まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 中国

    1: まぜるな!キケン!! 2023/11/11(土) 12:46:58.15 ID:vBwJeNrk
    産経新聞 2023/11/11 08:49

    フィリピン政府は10日、南シナ海のアユンギン礁(英語名セカンド・トーマス礁)で同日、
    軍拠点に向かう補給船団を中国艦船が放水砲を使って妨害し、人命を危険にさらしたとして、外交ルートで抗議したと表明した。

    フィリピン側によると、放水砲は中国海警局の艦船が補給船のうち1隻に向けて使用した。
    補給船2隻は中国のゴムボートによる「極めて無謀で危険な嫌がらせ」を至近距離から受けながらも、軍拠点に到達した。
    沿岸警備隊の巡視船3隻が護衛で同行した。

    フィリピン政府は
    「こうした違法で無責任な行動を組織的に続けるやり方は、中国の平和的対話の呼びかけに深刻な疑問を投げかけている」と非難。
    同礁はフィリピンの排他的経済水域(EEZ)と大陸棚の一部だと強調し、
    「フィリピンが法的権利の行使をやめることはない」と断言した。(共同)

    https://www.sankei.com/article/20231111-WIPVILDPNNKXBIMRX3JJ7NXZS4/

    ※関連スレ
    【国際】中国とフィリピンが非難の応酬 日米豪はフィリピンへの支持を表明 [動物園φ★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1698121056/

    引用元: ・【人命を危険にさらした】 中共、放水砲でフィリピン船団妨害 南シナ海 [11/11] [仮面ウニダー★]

    【フィリピンは海軍力を強化したほうがいい 【人命を危険にさらした】 中共、放水砲でフィリピン船団妨害 南シナ海 [11/11] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/11/13(月) 13:24:47.71 ID:VT/n97Vo
    ー前略ー
    防衛省によると、10月28日から11月5日までの9日間に、宮古島南方の太平洋を航行中の山東で、
    艦載の戦闘機約420回、ヘリコプター約150回の計約570回の発着艦があった。
    海上自衛隊の護衛艦が山東を監視し、戦闘機の発着艦には航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。

    3日には台湾国防部(国防省)が、中国の戦闘機「殲10」や「殲11」、対潜哨戒機「運8」など
    延べ39機が同日午前6時(日本時間同7時)までの24時間に台湾周辺で活動したと発表した。
    うち延べ20機が台湾海峡の暗黙の「休戦ライン」である中間線を越えたり、台湾の南西や南東の防空識別圏に進入したりしたという。

    また、米インド太平洋軍は10月26日、「殲11」が南シナ海上空で現地時間24日夜、
    米軍のB52戦略爆撃機に3メートル以内の距離まで異常接近したと明らかにした。

    「プロとはいえない危険な作法と未熟な航空技術。コントロールの利かない過剰なスピードのまま、
    B52の下、前方や、10フィート(約3メートル)以内にまで近づいて飛行し、両機を衝突の危険にさらした」

    米インド太平洋軍は、中国軍機による挑発行為を、書面でそう強く批判した。

    「(中国軍の)行動は事故を引き起こし、想定外の衝突につながりかねない」

    中国軍機の危険行為をめぐっては、米国防総省が17日、「事故を引き起こし、想定外の衝突につながりかねない」と警告し、
    動画などを公開したばかりだった。

    機密解除された映像や画像は15件で、2022年1月から23年9月の間に起きた。
    今年7月には東シナ海上空で、中国軍の戦闘機が米軍機に異常接近し、
    約270メートルという近さで「フレア」と呼ばれる熱源を8発発射した。

    中国軍機のパイロットが米軍機を撮影する様子も紹介されたほか、
    米軍偵察機のパイロットが近づいてきた中国機への交信を試した際には、
    「ファック・オフ(消えうせろ)!」との言葉が返ってきたこともあったという。

    国際空域での中国軍の「威圧的で危険な行動」は21年秋からの2年間で180件超で、
    それ以前の10年間で発生した件数を上回る。米国の同盟国や友好国への行為を含めると300件規模になるという。

    軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、「米側も中国軍機の挑発的な行動にはクギを刺しておかないと、
    常態化を容認することになると発表に踏み切ったのだろう。
    中国は尖閣周辺を『領空』だと主張して既成事実を積み上げる狙いがあり、現在はウクライナとイスラエルへの支援で
    米側の反応が鈍くなるタイミングでもある。
    ただ、すぐに戦闘準備に入ったり軍事衝突の危険性があるといった状況ではない」との見方を示す。

    ■中東を注視、中国監視緩む恐れ

    尖閣諸島周辺の上空では10月、国連活動に参加していたカナダの偵察機に、
    中国軍の戦闘機が5メートル以内の距離に接近していたことも判明した。

    軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「カナダの偵察機は北朝鮮の船舶が海上で積み荷を移し替える『瀬取り』の監視のために
    飛行していたが、激突事故寸前だった。今後もそうした行為は熾烈(しれつ)になってくるだろう。
    空中で〝幅寄せ〟をしてくるような中国側の国際ルールを逸脱した敵対的行動には、米側も黙っていられなかったということだろう。
    最近は中国側も中国沿岸部からの戦闘機のスクランブル発進回数が激増していた。
    2001年4月には、実際に南シナ海上空で米側の哨戒機と中国軍戦闘機が激突した海南島事件も起きている。
    今後も尖閣周辺では日本の自衛隊機が偶発的な事故に巻き込まれて墜落する危険性もあり、予断を許さない」と警鐘を鳴らした。
    ー後略ー

    全文はソースから
    2023.11/13 06:30
    https://www.zakzak.co.jp/article/20231113-KJVXF56R25J6LOSI254H3JIAPM/

    引用元: ・【消えうせろ!】 人民軍機、米を挑発して激突寸前 首脳会談直前に…思惑は 米軍パイロットの交信に暴言 [11/13] [仮面ウニダー★]

    【待っておる 【消えうせろ!】 人民軍機、米を挑発して激突寸前 首脳会談直前に…思惑は 米軍パイロットの交信に暴言 [11/13] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/11/16(木) 07:03:19.15 ID:Q36YNDh/
    中国で肥満と前段階の過体重の総人口が米国を抜き世界最多を独走中だ。
    国内メディアは6億人と推計し「全国総肥満の勢い」と注意喚起する。
    生活習慣病の深刻化で医療体制を圧迫し、糖尿病の治療薬を「痩せ薬」として使用する事例も多発、社会問題化している。

    中国では急速な経済発展に伴う食習慣の変化を背景に肥満人口が増加傾向にある。
    中国の医師らが成人1580万人を対象に実施した調査によると、約49%が過体重か肥満に分類された。
    2人に1人が太りすぎの計算だ。北京友好医院の張忠濤副院長は、肥満に伴う高血圧や心疾患などの病気が
    2030年までに医療費の約22%を占めるようになると警鐘を鳴らす。

    糖尿病治療薬が節食や運動をせず痩せる「神薬」として急速に広まっている。
    注目は2型糖尿病治療に使う「GLP1受容体作動薬」。血糖値を下げるほか食欲を抑える作用がある。
    当局はダイエットや関連ビジネスの過熱を警戒。
    国内の製薬会社代表が自社で開発中の糖尿病薬で「15キロのダイエットに成功した」と投資家らを前にアピールすると、
    「有効性が明らかではない」と警告した。 (共同)

    2023.11/15 14:39
    https://www.zakzak.co.jp/article/20231115-ZJD2NPR2YRJH3IPQG662GQTNIA/

    引用元: ・【全国総肥満】 中共で6億人が太りすぎ 糖尿病薬で「15キロのダイエットに成功」とアピール、製薬会社代表に警告[11/16] [仮面ウニダー★]

    【そらデブだらけだろうよ 【全国総肥満】 中共で6億人が太りすぎ 糖尿病薬で「15キロのダイエットに成功」とアピール、製薬会社代表に警告[11/16] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/11/12(日) 01:10:01.52 ID:9Povj0Vs
    no title

    2023年11月12日 0時09分

    今、中国は住宅価格の下落が続き、深刻な不動産不況に陥っています。

    その不動産不況をさらに拡大させかねない火薬庫のような存在が、地方にある「融資平台」と呼ばれる中国版の三セクです。道路や地下鉄などインフラを整備する資金を調達するために地方政府が出資・設立した投資会社のことを指します。

    「融資平台」は英語ではLGFVと呼ばれています。Local Government Financing Vehiclesの略で、Vehicles=乗り物、器、組織体を意味する単語のとおり、ある目的をもってつくられた組織です。

    それは何かというと、地方政府がインフラ投資を行う資金を集めるためのものです。中国では、地方政府は中央から認可された債券発行以外、資金調達が認められていません。それを回避して、資金をより集めるためのVehiclesなのです。

    地方政府による暗黙の保証を背景に、「別働隊」として低コストで資金を調達。民間では難しい不採算の大規模プロジェクトも手がけ、地方の“通知表”である、地域のGDPを押し上げてきました。

    そもそも中国では、土地は国が所有しており、地方政府が土地の使用権を不動産開発会社に売って、その収入をインフラ開発などにあててきました。

    不動産価格が上昇すれば、使用権の売却収入で財政は潤い、さらに「融資平台」の投資によって成長が加速し、また不動産価格が上昇する。

    この好循環のビジネスモデルは、地方政府にとって「打ち出の小づち」となりました。「融資平台」の借金、債務の額は公的債務として公表されないまま、年々膨らみ、「隠れ債務」と呼ばれるようになったのです。

    始まった逆回転

    不動産価格が上昇していれば、この「隠れ債務」が問題になることはありませんでした。しかし、不動産不況が起きて不動産価格が下落、好循環が逆回転を始めたことで、「隠れ債務」が一気に表面化しました。

    財政がひっ迫した地方政府に、巨額の債務を抱える「融資平台」を支援する余力はもはやありません。各地で工事がストップし、建設作業員への賃金の未払いも相次ぐなど、「融資平台」の資金繰りは急速に悪化。債務の返済を繰り延べる事例も出てきています。

    IMF=国際通貨基金は、「融資平台」の債務がことしは66兆人民元、1350兆円余りにのぼると推計しています。

    債務は右肩上がりで増え続け、5年前の2018年からほぼ倍増。「融資平台」がデフォルトに陥れば、金融市場は大混乱に陥るとの懸念が強まっています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231110/k10014253391000.html

    引用元: ・【国際】中国投資会社「融資平台」、借金1353兆円 [動物園φ★]

    【なんか桁がおかしすぎるな 【国際】中国投資会社「融資平台」、借金1353兆円 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/10/30(月) 16:29:29.96 ID:FuJ9KVv8
    (略)

     このところ、中国経済の「日本化(不動産バブル崩壊を契機として長期不況に陥ること)」を指摘する声が多くなっているが、筆者は「さらに深刻な『日本化』の問題がある」と考えている。その問題とは「少子高齢化」だ。

     中国政府は10月12日、昨年の出生数が956万人と前年(1062万人)から10%減少し、1949年の統計開始以来の低水準に落ち込んだことを明らかにした。昨年、中国の人口は60年ぶりに減少し、14億1000万人となっている。

     少子化に歯止めがかからない一方、高齢化の勢いは強まるばかりだ。

     中国の昨年の65歳以上の人口比率(高齢化率)は約14%となり、「高齢社会」に突入した。高齢化率は2034年には21%台となり、日本のような「超高齢社会」になるのは確実な情勢だ。

     高齢者が急増する中国では、家族などがつきっきりで介護してきた伝統的な「24時間介護」は不可能になりつつある。

     中国の介護を支える精神的な支柱は「親孝行」の教えだ。中国では古来より美徳とされてきたが、最近、この点でも日本化が進んでいるようだ。

    親孝行の精神自体が絶滅しかかっている
     9月18日付ニューズウィーク日本版は、「高齢者は社会のお荷物…日本化する中国の『敬老』」と題するコラムを掲載した。執筆者は日本で活動する中国出身のジャーナリスト・周来友氏だ。

     今年7月、北京市へ4年ぶりに里帰りした周氏は、日本の「悪しき現象」が中国でも蔓延していることに愕然とした。悪しき現象とは「高齢者を社会のお荷物、厄介者のように扱うこと」だが、急速な経済成長を遂げた中国でも「老後の面倒を子供が見る」という発想そのものがなくなりつつあると実感したのだ。

     中国政府は2013年7月、改正「老人人権益保障法」を施行した。「高齢者と別居している家族は、高齢者を頻繁に訪問あるいは挨拶をする必要がある」(第18条)との条文が追加され、高齢者への定期的な見舞いなどを義務付けている。

    「親孝行を強要するような法律」として物議を醸したが、2016年8月に北京市政府が「北京市『十三五』(第13次5カ年計画)時期高齢者事業発展計画」を採択し、雇用側に“親孝行のための有給休暇”を与えるよう奨励した。上海市も同年5月に新たな「上海市老年人権益保障条例」を施行し、親孝行に反した者が「ブラックリスト」に掲載されることになった。

     こうした様々な施策が各地で講じられたが、「老人人権益保障法」施行から10年が経過した現在、効果はまったくないどころか、親孝行の精神自体が絶滅しかかっている有様だ。

    病院で診療を受ける患者に付き添う「臨時家族」
     中国では2016年5月から、北京市を始め16都市で介護保険制度が試験的に導入された。享受できるサービス内容は日本とほぼ同様だが、対象が「主に都市従業員基本医療保険に加入した者」に限られている。

     保険適用者が限られているのにもかかわらず、中国の高齢者介護サービス業界は慢性的な人手不足に悩まされている。このため、大卒者を始め多くの若者を同業界に引き付けるための優遇政策が打ち出されている。

     CGTN Japanese(7月8日付)によれば、中国の地方政府は相次いで人材確保のために高額な入社一時金の提供を始めているが、高齢者介護専攻の卒業生の数が不足していることが災いして、状況の改善につながっていないという。

     構造的な問題が顕在化する中、珍現象が起きている。近年、病院で診療を受ける患者に付き添う「臨時家族」が人気の職業になっており、一部では月収が2万元(約40万円)を超えることもあるというのだ(同8月13日付)。

     深刻な就職難にあえぐ若者にとっては朗報だろうが、これにより、中国の介護問題が改善に向かう可能性は低いと言わざるを得ない。中国で慢性病を患う高齢者の数は2億人近いと言われているが、高額の手当を支払える高齢者は極めて少ないからだ。

     日本の介護問題も大変だが、「豊かになる前に高齢化が始まった」中国の深刻さはその比ではない。「全土で介護難民があふれる」という最悪の事態を、中国政府は回避することができるのだろうか。

    藤和彦
    https://news.yahoo.co.jp/articles/22c00a3e5dec04e250c3d51c9cb2cb2f96519671?page=1

    引用元: ・「豊かになる前に高齢化が始まった」中国の介護問題が日本よりはるかに深刻なワケ [10/30] [昆虫図鑑★]

    【長生きさせないようにすればいい - 「豊かになる前に高齢化が始まった」中国の介護問題が日本よりはるかに深刻なワケ [10/30] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ