まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:冷戦

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/16(木) 09:02:57.18 ID:CAP_USER
    no title


    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と鄭義溶(チ ン・ウィヨン)外交部長官が15日、訪韓中の中国の王毅国務委員兼外交部長にそれぞれ会った席で、王部長は強い語調で韓国に米中間での選択を強調するような発言を繰り返した。

    文大統領はこの日、青瓦台(チ ンワデ、大統領府)で王部長に会って「北京冬季オリンピック(五輪)が平昌冬季五輪に続き北朝鮮との関係を改善するもう一つの転機になり、北東アジアと世界平和に寄与することを望む」と述べたと、朴ギョン美(パク・ギョンミ)青瓦台報道官が伝えた。

    国際オリンピック委員会(IOC)が北朝鮮が来年2月北京冬季五輪に出場できないよう懲戒したが、これを南北関係改善の契機にしようとする構想を引き続き練るという意味だ。

    王部長は「五輪が南北関係改善の契機になるように努力する」とし「積極的な態度で、政治的意志さえあれば、一日でも歴史的なことを成し遂げることができる」としながら「政治的意志」を強調した。

    王部長は挨拶の言葉で「来年は中韓(韓中)修交30周年だが、孔子は『三十而立』と言った」とし「30周年を契機に両国の関係発展で成功的経験を整理して、今後30年間両国関係発展をうまく計画しなければならない」と話した。

    論語に出てくる三十而立は「三十歳になって確固たる志を立てる」という意味だ。

    王部長は続いて「両国はたとえ国の状況が違っても相手が選択した発展の道を支持して相互尊重し、相手の核心的で重要な関心事を相互尊重し、各自の文化を尊重し、国民感情を相互尊重する伝統を持ってきた」とし「今後もこのような伝統を引き続き維持するべきで、これは両国関係の健全な発展においてとても重要だ」と強調した。

    王部長の「相互尊重」発言を巡り、外交界では「南シナ海・台湾・香港・新疆ウイグル・チベットなど米中葛藤点に関連して、中国が韓国に『支持』を圧迫しているのではないか」という解釈もある。

    この日、中国外交部のウェブサイトは「中国は韓半島(朝鮮半島)南北双方が困難を克服し、干渉を排除して、関係を改善することを強く支持する」という王部長の発言を公開したが、この日の青瓦台書面ブリーフィングではこの内容が抜けていた。

    「干渉の排除」は韓米と南北関係の二元化の意図を入れた用語選択という指摘だ。

    王部長はこの日、ソウル都染洞(ドリョムドン)外交部庁舎で鄭義溶(チ ン・ウィヨン)長官と韓中外相会談を終えた後、記者団と会い、米国牽制(けんせい)の意図を表わした。

    王部長は米議会を中心に、韓国を含めようという提案が出ている5カ国情報同盟「ファイブアイズ」(米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド)に対して「完全に冷戦時代の産物で時代遅れ」と反発した。

    11~12日の北朝鮮の巡航ミサイル発射については「他の国も軍事活動をしている」と言って肩を持った。「他の国の軍事活動」は韓米合同訓練などを示したとみられる。

    この発言の約2時間後であるこの日昼ごろ、北朝鮮は東海(トンへ、日本名・日本海)上に弾道ミサイル2発を発射した。外交部当局者はこれに関連して、「王部長は『韓半島状況の悪循環につながらないように関連国が自制しなければならない』と述べた」と伝えた。


    中央日報日本語版 2021.09.16 07:48
    https://japanese.joins.com/JArticle/283024

    引用元: ・【中韓】 訪韓した王毅氏「ファイブアイズは冷戦の産物」…北ミサイルには「他の国もしている」 [09/16] [荒波φ★]

    【もう奴隷国扱いやんかw 【中韓】 訪韓した王毅氏「ファイブアイズは冷戦の産物」…北ミサイルには「他の国もしている」 [09/16] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/02/10(水) 10:24:56.18 ID:CAP_USER.net
    <北ミサイル発射>朴大統領、日米首脳と電話会談…韓日米vs中の新冷戦
    2016年02月10日07時49分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    (左から)朴槿恵大統領、オバマ大統領、安倍首相
    no title


    朴槿恵(パク・クネ)大統領が9日、オバマ米大統領、安倍晋三首相と電話会談し、北朝鮮に対する制裁について協議した。

    オバマ大統領と安倍首相もこの日、電話会談をし、北朝鮮に対する国連安全保障理事会制裁決議案を速かに採択することにした。北朝鮮の長距離ロケット(ミサイル)発射から2日後だ。朴大統領は4回目の核実験(1月6日)の翌日にも日米首脳と電話会談した。北朝鮮の核実験とミサイル発射をきっかけに韓日米の連携が緊密になる状況だ。

    朴大統領は9日午前11時20分、オバマ大統領との電話で、国連安保理レベルの対北朝鮮制裁とは別に2者・多者レベルで強力な制裁と圧力が必要だという意見で一致したと、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が明らかにした。

    朴大統領は北朝鮮のミサイル発射を「挑発」と表現した後、「国際平和・安定に対する正面から挑戦であり、決して容認されてはいけない」と強調した。特に「核開発・経済建設の並進路線は決して成功しないという点を北がはっきりと悟るよう、国際的に団結された意志のもと、必要な具体的措置を取っていかなければいけない」と述べた。

    これに対しオバマ大統領は「今回の発射は米国だけでなく同盟国の安全に対する直接的な脅威」とし「韓国に対する防衛公約が揺れることはない」と述べた。

    朴大統領は午前11時50分、安倍首相との電話でも「北に対する圧力を最大化できるよう国連安保理の決議とは別に、2者・多者レベルで多様な制裁措置を強化していかなければいけない」と強調した。

    安倍首相は「安保理の制裁とは別に日本政府独自の制裁措置を準備している」と述べ、高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備に関する議論を支持すると述べたと、共同通信が伝えた。

    このように韓日米の連携が緊密になるが、韓中関係はふさがっている。青瓦台の関係者は「朴大統領としては北の挑発という特殊な状況で中国の役割だけを期待することはできないと判断している」と述べた。実際、中国の習近平国家主席は5日、朴大統領との電話で、「韓半島(朝鮮半島)に核があってはならない」という従来の立場を繰り返した。

    北朝鮮は朴大統領と習主席が5日夜に電話してから36時間後の7日午前9時30分にミサイルを発射した。これを受け、4時間30分後の7日午後3時、韓米国防当局は中国が反対してきたTHAADを配備する協議を始めると発表した。すると、中国の劉振民外務次官は金章洙(キム・ジャンス)駐中韓国大使を呼んで公式的に抗議した。

    米国の北朝鮮専門家マイケル・マデンNKリーダーシップウォッチ所長は中央日報のメールインタビューで、「金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は国際地政学的に非常に精巧な策略を持っている」と指摘した。また「金正恩が4回目の核実験とミサイル発射を通じて、米中間でTHAAD配備などをめぐりすでに広がっている隙間(cleavage)に入り込んでいる」と述べた。

    実際、北朝鮮は長距離ミサイル発射を控えた5日に李進軍駐朝中国大使と、4日にはアレクサンドル・マチェゴラ駐朝ロシア大使と親善会を持ったと明らかにした。マデン所長は「このような儀礼的な外交行事を浮き彫りにしたのは中露との関係を強めるという意図」と解釈した。

    東国大の高有煥(コ・ユファン)教授(北朝鮮学)も「金正恩もミサイル挑発後の『韓米対中国』の新冷戦構図を内心計算していたはず」と述べた。

    http://japanese.joins.com/article/855/211855.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報】韓日米vs中国の新冷戦がはじまった

    【緩衝地帯は陣営の外だぞ【中央日報】韓日米vs中国の新冷戦がはじまった】の続きを読む

    このページのトップヘ