まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:市民社会

    1: まぜるな!キケン!! 2023/07/16(日) 08:12:24.48 ID:H85EABzX
    今回怪談を論破した科学者らは民主共和国の真の英雄 陰謀論を撃破したければ、軍警ではなく市民の論理力を 20年近いフェイクニュース勢力の所業を残らず記録し、満天下に知らしめるべき

    福島「処理水(treated water)」放流を巡る最近の論争は、韓国知性界の底力を示してくれた。その分野の専門家らが公論の場に出てきて科学的知識と冷徹な論理で偽りの主張を撃破し、虚偽の扇動を遮断した。これまでおよそ20年、フェイクニュースと虚偽の扇動にだまされた経験を持つ韓国国民の多数は、おおむね落ち着きを保っている。青少年が間違いを繰り返しつつ成熟していくように、韓国社会も試行錯誤を経て進化している。それでも安心はできない。過去およそ20年にわたってフェイクニュースをばらまき、虚偽の扇動を主導した者たちが、依然として大きな権力を享受しているからだ。

     彼らの主張を振り返ってみると、失笑を禁じ得ない。彼らの言う通りであれば、大韓航空858便テロは安全企画部(省に相当)の自作自演で、韓国政府は米国の狂った牛を輸入して国民の脳にぷすぷすと穴を開けようとし、哨戒艦「天安」は米軍の誤爆で沈み、セウォル号は潜水艦と衝突し、THAAD(高高度防衛ミサイル)の電磁波はマクワウリに染み込んで人体を脅かした。でたらめなうそだが、彼らの扇動は毎回、恐るべき破壊力を発揮する。

     ごくわずかな危険を膨らませて社会的恐怖を助長し、興奮した群衆を動かして政権を揺さぶるという手法だ。巧みな扇動力、機敏な組織力、緻密なプロの企画力だ。21世紀の大韓民国で、ナチス式の宣伝・扇動と共産党式の戦略・戦術をああもうまく駆使する彼らは、果たして何者なのか? マルクスに魂を売り、レーニンの宣伝術を学び、毛沢東のゲリラ戦術に慣れ親しみ、金日成(キム・イルソン)の革命理論で大衆に潜り込んだ、「昨日の勇士たち」なのだろうか。

     今も、その勢力は韓国の政界、学界、官界、言論界、法曹界、文化芸術界、果ては科学技術界でも大活躍している。議会を占領して反自由的法案を作り、公的な媒体を利用してフェイクニュースをばらまき、選挙管理委など憲法機関に入り込んで党派的権力を振るい、法服を着て不公正な判決文を書いている。各界各層で彼らが構築した権力の陣地はあまりにも強固で、学生運動流の「アジプロ(agitprop. 宣伝扇動)」はいつでも津波のように韓国社会を覆い尽くせる。

    自由民主主義は、表現の自由と思想の多様性を根幹とする。政府は表現の自由をできる限り許容した後、思想の場の外へと退く。政府の退いた世論の場は、完全に市民社会の領分だ。全体主義とは異なり、自由主義体制では政府が公権力で反対世論を鎮圧することはできない。怪談や陰謀論が広まったら、その責任は全くもって市民社会にある。市民が乗り出して真実を明らかにできなければ、うそをつく勢力の支配の下に置かれてしまう。まさにその点で、今回勇気をもって公論の場に出て怪談と風説を論破した科学者らこそ、民主共和国の真の英雄たちだ。

    以下全文はソース先で

    宋在倫(ソン・ジェユン)カナダ・マックマスター大学教授(歴史学)

    朝鮮日報 2023/07/16 06:20
    https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2023071480158

    引用元: ・【カナダ・大学教授】韓国の市民社会、知性でデマを退けてこそ民主共和国は存続できる [7/16] [ばーど★]

    【知性がないからこの惨状なんだろw 【カナダ・大学教授】韓国の市民社会、知性でデマを退けてこそ民主共和国は存続できる [7/16] [ばーど★]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/20(日) 06:46:43.51 ID:CAP_USER
     中国中央テレビのニュースチャンネル「CCTV13」は、韓国の「崔順実事件」を「好友干政」と呼ぶ。「親友が国政に口を挟んだ」という意味だ。全世界が米大統領選の開票状況を刻々と伝えていた9日にもCCTV13のメーンニュースは崔順実事件だった。

     ソウル光化門でのデモの様子や「文化界の皇太子」チャ・ウンテク氏の帰国、サムスングループの家宅捜索などを何度も繰り返し放映した。それに比べ、米大統領選のニュースは短信程度の扱いだったと言っても過言ではない。

     ニュースバリューの判断は共産党の宣伝部が行う。世界最強の米国を誰が率いるかよりも崔順実事件が重要なのかと思わせるような扱いだった。そのせいだろうか、ある在住韓国人の主婦はディスカウントストアの従業員から「おたくの国の大統領って誰かの秘書なのか」と皮肉られ憤慨したという。

     中国のネットユーザーは朴槿恵(パク・クンヘ)大統領を当初「大姐」(年上の女性に対する敬称)と呼ばれていたが、次第に「大媽」(おばさん)、「バカ」へと格下げされた。

     実はそんなあざけりだけではない。「韓国を見直した」という肯定的な見方もあるのだ。

     中国のある中堅ジャーナリストは「崔順実事件は決して笑い事ばかりではない。崔順実事件の報道を見ていると、中国にはないものが見える。疑惑を暴くメディア、権力にメスを入れる検察、大統領の退陣を要求して行われる整然としたデモだ。韓国を決してあざ笑うことはできないという声が中国の知識人社会のあちこちから聞こえる」と語った。

     韓国をあざ笑うことに忙しい中国の一般市民とは異なり、知識人は崔順実事件に韓国の市民社会に内在する優れた点を発見した。しかし、それが韓国人にとって慰めになるわけではない。我々は中国知識人が発しない厳しい質問を自分たちに投げかける必要がある。

     「なぜ韓国メディアは崔順実グループの仕業をもっと早く察知できなかったのか」

     「なぜ韓国の検察は権力から独立できなかったのか」

     「広場では一流市民の韓国人が個々の立場ではなぜ不正と癒着にブレーキをかける良心的な内部告発者になれないのか」

     先週末光化門はろうそくを手にした市民で埋め尽くされた。1987年に大統領の直接選挙制を求めて起きた「6月抗争」で通りを埋めた人々が今回は子ども連れで再び街頭に立った。彼らの怒りが世論を裏切った大統領の去就を決定できるのだろうか。

     どんな結果が出るにせよ、韓国人それぞれは3つの質問の答えを探さなければならない。

     崔順実グループに対する沈黙のカルテルがどのように形成され、それが韓国社会の監視、批判、内部告発機能をどうやって長期にわたりまひさせたのかを解明しなければならない。根本的で骨身にしみる反省とその後の変化を通じ換骨奪胎しなければならない。

     さもないと、30年後に再び光化門でろうそくを手にしなければならなくなるかもしれない。

     崔順実事件は起きないに越したことはなかった。しかし、こうなった以上は韓国人一人ひとりが民主的価値に忠実な市民になり、よりよい民主的システムを構築する契機とすべきだ。それが崩壊した国の品格を早期に立て直す道だからだ。

    no title

    北京=李吉星(イ・ギルソン)特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/18/2016111801317.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/18/2016111801317_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国を決してあざ笑うことはできないという声が中国の知識人社会のあちこちから聞こえる[11/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【自分で自分を褒めてみた】朝鮮日報「崔順実事件で中国の知識人は、韓国の市民社会に内在する優れた点を発見した」】の続きを読む

    このページのトップヘ