1: まぜるな!キケン!! 2023/05/16(火) 06:55:26.84 ID:8beyX19o
【05月16日 KOREA WAVE】韓国で新築マンションの欠陥事例が続出している。
被害は以前から続いているが、特に今月は13日までの間に新築マンションだけで手抜き工事疑惑が5件も浮上している。
入居が始まったマンションで長さ20メートル・高さ1メートルの擁壁が崩れたり、建設現場の地下駐車場スラブ(970平方メートル)が崩壊したりと
人命に危険が及びかねないケースも起きている。

京畿道(キョンギド)楊州市(ヤンジュシ)の新築マンション。ここへの引っ越しを予定していた住民は慌てた。
エアコンやリビング・キッチンの電灯などが脱落し、床に転がっていたからだ。隣の世帯でも流し台のドアや呼び鈴がないと騒ぎになっていた。

大邱(テグ)市寿城区(スソング)の新築マンションでも怒りの声が上がっている。
入居前の事前点検の際、竣工まで1カ月というのに周辺に建設装備と資材が残され、壁紙など仕上げ工事が終わっていない部屋もあった。
適切な措置を取るよう業者に要求したが、区役所は竣工承認を出してしまい、住人らはやむなく、瑕疵があるまま入居を始めた。

国土交通省の瑕疵審査・紛争調停委員会が受け付けた調停の件数は2015年以後、終始3000~4000件台を記録している。
被害事例は多様化しており、一般人が見ても明らかな不十分な仕上げも指摘されている。

こうした事態が相次ぐ理由について、公正住宅フォーラムのソ・ジンヒョン共同代表(京仁女子大学教授)は「不動産や建設産業が急成長し、
技術的な部分や安全管理を疎かにした側面がある。建設監理の実効性を確保するための制度改善などが必要だ」と話した。

韓国建設産業研究院のイム・ギス研究委員は「マンションは施工会社が30%程度で造り、残りを零細下請け業者に出す場合が多い。
そのうえ、竣工前の監理が行き届かないのが現実だ。竣工前の瑕疵は竣工後の瑕疵より重要だ。消費者もしっかり事前点検をすべきだ」とアドバイスした。

(c)KOREA WAVE/AFPBB News
5/16(火) 4:12配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/0d71a7bc1f9dbffe290fc459755e35cfb7eb586e

※関連スレ
【驚愕!】 「こびり付いた大便に黄色い便器の水」…仁川新築マンション欠陥 [5/11] [仮面ウニダー★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1683784058/

【中央日報】 衝撃の韓国新都市駐車場崩壊…「施工主が鉄筋を入れなかった」 [5/10] [仮面ウニダー★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1683672743/

引用元: ・【瑕疵】 韓国で今更ながら「マンション手抜き工事」横行…産業急成長で安全管理おろそか [5/16] [仮面ウニダー★]

【手抜きじゃないだろ 【瑕疵】 韓国で今更ながら「マンション手抜き工事」横行…産業急成長で安全管理おろそか [5/16] [仮面ウニダー★]】の続きを読む