まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:圧倒的

    1: まぜるな!キケン!! 2023/06/11(日) 18:39:45.98 ID:rc9Jtspq
    ソウル大学アジア研究所と韓国リサーチが5月29日に発表したアンケート調査の結果で、ソウル市民の60.9%は「自国の社会は公正だと思うか」という質問に「そう思わない」と答えたことが分かった。調査対象の15大都市のうち、「不公正だ」と答えた割合が最も高かったものだ。これは、その次に高かったトルコのアンカラの39.4%を20ポイント以上も上回る数値だ。その一方でニューヨーク(23.1%)、東京(23%)、ロンドン(22.9%)、台北(24.1%)などは20%台にとどまった。西江大学社会学科のキム・ジヘ教授は「韓国の社会は男女共に『自分たちが最も不公正な待遇を受けている』と感じ、『自分たちが属している集団は社会で不公正な待遇を受けている』と考える傾向もある」と話す。韓国行政研究院の調査でも、年齢が低いほど「韓国の社会は公正でない」と答えた割合が高かった。特に20代では60.5%が「韓国の社会は公正でない」と回答している。

    【表】「自国の社会は公正だと思うか?」世界各都市の調査結果は

     ソウル市民たちは社会的成功においても、個人の努力よりバックグラウンドが重要だと考えていることが調査で分かった。「一生懸命働けば最終的に成功する」と回答した割合は24.3%にとどまった。56.7%は「一生懸命働くより、いいバックグラウンドがなければならない」と答えた。努力よりバックグラウンドが重要だと考える都市はソウルだけだった。日本は国会議員の70%が世襲の政治家で、家業を受け継ぐという考え方も強い。それでも東京で「バックグラウンドの方が重要だ」と答えた割合は21.9%で、ソウルの半分にとどまった。「職場の昇進は、親や知り合いの力とは関係なく、本人の実力で決まる」と答えた割合も、ソウルは22.6%で最も低かった。

     それでも、ソウル市民の69.6%は「努力した分だけ所得などで待遇に差を付けなければならない」と考えていることが分かった。これは東京(25.3%)、ニューヨーク(35.9%)、シンガポール(35.7%)より約2倍高い数値だ。公正と平等に対する欲求がそれだけ強いものと解釈できる。大企業の社員で30代のイさんは「仕事がよくできるなら入社年度とは関係なく昇進できなければならないし、成果そのものだけで評価を受けるべきだ。それが公正だ」と語った。

    ■調査方法
     世界15カ国で人口が最も多い都市の18-59歳男女計1万500人に対して昨年11月にアンケート調査を実施した。アジア12都市(ソウル、東京、北京、台北、ハノイ、クアラルンプール、シンガポール、ジャカルタ、ニューデリー、リヤド、エルサレム、アンカラ)と欧米の3都市(ニューヨーク、パリ、ロンドン)から700人ずつ選び、自国語のアンケートをインターネットで送信して実施した。5月31日に学術大会で詳しい結果が発表される。

    チェ・ウォングク記者

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc9fe3498ccda264ddaad6f9c783f16a15548072

    引用元: ・【また圧倒的1位】「自国の社会は公正でない」…ソウル61%、ニューヨークと東京は23% [6/11] [昆虫図鑑★]

    【変質した儒教感だからな 【また圧倒的1位】「自国の社会は公正でない」…ソウル61%、ニューヨークと東京は23% [6/11] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/03/26(日) 23:26:34.32 ID:TvweT4w4
    自動車産業はロボットを最も多く使う産業に挙げられる。生産自動化をリードしてきた元祖格の産業といえる。

    現在、主要自動車製造国の生産工場には労働者10人に1台以上のロボットが配置されている。
    ロボットなしでは工場は回らない。
    電気自動車の生産ラインが増え、工場の自動化速度はさらに速まる傾向だ。

    国際ロボット連盟(IFR)が、世界の自動車生産工場で作動しているロボットが100万台を突破したと発表した。世界の産業用ロボットの3分の1に相当する。

    生産自動化がどの程度かを示す指標がロボット密度だ。
    ロボット密度は、労働者1万人当りのロボット台数を意味する。
    連盟によると世界の産業用ロボット密度1位の韓国は、自動車産業ロボット密度でも圧倒的な1位だ。
    2021年末現在2867台で、ロボット密度が産業用ロボット平均のほぼ3倍に達する。
    ロボットが労働者4人に1台の割合だ。

    最近、現代自動車は10年ぶりに生産職の新入社員を採用することにし話題になった。
    現代自動車がこれまで工場の自動化にどれだけ集中してきたかをよく示す事例だ。
    昨年、韓国の自動車生産台数は376万台で、世界5位だった。
    続いてドイツが1500台で2位、米国が1457台で3位、日本が1422台で4位だ。

    《後略》

    クァク・ノピル先任記者
    https://www.hani.co.kr/arti/science/technology/1085007.html
    韓国語原文入力:2023-03-24 10:56
    訳J.S


    全文はソース元でご覧ください
    ハンギョレ 登録:2023-03-26 19:37
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/46286.html
    no title

    no title

    引用元: ・【国際ロボット連盟】韓国の自動車工場、ロボット密度は圧倒的世界首位[3/26] [すりみ★]

    【 ロボットなら社長を監禁しないからな 【国際ロボット連盟】韓国の自動車工場、ロボット密度は圧倒的世界首位[3/26] [すりみ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/26(火) 16:19:58.74 ID:CAP_USER
    韓国の相対的貧困率が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で4位であることが分かった。その原因としては、世界で最も高い水準の高齢者貧困率が挙げられる。

     25日、OECDによると、韓国の相対的貧困率は16.7%(2018年基準)で、37の加盟国のうち4番目に高いレベルだ。相対的貧困率は、全体人口のうち等価可処分所得の中央値の半分に満たない世帯員の割合を指す。韓国国民の6人に1人が貧困危機に陥っているという意味だ。今年基準で等価可処分所得の中央値の50%は一人世帯91万4千ウォン(約8万9千円)、2人世帯154万4千ウォン(約15万円)、3人世帯199万2千ウォン(約19万3千円)、4人世帯243万8千ウォン(約23万7千円)だ。

     OECD加盟国の中で相対的貧困率が韓国より高い国はコスタリカ(20.5%)、米国(17.8%)、イスラエル(16.9%)だけ。OECD加盟国の相対的貧困率の平均は11.1%だ。

     このように相対的貧困率が高く現われる背景には、世界で最も高い水準の高齢者貧困率がある。韓国の66歳以上の引退年齢層の相対的貧困率が、OECD加盟国の中で圧倒的な1位を記録しているからだ。韓国の高齢者貧困率は2018年基準で43.4%で、ラトビア(39%)、エストニア(37.6%)、メキシコ(26.6%)より高い。

     韓国の高齢層のうち、公的年金が支給される割合は2018年基準で46%にとどまり、半数を下回っている。それさえも他国と比べて年金支給額が少ない方だ。退職前の平均所得に対する国民年金の割合で計算する「所得代替率」は、OECDの平均が男性は62.9%、女性は62.2%だ。しかし韓国の場合、所得代替率は45.1%に過ぎない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d1db0627eb406fcd48f494e571d2cb233ad8475b

    引用元: ・韓国の相対的貧困率、OECD加盟国中4位…圧倒的1位の高齢者貧困率が原因 [10/26] [昆虫図鑑★]

    【超のつくほどお粗末 - 韓国の相対的貧困率、OECD加盟国中4位…圧倒的1位の高齢者貧困率が原因 [10/26] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/30(木) 18:00:03.27 ID:CAP_USER
    韓国の高齢者貧困率は、その改善傾向が緩慢な中で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も高いことが分かった。全人口に高齢者が占める割合と高齢者の平均余命は毎年増えているが、高齢者の虐待経験率も合わせて増加している。

     10月2日の老人の日を控えて、統計庁が29日に発表した「2021高齢者統計」によると、今年の韓国の65歳以上の高齢人口は、全人口の16.5%にあたる853万7千人。国連は65歳以上の人口が全人口に占める比率が7%を超えれば「高齢化社会」、14%を超えれば「高齢社会」、20%を超えれば「超高齢社会」に分類する。韓国は、2017年にすでに高齢社会になった。統計庁は、高齢人口の比重が今後も増加を続け2025年(20.3%,1051万1千人)に超高齢社会に進入すると推定する。

     高齢者たちの経済条件はなかなか改善の兆しが見られない。韓国の66歳以上の引退年齢層の相対的貧困率(中位所得の50%以下)は、2019年基準で43.2%だ。2016年以後、毎年改善傾向を辿っているが、その速度はきわめて緩慢だ。韓国の高齢者貧困率はOECD加盟国の中で圧倒的1位だ。国際比較が可能な2018年基準で、韓国の高齢者貧困率(43.4%)はラトビア(39%)、エストニア(37.6%)、メキシコ(26.6%)より高い。

     にもかかわらず、貧困高齢者のための国家の公的努力は振るわない状況だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権でなされた高齢者福祉の拡大は、基礎年金が10万ウォン(約1万円)引き上げられたのが事実上すべてだ。基礎生活保障制度(日本の生活保護制度に相当)も中位所得の30%を基準として対象者を選定するために、極貧層の救済には意味があっても、高齢者貧困率の大きな改善を引き出すのは難しい。

     ソウル大学のク・インフェ教授(社会福祉学)は「韓国は高齢化が非常に速く進んでおり、多くの高齢者が年金を受け取れなかったり、またはその金額が少ないので、まずは政府が財政投入を通じて貧困高齢者の所得を補填する必要がある」としながら「今の政府は高齢者貧困に意欲的でなく、国民年金の改革議論もうやむやに延ばされた点も残念だ」と明らかにした。

     高齢者の平均余命は毎年増加している。65歳の生存者の平均余命は2019年基準で21.3年、75歳の生存者の平均余命は13.2年で、1年前より各0.5年ずつ増えた。韓国の65歳の高齢者の平均余命は、女性23.4年、男性19.1年で、OECD加盟国の中で上位圏だ。特に65歳の女性高齢者の平均余命は、日本(24.6年)、フランス(23.9年)に次いで高い。平均余命は特定時点を基準として予想される残余寿命を指す。

     こうした中で虐待を経験した高齢者の割合も増え続けている。高齢者の虐待被害経験率は、2019年には10万人当たり68.2人であったが、昨年は77人まで増加した。2015年(55.2人)に比べれば5年で39.5%も増えた。特に女性高齢者の虐待被害経験率は102.1人で、男性(44.1人)の2.3倍にもなる。80歳以上の高齢者の場合、10万人当たり122.5人が虐待被害を経験している。

    イ・ジヘ記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41232.html

    引用元: ・【韓国】高齢人口比率高まるが、高齢者貧困率はOECDで圧倒的1位 [9/30] [昆虫図鑑★]

    【低福祉低負担の代表格だからな【韓国】高齢人口比率高まるが、高齢者貧困率はOECDで圧倒的1位 [9/30] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/09(土) 22:48:03.26 ID:CAP_USER
    Record China 2021年10月9日(土) 7時20分

    7日、韓国・オートヘラルドによると、韓国の自動車調査専門機関が行った品質調査で、レクサスが韓国車と輸入車を合わせた全体で最も高い評価を得た。写真はレクサス車。

    2021年10月7日、韓国・オートヘラルドによると、韓国の自動車調査専門機関コンシューマーインサイトが行った年次自動車企画調査で、レクサスは初期品質73PPH、耐久品質98PPHを記録し、韓国車と輸入車を合わせた全体で最も高い評価を得た。

    記事によると、初期品質は製品購入後1年以内、耐久品質は3年以上のユーザーを対象に、100台あたりの不満件数(PPH)をスコア化した。数値が低いほど品質が良いということになる。

    韓国車の初期品質は現代自動車が139PPHで1位となった。2位以下にはジェネシス(140)、双竜自動車(141)、起亜自動車(148)、韓国GM(156)、ルノーサムスン(162)が続いた。輸入車はレクサスが1位で、2位以下はトヨタ(95)、ボルボ・カーズ(133)、BMW(136)、メルセデス・ベンツ(144)となった。韓国車の初期品質は6メーカー全てが昨年より向上したが、2年連続で100PPHを下回ったレクサスやトヨタとは大きな差がついた。

    耐久品質でもレクサスは、韓国車と輸入車を合わせた全体で1位となった。韓国車ではジェネシスが276PPHで1位となり、以下には現代自動車(302)、起亜自動車(318)が続いた。輸入車の2位はトヨタ(157)、3位はベンツ(256)だった。レクサスとトヨタは6年連続で1、2位となり、さらにレクサスは全メーカーのうち初めて100点未満を記録したという。

    コンシューマーインサイトは「韓国車は初期品質、耐久品質ともに徐々に向上しているが、主要輸入車メーカーと比較すると非常に不十分。特にトヨタグループの品質競争力は、韓国車メーカーにとって越えられない壁となっている」と指摘したという。

    レクサスは販売サービス満足度とアフターサービス満足度でも1位を獲得しているといい、記事は「(19年夏に始まった)日本製品不買運動により日本車メーカーは韓国内で苦戦を強いられているが、1度乗ってみるとユーザーはレクサスの品質やサービスに大満足しているということだ」と伝えている。

    これに韓国のネットユーザーからは「この時期に日本車に乗っているの?」「日本車に乗る人は恥を知るべき」「韓国人なら韓国車に乗るべき。品質も全く劣っていない」「ドイツ車もあるのになぜわざわざ日本車なの?」など不満げな声が上がっている。

    一方で「良いものは良いと認めよう」「レクサスは安定性が抜群。1度レクサスを買ったら他の車はもう乗れない」「レクサスは一度乗ってみたいあこがれの車。悪いところが1つもない」などレクサスへの称賛の声も多く、韓国車と比較して「レクサスは購入後に会社が手厚い管理をしてくれる。現代自動車とはアフターサービスの質が違いすぎる」「日本人は良い車をつくる。勤務中に暇を持て余している韓国の貴族労組とは違ってね」「不買運動を棚に上げて言うと、日本車の品質は韓国車より良い。でも韓国車もどんどん発展している。いつか日本人が現代自動車に乗る日が来てほしい」などの声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b883335-s25-c20-d0191.html

    引用元: ・【韓国】韓国の車品質満足度でレクサスが圧倒的1位「韓国車には越えられない壁」=韓国ネット「良いものは認める」 [動物園φ★]

    【NO JAPANを貫こうよ 【韓国】韓国の車品質満足度でレクサスが圧倒的1位「韓国車には越えられない壁」=韓国ネット「良いものは認める」 [動物園φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ