まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:世界一周

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/29(水) 10:59:03.59 ID:CAP_USER
    旅客船「セウォル号」沈没事故の特別調査委員会(特調委)が、メンバー15人によるイタリアやノルウェーなど5カ国への出張費用を含め、
    今年下半期(7-12月)の予算として104億ウォン(約9億1500万円)を請求し、今後論議を呼ぶことが予想される。

    特調委と企画財政部(省に相当)が28日発表したところによると、特調委は今月13日、企画財政部に総額104億ウォン規模の
    「2016年下半期予備費案(予算案)」を提出したという。

    この予算案には、計15人の特調委メンバーを、英国、ノルウェー、日本、米国、イタリアの5カ国に3人ずつ、8-10日間出張させる費用として、
    1億6000万ウォン(約1400万円)が含まれている。

    1人当たりの往復の航空運賃として、米国は447万ウォン(約39万円)、英国は267万ウォン(約23万円)など、いずれもビジネスクラスの料金を計上している。
    常任委員(次官級)など幹部だけでなく、出張メンバー全員のビジネスクラスの料金を計上したというわけだ。

    このほか、通訳料金として1日80万-90万ウォン(約7万-7万9000円)、
    現地の専門家への顧問料として1人当たり200万ウォン(約17万6000円)ずつ15回、計3000万ウォン(約263万円)を計上している。

    特調委側は「イタリアのクルーズ客船コスタ・コンコルディア号の座礁・転覆事故(2012年)や、
    日本のフェリー『ありあけ』横転事故(09年)、米国の同時多発テロ(01年)について調査を行うほか、
    英国ではAIS(船舶自動識別装置)、ノルウェーではVTS(海上交通管制センター)に関する調査が必要だ」と説明した。

    だが、政府の関係者は「そのような資料は各種機関の専門家たちによる調査資料、関連書籍や論文、メディアの報道などを通じて十分に入手できる」と語った。

    また特調委は、これとは別に、韓国国内で行う「真相調査に関する外国語の資料の翻訳(1億6400万ウォン=約1440万円)」や
    「国内外の大規模事故事例の分析(6400万ウォン=約560万円)など、似通った事業の予算も請求した。

    このような予算案について、特調委側は「今年8月以降に引き上げられるセウォル号の船体調査費用を含め、必要な予算を請求した」と説明した。

    だが、政府の関係者は「船体調査活動については保障するが、法外な予算の請求に応じるのは難しい」と語った。


    2016/06/29 09:56
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/29/2016062900920.html

    引用元: ・【旅客船沈没】セ号事故特別調査委、下半期だけで9億円の予算請求 メンバー15人を5カ国に派遣、ビジネスクラスの航空運賃を計上[06/29]©2ch.net

    【【ポッケナイナイ】セウォル号旅客船沈没事故特別調査委、公金で世界一周】の続きを読む

    BlogPaint


    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/17(日) 11:55:03.09 ID:???.net
    風を友として世界を一周した。助ける仲間も、航海途中での停泊も、他の船の助けもなかった。
    単独・無寄港・無援助でのヨット世界一周は韓国初、世界では6回目だ。主人公はキム・スンジン船長(53)。
    彼は16日午後3時ごろ、忠清南道唐津(チュンチョンナムド・タンジン)のウェモク港に帰港した。
    昨年10月19日にヨット「アラパニ号」に乗ってウェモク港を出発してから7カ月ぶりだ。
    キム船長は赤道~フィジー~チリ~南アフリカ~インドネシアを経て再びウェモク港へ4万1900キロメートルを航海した。
    荒い波と煙霧、漆黒のような夜、そして2回も転覆したヨット。それでも挑戦を止めなかった。キム船長は「セウォル号事故後に国民に希望のメッセージを伝えたかった」と話した。
    http://japanese.joins.com/article/480/200480.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】韓国人初の単独無寄港無援助で世界一周に成功したヨットが帰港[05/17]

    【嘘がバレる予感 【韓国】韓国人初の単独無寄港無援助で世界一周に成功したヨット「アラパニ号」が帰港[05/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ