まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:収支

    1: まぜるな!キケン!! 2023/03/29(水) 08:25:25.13 ID:qAz1vGYZ
    知的財産権についての外国との取引の貿易収支は、通常の商品の貿易と同じように、知的財産権の輸出から輸入を引いて求めます。

    つまり、輸入より輸出の方が多ければ、プラスになって外国からお金が入ってきたことになり、輸入が輸出よりも大きければマイナスになって、お金が出ていったことになります。

    外国の皆さんがよく使う(消費する)知的財産権を多く持っている国が有利になります。例えば、製造業で使う特許や、韓国の皆さんが誇るK-Popや映画などは知的財産権の取引対象です。

    このデータを見ると、韓国の知的財産権の貿易は2022年は赤字でした。以下をご覧ください。『韓国銀行』が公表したエクセルのデータから切り出した、品目 ? 国別のクロス集計シートです。

    no title


    ↑黄色でフォーカスしてあるのが、2022年の知的財産権の貿易の総収支。オレンジが国別の総収支です。

    2022年の韓国の知的財産権の貿易収支
    総貿易収支:-13億2,720万ドル

    ●韓国の知的財産権貿易での赤字国 Top10
    対アメリカ合衆国:-18億9,610万ドル
    対イギリス:-17億2,660万ドル
    対オランダ:-9億8,890万ドル
    対スウェーデン:-3億7,520万ドル
    対日本:-3億6,540万ドル
    対ドイツ:-2億9,160万ドル
    対フランス:-2億8,610万ドル
    対スイス:-1億5,740万ドル
    対マレーシア:-1億310万ドル
    対デンマーク:-8,740万ドル

    ●韓国の知的財産権貿易での黒字国 Top10
    対ベトナム:+17億600万ドル
    対中国:+10億3,000万ドル
    対シンガポール:+6億3,250万ドル
    対インド:+4億8,110万ドル
    対スロバキア:+2億930万ドル
    対台湾:+2億910万ドル
    対香港:+1億3,650万ドル
    対タイ:+4,950万ドル
    対ブラジル:+4,210万ドル
    対ロシア:+4,060万ドル
    その他:+5億3,610万ドル

    ⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2022年知識財産権の貿易収支(暫定)」

    まず、総収支は「-13億2,720万ドル」で赤字です。

    つまり、知的財産権の貿易で、お金が入ってくるよりも出ていくお金の方が多いのです。また、赤字の国と黒字の国では、明らかな傾向が見えます。

    当然のことかもしれませんが、韓国は先進国に対しては赤字であり、開発途上国に対しては黒字です。知的財産権の貿易において、先進国にはお金を貢ぐ立場ですが、開発途上国からはお金をかっぱいでいるのです。

    「韓流」でもうける話はどうなったのか?

    (略)

    企業規模による「出版、映画、放送、情報通信」の知的財産権の貿易収支
    Large Enterprises(大企業):+16億7,740万ドル
    Small and Medium-sized Enterprises(中小企業):-20億9,620万ドル
    「Publishing, Motion Pictures, Broadcasting, Information and Communications(出版、映画、放送、情報通信)」においては、大企業はもうけているのですが、中小企業は大赤字なのです。

    大企業が扱うこれからコンテンツの知的財産権はお金を稼いでくれる(入ってくる方が大きい)のですが、中小企業においては外国にお金を払う方がはるかに大きいのです。

    総体として、「出版、映画、放送、情報通信」ではお金は稼げない、「赤字じゃん!」ということになっています。

    韓国は現在、輸出がさっぱりなので、産業通商資源部の長官が「K-ライフスタイルでコンテンツの輸出が期待できる」などと言っているのですが、この数字を見ると、貿易収支が赤字な以上は頑張っても望み薄なんじゃないのか?と思われないでしょうか。

    全文はソースで
    (吉田ハンチング@dcp)
    https://money1.jp/archives/102573

    引用元: ・韓流ブームはどこにいった? 韓国「知的財産権の貿易収支」マイナス13億ドル [3/29] [昆虫図鑑★]

    【そんなものは無かったw - 韓流ブームはどこにいった? 韓国「知的財産権の貿易収支」マイナス13億ドル [3/29] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/07(水) 14:36:14.22 ID:6Qi29hh7
    2022年12月5日、韓国経済TVは「韓国の貿易規模が今年、初の世界6位を記録する見通しだ」と伝えた。

    韓国では同日、「貿易の日」を迎え、ソウル市内で記念式典が開かれた。具滋烈(ク・ジャヨル)会長はこの席で「韓国は今年、世界10大貿易国のうち輸出増加率5位を記録し、輸出規模は6000億ドル(約82兆円)超の過去最高値を記録する見通しだ」「輸出の世界順位も昨年の7位から6位に上がると見込まれる」と明らかにした。

    また、輸入は世界9位から8位に1ランク上がり、貿易規模が昨年の8位から2ランク跳躍し初の世界6位を達成する見通しだとした。

    ただ、輸入の急増で貿易収支は8カ月連続で赤字を記録しており、赤字規模も過去最大値を更新するとみられているという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「うれしいニュースだ」「米国、中国、ドイツ、日本、英国の次かな」「輸出こそが生きる道だ」「さすが尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領」「大韓民国、全国民の苦労が実った結果だ」など、喜びのコメントが寄せられている。

    一方で、「輸入金額が増えたから順位が上がったんでしょ。売る物(半導体)は減ったけど、買う物(エネルギー)はめちゃくちゃ増えた」「貿易収支は赤字なのに、規模だけ自慢してもね」「それで利益は?。貿易規模が拡大しても、過去最大級の赤字なんでしょ」「過去最大の赤字なのに、よくやったとパーティーでも開くつもり?」などの声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

    Record Korea 2022年12月7日(水) 5時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b905590-s39-c20-d0195.html

    ※関連スレ
    韓国大統領「26年に世界5大輸出国に」 大幅な支援拡大表明 [12/5] [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1670210392/

    引用元: ・【レコチャ】韓国の輸出、過去最高値で世界6位の見通し=韓国ネット「うれしい」「貿易収支は赤字なのに…」12/7 [ばーど★]

    【褒められたりけなされたり大変だw 【レコチャ】韓国の輸出、過去最高値で世界6位の見通し=韓国ネット「うれしい」「貿易収支は赤字なのに…」12/7 [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/18(火) 15:12:56.26 ID:+LxgbwRh
    「今そこにある危機」です。これまでの予想よりずっと早く韓国の健康保険基金が枯渇するぞ、という警告が出ました。

    2022年10月14日、韓国の企画財政部と健康福祉部が2023年の健康保険の収支が「-1兆4,000億ウォン」に膨らむ――としていることが分かりました。

    ここまで韓国の健康保険の収支は以下のようになっています。

    2018年:-2,000億ウォン
    2019年:-2兆8,000億ウォン
    2020年:-4,000億ウォン
    2021年:+2兆8,000億ウォン
    2022年:+1兆ウォン

    「おっ、黒転したじゃないか」と思われるかもしれませんが、これは錯覚です。コロナ禍によって病院に行く人が極端に少なくなって、2021年に大きな黒字、2022年にもその余波が続いているだけなのです。

    後がいけません。以下の予測をご覧ください。

    2023年:-1兆4,000億ウォン
    2024年:-2兆6,000億ウォン
    2025年:-2兆9,000億ウォン
    2026年:-5兆ウォン
    2027年:-6兆8,000億ウォン
    2028年:-8兆9,000億ウォン

    予測も含めて、「健康保険の収支」の推移をグラフにすると以下のようになります。

    no title


    現在の予測では、2023年に再び赤転し、以降は坂道を転げ落ちるように赤字は膨らんでいきます。

    2021年末基準で健康保険基金が「20兆2,400億ウォン」ですから、上掲のように収支が推移すれば、2028年には基金は「-6.4兆ウォン」となって枯渇します。

    (吉田ハンチング@dcp)
    https://money1.jp/archives/91518

    引用元: ・韓国「健康保険の収支」が2023年に赤転。2028年に基金は枯渇する。予想よりずっと早い [10/18] [新種のホケモン★]

    【なくしてしまえば赤字もなくなるし - 韓国「健康保険の収支」が2023年に赤転。2028年に基金は枯渇する。予想よりずっと早い [10/18] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/11(土) 08:23:29.03 ID:CAP_USER
    どの国でもそうですが、外貨準備高が減少してくると危なくなります。理由は簡単で、鎖国しているならいざ知らず、輸入代金の決済ができるのかどうか怪しくなってくるからです。

    韓国の外貨準備高は減少してきています。もちろん表面的には「4,600億ドル近辺の外貨準備高がある」ということになっています。

    しかし、韓国は、

    外貨準備高が4,000億ドルあったはずの2020年03月にドボン寸前になった

    国です。このときはアメリカ合衆国『FRB』(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)が緊急で締結したドル流動性スワップ(韓国側呼称は「通貨スワップ」)によって救われました。

    外貨準備高が減少してくると、韓国という国は慌てだします。

    国際収支統計には「外貨準備高の増減」という項目があります。2022年06月10日に、『韓国銀行』が公表した2022年04月の国際収支統計を見ると、2021年11月から外貨準備高が減少傾向にあることが分かります。

    以下をご覧ください。

    no title


    ↑ドル円換算は2022年06月10日の「1ドル=134.07円」

    2021年11月から2022年04月を累計すると「-95億3,470万ドル」(約-1兆2,783億円)にもなります。国際収支統計はフローを示しているので、6カ月で約1.3兆円もの外貨が抜けたことになります。

    以前にもご紹介しましたが、韓国はこのように外貨準備高の増減が連続してマイナスを記録しだすと危ないのです※。韓国経済に警告灯がともっていることは、このように国際収支統計の数字も証明しています。

    >>1997年のアジア通貨危機時には1997年01~12月で外貨準備の増減は「▲119億2,170万ドル」。2008~2009年の韓国通貨危機時には2008年01~12月で外貨準備の増減は「▲564億4,600万ドル」でした。
    念のために以下に『韓国銀行』のECOSから切り出したデータを貼ります。

    no title


    no title


    Money1では毎月月初に公開する外貨準備高をご紹介していますが、国際収支統計の方も見ておく必要があります。なぜかというと、『韓国銀行』が毎月月初に公開する外貨準備高に表れる増減額と国際収支統計の増減額がまるで合わないからです。

    なぜ合わないのかは置くとしても、どちらのデータでも韓国の外貨準備高が減少していることは確かです。危なくなってきたのは間違いありません。

    (柏ケミカル@dcp)

    https://money1.jp/archives/82074

    引用元: ・韓国の外貨準備が累計「95億ドル」減少! 国際収支に見る赤信号 [6/11] [昆虫図鑑★]

    【嘘つきが本当の発表するわけない - 韓国の外貨準備が累計「95億ドル」減少! 国際収支に見る赤信号 [6/11] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/02/03(木) 07:53:36.62 ID:CAP_USER
    韓国の貿易収支が昨年12月に続き、今年1月も赤字となった。貿易収支が2カ月以上連続で赤字となったのは、世界的な金融危機に見舞われた2008年以降で初めてだ。最大の輸出市場である米国・中国市場の景気見通しまで不透明となり、今年の輸出鈍化に対する警戒感が高まっている。

     産業通商資源部によると、1月の輸出は前年同期比15.2%増の553億2000万ドル、輸入は35.5%増の602億1000万ドルで、貿易収支は48億9000万ドルの赤字を記録した。赤字規模は08年1月(40億3500万ドル)を超え、月次ベースで過去最高だった。冬のエネルギー需要が増える中、原油、ガス、石炭など輸入エネルギー価格が急騰し、貿易収支が赤字に沈んだ。昨年12月の貿易赤字(5億8600万ドル)もエネルギー価格の急騰が主因だった。

     赤字が増える一方、輸出の伸びも鈍化している。輸出の伸びは昨年10月の24.2%、11月の31.9%でピークに達して以降、12月は18.3%、今年1月は15.2%と鈍化が続いている。世界的なサプライチェーンの混乱に物価上昇も重なり、昨年輸出額ベースで1、2位だった中国(輸出額に占める割合25.2%)、米国(14.2%)の経済が不振に陥るのではないかという見通しが示されている。国際通貨基金(IMF)は1月25日、今年の世界経済の成長率予測を従来の4.9%から4.4%に下方修正した。特に米国は5.2%から4.0%に、中国は5.6%から4.8%に引き下げられた。

    チョ・ジェヒ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/02/03/2022020380001.html

    引用元: ・【朝鮮日報】年初から不吉な韓国の貿易収支、2カ月連続赤字 [2/3] [昆虫図鑑★]

    【ダンピング止めたら黒字になるのに 【朝鮮日報】年初から不吉な韓国の貿易収支、2カ月連続赤字 [2/3] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ