1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/06/21(火)19:12:55 ID:AIZ

一部を抜粋

ここ数年、韓国史研究者の間では、いわゆる民間の歴史研究家によるとっぴな古代史解釈を「似非
(エセ)歴史学」などと激しく非難する声が上がっている。行き過ぎた民族主義にとらわれ、明確な
文献的、考古学的証拠や事実を無視する彼らの主張に対し、最近になって批判の声が上がり始めたの
はある意味当然のことだ。ところがこの種の問題は現代史の方がもっと深刻だ。実は大学などの歴史
研究者や学界関係者も行き過ぎた民族至上主義や左派修正主義にとらわれており、民間の歴史研究家
による古代史解釈に劣らず、あるいはそれ以上に深刻な歪曲(わいきょく)を行っているのだ。

東アジアの状況はどうだったか。独ソ不可侵条約によりソ連は日本とも同じような妥協策を取った。
1941年4月に日本と中立条約を締結し、日本がアジア太平洋を思う存分侵略できるようにしたのだ。
同年6月22日にヒトラーがソ連に侵攻すると、ソ連はやむなく連合国と協力せざるを得ない状況に追い
込まれた。しかしアジア太平洋で日本が12月7日に真珠湾攻撃を行い、米国など連合国が日本と戦争
状態に入った中でも、ソ連は日本と密約を結んでいた。戦争に必要な物資を日本にひそかに輸出し利
益を得ていたのだ。45年8月6日に米国が広島に原子爆弾を投下し、太平洋戦争の勝敗がほぼ決すると、
ソ連はそれから2日後の8日に日本に宣戦布告し、翌日には軍事攻撃を開始。直後に韓半島北部に進駐
すると、ソ連の軍服に大尉の階級章を付けた金日成(キム・イルソン)とその一派を平壌に連れてき
た。もちろん将来の手下として使う目的だった。

ところが韓国の歴史教科書はこれらの歴史的事実にほぼ、あるいは全く言及せず「ソ連=第2次大戦
における最大の貢献者」「ソ連軍=解放軍」などとする虚偽の考え方にとらわれ、うそを生徒たちに
教えてきた。後に東欧諸国で共産主義体制が崩壊して冷戦が終息し、未公開の文書や事実が次々と公
表され、ロシアもそれらを認めたことで現代史解釈は新たな次元に入った。ところが不幸にも韓国の
歴史研究者たちは極度に閉鎖的な思考や認識にとらわれ、これらの歴史的事実を受け入れないだけで
なく、逆にかつての古い歴史観に一層とらわれている。これらは韓国史をはじめとする歴史教科書が
持つさまざまな問題の一つの側面にすぎない。これでは果たして歴史学界による現代史の見方と、民
間の歴史家による古代史とどちらの方がエセ歴史学だろうか。「歴史学界の方がまだまし」とは決し
て言えないのではないか。今後政治家たちが教科書問題について何か言いたくなれば、まずはこれら
の問題を明確に認識し行動するのが基本的な道理であり順序ではないだろうか。

姜圭炯(カン・ギュヒョン)明知大学教授(現代史)

省略部の詳細はソースで
Chosun online 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/20/2016062001089.html

引用元: ・【寄稿:朝鮮日報】過剰な民族主義で生徒にうそを教える韓国史教科書[6/20]

2: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)20:24:19 ID:ioi
韓国建国のことを連中は光復と呼称するが、あれがそもそも歴史歪曲だからな
光復(自らの力で独立を勝ち取った)ではなく、アメリカ様から国を造って頂いた訳で

3: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)20:39:51 ID:iSt
なんだ?
ギリ利益ライン探りか?

4: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)21:29:11 ID:jsP
カルトはカルトらしく狂信して死ね

5: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)22:12:54 ID:3Jd
わからない…民族主義って言ってるけど、つまりまあ
金日成誇らしいってこと?

6: 名無しさん@おーぷん 2016/06/21(火)22:16:46 ID:p7x
リアルで朝鮮戦争が対日戦争だったって学校で教える国の押し付けを忠実に
真実だと報道するNHK

大概にせえ

7: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)00:32:01 ID:dYH
エセ歴史?民族主義?半世紀ほど言うのが遅いぞ!!

8: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)00:40:07 ID:m7s
この記事読んでまともな学者も居る、なんて早とちりはするなよ
この学者の言う資料に基づいた学問としての歴史学自体が世界基準ではムーも
ビックリのトンデモ歴史学なんだから

9: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)05:24:21 ID:3Vk
事実を偏りなく淡々と探求していくのみなんだよね。
それらに対する解釈は深浅濃淡有り得るだろうけど、
教育の段階では控え目にすべきだ。
もっともそれでは歴史教育の意義において
物足りない面も生じるから難しいんだろうけどねw

10: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)13:41:21 ID:i6r
音楽に例えると・・・
在野の歴史家→全く現実音の無いシンセサイザー・ミュージック
記事の筆者の言う歴史家→現実音の美味しいところだけ継ぎ接ぎするミュージック・コンクレート

11: 名無しさん@おーぷん 2016/06/22(水)19:28:09 ID:52F
戻りたい、戻れない

人間に