まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:THAAD

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/06/25(日) 20:07:59.50 ID:CAP_USER
    韓国ハンギョレ新聞社ホ・ジェヒョン記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27732.html
    韓国語原文入力:2017-06-24 23:19
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/800090.html 訳J.S(2487字)

    ソウル鍾路区の駐韓米国大使館を星州地域の住民と市民が取り囲みTHAADの撤収を要求している
    no title

    no title

    no title


    ソウルの都心でTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に反対する大規模集会と行進が24日開かれた。市民はソウル光化門(クァンファムン)、アメリカ大使館周辺を行進の隊列で取り囲む「人間の鎖」行事を行い、警察も柔軟な対応で市民の遵法デモを保障した。

    弱い雨が降る悪天候の中でも全国から集まった市民約3000人はこの日午後4時、ソウル中区(チュング)のソウル広場に集まり「THAAD撤回平和行動」集会を開き、文在寅(ムン・ジェイン)政府にTHAAD工事の中断などを求めた。

    この日発言に立ったパク・ソグゥン韓国進歩連帯常任代表は「米国や日本を防御するためになぜ朝鮮半島が火だるまになる必要があるのか。韓国へのTHAAD配備は百害あって一利もない。THAADを慌てて搬入する過程で、一切の法的手続きや社会公論化もなかった。間もなく開かれる韓米首脳会談で、文在寅大統領はTHAAD配備を撤回させなければならない」と主張した。

    この日の集会は、アメリカ大使館を人間の鎖で取り囲む行事が初めて合法的に行われ、関心を集めた。これまでアメリカ大使館前での集会は、警察が韓国国内にある大使館から半径100メートル以内での集会を禁止できるよう定めた集会及び示威に関する法律(集示法)11条4項を根拠に通常禁止してきた。

    しかし、昨年12月市民団体(平和と統一を開く人々)がソウル鍾路警察署を相手に提起したアメリカ大使館前での集会禁止通告処分取り消し訴訟で、裁判所が市民団体の手を挙げ、今回も裁判所が警察の集会禁止通告を取り消しさせたことでアメリカ大使館前での集会が合法的に開かれることになった。

    ソウル行政法院は23日「集示法11条4項は、外交機関の機能や安寧を侵害する憂慮がないと認められる時には許されると例外規定を設けている」として、THAAD韓国配備阻止全国行動が出した執行停止申請を一部受け入れた。

    この日警察は、万一の状況に備えて、59個中隊4700人の警察力を配置したが、過去とは異なり集会を統制するよりは集会と行進が円滑に進行されるよう保障する役割に忠実だった。

    交通機動警察は、集会参加者が円滑に道路を行進できるように車両を統制し、無線機を持った指揮官は交通警察が行進隊列の前を遮らないよう忙しく飛び回っていた。

    集会隊列の前には「交通」と書かれた薄緑色のチョッキを着た交通警察官が配置され、集会を統制する機動隊所属の警察部隊はできるだけ目につかないよう光化門の路地のあちこちで待機していた。

    >>2につつく

    引用元: ・【ハンギョレ】“韓国初”のアメリカ大使館前合法集会、平和的に終了[6/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【明らかに国際条約違反だろ】「文在寅大統領はTHAAD配備を撤回させなければならない」アメリカ大使館前合法集会、裁判所の集会禁止通告取り消しで開かれる】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/08(木) 13:45:34.13 ID:CAP_USER
    マイラ・マクファーソン(<Myra MacPherson>元ワシントンポスト記者)は、20世紀アメリカ独立ジャーナリストの伝説I.F.ストーンの評伝を書き、タイトルをこう付けた。「すべての政府は嘘をつく」。生涯政府の嘘と真っ向から闘った彼の経歴を表わすのに、これほどのタイトルはなかった。ストーンがどれほど政府の嘘に執拗に食い下がったのか、アメリカ連邦捜査局(FBI)も彼を執拗に査察して、何と1600ページ余りのファイルを残した。

     ストーンが明らかにした代表的な政府の嘘が「トンキン湾事件」だった。米国防総省は米国の軍艦がベトナムの魚雷艇の攻撃を受け破壊されたと発表し、すべてのマスコミがオウムのように国防総省の発表をそのまま書き写し、戦争ムードを高めさせたが、ストーンは逐一疑問を提起して、ねつ造の可能性を提起した。彼の主張は7年後、国防総省の機密文書が暴露され事実であることが確認された。

     すべての政府は嘘をつく。軍は特に激しい。19世紀中葉、クリミア戦争当時の英国軍はバラクラヴァの戦闘で、指揮官の命令により軽騎兵旅団がロシア軍に向けて突進し、わずか10分間で半分を超える345人が犬死にした時も「連戦連勝」していると発表した。第2次世界大戦当時、日本軍も本土が廃墟になっている状況でも連日「皇軍の常勝疾走」と騒ぎ立てた。

     韓国軍にはさらに特別な伝統がある。6・25(朝鮮戦争)開戦初期、李承晩(イ・スンマン)大統領はソウルを最後まで死守すると発表して直後に逃げた。軍首脳部は前方で北朝鮮軍を撃退していると発表し、漢江(ハンガン)の橋を爆破して市民の避難を阻んだ。それでも一言の謝罪もしなかった。2012年、合同参謀議長が国政監査場で「ノック帰順事件」に関してついた嘘も、前者に比較すればかわいく見えるが、そうした伝統の中から起きたことだった。

     2004年は、作戦計画5029、西海(ソヘ)北方境界線銃撃事件をめぐる軍当局の隠蔽と嘘でしばらく騒々しかった。銃撃事件では報告の欠落と隠蔽にとどまらず、軍の最高情報当局者がマスコミを利用した世論操作を通じて、国民が政府に不信感を抱き政府と闘うように離間をはかった。「作戦計画5029」の推進は、これよりさらに深刻だった。韓国軍の国籍を疑わせるものだった。

     米国は1993年以来、北朝鮮の急変事態に備えた韓米連合軍司令部主管の作戦計画樹立を主張した。1997年12月、政権交代期の混乱を利用して、韓国軍当局は米国の要求をこっそりと受け入れた。新たにスタートした金大中(キム・デジュン)政権は困り果てた。白紙化もできず、とはいえ北の内部異常事態に対する作戦計画まで容認することもできなかった。戦時ではないのに、在韓米軍による主権侵害や内政干渉の可能性が大きかったためだった。

     仕方なく1999年に折衝したのが「概念計画5029」であった。概念計画は、図上プログラムにとどまるということだった。2004年、軍当局はこの概念計画を作戦計画に切り替える作業をしていた。大統領は一歩遅れてこれを知り中断させた。米国の不満と反発は深刻だった。韓米同盟解体云々の話も出てきた。これに対して盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は概念計画を修正することで誠意を示した。

     THAAD(高高度防衛ミサイル)問題は、それ以上に質が悪かった。政権交代期のざわついた合間を利用して、米国が願ったTHAAD配備をすばやく片づけようとしたまでは同じだった。しかし、そのために環境アセスメントなど韓国の国内法に違反した。また「米国と非公開にすることにした」という理由で、発射台4基の追加搬入を意識的に報告から漏らした。韓国軍当局にとっては米国の意志だけが重要で、国民や(国民が選んだ)軍の統帥権者、そして法律は眼中にもなかった。

     「国軍」とは、国民国家とともに誕生した国民の軍隊を意味する。封建王朝では王、諸侯、または豪族の軍隊であった。ナポレオンの軍隊がヨーロッパを制覇できた原因の一つは、軍人が国民の軍隊、自分の家族と祖国のための軍隊という自負心を持っていたためだった。こうした変化は、王朝を共和政に変えた革命の結果であった。国民の軍隊は、王の軍隊が一日8キロメートルを行軍する間に、40キロメートルを走って有利な高地を先占し敵を制圧できた。

     それでこのような慨嘆が出てくる。「韓国軍は果たして誰のための誰の軍隊なのか」、「果たして国民の軍隊なのか」。2回もクーデターで国民の選択を覆した経験があるので、国民や大統領を統帥権者として受け入れることを刺々しいと思うのかも知れない。それでは米国に対する忠誠は、なぜそれほどまでに盲目的なのか。

    クァク・ビョンチャン先任論説委員 

    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/27570.html
    登録 : 2017.06.07 23:22修正 : 2017.06.08 07:02

    引用元: ・【コラム/ハンギョレ】韓国軍は本当に国民の軍隊なのか[6/8] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【指揮権は在韓米軍にあるからな】ハンギョレ「THAADで米国に盲目的忠誠、韓国軍は本当に国民の軍隊なのか」】の続きを読む

    1: こたつねこ◆AtPO2jsfUI 2017/06/07(水)20:27:33 ID:rQj
    THAAD追加配備、事実上中断=発射台2基で運用へ-韓国

    在韓米軍へ配備される最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の発射台4基が
    韓国に追加搬入され、大統領府に報告されていなかった問題で、大統領府高官は7日、「4基の
    配備は(南部・星州の)用地の環境影響評価作業が終了してから決定される」と述べた。
    環境影響評価作業は最短でも1年かかるとみられており、THAADの追加配備は事実上中断される。

    ↓全文を読む場合は以下をクリック↓
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017060701007&g=int

    時事ドットコム 2017/06/07-17:30

    【関連スレッド】
    【反応】韓国の文大統領に衝撃、新たに4基のTHAAD発射台が内緒で運び込まれる=韓国ネット「恐ろしい」「なぜこそこそと?」 [H29/5/30]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1496153877/l50

    引用元: ・【国際/防衛】韓国、THAADの追加配備を事実上中断=発射台2基で運用へ[17/06/07]

    【【レッドチーム入りおめでとう】韓国、THAADの追加配備を中断】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/30(火)23:17:57 ID:???
    韓国の文大統領に衝撃、新たに4基のTHAAD発射台が内緒で運び込まれる=韓国ネット「恐ろしい」「なぜこそこそと?」

    2017年5月30日、韓国・朝鮮日報によると、韓国南部の星州に配備された高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射台2基とは別に、
    新たに4基の発射台が非公開で韓国内に搬入されていたことが分かった。これを受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は
    大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長とチョ・グク民情首席秘書官に搬入の経緯などを徹底的に調査するよう指示した。

    尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は30日の会見で、「鄭室長から4基の発射台が新たに搬入されたとの報告を
    受けた文大統領は『非常に衝撃的だ』と述べた」と明らかにした。文大統領は朴槿恵(パク・クネ)政府時代に任命された
    韓民求(ハン・ミング)国防部長官に電話をかけ、4基の発射台がすでに国内に搬入されているとの事実を直接確認したという。

    尹主席は「国防部は25日の国政企画諮問委員会の業務報告で、新たな発射台が韓国内に保管されている状況を報告しなかった」と説明し、
    「文大統領はどのような経緯で搬入されたのか、搬入は誰が決定したのか、なぜ国民に公開せず、新政府でも今まで報告を
    怠っていたのかなどについても調査するよう指示した」と明らかにした。

    続き Record China
    http://www.recordchina.co.jp/b176499-s0-c10.html

    引用元: ・【反応】韓国の文大統領に衝撃、新たに4基のTHAAD発射台が内緒で運び込まれる=韓国ネット「恐ろしい」「なぜこそこそと?」 [H29/5/30]

    【【ばんばんざいじゃないか 】韓国THAAD発射台、新たに4基が内緒で運び込まれる】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/29(月) 12:57:32.50 ID:CAP_USER
    「中国の周辺国は乱暴で勝手な強権と共存する方法を学ぶべきだ」

    最近韓国で翻訳出版された「未成熟な国家」(イボム出版社)の中国人著者、許知遠氏(41)は、
    「一方で政府によってたやすく操縦される群衆がおり、もう一方には閉鎖的で傲慢な政権がある国が中国だ」と指摘した。
    許さんは前作の「独裁の誘惑」などで西側の知識人よりも厳しい視線で祖国を批判してきた知識人だ。

    今回出版された著書でも、清日戦争(日清戦争)からトウ小平後の現代中国までを総括し、
    中国は一度も独裁体制から脱することができない「未成熟な国家」だとする診断を下した。
    許氏はこのほど、本紙の電子メールによる取材に応じた。

    以下は一問一答。

    ―終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓中関係が行き詰まった。

    「中国人はTHAADが何かも知らずに韓国全体を厳しく批判している。
     3月には鄭州のロッテマート前でデモ隊が『先祖代々までクソ食らえ』と叫んで抗議した。
     中国はTHAAD問題が内包する複雑な意味や因果関係を国民には具体的に説明しない。
     その代わりに偏狭な情報で盲目的な民族主義ばかりを鼓舞している。冷戦的な思考であり、未成熟な姿だ」

    ―今後も中国の民族主義が周辺国との関係に影響を与えるのか。

    「中国の民族主義は中国の政治・経済的な影響力をショービニズム(排他主義)または選民思想と結び付ける。
     隣国に平等に接するのは容易ではない。中国は歴史的に支配権を独占しようとしてきた。
     『崛起(くっき)』を叫んだ2008年の北京五輪の際にそう感じた。民族主義も国家的に操られる。
     清日戦争以降、独裁体制から一度も脱したことがない中国の政治構造がその原因だ」

    ―ストロングマン(独裁者)型のリーダーは中国だけの現象ではないのではないか。

    「民主主義が後退し、ポピュリズム(大衆迎合主義)が力を得た結果だ。
     中国の方がひどい。中国のストロングマンが持つ支配力は他国をしのぐ。
     中国は経済的は繁栄を成し遂げても、法治、人権、個人の自由といった概念が定着していない。
     賢明な人は『ストロングマンの時代』がどれだけ多くの社会的な悲劇をはらんでいるのかを見抜いている」

    ―それならば成熟した中国の姿とは何か。

    「私が考える成熟した国とは自由民主主義、市場経済体制を備え、多元化した価値観が尊重される社会だ。
     過去に米国の学者、ジョゼフ・レベンソンは『中国は世界の一部ではなく、中国自体が一つの世界だ』と指摘した。
     中国人は常に自己中心的な世界観に浸っている。それを変える力になりたい」

    ―著書は中国で購入困難だと聞いた。それでも批判的な著作を相次いで発表するのはなぜか。

    「文化大革命の時期にこんな本を書いていたとすれば死刑になっていたかもしれない。
     1980年代には拘禁または他の処罰を受けたはずだ。
     最近中国共産党は著作物の流通を徹底的に阻む方法で思想を統制している。
     批判は社会の変革に対する希望、変化に対する期待から生まれる。
     国家と時代に対し、批判的な態度を維持することが私の責任だ」

    ヤン・ジホ記者

    以下ソース:朝鮮日報 2017/05/29 11:05
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/29/2017052900989.html

    引用元: ・【朝鮮日報】中国人評論家・許知遠氏「中国人はTHAADが何かも知らずに批判」[05/29]©2ch.net

    【【自己紹介乙】朝鮮日報「中国人はTHAADが何かも知らずに批判」】の続きを読む

    このページのトップヘ