まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国

    1: まぜるな!キケン!! 2023/06/07(水) 12:31:28.11 ID:EgtLc2Ir
    2023年6月6日、韓国・マネートゥデイは「中国内で韓国コスメの不振が続いている」と伝えた。韓国を代表する輸出コスメといえばLG生活健康の「The history of 后(Whoo)」、アモーレパシフィックの「雪花秀」だが、コロナ禍と「限韓令(韓流禁止令)」以来、中国内では大きな影響を与えることができていないという。

    韓国の産業通商資源部によると、韓国の5月の化粧品輸出額は前年同期比8%減少した。昨年通年の減少率(13.3%)は下回ったが、今年も全般的に逆成長となっている。化粧品業界関係者は「両国関係の回復が予想されていたほど進んでおらず、中国需要への期待感はしぼんでいる状況」だと話す。

    6月18日は中国で全国的なECセールイベントが行われるが、今年の韓国コスメの売り上げは昨年水準にとどまると予想されている。21年にはスキンケアカテゴリで「The history of 后」が販売トップ6位を記録したが、昨年は主要なランキングに韓国コスメの名前は入らず、販売実績も公開されなかった。今年の「6・18」に向け、LG生活健康は中国のイラストレーターとのコラボ商品を発売する予定。アモーレパシフィックは例年水準のイベントを企画しているという。

    記事は「中国国内の化粧品消費が完全には回復していないことに加え、コスパのいい中国ブランド、欧米の高級ブランドのどちらかを選ぶ二極化現象が強まっている」ことが韓国コスメブランド不振の原因だと分析している。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「化粧品みたいな消費財は市場の変化が激しい。永遠の1位なんていう考えは捨てるべきだ」「化粧品は顧客の忠誠度が高いアイテムだけど、価格が上がっていけば代替品に取って代わられる。自業自得」「これが中国市場の限界だ。輸出しても、一瞬にして自国ブランドに食われてしまう。現代・起亜自動車も、大型スーパーもそう。最初は良くても運営ノウハウをベンチマーキングされて、最終的には手ぶらで追い出される」「もう中国に希望はない」などの声が寄せられている。

    その他、「中国人が使わないからって、韓国の優れた製品がなくなるわけではない」「雪花秀がいまだに世界的に人気だと信じてる人がいるの?」「雪花秀って2010年代の短い期間にヒットした商品でしょ。改善変化のない商品に消費者は目を向けないよ」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

    Record Korea 2023年6月7日(水) 12時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b915243-s39-c20-d0195.html
    no title

    no title


    ※関連スレ
    【Kビューティー】中国で人気急降下の韓国コスメ、日本では存在感高まる=韓国ネット「良いこと」「日本人は結局…」4/7 [ばーど★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1680857389/
    【Kビューティー】 「最近、韓国の化粧品なんて使う人いるの?」 中国市場で売上急減…いったい何が [5/15] [仮面ウニダー★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1684109518/

    引用元: ・【Kビューティー】中国で韓国コスメブランドの不振続く=韓国ネット「自業自得」「中国市場の限界だ」6/7 [ばーど★]

    【宣伝だけだからな悪質よ 【Kビューティー】中国で韓国コスメブランドの不振続く=韓国ネット「自業自得」「中国市場の限界だ」6/7 [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/30(月) 08:10:20.30 ID:1/M49KNY
    韓国の20代・30代の中国に対する認識が大きく悪化したことが明らかになった。「最も遠く感じる国」を尋ねる質問に対して、北朝鮮(29.1%)に次いで中国(25.3%)が挙げられた。中国に続いてはロシア(24.5%)、さらに日本(18.5%)、米国(2.6%)の順だった。他方、「最も近く感じる国」は米国(75.3%)、日本(11.5%)、北朝鮮(8.5%)、中国(2.5%)の順だった。ここ数年にわたり「ノー・ジャパン運動」が繰り広げられ、過去史問題などで日本との摩擦が続いている中でも、韓国の若い世代は日本より中国の方に拒否感を抱いているのだ。20代・30代は、中国に対する関係認識を巡る質問でも「警戒の対象」とする回答が45%を占め、最も多かった。日本に対しては「競争の対象」という回答が33.3%で最も高かった。

     20代・30代の10人中8人(80.1%)は、韓国で暮らす中国人移住者に対する親近感を尋ねる質問に「親しみを感じない」と回答した。「親しみを感じる」(19.9%)より4倍も高い数値だった。米国人移住者に対し、52.8%が「親しみを感じる」、47.2%が「親しみを感じない」と回答したのと比べると差が大きい。

     また、20代・30代の半数以上は、韓半島周辺の4大国(米日中ロ)が全て「(韓半島の)統一を望んでいない」と考えていたが、その4大国の中でも中国(86.5%)が最も統一を望んでいないだろうと回答した。中国に続いてはロシア(84.0%)、日本(80.8%)、米国(59.5%)の順だった。韓半島で戦争が起きたときの中国の態度を尋ねる質問では、中国は「北朝鮮を助けるだろう」(54.6%)という回答が最も多かった。日本とロシアについては、韓半島で戦争が起きたとき「自国の利益に基づくだろう」という回答がそれぞれ68.2%、52.4%で最も高く、米国については「韓国を助けるだろう」(48.2%)という回答が多数を占めた。さらに、20代・30代の10人中7人(70.1%)は、統一後も在韓米軍が引き続き駐屯すべきだと考えていて、「撤収した方がよい」(29.9%)よりも多かった。

    チュ・ヒョンシク記者

    朝鮮日報日本語版 2023/01/29 18:10
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/01/27/2023012780114.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国若者世代の意識に変化…「日本よりも中国との間に隔たりを感じる」1/30 [ばーど★]

    【レッドチームで仲良くやれよ 【朝鮮日報】韓国若者世代の意識に変化…「日本よりも中国との間に隔たりを感じる」1/30 [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/05/25(木) 06:30:50.49 ID:f5iiKq5X
    2023年5月24日、韓国・ハンギョレは「現代自動車(ヒョンデ)が中国内4カ所目の現地工場として常州市に建てた工場について、
    設立からわずか7年で閉鎖を検討している」と伝えた。

    記事によると、現代自動車は起亜自動車(キア)と共に、16年に中国自動車市場のシェアを10%(179万台)まで引き上げ、中国内の工場を5カ所に増やした。
    しかし1カ所は売却し、4カ所は稼働を中断、もしくは稼働率を大幅に抑えた状態となっている。
    これについて記事は「現代自動車と起亜自動車の中国市場シェアが最近1%台に急落したため」とし、
    「現代自動車の穴を埋めているのは中国メーカーで、BYDは今年、中国市場で08年から販売台数トップの座を守ってきたフォルクスワーゲンを抑え1位となった」
    と説明している。

    天津市にあるウィニ電子の工場も、かつては冷蔵庫や洗濯機など年間2000億ウォン(約210億円)台の製品が生産されていたが、今年2月に中国企業に売却された。
    ウィニ電子関係者は「不景気と消費心理の萎縮により在庫が急増し、生産が急減した。コロナ期間もほぼ生産しなかった」と話したという。

    記事は「昨年5月から続く対中貿易赤字に中国進出企業の不振まで重なり、
    1992年8月の国交正常化から30年以上にわたり中国という『巨大市場』に頼って成長してきた韓国経済にも赤信号がともっている」とし、
    「韓国の不振が続く短期的理由は『輸出の大黒柱』である半導体の業績悪化だが、根本的な原因は韓国製品の競争力低下と、
    恐ろしいほど速い中国企業の追い上げの動きだ」と指摘している。
    「韓国の中国内生産基地」とまで呼ばれた天津市では、韓国企業の数が2010年代初めに2500ほどに達していたが、約10年で500ほどに減少したという。

    さらに韓国製品の苦戦は自動車や電子製品だけにとどまらず、韓流ブームにより若者の間で人気を集めていた化粧品にも広がっている。
    韓国の大手化粧品メーカー「アモーレパシフィック」の低価格ブランド「イニスフリー」は、中国内店舗が19年に600カ所に達していたが、
    昨年末時点で64カ所に減少した。それでも販売不振を克服できず、今年前半に撤退するという。
    アモーレパシフィック関係者は「中国コスメの品質向上と販売増加が決定的な要因」と説明し、
    「まだ中国産の競争力が高くない高級化粧品市場で勝負する予定」と話したという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは
    「最近は韓国と中国の技術の差がさらになくなり、物によっては中国産の方が優れていることもある。
    そこに現政権の脱中国の動きが相まって、中国でビジネスをする企業は今後さらに大変になるだろう」
    「韓国に圧倒的な技術はほぼなく、すぐにでも追いつける分野ばかりだった。
    基礎科学はいまだ不十分で、トップレベルの学生がみんな医大を目指す現状では未来が不透明。理工系処遇の改善が急がれる」
    「早くインドに進出して第2の跳躍を実現し、アフリカを徐々に開拓する段階に入らないと」
    「結局、中国に行って技術を提供しただけになった」
    「中国に技術を売って稼ぐ産業スパイにもっと厳しい罰を与えるべきだ」
    などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

    Record Korea 2023年5月25日(木) 6時0分
    https://www.recordchina.co.jp/b914551-s39-c30-d0191.html

    引用元: ・【レコチャイ】 韓国ヒョンデの中国常州工場、設立からわずか7年で閉鎖を検討=韓国ネット「未来が不透明」 [5/25] [仮面ウニダー★]

    【7年も粗製乱造したんだから 【レコチャイ】 韓国ヒョンデの中国常州工場、設立からわずか7年で閉鎖を検討=韓国ネット「未来が不透明」 [5/25] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/05/22(月) 11:18:55.78 ID:s309Q3ru
    韓国の財界団体、全国経済人連合会(全経連)の分析によると、昨年全世界の市場で韓国の貿易品目のうち輸出競争力が相対的に劣る品目が過去10年間で最多となった。

     全経連は2013年から昨年までの輸出品目の貿易特化指数(TSI)を分析した。 TSIは特定商品の競争力を示す指標(マイナス100-プラス100)で、基準値の0を境として、マイナスなら輸入依存度が高く、プラスならば輸出競争力があり、国際的に優位にあることを示す。

     13年時点でTSIがマイナスの品目は全体1216品目のうち815品目(67%)だったが、22年には1221品目のうち846品目(69.3%)に増えた。一方、同じ期間にTSIがプラスの品目は401品目(33.0%)から375品目(30.7%)に減少した。

     最近10年間の輸出上位10品目で競争力が弱くなった品目は半導体、自動車、機械、船舶、有機化学品など7品目だった。輸出競争力が高まった品目は鉄鋼、鉄鋼製品、プラスチックの3品目にとどまった。

     中国を中心に輸入に依存する品目が大幅に増えた。対中貿易で輸入に依存する品目は13年に1168品目のうち773品目(66.2%)だったが。 昨年には1185品目のうち918品目(77.5%)に増加した。

     全経連のチュ・グァンホ経済産業本部長は「輸出が停滞の泥沼から抜け出すためには、先端分野に対する韓米、韓日の協力などを活用し、世界的に需要が多い高付加価値の製品群を主力輸出品目として発掘する必要がある」とし、「半導体、機械、自動車など現在の主力品目に対しても規制緩和、研究開発(R&D)支援の拡大などで超格差強化による競争力向上に集中すべきだ」と指摘した。

    クォン・オウン記者

    朝鮮日報日本語版 2023/05/22 11:00
    https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2023052280021

    引用元: ・中国に後れを取った…韓国が輸出競争力で劣る品目、過去10年で最多に [5/22] [ばーど★]

    【 だってほとんどの輸出先が中国でしょ - 中国に後れを取った…韓国が輸出競争力で劣る品目、過去10年で最多に [5/22] [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/05/15(月) 09:11:58.61 ID:owA5dHqW
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2023/05/15 07:50

    中国で愛国消費ブーム(国潮=グオチャオ)が巻き起こっている中、「Kビューティー」が力を発揮できずにいる。
    今年1-3月期に中国人がオンライン免税店を通じ購入した韓国製化粧品の総購入額は昨年同期に比べて3分の1程度まで下がっていることが分かった。

     本紙が13日、韓国統計庁の「3月オンライン・ショッピング動向」を分析した結果、
    中国人がオンライン免税店で韓国製化粧品を買った金額は昨年1-3月期の3170億ウォン(約320億円)から今年1-3月期には1091億ウォン(約110億円)へと下がっていることが分かった。
    昨年に比べて化粧品の売上が約3分の1に当たる34.4%に減ったということだ。

     このように韓国製化粧品のオンライン売上が減ったのは、中国人観光客が減少して免税店のオンライン・ショッピングモールの売上が減ったこともあるが、
    中国の若者層を中心に「国潮」と呼ばれる愛国消費ブームが巻き起こっていることも大きいとみられている。
    国潮とは中国文化を意味する「国」と、流行・トレンドを意味する潮流の「潮」からなる合成語で、中国で巻き起こっている国産品愛用運動のことだ。
    中国の経済発展と共に、愛国主義教育を集中的に受けてきた中国のMZ世代(1980年代初め-2000年代初め生まれの世代)が国潮ブームを主導している。

     問題は、このような中国の消費トレンドにより韓国製化粧品など消費財の売上状況がますます厳しくなっていることだ。
    韓国の化粧品大手メーカー「AMORE PACIFIC(アモーレパシフィック)」の場合、一時中国での売上が海外売上の60%を占めるほど比重が高かったが、
    最近は高級基礎化粧品「雪花秀(ソルファス)」などを除いて事実上、中国市場をあきらめるムードが漂っている。
    「HERA(ヘラ)」や「ETUDE(エチュード)」などのブランドは中国の店舗をすべてなくした。

    ■中国の愛国消費で韓国製化粧品オンライン売上が3分の1に

     愛国消費ブームで中国人が韓国製化粧品など韓国消費財のオンライン直接購入を大幅に減らしている一方で、
    韓国人にとっては中国のオンライン販売サイト「AliExpress(アリ・エクスプレス)」など中国製品を簡単に安く、直接手に入れられる方法が増えているため、中国製品の購入が増加している。

     このため、eマーケットプレイスにおける韓国と中国の輸出・輸入パターンは完全にひっくり返った。
    昨年1-3月期は中国へのオンライン直接販売の売上額が4026億ウォン(約407億円)、中国からのオンライン直接購入額が3285億ウォン(約332億円)で、売上額の方が多かった。

     しかし、今年1-3月期は中国へのオンライン直接販売による売上額が1527億ウォン(約154億円)で前年同期比62.1%も減少し、
    中国からのオンライン直接購入額は6550億ウォン(約662億円)で昨年同期比2倍前後まで増えた。

     韓国統計庁のキム・ソヨン・サービス業動向課長は
    「オンライン直接購入による中国との輸出・輸入パターンが変わったのは事実だが、今後もこのような傾向が続くかは、もう少し推移を見なければならないだろう」
    「新型コロナの影響が終わり、どのような消費パターンが続くのか、韓中関係がどうなるかによって、両国のオンライン消費パターンにも影響が出ると考えている」と語った。

    金成謨(キム・ソンモ)記者
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/05/15/2023051580005.html

    引用元: ・【Kビューティー】 「最近、韓国の化粧品なんて使う人いるの?」 中国市場で売上急減…いったい何が [5/15] [仮面ウニダー★]

    【100均化粧品と変わらんからだろ【Kビューティー】 「最近、韓国の化粧品なんて使う人いるの?」 中国市場で売上急減…いったい何が [5/15] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    このページのトップヘ