まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ポケモンGO

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/11/15(火) 10:51:41.55 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=155065&ph=0

    2016年11月12日、日本をはじめ各国で大きな話題となったスマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンGO」について、開発会社の米ナイアンティック幹部が「韓国でのサービスを準備中」と明かした。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

    ナイアンティックでアート総括理事を務めるデザイナー、デニス・ファン氏は12日、ソウル市内で記者と面会し「拡張現実(AR)ゲーム『ポケモンGO』の韓国でのサービスを準備中だ。できるだけ早く始められるようにする」と述べた。韓国系米国人のファン氏は、同社でデザインとUX(ユーザーエクスペリエンス)を担当している。リリース後2カ月で5億ダウンロードを記録した「ポケモンGO」や、その土台とされる位置情報スマホゲーム「イングレス」ではデザイン総括を担当した。

    ファン氏はまた、「ポケモンGO」の韓国リリースが遅れている点に残念さをにじませた。「ポケモンGO」は利用者の位置情報確認にグーグルの地図を活用するが、韓国政府は安保に関わる問題として国内地図情報の提供を拒否しており、リリースができない状態なのだ。ファン氏は「韓国は若者が多く活気ある国なので『ポケモンGO』を待っているファンが多いはず」とし、早いうちに韓国でもリリースしたい考えを語った。

    日本で「ポケモンGO」が配信スタートした今年7月ごろ、韓国ではリリース前にもかかわらず一部地域でゲームが利用可能であることが判明し、北東部などの町に連日若者らが押し寄せる事態となっていた。

    しかし、以来約4カ月、最近ではゲームに関する報道もめっきり減り、リリースを待つことなく人々の関心は薄れているようにみえる。ファン氏の発言に対しても、冷めたコメントが寄せられている。

    「ブームはとっくに過ぎ去ったけど?」
    「なぜいまさら…別に配信してくれなくていいよ」
    「これからリリースしたところで、誰がやるんだ?」
    「すぐ寒くなるしね」

    「すでに歴史の中のゲームじゃないか。この人も韓国人を犬や豚だと思ってるのかな」
    「ポケモンを捕まえたからって何になる?」
    「韓国人はトレンドが終わると誰もやらないよ」
    「もう流行は終わった。失敗するはず」

    「最近、外国でポケモンGOははやってるの?」
    「日本でももう少数のマニアしかやってない」
    「リリース後、数日間に繰り広げられる街の光景が目に浮かぶ」
    「上陸しようがしまいが、まったく興味が湧かない」

    引用元: ・【韓国】「ポケモンGO」ついに韓国上陸?の報に、韓国ネットは冷めた目[11/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【デモでGO】「ポケモンGO」ついに韓国上陸?の報に、韓国ネットは冷めた目】の続きを読む

    1: LingLing ★@無断転載は禁止 2016/07/19(火) 22:27:53.77 ID:CAP_USER
    ■韓国版「ポケモンゴー」・・・5年前に出たと?
    KTの「キャッチキャッチ」、当時ポケモンのような大衆的コンテンツ不備して

    5年前に出た拡張現実ゲーム「キャッチキャッチ」 
    no title

    no title


    韓国ではもう「ポケモンGO」が5年前に出た?

    最近、ポケモンGOブームが吹き、拡張現実技術を持っていた韓国でなぜこのような「拡張現実ゲーム」を作ることができなかったのだろうと惜しむことが多かったが、2011年、KTが既に拡張現実ゲーム「キャッチキャッチ」を発売していたことが分かった。

    当時、KTスマートブログには「Ollehキャッチキャッチ、Ollehモンつかんで! 幸運もつかんで!」という題名とともに「キャッチキャッチは、位置基盤システムを利用して国内で初めて拡張現実技術をゲームの形式のUXに取り入れたサービス」という紹介文が掲載された。

    実際の街角に仮想モンスターが隠れていて、街でアプリを実行すると、隠れているモンスターが見られるという点で「ポケモンGO」と似ている。

    しかし、このゲームは、各種のイベントにもかかわらず、普及に成功できずに1年越しでサービスを終えた状態だ。

    業界ではポケモGOと比較して、Ollehキャッチキャッチの「オレモン」や「モゴモン」などにキャラクターが備えた大衆的なコンテンツがなく、ユーザーの興味を引くことが出来なかった点が最大の失敗要因だと分析する。

    知名度が不足したオレモンなどとは異なり、1995年に日本からビデオゲームが発売され、世界的な興行を記録したポケモンはその後も絶えず発信されるアニメ、映画によって当時世界の子供たちから持続的な人気を集めた。

    ピカチュウなど150種類以上のポケモンに登場するモンスターを直接収集するというのは、消費者にとってアニメや映画、ゲームの主人公になることができるよう感じさせたからだ。

    業界関係者は「『キャッチキャッチ』と違って『ポケモンGO』は従来に存在していたポケモンゲームのフォーマットのためモンスター収集の行為をみんなが知っていたから、今回のポケモンGOの流行も可能だった」と話した。

    ソース ソウル経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=105&oid=011&aid=0002857502

    【韓国】「ポケモンGO」人気に対抗!韓国が「ポロロGO」発売へ=韓国ネット「せめて名前は変えよう」「日本のパクリ品がまた1つ増えた」©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468893166/
    【ゲーム】 韓国、日本に負けじと「ポケモン GO」類似品を発売=「ポロロ GO」[07/19] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468856432/
    【朝鮮日報】「ポケモンGO」成功の陰に韓国系デザイナーの活躍[07/18] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1468802230/

    引用元: ・【ゲーム】 韓国版「ポケモンGO」、5年前に既に発売していたことが分かった[07/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【悔しいのぅ】韓国人「 「ポケモンGO」の起源を5年前に既に発売していた」】の続きを読む

    このページのトップヘ