まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:バッテリー

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/03(火) 19:02:47.95 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b589007-s0-c20.html

    2018年4月2日、韓国・聯合ニュースによると、サムスン電子のスマートフォン・ギャラクシーS9に対し「他社の最新スマートフォンと比べてバッテリーの持続時間が短い」とする調査結果が出た。韓国内のユーザーからも不満の声が出ている。

    記事によると、市場調査会社「ストラテジー・アナリティクス(SA)」が6社のプレミアムスマートフォン7台のバッテリー性能を測定した結果、ギャラクシーS9は6位だった。今回の性能測定では、デバイスの設定を一定にした状態で通話・文字メッセージ・Webブラウジング・ゲームなどを使用するという一般的な状況下でバッテリーの持続時間を評価した。

    ギャラクシーS9はバッテリーを使い果たすまで26時間52分だったが、LG電子の「G6」は32時間35分、Huawei「P10」は32時間8分とギャラクシーS9をしのぐ値を示した。上位はソニーの「エクスペリアXZ2」36時間1分と「XZ2コンパクト」34時間20分。ギャラクシーS9よりバッテリーの持続時間が短かった製品はOPPO「R11」の16時間36分だけだったという。

    サムスン電子は一昨年のギャラクシーノート7の発火騒動以後、バッテリー容量を増やさずにソフトウェアの最適化によって十分な時間を確保すると説明しており、ギャラクシーS9のバッテリー容量はギャラクシーS7やギャラクシーS8と同様、3000mAHに据え置いているという。ギャラクシーノート7のバッテリー容量は3500mAHだったが、ギャラクシーノート8はこれより少ない3300mAHとなっているとのこと。

    業界関係者は「バッテリー自体の容量も重要だが、最適化アルゴリズムも非常に重要」とし、「ギャラクシーS9に新機能が増え、バックグラウンドデータや電力消耗の激しい機能が入ったか、節電アルゴリズムが適切化されていないようにみえる」と指摘しているという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「S9は失敗作だな」「ちゃんと作ってよ」「サムスンの製品って、だんだん悪くなっているような気がする」「実力もないのに価格だけ上げるな」「性能は6位、価格は1位か?」「まあ、そもそもサムスンの製品には興味ないけどね」など、サムスン製品に対する否定的な意見がコメント欄にあふれた。中には「ワンプラスワン(1個購入したら1個がおまけで付いてくる)にしてくれたら買う」とやゆするようなコメントも見られた。(翻訳・編集/三田)

    引用元: ・【韓国】サムスン最新スマホのバッテリー性能、ライバル社より劣ることが判明=韓国ネットから不満の声[04/03]

    【【韓国】サムスン最新スマホのバッテリー性能、ライバル社より劣ることが判明=韓国ネットから不満の声[04/03] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/31(木) 11:19:50.66 ID:CAP_USER
    SKイノベーションが世界で初めて1回充電時450キロメートルを走ることができる電気自動車バッテリーの量産に入る。今まで開発されたバッテリーより走行距離が100キロメートル程度増えた。バッテリーに入るニッケルの比重を最高80%まで高めることに成功したためだ。

    ソウル~釜山(プサン)間(428キロ)を一回の充電で行ける革新的技術の登場で電気車大衆化がさら早まるだろうという見通しが出ている。

    SKイノベーションバッテリー研究所のイ・ジョンハ・セル開発室長は30日、韓国経済新聞とのインタビューで「世界で初めて中大型NCM811(ニッケル・コバルト・マンガンの割合が8:1:1)バッテリーの量産を始め、12月からエネルギー保存装置(ESS)に、来年7-9月期からは電気車バッテリーに適用する計画」と話した。

    電気車バッテリー市場の話題は走行距離の拡大と原価競争力の確保だ。そのためには、陽極材でニッケルの含有量を引き上げ、コバルトの含有量を引き下げる必要がある。ニッケルの含有量が多いほどエネルギー密度が高まるためだ。

    希少金属の世界的な生産量減少の影響により、価格が急騰しているコバルトの含有量を引き下げることができるということから生産費削減にも役立つ。

    ブルームバーグによると、ロンドン金属取引所(LME)で取り引きされるコバルト現物価格は昨年8月、1トン当たり2万5750ドル(約285万円)から25日には6万500ドルに1年間で135%上昇した。

    一方、完成車業界は電気車普及を拡大するためにバッテリー納品価格の引き下げを要求している。バッテリー価格は電気車原価の40%に達するほど比重が高い。

    LG化学とサムスンSDI、SKイノベーションなど韓国電気車バッテリー会社が研究開発(R&D)を強化してコバルトの比重を下げることで出力を高めたバッテリー開発に積極的に乗り出している理由だ。

    ◆分離膜技術が秘訣

    1回充電すれば数百キロを走ることができる高容量二次電池は陽極材でコバルトの比重は下げ、ニッケルの含有量は引き上げる方向に進化してきた。

    各成分の比重が1(ニッケル):1(コバルト):1(マンガン)であるNCM111バッテリーを量産したバッテリー業界は、2014年からニッケルとコバルト、マンガン比率がそれぞれ60%、20%、20%であるNCM622バッテリーを生産し始めた。

    だが、技術的な限界のせいでそれ以上にニッケルの比重を高めることが容易でなかった。ニッケルの含有量を引き上げるほど安定性が低下し、爆発危険が大きくなるためだ。

    LG化学とサムスンSDIなどはその間、耐久性が強い小型円筒形だけで陽極材のニッケルとコバルト、マンガン比率がそれぞれ80%、10%、10%であるNCM811バッテリーを生産してきた。このような小型バッテリーはノートブック、電気自転車などに使われる。

    SKイノベーションが今回、LG化学とサムスンSDIなどの先頭走者を抜いて中大型NCM811バッテリーの量産に成功した秘訣は、世界最高水準のバッテリー分離膜技術のおかげだ。

    この会社の安定性を強化したセラミックコーティング分離膜技術は旭化成に続き世界2位だ。NCM811の弱点は▼ガス発生▼熱発生▼短いバッテリーの寿命だった。SKイノベーションバッテリー研究所は分離膜の両面にセラミックコーティングをし、熱抵抗が高いバインダーを使って150~200度の高温で耐えられるように製作した。

    ガス発生およびバッテリー寿命の問題を解決するために、陽極材をアルミニウムなど異種複合成分で特殊コーティングする方式を採択した。この方式を通じて充電・放電が繰り返されるほどバッテリーの体積が膨張する問題も解決し、バッテリーの寿命も増えた。

    ◆自動車業界も驚いた技術力

    イ室長は「初めてNCM811バッテリーを開発するといった時、完成車業界が成功の可能性に疑問を呈したのは事実」とし「サンプルを提出して安定性テストを通過しながら技術力を認められ、もう『信頼できる』という評価を受けた」と説明した。

    http://japanese.joins.com/article/893/232893.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【経済】韓国企業、450キロ走る電気車バッテリーを世界初開発[8/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【世界初では無いのは確か】韓国企業、450キロ走る電気車バッテリーを世界初開発】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/19(月) 06:07:48.48 ID:CAP_USER
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/18/2016121801495.html

     サムスン電子が早ければ来年下半期にも、同社が発売するスマートフォンにLG化学のバッテリーを搭載することが分かった。サムスン電子は今年10月、バッテリーの欠陥によりスマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産・販売中止に追い込まれ、既存のバッテリー供給元であるサムスンSDIと中国ATLのほかに、LG化学からバッテリーの供給を受ける協議を進めていた。

     電子業界の関係者は18日「サムスン電子とLG化学の交渉は最終妥結には至っていないが、かなり肯定的に進んでいる。サムスン電子が来年下半期ごろにもLG化学からスマートフォン用バッテリーの供給を受ける可能性が高い」と話した。別のバッテリー業界関係者は「両社がバッテリーの供給契約を結ぶ可能性は90%以上だと聞いている」と語った。

     新しいスマートフォンに搭載されるバッテリーは、設計・製作・テストに最低でも6か月を要する。このため業界では、来年初めに発売されるギャラクシーS8ではなく、下半期に発売されるギャラクシーノートシリーズの新製品に、サムスンのスマホとしては初めてLGのバッテリーが搭載されるとみている。

     サムスン電子は最近、日本のシャープからテレビ用液晶パネルの供給中断を通知され、LGディスプレーにパネル供給を打診している。サムスンのある役員は「かつてはプライドを守るためライバルのLGから部品を購入することを躊躇していたが、今後は感情ではなく事業性で判断しなければならない」として「事業に必要ならば、どこの会社の製品であっても使う」と述べた。

    引用元: ・【経済】サムスンのスマホ、LGのバッテリー搭載へ[12/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どこの使っても一緒】サムスンのスマホ、LGのバッテリー搭載へ】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/12(水) 08:53:53.37 ID:CAP_USER
    2016年10月10日、韓国・東亜日報によると、IT(情報技術)機器や電気自動車に広く使われるリチウムイオン電池より、最大で100倍速く充電できる次世代電池技術を韓国の研究チームが開発した。

    韓国の未来創造科学部は10日、韓国科学技術院(KAIST)のカン・ジョング教授チームが上記のようなハイブリッドエネルギー貯蔵装置技術を開発し、その成果を有名学術雑誌「アドバンストエネルギーマテリアル」最新号のVIP論文として発表したと明らかにした。

    リチウムイオン電池は小さいにもかかわらず多くの電気を貯蔵できるため、スマートフォンや電気自動車などに多く使われているが、充電に時間がかかる上に高電圧を得ることも難しいため、電気自動車のバッテリーとして活用するのに限界があった。これに代わるものとして、高速充電が可能なスーパーキャパシタという次世代電池も研究されているが、同バッテリーはサイズを小さくすることが難しいという欠点がある。

    カン教授チームが今回開発した電池は、同じサイズのリチウムイオン電池に比べ、充電量も50%ほど多い。カン教授は「今回の研究は充電の速度を高めれば電池に貯蔵される電池エネルギーの密度が低くなるという欠点を克服したという点に意義がある」とし、「未来の電気自動車の核心技術になると期待している」と明らかにした。

    これについて、韓国のネットユーザーは

    「一日も早く国際特許を出願するべき。また、政府は税金を使ってでもこのような技術に投資をし、バッテリー市場を先行しなければならない。そうすれば若者の就職先も増え、国家の競争力も高められる」

    「米国か日本のニュースかと思った。韓国のニュースで良かった」

    「この記事が本当なら、研究資金を支援した政府と寝る間を惜しんで実験を重ねたKAISTの研究チームに大きな拍手を送りたい」

    「その技術はすぐに中国のハッカー集団に盗まれるだろう」

    「こういう記事はよく見るが、韓国で初めて商用化されたとの記事は見たことがない」

    「サムスンのバッテリーのように爆発さえしなければいい…」などのコメントを寄せた。(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/a152416.html

    引用元: ・【韓国】韓国のチームが新バッテリーを開発、リチウムイオン電池の100倍速く充電=韓国ネット「サムスンのように爆発しなければ…」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本がとっくに開発済み 】韓国のチームが新バッテリーを開発、リチウムイオン電池の100倍速く充電】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/02(金) 09:19:34.00 ID:CAP_USER
    先月19日に発売されたサムスン電子のギャラクシーノート7が爆発問題に揺れているなか、
    中国で生産されたバッテリーが問題である可能性もあるとの推測が出てきた。

    韓国メディア「朝鮮Biz」は1日、韓国で発売されたギャラクシーノート7に
    中国で生産されたバッテリーが使われていたことが確認されたと報じた。

    これによると、ギャラクシーノート7の発火や過熱問題も中国製バッテリーと無関係ではないという分析が出てきている。

    同紙が入手したギャラクシーノートの解剖イメージによると、
    相当数は中国のDongguan ITM Electronics社が製造して
    サムスンSDIが輸入した製品であることが確認された。

    バッテリー裏面には「MADE IN CHINA」という表示が鮮明に刻印されていた。製造日は7月29日だ。
    ギャラクシーノート7の初期物量に使われた製品であることが分かる。

    電子業界関係者は「サムスン電子はこれまでギャラクシーSとノートシリーズには、
    サムスンSDIが生産したバッテリーと中国製バッテリーが混用して使われていた」とし
    「ギャラクシーノート7の発火に関する写真を見ると、バッテリー位置が燃えているのでバッテリーが原因である可能性は十分にある」と述べた。


    2016年09月02日06時49分 [中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/150/220150.html?servcode=300&sectcode=330&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報】ギャラクシーノート7の爆発原因は中国製バッテリー?[09/02]©2ch.net

    【【 出た、人のせいwww 】ギャラクシーノート7の爆発原因は中国製バッテリー?[09/02]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ