まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:不況

    1: ガラケー記者 ★ 2018/05/23(水) 18:22:37.20 ID:CAP_USER
     韓国家具業界最大手のハンセムは、今年1-3月期の売上高が前年同期比4.9%減の4880億ウォン(約502億円)に落ち込んだ。過去6期連続で2桁台の増収を続けてきたハンセムの業績に赤信号がともった格好だ。ハンセムの減収は2008年の世界的金融危機以降で初めてだ。
     韓国では内需業種のトップ企業の売り上げが相次いで減少している。家具・ベッド、通信・スマートフォン・テレビ、通販などの分野で業績の停滞や悪化が目立つのだ。通信業界のトップ企業は不況時に最も遅く打撃を受けるというのが定説だ。業界トップ企業の業績悪化は不況の前兆ではないかとの危機感が財界に広がっている。
     代表的な内需業種で、通信業界最大手のSKテレコムの1-3月期の売上高は2兆9885億ウォンで、10年ぶりに四半期ベースで3兆ウォンを割り込んだ。2000年代初めに登場した内需ヒット商品のスクリーンゴルフも低調だ。ゴルフゾーンは1-3月期の売上高が412億ウォンで前年同期を100億ウォン以上下回った。スクリーンゴルフの利用客が伸びず、設備の販売量が急減したためだ。浄水器差大手のコーウェイも減収、ベッド最大手のエース寝台も売り上げが停滞した。内需の指標となるテレビ、自動車の販売も前年を下回っており、不動産市場の低迷も目立つ。今月に入り、ソウルのマンション売買戸数は1日平均で前年同月を45%下回っている。
     内需不況の兆しを受け、企業の雇用、設備投資も縮小している。統計庁によると、今年2-4月は3カ月連続で就業者数の伸びが10万人前半にとどまった。3カ月連続で伸びが10万人台となるのは、世界的金融危機当時の2008年8月から10年2月以降初めてだ。消費低迷が生産と投資の停滞につながる悪循環も懸念されている。
    chosunonline
    2018/05/23 15:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/23/2018052301126.html

    引用元: ・【内需不況】韓国内需トップ企業の業績不振、不況の前兆か[05/23]

    【【内需不況】韓国内需トップ企業の業績不振、不況の前兆か[05/23] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/23(水) 17:28:16.70 ID:CAP_USER
     今年1-3月期の景気悪化に伴う企業の人員削減や廃業などの影響で、仕事を失った就業者の数がここ5年で最も多くなっていたことが分かった。韓国政府や識者の間では景気が下降局面に入ったかどうかで意見が分かれているが、今回の数値は景気の先行き悪化を示す指標として懸念する声が相次いでいる。

     韓国雇用情報院は22日、今年1-3月期に雇用保険不加入となった就業者を対象にその理由を調査した結果を公表した。それによると「経営上の事情および不況による人員削減などによる退社」と「廃業・倒産」が32万2165人に上っていた。これは2014年に雇用保険不加入となった理由が「自己都合による退社」「定年」「廃業」など9項目に分類されて以来最も多い数値だ。

     1-3月期の間に不況や勤務していた企業が廃業したなどの理由で雇用保険不加入となった就業者の数を年ごとに見ると、2015年は28万8791人、16年29万8540人、17年30万8617人だった。つまりこれまで1万人ほどだった増加幅が今年は1万3548人と一気に30%以上も増えたのだ。

     今回のような結果が出た理由について雇用労働部(省に相当)の関係者は「造船や自動車など製造業の構造調整、建設景気の悪化などが一部で影響しているようだ」との見方を示した。成均館大学経済学科の趙俊模(チョ・ジュンモ)教授は「最低賃金の引き上げが低賃金労働者の雇用や雇う側の自営業者に大きな影響を及ぼしている。その結果が今回の数値だ」と分析した。

    郭守根(クァク・スグン)記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/23/2018052301132.html

    引用元: ・【ムンノミクス】不況・廃業で職失った韓国就業者、3カ月で32万人

    【【ムンノミクス】不況・廃業で職失った韓国就業者、3カ月で32万人 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/09(金) 08:34:40.20 ID:CAP_USER
    大型造船所で設計業務を行っていたAさん(36)は希望退職を申し込んで最近退社した。造船業種の構造調整を始め、政府が4年制大学を卒業した代理レベルの社員からも希望退職を受け付けたためだ。Aさんは自己紹介書を作成するなどの求職準備をしているという書類を提出して毎月100万ウォン(約9万8000円)前後の失業手当を受けている。

    Aさんのように雇用保険の被保険者資格を失った人口がますます増えている。韓国現代経済研究院が雇用保険加入者の推移を分析した結果、今年1~9月の被保険資格喪失者数は487万5000人を記録した。昨年同期に比べ23万6000人も増加している。

    企業に雇用された労働者だけが雇用保険被保険者になることができる。被保険者資格を喪失したというのは退社したり解雇されたという意味だ。そのうち包括的意味で解雇されたものと推定される人(非自発的な雇用保険の被保険者資格喪失者)は177万1000人余りだった。

    今年離職した人(653万7000人余り)を100人と見なすとしたら、そのうち27人が望んでいない状況で職場を離れなければならなかったという意味だ。

    問題はこのように「非自発的」に会社を離れた人の84.7%が「景気不況で職を失った」と答えたという点だ。その人数は合計166万2244人で、昨年同期より3万36人増えた。

    現代経済研究院のイ・ブヒョン理事は「▼企業が廃業・倒産したり▼名誉退職などで人員を縮小したり▼契約満了・工事終了で職を失った場合、景気不況により雇用保険被保険者資格を喪失したと分類した」とし、「この数値が増加したということは、すなわち韓国経済が悪化しているという意味」と説明した。

    このような現象は特にサービス業で深刻だった。不況で会社を離れた166万人余りのうち139万人余り(83.7%)がサービス業従事者だった。政府が年内構造調整を推進していた製造業も状況は同様だった。自発的に会社を離れた人に対する非自発的に退社した人の比率が4.7倍で、全業種のうち最も比率が高かった。

    http://japanese.joins.com/article/351/223351.html

    引用元: ・【韓国】不況のため解雇された人、今年166万人[12/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【もっと増えるよー! 】韓国で不況のため解雇された人、今年166万人】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/13(火) 06:45:59.00 ID:CAP_USER
    最近、韓国海運業界の不況のあおりを受けて運輸収支赤字が10億ドル(約1018億円)を越えたことが分かった。

    12日、韓国銀行がまとめた国際収支統計によると、ことし1月から7月までの運送収入は152億2800万ドル、運送支払は162億3610万ドルと集計され、収支は10億810万ドルの赤字を記録した。

    半期以上の期間で赤字を出したのは関連統計を取り始めて以来今回が初めてで、赤字規模も過去最大だ。

    韓国銀行関係者は、世界的な需要減少と海運業界の輸出不振に伴う物流量減少の影響だとし、韓進(ハンジン)海運が法定管理(会社更生法に相当)に入って物流に大きな支障が出ている状況などを考慮すると、今後も赤字は続くだろうと予想した。

    http://japanese.joins.com/article/594/220594.html

    引用元: ・【経済】韓国海運業界、不況で運送収支赤字が歴代最大に[9/13]©2ch.net

    【【経済】韓国海運業界、不況で運送収支赤字が歴代最大に[9/13]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/11/11(水)01:41:28 ID:rnY
    前略:財界21位の現代グループは金融3社売却などが頓挫。赤字経営の中核企業、現代商船の売却
    説が出ている。グループは資金調達を進めているものの苦戦している。現代商船は14%近くも株価
    が下落。2000年台はじめに現代自動車、現代重工業が分離され、海運、証券、エレベータが主力
    事業となったが苦境を迎えている。

    ■先進国の景気低迷が打撃

    中略:現代商船が売上の約70%を占める。2011年の欧州財政危機以来業績が悪化。北米、欧州
    での物流低下によるもので。3574億ウォン(約380億円)の赤字に転落。昨年まで4機連続で赤字とな
    り、2012年には営業損失が5000億ウォンを突破。

     現代グループは2013年から自主再建計画で3兆ウォンの資金を調達した。昨年5月には優良資産であ
    る液化天然ガス(LNG)輸送部門を売却し、9700億ウォンを確保。2カ月後の昨年7月には現代ロジスティ
    クスを売却し、6000億ウォンを調達した。しかし、海運不況の継続で状況はさらに悪化している。10
    年末に1兆3000億ウォンあった現代商船のキャッシュフローは、今年上半期末には2000億ウォンにまで
    落ち込んだ。負債比率は同じ期間に240%から880%まで上昇した。

     こうした状況で、現代グループは現代証券、現代資産運用、現代貯蓄銀行をパッケージで売却し、
    6512億ウォンを確保しようとしたが失敗。その後、現代グループの前途をめぐるさまざまなうわさが
    飛び交っている状態だ。現代グループは9日、現代商船の売却説をすぐに否定したが、市場では収益が
    改善した現代証券を温存し、業績改善が望めない現代商船を放棄するのではないかとの観測が説得力
    を得ている。

    ■複数の海運会社は必要か

     グループ再建の鍵を握る産業銀は「これ以上支援できない」との立場だ。現代証券の売却が頓挫し
    たことから、金融当局も現代グループの自主再建努力は真剣さを欠くと考えているとされる。産業銀
    関係者は「現代証券の売却が頓挫した後、現代グループに『追加支援はない。自主再建に努力するよ
    うに』と通告した。現代商船の売却を含め、全ては現代グループが独自に判断することだ」と突き放
    した。

    つづく

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/10/2015111000986.html

    引用元: ・【韓国】現代グループ、海運不況で崖っぷち[11/10]

    【あっちもこっちも崖っぷちなんだね【韓国】現代グループ、海運不況で崖っぷち[11/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ