHAADに関する方針の説明を受けた席で激怒。THAADが韓国防衛の意味も持つため、韓国を「恩知らずだ」と名指しで非難したという。

     文政権内では、米韓首脳会談でトランプ氏から批判や別の要求が出ることを懸念する声が出始めた。外相人事では、世論を意識して「ソウル大出身で高級外務官僚経験者」という従来の慣行を破って康氏を起用したが、野党が反対。18日に任命を強行して批判が沸騰し、文政権の政策が逆風を受ける一因になりそうだ。文正仁氏の辞任を求める声も出ている。(ソウル=牧野愛博)


    http://www.asahi.com/articles/ASK6M5RDTK6MUHBI01V.html
    2017年6月19日22時15分

    引用元: ・【名指しで】韓国政権に、トランプ氏「恩知らず」と激怒か[6/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【トランプは学習した! 】トランプ氏「韓国は恩知らず」と激怒】の続きを読む

    このページのトップヘ