1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/22(木)20:47:35 ID:unOIN3Bmp
中国誌・廉政瞭望は21日、「中国人の男、靖国神社への放火を語る」と題した記事を掲載した。

2011年10月、東日本大震災のボランティアとして福島入りした劉強は当時、「日本や日本人を心から愛する中国人」としてマスコミにも
取り上げられた。ボランティアの任務終了まであと半月となった同年12月18日、当時の李明博・韓国大統領が訪日し、日本に慰安婦問題
の解決を求めたが、強く拒絶された。それと同時に日本の国会議員68人が靖国神社を参拝した。

このニュースを見た劉は屈辱と怒りが沸き上がり、持っていた白いTシャツに赤いマジックで「謝罪」と書き込んだ。それから1週間、被災者の
前では変わらぬ笑顔を見せていたが、ふとしたすきにニュース画面が頭をよぎった。福島の左翼の励ましを受け、劉は大胆な計画を立てた。
毛沢東の誕生日で劉の祖母の命日でもある12月26日に靖国神社に放火するというものだ。

劉の祖母は平壌で生まれ、後にソウルなどに移り住んだ。1942年に旧日本軍に慰安婦として中国に強制連行され、苦痛を強いられることに。
第2次大戦後、祖母は名前を変えてそのまま中国で暮らした。1985年に亡くなる間際、数十年隠していた秘密を家族に打ち明けた。劉は当時、11歳だった。特殊な家庭環境のせいか、劉は日本に特別な感情を抱いていた。2005年に初めて訪日した時は早朝の靖国神社で「新四軍軍歌」を熱唱した。

靖国神社に放火するために、ボランティアを装って福島入りしたのでは、との疑いには「それは違う。自分はずっと日本人と日本軍国主義を分けて考えてきた。(放火は)突然、思い付いたものだ」と反論した。

事件後、ネットユーザーからは「抗日壮士」「英雄凱旋」と賛辞が贈られた。だが、劉は「ずっと恐怖に怯えている。日本のヤクザが中国まで仕返しに来るのではないかと、しょっちゅう悪夢にうなされている」と語っている。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/383343/

引用元: ・【新華】 靖国神社に放火した中国人の男、心境を語る・・「日本のヤクザの仕返しに怯えている」―中国誌 [05/22]

【 普通の日本人を敵にしてることにがわかってない。 -【新華】 靖国神社に放火した中国人の男、心境を語る・・「日本のヤクザの仕返しに怯えている」―中国誌 [05/22]】の続きを読む