まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:YouTube

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/15(木) 08:41:49.91 ID:CAP_USER
    韓国のメディア監視組織「民主的メディアのための市民連合(Citizens’ Coalition for Democratic Media)」が
    このほど発表した報告によると、同国の結婚仲介業者が複数のユーチューブ(YouTube)チャンネルで、
    ベトナム人を含む外国人女性を花嫁候補として商品のように広告している。

    報告によると、2019年1月1日~7月10日までの約6か月間に、
    25のユーチューブチャンネルで4515本の紹介ビデオが掲載された。

    ベトナムの情報サイト「Zing News(ジングニュース)」が無作為に選んで518本を観察したところ、
    大半がベトナム人女性で、仲介業者のインタビューに答える内容だった。

    以前に韓国人男性がベトナムに出向き、花嫁候補として多くの女性を品定めする方法が非人道的だとして問題となり、
    2012年に結婚仲介法が改正され、同時に多くの女性を紹介することが禁止された。
    その後、結婚仲介業者はユーチューブを利用する方法に切り替えていった。

    韓国国家人権委員会が2018年6月に調査した結果によると、外国人花嫁の42%(920人中387人)が暴力を受けたことがあると回答。
    受けた暴力のうち、精神的暴力は81.1%、性的暴力は67.9%に上り、77人は武器で脅されたことがあるとしている。
    https://www.viet-jo.com/news/social/190814075956.html

    引用元: ・【国際】 韓国のYouTube、ベトナム人花嫁候補を商品のように広告

    【さすが人身売買大国 【国際】 韓国のYouTube、ベトナム人花嫁候補を商品のように広告 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/09(火) 22:36:05.03 ID:CAP_USER
    コ・ミンジョン副報道官はこの日午後、出入り記者たちが待つ出入口で

    「最近、ムン・ジェイン大統領が、江原山火災があった4日夜に『新聞の日』行事を終えて、メディア社長と酒を飲んだなどという
    とんでもない偽ニュースが市中に流れている」とし、「このような嘘を誰が信じるだろうかと対応していなかったが、
    数名の政治家たちが政治的に悪用しており、これ以上容認できない」と述べた。

    コ副報道官は、「最初の嘘を流布した『金盛号放送』と『神の一手』について、大統領府は取ることができるすべてのアクションで強く対応する」と述べた。

    https://news.nate.com/view/20190409n37320?mid=n1006

    引用元: ・【韓国】「文大統領、山火事中に酒を飲んでた」 YouTube発の偽ニュースに強硬対応へ

    【で、なにしてたん? 【韓国】「文大統領、山火事中に酒を飲んでた」 YouTube発の偽ニュースに強硬対応へ 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2016/08/10(水) 10:23:37.50 ID:CAP_USER
    (YouTubeキャプチャ)
    no title


    誠信(ソンシン)女子大学校の徐 敬徳(ソ・ギョンドク)教授が光復節(8月15日)を控え、これまで
    5年間に製作した日本の歴史歪曲関連動画を一堂に集め、10日にYouTube( http://tuney.kr/8GnnHg
    に掲載した。

    『日本の歴史歪曲、真実は?』というタイトルの下、独島(トクド)、日本軍慰安婦、日本の戦犯旗
    (旭日旗)、強制徴用、靖国神社、東海(トンヘ)、日本帝国主義の歴史、日本帝国主義に対立した
    英雄などをテーマにした韓国語、英語、日本語の動画37本を一堂に見る事ができる。

    徐教授は、「光復から70年が過ぎた今も、日本は継続的な歴史歪曲でアジアの周辺国を苦しめて
    いる。 誤った歴史を正し、全世界のネチズンに正しい歴史を正しく伝えるため、このチャンネルを
    開く事になった」と話した。

    彼は、「世界中、いつでもどこでも時間と場所を問わず日本の歴史歪曲を確認できる、そのような
    求心点が必要だった」とし、「スマートフォンとSNSに馴染んだ若い世代にもう少し容易に近付くため、
    YouTubeを活用する事になった」と付け加えた。

    現在までこれらの動画37本の再生数は計50万件に達し、FacebookやTwitterなどのSNSで広報
    した物まで合わせると800万件になる。

    陸軍将兵の正訓教育時間や全世界に出ている留学生、各国のハングル学校および韓国学校など
    でも多く活用した。

    徐教授は、「今後は中国語、スペイン語、ドイツ語など、様々な言語で動画を製作して、日本の
    歴史歪曲を全世界に持続的に広く伝える」と明らかにした。

    ソース:NAVER/聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=103&oid=001&aid=0008600945

    引用元: ・【韓国】「日本の歴史歪曲を一堂に・・・」~YouTubeチャンネルオープン[08/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【コリアン・ナチズム】ソ・ギョンドク教授「世界中、いつでもどこでも時間と場所を問わず日本の歴史歪曲を確認できる」YouTubeチャンネルオープン】の続きを読む

    no title


    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/07/03(金)18:48:22 ID:lit
    このところ社交サイトのフェイスブックやツイッタ―などで
    「Help Lee Jung Hee」といったタイトルのYouTube動画が話題になっている。
    韓国人の兄弟とその母親が、兄弟の父親から10年以上にわたって性的暴行を受けていると訴える内容だ。

    動画では兄弟が「子供のころから10年以上、父と祖父から性的暴行を受けている。
    声を出して泣くと祖父に『殺すぞ』などと脅されるため、声を押し殺して泣くしかない。母も被害者だ」と訴えている。

    この動画について韓国メディアは報じておらず、詳しい状況は分かっていないが、ネット上の情報によると、
    同様の情報を2014年に同国の大手メディアが報じたものの、韓国政府が火消を図り、話題は消えた。
    しかし今年6月になって兄弟らが同国のインターネット・ユーザーらの応援を受け、
    自分たちの境遇について知ってもらおうと直筆の手紙を書いたほか、YouTube上に数本の動画を公開した。

    (編集翻訳 恩田有紀)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150703-00000025-xinhua-cn

    引用元: ・【韓国】助けて!父親と祖父に10年以上強姦されている・・兄弟がYouTube動画で訴え?中国などで話題に[7/3]

    【ましな部類だな【韓国】助けて!父親と祖父に10年以上性的暴行されている・・兄弟がYouTube動画で訴え?中国などで話題に[7/3]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/18(日) 14:00:40.01 ID:???.net
    動画投稿サイト・YouTubeが発表した「2014年に全米で最も多く再生されたK-POPのミュージックビデオ(MV)」ランキングで、PSY
    (サイ)が昨年6月にリリースした「HANGOVER feat.Snoop Dogg」が首位に輝いた。16日付で参考消息網が伝えた。

    再生回数は約1億7000万回。15日付の韓国聯合ニュースは、12年の「江南スタイル」、13年の「ジェントルマン」に続く快挙だと報じた。
    15日までの「江南スタイル」の再生回数は約22億870万回、「ジェントルマン」は約7億8330万回となっている。

    同作は韓国の飲酒文化を面白おかしく表現したもの。米国のラップスター、スヌープ・ドッグとのコラボレーションで、MVには「BIGBANG」
    のG-DRAGONや「2NE1」のCLも友情出演し、話題を呼んだ。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    ソース:Focus-Asia 2015年01月18日
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/406774/
    関連
    【韓流】英国で江南スタイルの振り付けを踊った少年、人種差別と思われ喧嘩になり死亡★2[01/16]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1421411087/

    引用元: ・【韓流】PSY、3年連続でYouTube最多再生ランキング1位に[01/18]

    【どこまで行くのかが楽しみになってきた。【韓流】PSY、3年連続でYouTube最多再生ランキング1位に[01/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ