まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:他人事

    1: まぜるな!キケン!! 2023/07/01(土) 13:56:04.05 ID:rfrbN8b9
    ・韓国で「陸自3人殺傷事件」が話題に…!

     先日、6月14日に岐阜県の陸上自衛隊の射撃場で銃撃事件が発生し、日本全国に衝撃が走った。
    ー中略ー

     じつはこの事件は、韓国でも話題になっている。

     日本では兵役制度がなく、一概に今回の事件と韓国の兵役制度を比較することはできないものの、
    やはり韓国でも兵役中の指導をめぐっては時代背景が変わりつつある中で、じつはここへきて難しい対応を迫られている側面があるからだ。

    ・韓国の「MZ世代」と「兵役」の大問題

     「Z世代」の一般的な定義は1990年中盤~2000年後半に生まれた現在10代~20代の若者たちを指す。
    韓国ではこれに「M世代」と呼ばれる30代までも含めて「MZ世代」と表されることが多い。

     韓国では教育現場や兵役でのこの世代への指導をめぐって、じつはいま指導者側にとって「頭の痛い問題」として切実な悩みになっている。

     なにより韓国では、日本と同様に、学校でも教師の体罰など厳しい指導はすぐに問題視される現状がある。
    そのため、厳しい兵役生活という環境下において集団生活を牽引していく指導者にとっては、集団をまとめていくことに苦労することが増えているという。

     たとえば、兵役生活の場合、寝床など共同の空間を複数人で使用しなくてはならない。
    しかし、核家族が進む現在ではそれぞれが個室を持って、プライバシーのある生活をしていることから、
    こうした集団生活に慣れるまでに時間がかかるという。

     また、親や教師から厳しく叱責されるという経験が少ないため、兵役で初めて先輩や上官からの厳しい態度に接して戸惑うことも多いという。
    そこへ過去3年のコロナ禍が追い打ちをかけ、新入り兵士の体力の低下なども問題に挙げられているというのだ。

    ・「二度と体験したくない」と…

     かつては約3年近くあった韓国の兵役期間も、2023年現在では1年半から最長でも2年と短縮されている。
    さらに、2019年からは使用時間などに制限を設けて、携帯電話の使用も緩和された。

     こうしたことから、40代以上から見ると、現在の兵役は期間も短期化され、規則なども緩くなるなど楽に思えるようであるが、
    それでもZ世代からすれば頭ごなしに「今の兵役は楽だ」と言われることには強い反感を感じている。

     以前、筆者と同年代の男性から兵役時代の話を聞いた時に、
    「先輩兵から『機嫌が悪いから』という理由で殴る蹴るの暴行を受けることは当たり前のようにあった」と平然と答えていたことに、驚きを隠せなかった。
    兵役でのしごきのような話は耳にしたことがあるものの、やはり、実際に行って来た人から聞くとそのインパクトは強烈である。

     「人格が変わる程つらい」「二度と体験したくない」という声もあったり、兵役についてネガティブなイメージが先行しがちであり、
    現に政治家や企業家の子息、芸能人が兵役を不正に逃れる背景にも「兵役はつらく厳しいもの」という現実がある。

    ・韓国の「銃乱射事件」

     韓国でも2014年6月に陸軍に属していた当時22歳の兵役兵が銃乱射事件を起こし、死者5名、負傷者7名という惨事になった。

     事件の動機は兵役内でのいじめが引き金になったと言われているものの、事件に至るまで、さらに事件後の後手の軍の対応に批判が集まった。

     このほかにも、2005年と2011年にもやはり兵役兵による銃撃事件が起こり、いずれも犠牲者が出ている。

     韓国でも陸自3人殺傷事件は「他人事ではない」というわけだ。
    ー後略ー

    田中 美蘭(ライター)

    現代ビジネス 7/1(土) 7:33配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/58702b8b4be5923d20f41303b3a6ff3ab7c7e763

    引用元: ・【韓国】 じつは「陸自3人死傷事件」は「他人事ではない」…! いま韓国軍が頭を抱える「兵役」の大問題 [7/1] [仮面ウニダー★]

    【殴り放題掘り放題の備品【韓国】 じつは「陸自3人死傷事件」は「他人事ではない」…! いま韓国軍が頭を抱える「兵役」の大問題 [7/1] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/03/13(月) 13:13:14.39 ID:ez+MVAuL
    米連邦準備制度理事会(FRB)の急激な金利引き上げの余波で総資産2090億ドルで米国内資産順位16位のシリコンバレー銀行(SVB)が破綻した。米国のスタートアップとIT企業を主要顧客に持つSVBはこの40年間シリコンバレーの産婆役をしてきた革新金融の象徴だ。そんな銀行が流動性危機説が流れて2日で破綻し、シリコンバレーの生態系崩壊を超え2008年のような米国発の世界的金融危機が再演されることにならないかとの懸念まで出ている。

    振り返ればコロナ禍当時に超低金利で投資があふれIT業界の好況が続く渦中に政府の支援金ばらまきなどで市中に資金がとても多く放出され、預金が怒涛のように流れ込んだのがSVBに毒になった。2020年3月末に600億ドル水準だった預金残高は2021年末には1890億ドルまで増えた。急激に増えた預金ほど貸付は増えず、SVBは米国債などに投資した。FRBの急激な利上げとテック産業不況が重なって問題がふくらんだ。主要顧客であるベンチャーキャピタルとテック企業が預金を引き出し始め、SVBは国債を売らなければならなかったが、利上げにより債券価格が急落し損失が雪だるま式に増えた。8日だけで18億ドルの損失を出し、翌9日にこれを埋め合わせるための増資計画を発表したことがかえって取り付け騒ぎを誘発して結局強制営業中断に達した。13日に預金引き出しが始まるが全預金の93%が預金者保険(25万ドル)の限度を超えるのはまた別の信管だ。

    SVBが大規模資産損失を出したのは、FRBが1年間で政策金利を事実上ゼロから4.75%まで急激に引き上げたためという指摘が出ているだけに、FRBの利上げの行方もやはり不確実になった。米金融監督当局は米国内の主要銀行は資産が多様に分散しており大きな危機には陥らないだろうという楽観的な分析をする。だが21~22日に予定された連邦公開市場委員会(FOMC)で当初FRBのパウエル議長が示唆した通り0.5%の利上げをする場合、すでに債券価格下落で資金難を訴える中小銀行は危機に追いやられることになりかねない。物価を抑えようとしたのに銀行の健全性を悪化させるだけになりかねず、悩みが深まるほかない。

    韓国金融当局も神経を尖らせている。秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相は12日に金融委員長、金融監督院長らとともにした定例懇談会で「SVB流動性危機で市場変動性が高まった状況で内外の金融市場、実体経済などに対する影響を排除することはできない」と話した。今回のSVB破綻は最近急激に預金が集まる韓国の銀行に示唆するところも少なくない。金融全般の信頼が崩れないよう不動産担保貸し付けなどにもより綿密な先制的金融監督が必要な時だ。

    中央日報日本語版 2023.03.13 11:48
    https://japanese.joins.com/JArticle/301957

    ※関連ソース
    【速報】米ニューヨーク州の銀行も経営破綻
    https://www.47news.jp/9051982.html

    ※関連スレ
    韓国国民年金、「事実上破綻」の米シリコンバレー銀関連株300億ウォン相当保有…株価は半減 [3/13] [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1678670455/

    引用元: ・【中央日報】危機説から2日で破綻した米国16位のシリコンバレー銀行、他人事ではない=韓国 [3/13] [ばーど★]

    【明日の韓国 【中央日報】危機説から2日で破綻した米国16位のシリコンバレー銀行、他人事ではない=韓国 [3/13] [ばーど★]】の続きを読む

    このページのトップヘ