まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ウェブトゥーン

    1: まぜるな!キケン!! 2023/11/29(水) 06:52:40.15 ID:UB2hezjb
    韓国の漫画・ウェブトゥーン界が、生成型人工知能(AI)の著作権免責に反対する動きを見せている。
    国会で審議中の「人工知能産業の発展および信頼基盤構築に関する法律案(人工知能法案)」には、
    テキストとデータマイニング(TDM)を行う際の著作権侵害を免責する規定が盛り込まれる見通しで、
    漫画・ウェブトゥーンの作家団体はこれに強く反発している。

     韓国漫画家協会と韓国ウェブトゥーン作家協会は28日、共同で記者会見を開き、
    「TDM免責規定が導入されれば、ウェブトゥーンがAIによって無断で学習され、補償なしに商業的AIに利用される危険性が高まる」と訴えた。
    生成型AI産業の発展を目指す声が高まる中で、学習過程での著作権侵害を容認することは、
    ウェブトゥーン作家の創作意欲や経済的利益を損なうだけでなく、著作権紛争を招く恐れがあると主張した。

     特に、ウェブトゥーンデータが無断で流用されたり、違法配信作品がデータに含まれることを防ぐためには、
    監督・管理体制の整備が必要だと訴えた。
    また、「ウェブトゥーンを学習データとして使うすべてのAIは、データの出所を明記するべきだ」とし、
    「商業的なAIにウェブトゥーンを学習させる場合は、使用範囲や目的、期間などを契約で定める必要がある」と求めた。

     科学技術情報通信省のパク・ユンギュ次官はこの日、人工知能法案の処理状況について、
    「規制装置を合理的に設けて成立させた後、状況に応じて改正するという与野党の合意があった」と説明した。
    Copyrights(C) Herald wowkorea.jp 104

    2023/11/29 05:52
    https://www.wowkorea.jp/news/read/415779.html

    引用元: ・【韓国】 AI無断学習免責法、漫画・ウェブトゥーン界が反対 [11/29] [仮面ウニダー★]

    【パクリ屋がパクりを許すなって言ってるの? 【韓国】 AI無断学習免責法、漫画・ウェブトゥーン界が反対 [11/29] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/09/13(水) 04:02:48.62 ID:G3thf+NO
    9/11(月) 15:20配信
    朝鮮日報日本語版

     【NEWSIS】T.Junことパク・テジュンのウェブ漫画『外見至上主義』が、「NAVER Webtoon」で初めて視聴回数100億回を突破した。

     ザ・グリム・エンターテインメントが11日発表したところによると、『外見至上主義』は先月、「NAVER Webtoon」公式集計基準で通算視聴回数100億回を達成したという。

     2014年から正式に連載が始まったこのウェブ漫画は、韓国国内で視聴回数52億回、海外で48億回を記録し、世界の読者の間で人気を集めている。2015年にインドネシア語とタイ語で初めて海外ウェブ漫画市場に進出して以来、2018年にはNAVER Webtoonの日本語プラットフォーム「LINEマンガ」を通じて公開された。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/423a9f32b3c619799abaa9fe7c5fd1dd0ebb18a4

    前スレ
    【ウェブトゥーン】韓国漫画「外見至上主義」、累計100億再生 [動物園φ★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1694495177/

    引用元: ・【ウェブトゥーン】韓国漫画「外見至上主義」、累計100億再生 ★2 [仮面ウニダー★]

    【田代砲でも使ったんか 【ウェブトゥーン】韓国漫画「外見至上主義」、累計100億再生 ★2 [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/22(土) 23:24:10.77 ID:/AWXJ7wp
    韓国発祥「ウェブトゥーン」が世界のデジタル漫画市場を席巻できたこれだけの理由
    金 敬哲

    ●韓流ドラマの原作としても注目
    韓流ドラマや映画、ミュージカルなどの人気コンテンツがウェブトゥーンを原作としているケースが多いのも、従来の紙の漫画とは全く異なるコンテンツとして世界的に人気を集めている要因の一つだろう。

    例えば、日本でも人気を博した韓流ドラマ『梨泰院クラス』は、カカオピッコマのウェブトゥーンが原作だ。2016年からダウム(現ダウムカカオ)ウェブトゥーンで無料公開され、2018年7月に完結した直後、有料サービスに転換された。

    有料サービスで配信された『梨泰院クラス』は、カカオウェブトゥーン史上最高の売り上げを記録し、1000万人の読者を獲得した超ベストセラーである。

    ドラマも原作を忠実に再現しようと原作者が自ら脚本を担当し、主人公のパク・セロイ(パク・ソジュン)をはじめ、主要登場人物は外見や表情までまるで漫画と同じであった。

    また、ネットフリックスのオリジナルドラマ『今、私たちの学校は』は、ネイバーウェブトゥーンが原作だ。2011年に連載が終了して以降、2016年からはアジア、アメリカ、ヨーロッパなどで段階的に公開され、人気を集めている。

    他にも『地獄が呼んでいる』『Sweet Home―俺と世界の絶望―』『私のIDはカンナム美人』『ミセン』など、日本の韓流ファンにもお馴染みのヒット作をはじめ、『神と共に』『シークレット・ミッション』など、人気ウェブトゥーンが原作の作品は枚挙にいとまがない。

    ●日本のデジタル漫画市場の8割が
    最近の韓流ブームで特に注目を集めている分野が「ウェブトゥーン(デジタル漫画)」だ。

    その人気は漫画大国日本においても例外ではない。日本経済新聞の10月10日付けの報道(「漫画アプリ首位LINE、迫るピッコマ 韓流「縦読み」席巻」)によると、約4兆円と推定される日本のデジタル漫画市場の約80%を韓国製のウェブトゥーンプラットフォームが占めているという。

    「ウェブトゥーン」(Webtoon)とは韓国発祥のデジタル漫画の一形態。インターネットを意味する「ウェブ(Web)」と漫画を意味する英語「カートゥーン(Cartoon)」の合成語で、紙の出版物ではなくインターネット上で連載されるコミックを指す。

    ウェブトゥーンはもともと、パソコン通信文化全盛期の1990年代後半に誕生した。漫画をスキャンした単純な方法から始まり、徐々にネットの特徴に合わせた作品も生まれ始めた。

    2000年代に入ると、ポータルサイトがユーザー確保のために無料のウェブトゥーンサイトサービスを開始し、急速に普及。ユーザーを長い時間サイトに滞在させることができるめどが立つと、サービスを一部有料化するようになる。

    ウェブトゥーンが文化産業の一つのジャンルとして本格的に発展していくに伴い、ウェブトゥーン作家たちの作品を管理してくれるエージェンシーも誕生。現在、7つほどが存在する。

    ウェブトゥーン分析サービスの企業によると、2022年3月時点で、韓国には37のプラットフォームがあり、計9922人の作家が活動しているという。

    ●スピーディな展開を縦スクロールで
    韓国発祥のウェブトゥーンが世界的に人気を集めている要因としては、まずスピーディーな展開方式がある。漫画評論家の朴仁河(パク・インハ)はウェブトゥーンの人気要因について次のように説明する。

    「ポータルサイトから始まったウェブトゥーンは、スマホ普及後、さらにスピードを上げて広まっています。ウェブトゥーンは、出版形式の漫画と違って、掲示板に連載され、読者と作家が相互に影響を及ぼし合うことができる。

    たとえば、ネイバーウェブトゥーン(日本ではLINEマンガでサービスしている)は、コメント数や★の数、シェアリングといった読者からのフィードバックによって、『挑戦漫画→ベスト挑戦漫画→正式連載』という風にステージを上げていくのです。

    だから、作家たちは、読者とのコミュニケーションをより円滑にするため、ストーリー展開を意図的にスピードアップしたりする。(省略…)

    https://gendai.media/articles/-/101240
    499

    関連
    【韓国】『2022 京畿国際WEBTOONフェア』・・・高陽市KINTEXで6日に開幕[10/06] [ハニィみるく(17歳)★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1665019159/

    引用元: ・【韓国発祥】 「ウェブトゥーン」が世界のデジタル漫画市場を席巻できたこれだけの理由 (金敬哲)[10/22] [LingLing★]

    【日本じゃ売れてないけどな 【韓国発祥】 「ウェブトゥーン」が世界のデジタル漫画市場を席巻できたこれだけの理由 (金敬哲)[10/22] [LingLing★]】の続きを読む

    このページのトップヘ