1: まぜるな!キケン!! 2020/05/11(月) 13:21:53.57 ID:CAP_USER
ソウル・梨泰院(イテウォン)のクラブを訪れた後に新型コロナウイルスの陽性判定を受ける事例が増え
「第2の新天地」事態が起きないかと懸念の声が出ている。該当クラブの主要顧客が性的少数者であるとされ、
クラブを訪れた人たちが訪問と感染の事実を隠す可能性が大きいためだ。

◇「ブラック睡眠室」議論…「第2の新天地になるかも」

「性的少数者議論」が始まったのは6日に陽性判定を受けた竜仁市(ヨンインシ)の66番目の感染者(29)の行動が公開されてからだ。
この男性は2日に梨泰院にある「キングクラブ」「トランク」「クイーン」「スルパン」など5カ所を訪問した。

このうち一部のクラブが性的少数者専用クラブであることから議論が広がった。

疫学調査の結果、この男性と行動経路が重なった安養市(アンヤンシ)の23番感染者とソウルの648番感染者が
ソウル・江南(カンナム)にある「ブラック睡眠室」に寄った事実も明らかになり、ブラック睡眠室もともに注目を浴びた。

この睡眠室は男性同性愛者が利用する空間とされる。

竜山区(ヨンサング)によると、先月30日から今月5日までに梨泰院の5カ所のクラブ(キングクラブ、トランク、クイーン、ソーホー、ヒム)を訪れたのは
合計7222人だ。江南区は現在睡眠室訪問者を追跡している。

だが性的少数者は自ら性的アイデンティティを明らかにしたがらず、疫学調査の難航が予想される。
性的少数者のAさん(31)は「陽性判定を受ければ強制的に『アウティング(性的アイデンティティが強制的に公開されること)』されるのと変わらない。

親や友人に性的少数者であることを明らかにしていない立場では新型コロナウイルスによるアウティングが当惑するほかない」と話す。

檀国(タングク)大学心理学科のイム・ミョンホ教授は「韓国では性的少数者に対する認識が少数宗教に対する認識よりもさらに否定的な方だ。
新天地で新型コロナウイルスが広がった時も教会信者が感染の事実を隠したが、性的少数者も同じように萎縮するほかない」と話した。

イム教授は「梨泰院のクラブに感染者が立ち寄った後に性的少数者の性行為を強調する情報がオンライン上に多く飛び交っている。
こうなるほどに隠れる感染者が多くなり、『第2の新天地』事態を生む可能性がある」と指摘した。
https://japanese.joins.com/JArticle/265800?servcode=400&sectcode=400

引用元: ・【韓国・集団感染】 男性同性愛者が「ブラック睡眠室」で性行為 [影のたけし軍団ρ★]

【本当の濃厚接触【韓国・集団感染】 男性同性愛者が「ブラック睡眠室」で性行為 [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む