まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:仕返し

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/02/02(火) 20:22:52.94 ID:CAP_USER.net
    【噴水台】イランから仕返しを受ける韓国 (中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160201-00000010-cnippou-kr


    年金利0.1%の当座口座に5000万ウォンあり、1年以内に1000万ウォンを使うとしよう。多くの人は残りの4000万ウォンを利率が高い他の預金に回すだろう。

    ところが銀行が当座口座だけを使うよう強要すればどうなるのか。これは騒ぎを招く横暴だ。こういうことが国内であった。数年前に苦境に陥ったイランを相手に。

    西側の要求で2010年、韓国もイラン制裁に加わらなければならなかった。核心制裁の一つがドル取引禁止だった。
    石油導入の中断とともにイランの2500余りの輸出業者が致命傷を受けるところだった。苦心の末に出てきた妙案が韓国ウォン決済システムだ。
    韓国ウォンを支払って石油を輸入するものの、イランが受けた代金を国内銀行の口座に置いて、韓国の商品を輸入する時に使わせるというものだった。

    最初はよかった。しかしウリィ・企業銀行に開設した口座の残高が予想以上に多い4兆-5兆ウォンに増えると、問題が生じた。
    年金利が0.1%にすぎないため、イラン側が一部を定期預金にしてほしいと何度も要求したのだ。
    「3%の定期預金でも年1000億ウォン(約100億円)をはるかに超えるが、正当な利子を受けていない」という主張だった。

    しかしこうした要求は徹底的に無視された。怒ったイラン側は中央銀行副総裁まで韓国に派遣し、銀行を変えようとしたが、これも叶わなかった。

    こうした状況が報道されるまで両銀行は特別な負担なく4兆-5兆ウォンを運用した。暴利論争が出てくると、2012年8月にようやく利子を上げた。しかし年1.6%だった。
    1年満期定期預金が3%を超えていた時期だった。

    当時、イランに精通した人たちは「近いうちに制裁が解除される見込みだが、このようにしていれば不利益にあう」と心配した。

    その予想通りイラン制裁は3年後に解除された。いまイランは数兆ウォンの預金を引き出そうとする状況であり、銀行が慌てている。
    預金を移さないよう交渉団を送るなど大騒ぎしているが、あらかじめ適切に対応していれば雰囲気ははるかによかったはずだ。
    利子をめぐり葛藤が深まった時に実務者として訪韓し、屈辱的な対応を受けたのが、現在、中央銀行海外担当副総裁を務めるメディ・グダジ氏だ。

    銀行はイランに対して「甲」の立場で数百億ウォン以上の利益を得て、当局はこれをほう助した。国益という仮面をかぶった不義だ。
    当時、銀行の高位層は蜜を吸ったが、結局、その負担は後任者と国がそのまま負うことになった。
    当面の利益に目がくらみ、国格の失墜はもちろん、長期的に国益を害することになるのなら、今からでも非難を受けて当然だ。

    もろ禿HINE!氏による前スレ
    【中央日報】イランから仕返しを受ける韓国[2/1] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454318483/

    引用元: ・【中央日報】イランから仕返しを受ける韓国★2[2/1]

    【何が何でもウリは被害者 【中央日報】イランから仕返しを受ける韓国★2[2/1]】の続きを読む

    1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/22(木)20:47:35 ID:unOIN3Bmp
    中国誌・廉政瞭望は21日、「中国人の男、靖国神社への放火を語る」と題した記事を掲載した。

    2011年10月、東日本大震災のボランティアとして福島入りした劉強は当時、「日本や日本人を心から愛する中国人」としてマスコミにも
    取り上げられた。ボランティアの任務終了まであと半月となった同年12月18日、当時の李明博・韓国大統領が訪日し、日本に慰安婦問題
    の解決を求めたが、強く拒絶された。それと同時に日本の国会議員68人が靖国神社を参拝した。

    このニュースを見た劉は屈辱と怒りが沸き上がり、持っていた白いTシャツに赤いマジックで「謝罪」と書き込んだ。それから1週間、被災者の
    前では変わらぬ笑顔を見せていたが、ふとしたすきにニュース画面が頭をよぎった。福島の左翼の励ましを受け、劉は大胆な計画を立てた。
    毛沢東の誕生日で劉の祖母の命日でもある12月26日に靖国神社に放火するというものだ。

    劉の祖母は平壌で生まれ、後にソウルなどに移り住んだ。1942年に旧日本軍に慰安婦として中国に強制連行され、苦痛を強いられることに。
    第2次大戦後、祖母は名前を変えてそのまま中国で暮らした。1985年に亡くなる間際、数十年隠していた秘密を家族に打ち明けた。劉は当時、11歳だった。特殊な家庭環境のせいか、劉は日本に特別な感情を抱いていた。2005年に初めて訪日した時は早朝の靖国神社で「新四軍軍歌」を熱唱した。

    靖国神社に放火するために、ボランティアを装って福島入りしたのでは、との疑いには「それは違う。自分はずっと日本人と日本軍国主義を分けて考えてきた。(放火は)突然、思い付いたものだ」と反論した。

    事件後、ネットユーザーからは「抗日壮士」「英雄凱旋」と賛辞が贈られた。だが、劉は「ずっと恐怖に怯えている。日本のヤクザが中国まで仕返しに来るのではないかと、しょっちゅう悪夢にうなされている」と語っている。
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/383343/

    引用元: ・【新華】 靖国神社に放火した中国人の男、心境を語る・・「日本のヤクザの仕返しに怯えている」―中国誌 [05/22]

    【 普通の日本人を敵にしてることにがわかってない。 -【新華】 靖国神社に放火した中国人の男、心境を語る・・「日本のヤクザの仕返しに怯えている」―中国誌 [05/22]】の続きを読む

    このページのトップヘ