まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:R&D

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/06(水) 16:24:14.02 ID:CAP_USER
    ? 中央日報/中央日報日本語版2021.10.06 15:02

    「2000年半ばから15年間にグローバル革新企業に選ばれた167社のうち韓国企業はサムスン電子、LGエレクトロニクス、現代自動車、起亜の4社だけだ。新規革新企業が誕生できる制度的環境を構築する必要がある」。

    全国経済人連合会(全経連)が6日に出した診断だ。全経連はボストンコンサルティンググループ(BCG)が2005年から毎年50社ずつ発表してきた「世界で最も革新的な企業」(Most Innovative Companies)の選定結果を分析した。その結果、BCGが15年間で革新企業に1回以上選定した企業の国籍は米国82社、英国12社、ドイツ12社、日本11社、中国(香港含む)10社、フランス5社だった。韓国企業ではサムスン電子が毎年(15回)、LGエレクトロニクスが8回、現代自動車が4回、起亜が2回選ばれた。

    全経連の関係者は「BCGはグローバル企業役員1600人を対象に実施するアンケート調査と過去3年間の株主収益率などを反映して革新的な企業を選定していると説明するが、革新企業の特徴は明確でなく別途の分析を行った」と説明した。

    ◆革新企業、研究開発費・設備投資多い

    全経連は「革新企業」とグローバル売上高500大企業を比較した。分析の結果、2021年に革新企業に選ばれた50社の平均資産は500大企業平均の半分(0.5倍)だが、売上高は1.2倍、営業利益は1.8倍、雇用は1.4倍高いことが分かった。革新企業の企業規模は相対的に小さかったが、経営成果が優秀ということだ。

    また革新企業はグローバル売上高500大企業より研究開発(R&D)、設備投資、M&A(企業の合併・買収)が活発だった。革新企業の売上高に対する研究開発費の比率は10.0%で、500大企業(3.5%)に比べ2.9倍高かった。革新企業は現金性資産保有分の22.0%を設備投資に支出したが、これは500大企業(10.0%)の2.2倍。革新企業の過去5年間(2016-20年)のM&A回数は平均10.7回で、500大企業の平均(4.8回)の2.2倍だった。営業利益を雇用人員で割った1人あたりの生産性も革新企業(6.1万ドル)が500大企業(4.7万ドル)より1.3倍高かった。

    全経連の関係者は「2021年の革新企業リストに新たに入った5社のうち3社がバイオ・製薬業種であるだけに、有望産業への集中支援も必要」とし「韓国で新しい革新企業が出てくるようR&Dや設備投資に対する税額控除を増やし、投資やM&Aを阻害する規制を緩和しなければいけない」と主張した。

    https://japanese.joins.com/JArticle/283618?servcode=300§code=320

    引用元: ・【韓国】世界の革新企業167社のうち韓国は4社だけ…R&D増やすべき [動物園φ★]

    【妄想力なら世界一だけどw 【韓国】世界の革新企業167社のうち韓国は4社だけ…R&D増やすべき [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/18(木) 07:47:12.37 ID:CAP_USER
    韓国政府が部品および材料研究開発(R&D)に対する税制支援を大幅に拡大することにした。日本が輸出規制に出た半導体3大核心素材だけでなく、日本のホワイトリスト除外によって打撃が予想される品目までR&D税額の控除をする方案を推進する。今月末に発表する予定の「2020年度税法改正案」にこのような内容が盛り込まれる予定だ。

    17日、韓国企画財政部によると、企業がR&Dに投資した費用に対して税額控除を受けるためには該当R&Dが新たな成長動力や基礎固有技術に関連したものでなければならない。

    現在、5世代(5G)移動通信、知能型半導体・センサー、3Dプリンティングなど157件の新成長動力と基礎固有技術にR&D投資をすれば人件費・原材料費などに対して税額控除が受けられるようになっている。税額控除比率は大企業は20~30%であり中堅企業(20~40%)と中小企業(30~40%)はこれより高い。

    企画財政部はこのようなR&D費用の税額控除対象を拡大する方案を推進中だ。企画財政部核心関係者は「新たに対象に入る品目・技術などを選んでいる段階」とし「対日依存度が高い材料・部品がまず考慮対象になるのではないかと思う」と話した。

    これと共に、新成長技術R&D委託研究開発費の認定範囲を拡大する。これまで新成長R&D税額控除対象委託・共同研究開発機関の範囲が国内材料機関に限定されていたが、海外の子会社を含む方案を検討中だ。先進国との技術格差を縮小し、国内企業の競争力を確保するためには先進国との直接的な技術協力が必要だという企業の要求を反映したのだ。これまで持続して縮小してきた一般R&D費用に対する税額控除率を上方修正する案も議論中だ。

    事実、今回発表する税法改正案は昨年と比べて比重ある内容はないという見方が多かった。しかし、最近日本の経済報復事態が発生して状況が変わった。日本の経済報復以降、核心部品・材料に対するR&Dの重要性が高まり、政府の支援が必要だという声が大きくなった。

    ここには、まず韓国の核心産業に関連する部品・材料の関連基礎固有技術のR&D投資を促すという意味が含まれている。韓国の中小企業のR&Dを誘導し、技術水準を引き上げるという目的もある。

    日本の輸出規制対象製品であるフッ化水素などは日本の中小企業によるものだ。韓国もこのような強小企業を育成してこそ、付加価値の高い材料・部品の開発が可能だという判断からだ。しかし、韓国の材料・装備中小企業は技術の側面では先進国について行くことができないのが現実だ。

    「2018中小企業技術統計調査報告書」によると、中小企業は核心技術の格差が米国からは1.9年、日本からは1.8年、ドイツからは1.6年遅れている。特に、日本と比較すると、保有技術が「先んじている」と回答した比率は6.4%にすぎず、「遅れている」という回答が75%にもなった。だが、韓国の中小企業1カ所あたりのR&D投資規模は2007年6億3000万ウォン(約5760万円)から2017年3億4000万ウォン、平均研究員数は同期間8.3人から4.3人に減った。(中小企業研究院)

    これに関連し、中小ベンチャー企業部の朴映宣(パク・ヨンソン)長官は就任100日メッセージを通じて「中小ベンチャー企業と韓国の部品・材料産業の『独立宣言』を準備しなければならない」とし「製造と技術基盤のスタートアップを積極的に育成して、部品・材料企業と小商工人に対する政策的支援を強化しなければならない」と明らかにした。

    https://japanese.joins.com/article/646/255646.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【中央日報】韓国、技術格差1.8年の日本に追いつけ…税法の見直しでR&D支援へ[07/18]

    【すごい妄想力【中央日報】韓国、技術格差1.8年の日本に追いつけ…税法の見直しでR&D支援へ[07/18] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/22(水) 15:24:40.68 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国政府がバイオヘルス産業をシステムLSI(大規模集積回路)などの非メモリー半導体、未来型自動車と並ぶ次世代の3大主力産業に育成するため、バイオビッグデータの構築、研究開発(R&D)投資拡大、許認可規制の見直しなどに乗り出す。これらを通じ、2030年には国産医薬品と医療機器が世界市場に占めるシェアを現在の3倍に引き上げ、輸出500億ドル(約5兆5000億円)を達成する計画だ。政府は22日、こうした内容を骨子とする「バイオヘルス産業革新戦略」を発表した。

    ◇革新的な新薬開発へR&D投資拡大

    政府はバイオヘルス分野で、技術開発から許認可、生産、商業化と全サイクルにまたがる革新エコシステム(生態系)を構築する計画だ。技術開発段階では革新的な新薬開発と医療技術の研究に向け100万人のゲノムビッグデータプラットフォームを構築し、臨床診療データを活用できる「データ中心病院」を指定する。

     革新的な新薬開発のため、政府のR&D投資と金融・税制支援も拡大する方針だ。免疫細胞を活用した標的抗がん剤など次世代技術の開発を目指し、年間2兆6000億ウォン(約2400億円)水準の政府R&D投資を25年まで4兆ウォン以上に増やす。また、国産新薬の開発に向け、向こう5年間に2兆ウォン以上の政策金融投資を実施する。

    ◇規制見直しで海外進出を後押し

     政府はバイオヘルス産業の海外進出を後押しするため、国際基準に合わない規制は大胆に見直す予定だ。医薬品や医療機器の許認可にかかる期間を大幅に短縮し、政府が認定する「革新型製薬会社」が開発した新薬が迅速に市場に出回るよう優先して審査する制度も導入する計画という。

     バイオヘルス分野のリーディングカンパニーとベンチャー企業の協力体制を築き、同時成長へ導く方策も示した。ベンチャー企業の有望技術とリーディングカンパニーの資金やグローバルネットワークを結合させるオープンイノベーションの活性化を図る。

    ◇デジタルヘルスケア新技術の医療現場での使用促進 

     心電図を測定するウエアラブル機器、自動腹膜透析装置などデジタルヘルスケア新技術の医療現場での使用を促進するためのガイドラインも設ける。

     例えば、患者が自宅で就寝中に自動腹膜透析装置を使用して透析データを病院に送れば、病院側は状況をモニタリングし、対面での診療に役立てることができる。患者は自宅で透析を受けられ、病院は経過を観察できるというメリットがある。遠隔診療ではないため、医師の診断と処方を受けるには病院に出向く必要がある。

     保健福祉部は、患者のモニタリングは遠隔医療と誤解されがちで、事業への参入そのものを避ける傾向があったとし、「ガイドラインを提示し、新たなデジタルヘルスケアサービスの市場参入に関する不確実性を解消する」と説明した。

     政府は、今回まとめた革新戦略を実行し、製薬・医療機器の世界市場でのシェアを昨年の1.8%から30年には6%に引き上げるという目標を提示した。また、同期間にバイオヘルス分野の輸出額を144億ドルから500億ドルに、雇用を87万人から117万人に拡大する計画だ。

     朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官は「韓国のバイオヘルス産業の活力を最大限に引き上げるべき。韓国は世界的レベルのIT(情報技術)インフラ、病院システム、医療データ、優秀な人材を有しているため、潜在力を発揮すれば十分にグローバル強国に飛躍できる」と話した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190522001900882?section=economy/index
    聯合ニュース 2019.05.22 14:20

    no title

    バイオヘルス国家ビジョンを発表する文在寅(ムン・ジェイン)大統領=22日、清州(聯合ニュース)

    引用元: ・【聯合ニュース】バイオヘルスを主力産業に R&D投資拡大・規制見直しへ=韓国[5/22]

    【また日本に盗みに来るんだ 【聯合ニュース】バイオヘルスを主力産業に R&D投資拡大・規制見直しへ=韓国[5/22] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/10/04(火) 10:18:59.54 ID:CAP_USER
    欧州連合(EU)の統計機構であるユーロスタットによると、国内総生産(GDP)に対するR&D(研究開発)投資比率(2013年基準)調査で、韓国が4.15%で主要20カ国のうち最も高かった。

    中央日報/中央日報日本語版] 2016年10月04日09時03分
    http://japanese.joins.com/article/351/221351.html

    関連
    【ノーベル賞】 「韓国も受賞できるのだろうか?」 ~韓国の科学者たちが政策討論会「待ちの美学」[09/19] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1474361636/
    【ノーベル症】ノーベル賞どころか…韓国トップの医大が世界346位=韓国ネット「ノーベル詐欺賞なら韓国が総なめ」[10/4] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1475539535/
    【ノーベル賞】日本人の快挙に中韓ビックリ 韓国「オタク文化」例に「日本に学ばねば」 中国「どんな秘密があるのか…」[10/03] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1475504296/
    【ノーベル賞】 韓国人が受賞するかどうか注目 ~2016ノーベル賞シーズン、3日開幕[10/01] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1475331941/
    【韓国】“ノーベル賞コンプレックス”に苦しむ韓国に世界的科学誌が突きつけた厳しい指摘とは?[9/26] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1474859561/

    引用元: ・【中央日報】韓国、GDPに対するR&D投資率がG20で1位[10/4] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【投資率一位で成果最低】韓国、GDPに対するR&D投資率がG20で1位】の続きを読む

    このページのトップヘ