まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:市場

    1: まぜるな!キケン!! 2023/05/30(火) 21:18:27.03 ID:NySoevfL
    [上海/シンガポール 30日 ロイター] - 新型コロナウイルス後の上昇に陰りが見える中国株式市場では最後の希望も消滅しつつある。
    景気回復が失速する中、大量の個人投資家が株式に弱気になり、安全資産に資金を移しているためだ。

    市場関係者は今年、巨額の余剰貯蓄が株式市場に流れ込むと予測していた。
    景気の回復ペースが増す一方で、不動産市場の霧が晴れず、投資先は株式しかないとの見立てだった。

    ところが、海外からの資金流入は実現せず、警戒した個人投資家も株式市場に背を向け、債券や預金に殺到。
    株式市場は漂流している。

    中国本土の株式市場は昨年10月から今年1月にかけて20%高騰したものの、足元では年初から1%下落。
    香港株式市場も年初来安値で取引されており、中国国債の利回りは低下している。
    値上がり確実とされていた市場が失速し、資金流出が続いている。

    上海市に住む投資歴3年の30代のプログラマーは「かなり落胆している。損失を全て取り戻すまでもう株には投資しない」とし、会社でリストラされる恐れがあるので、月収の約半分を理財商品や貯蓄商品に投資していると語った。

    「今は安全重視だ。元本を失いたくない」。他の個人投資家に話を聞いても、こうした考え方はある程度広がっているようだ。

    《後略》

    全文はソース元でご覧ください
    アングル:漂流する中国株式市場、最後の望み個人投資家も敬遠
    ロイター|2023年5月30日5:50 午後
    https://jp.reuters.com/article/idJPKBN2XL0EH

    ※関連スレ
    【ロイターコラム】 中国株から一斉逃避の外国勢、惰性で動き利益逃す恐れも [5/26] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1685079669/

    引用元: ・【中国】漂流する中国株式市場、最後の望み個人投資家も敬遠[5/30] [すりみ★]

    【もっとヤバいのにワロス 【中国】漂流する中国株式市場、最後の望み個人投資家も敬遠[5/30] [すりみ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/05/15(月) 15:08:14.56 ID:owA5dHqW
    Record Korea 2023年5月15日(月) 14時0分

    2023年5月14日、韓国・ヘラルド経済は「日本にかなりの力を入れているサムスン電子のスマートフォンがまた屈辱を味わった」とし、
    「アップルはもちろん、日本メーカーやスマートフォン市場で存在感のないGoogleにまで販売台数で負けた」と伝えた。

    記事によると、日本の主要スマートフォン販売店を対象に今年1~3月期のメーカー別販売台数を集計した結果、
    1位と2位はアップルの「iPhone 13」と「iPhone SE(第3世代)」、3位はGoogleの「Pixel 6a」だった。
    サムスンのプレミアムスマートフォンはシャープやソニーなど日本メーカーにも押され10位以内に入れず、
    低・中価格スマートフォン「Galaxy A53」がかろうじて9位に入ったという。

    記事は「サムスンは日本市場にかなりの力を入れているが、いまだにこれといった成果を挙げられずにいる」と伝えている。
    先月には、サムスン最高のスマートフォンとされる「Galaxy S23」を日本で発売し、8年ぶりに「SAMSUNG」のロゴも復活させた。

    サムスンは15年に発売した「Galaxy S6」から、スマートフォン本体に刻印されるロゴに社名の「SAMSUNG」ではなく「Galaxy」を使用してきた。
    サムスンが製品にスマートフォンブランド名だけを入れた国は日本のみで、韓国メーカーに保守的な消費傾向を持つ日本の消費者を意識した戦略とされている。
    日本は中国市場と同じく、「Galaxyの墓場」と呼ばれるほどサムスンのスマートフォンがかなりの苦戦を強いられている市場だという。

    サムスンは折りたたみスマートフォンに続いて「Galaxy S23」も日本で発売し、
    現地でのマーケティングを強化している。東京には世界最大規模のGalaxyブランドのショーケースもある。

    昨年の日本スマートフォン市場でサムスンはシェア10%を記録し、アップルに続いて「予想外の2位」を記録したが、
    記事は「シェアは再び低下するものとみられる」とし、「『Galaxy S23』は韓国だけで100万台を売り上げたサムスン最高のプレミアムスマートフォンだが、
    日本では苦戦が予想される。『韓国製品を冷遇している』と言われるほど日本市場の壁は高い」と伝えている。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは
    「頑張れサムスン」
    「使った人には分かる。サムスンスマホの優秀さが」
    「売れない原因を探さないと。『日本人は愛国心が強いから』で終わらせてはいけない。サムスンはまだ日本市場をきちんと分析できていない」
    「サムスンのすごいところは、日本と中国で売れなくても世界1、2位を争えること」
    などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b914002-s39-c20-d0191.html

    ※関連スレ
    【特報】 ドコモ「Galaxy S23」1円に、Android最高性能モデルが発売初日から格安スマホ同然に [4/23] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1682222738/

    引用元: ・【Galaxy】 「日本市場に力を入れるサムスンスマホがまた屈辱」と韓国メディア、韓国ネット「分析できていない」 [5/15] [仮面ウニダー★]

    【みっともないw 【Galaxy】 「日本市場に力を入れるサムスンスマホがまた屈辱」と韓国メディア、韓国ネット「分析できていない」 [5/15] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/02/08(水) 14:58:27.94 ID:hVJsNimz
    no title

    サムスン電子平沢キャンパス全景(写真=サムスン電子提供)(c)NEWSIS

    世界的な景気の低迷で半導体業界が史上最悪の寒波を迎える中で、特にメモリーにとって「真冬」が相当長期化するとの憂慮が高まっている。需要の回復は当面見込めず、減産以外に市場正常化は見込めないといった悲観的な声が上がる。

    半導体や投資の業界関係者によると、半導体メモリーのDRAM製品の在庫は昨年末時点で推定13~20週間分。通常は3~4週間であるため、相当な供給過剰だ。

    これに伴い、製品価格も下落している。市場調査会社トレンドフォースによると、先月末のパソコン用DRAM汎用製品の価格は前月比18.1%落ち込み、史上初めて1ドル台に下落した。更に下落傾向は続くと見られている。

    業界では在庫処分に全力を尽くしているが、市場が低迷しているだけに容易ではない。

    サムスン電子の場合、昨年第4四半期(10~12月)末現在の在庫資産は52兆1879億ウォン(1ウォン=約0.1円)と、前四半期から兆ウォン程度減った。ただ、SKハイニックスは同期間に14兆6650億ウォンから15兆6330億ウォンへ微増、マイクロンは昨年12月1日現在の在庫資産は83億5900万ドルあり、3カ月で25.5%増えた。

    メモリー業界は昨年末から本格的な減産に取り組んでいる。SKハイニックス、マイクロン、キオクシアなどは設備投資の縮小にも着手。サムスン電子も最近、生産ラインのメンテナンス強化とラインの再配置などによる強力な自然減産を進める考えを明らかにした。業界では6カ月後の第2四半期(4~6月)ごろに効果があらわれると期待している。

    だが、減産努力はその場しのぎに過ぎないというのが業界のおおかたの評価だ。業況改善は市場需要が回復してこそ期待できるとの見方が根強い。

    そんな中、市場反騰の推進力として注目されるのはサーバー市場だ。人工知能(AI)などでデータ使用量が大きく増え、高性能・高容量メモリー需要が大きく増えているためだ。しかし、企業のコスト削減が相次いでおり、積極的なサーバー投資が難しいという懸念も。トレンドフォースは今年グローバルサーバー出荷量が前年比1.87%増加するにとどまると展望している。

    ただ、それでもメーカー各社はサーバー向け市場に期待感を示している。サムスン電子のキム・ジェジュン副社長は最近の実績発表で「今年発売される新たなプラットフォームに高容量メモリー半導体が多く使われ、DRAMなどの出荷量が20%以上増加しそうだ」と展望している。

    SKハイニックスのキム・ウヒョン副社長(CFO)も「今年から来年度、既存データセンター向けサーバー装備の交替周期が来る。期待要因として作用する可能性がある」と述べた。

    (c)NEWSIS/KOREA WAVE/AFPBB News
    https://www.afpbb.com/articles/-/3450416

    引用元: ・【AFP】韓国半導体業界、続く「最強寒波」…たまる在庫、市場回復見えず[2/8] [仮面ウニダー★]

    【限界みたいね 【AFP】韓国半導体業界、続く「最強寒波」…たまる在庫、市場回復見えず[2/8] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/02/12(日) 07:20:11.70 ID:+Eqe2w5D
    読者の皆さまもご存じのとおり、韓国で不動産バブルが弾けるのではないか、という観測が出ています。

    実際、新築マンションの価格下落、分譲率の低下などが現れており、薄氷にピシピシとひび割れが広がっている状況です。だたし、韓国政府は「ハードクラッシュだけは絶対にごめんだ」と、なりふり構わずあの手この手を繰り出しています。

    しかしながら、「魂まで不動産に突っ込んだ」人の暮らしはいよいよ圧迫されているのです。

    韓国の場合、住宅ローンで変動金利を選んでいる人がほとんどで(統計をとる時期にもよる大抵7~8割)、現在は『韓国銀行』が基準金利を上げる一方ですから、ローンの金利負担が増えるばかり。

    先にもご紹介したとおり高金利地獄です。

    競売物件が1.7倍に増えた!
    そんな中、良くない情報が出ています。「任意競売」にかけられる不動産の物件数が増加しているのです。

    任意競売というのは、債務者が融資したお金や利子を返済できない場合に行われます。債権者は、担保となっている不動産に設定した根抵当権などの権利を行使してオークショを実施。最も高値をつけた者に売却して債権を回収します。

    任意競売の件数が増加しているということは、とりもなおさず「もう利子も払えない」「受けた融資を返済できない」――という人が増加しているのです。

    「裁判所登記情報広場」の資料によれば、

    韓国全国の任意競売登録件数
    2022年12月:2,643件
    2023年01月:2,977件
    となっています。2023年01月は対前月比で約13%の増加。13%ですから少ないと思われるかもしれませんが、この「2,977件」は対前年同月比で見ると「69.7%」の増加です(2022年01月:1,754件)。

    つまり、任意競売の件数は約1.7倍に増えました。

    この増加は、2022年中に基準金利が連続で上がり、それに伴って変動金利が上昇、金利負担に耐えかねた家計が急増したのが原因と考えられます。

    このまま高金利基調が続けば、任意競売物件はさらに増えるでしょう。これもまた、韓国の不動産市場が危なくなってきた証拠です。

    (吉田ハンチング@dcp)
    2023.02.12
    https://money1.jp/archives/99586

    引用元: ・【Money1】「もう払えない」競売にかかる物件が1.7倍に! 薄氷の韓国不動産市場[2/12] [仮面ウニダー★]

    【ハードクラッシュしかないだろww 【Money1】「もう払えない」競売にかかる物件が1.7倍に! 薄氷の韓国不動産市場[2/12] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/03/23(木) 18:21:35.16 ID:ircsTodF
    中国人のマグロ消費量が急増するのにともなって、ますます多くの遠洋漁船が釣ったマグロを中国各地の港湾まで直接運ぶようになり、消費者は最も新鮮で安心なマグロを食べられるようになった。

    深センの大?湾ふ頭ではこのほど、マグロを満載した遠洋漁船2隻が荷下ろしをしていた。現場では2台のクレーンが同時に稼働し、マグロを数珠つなぎにして、船から海岸沿いの冷凍倉庫まで直接運び込んでいた。これらの遠洋で捕獲されたマグロは総重量が327トンに達し、総価値は100万ドル(約1億3080万円)に達する。

    太平洋で漁獲されたマグロは、まず急速冷凍処理され、それから冷凍庫で保存される。鮮度を保証するため、庫内の温度はマイナス60℃前後に保たれる。港湾に到着すると、税関と出入国審査当局も通関簡素化の一連の措置を打ち出して、通関の効率を高め、通関のコストを引き下げている。

    その後、遠洋で釣り上げられたマグロは周囲の加工工場に運ばれて処理された後、レストランに売られて刺身などの食材になる。水揚げされてから市場に出回るまで、48時間以上かかることはない。

    マグロは中国国内で消費されるだけでなく、缶詰にもなって、欧米や東南アジアなどの国・地域で販売される。現在、中国のマグロの年間消費量はすでに1万トンを超え、年間成長率は30%を上回る。マグロ消費ニーズは増加し続けており、すでに巨大なブルーオーシャン市場が形成されている。(編集KS)

    no title

    no title


    人民網日本語版 2023年03月23日16:50
    http://j.people.com.cn/n3/2023/0323/c94476-10226637.html

    ※関連スレ
    【レコチャ】マグロが中国人に奪われる! 日本のネット民「あらゆる面で中国人に負けてる」 香港メディア [1/11] [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1673402579/

    引用元: ・【人民網】中国の年間マグロ消費量が30%以上増 巨大なブルーオーシャン市場 [3/23] [ばーど★]

    【生魚食べるのは野蛮とか言ってたのに 【人民網】中国の年間マグロ消費量が30%以上増 巨大なブルーオーシャン市場 [3/23] [ばーど★]】の続きを読む

    このページのトップヘ