yaru


1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/05(土)19:46:05 ID:???
企画販売したホームプラスPB鍋、使用中爆発
火傷した猫に「中古だから70%賠償」対応も論議
昨年から2千900個売れて…会社側「望めば払い戻し措置」


ホームプラスで特価で企画販売した自社ブランド(PB)鍋が使用中に爆発する事故が発生した。

4日、流通業界と韓国動物保護協会などによれば先月30日夕方、大邱(テグ)広域市中区(チュング)大明洞(テミョンドン)に住むA(34)さんの家でイワシ肉汁を出している間、鍋の取っ手を固定するリベット接合部が『バン』という爆発音と共に分離した。

この衝撃で鍋がひっくり返って熱い肉汁があふれたし、幸い人がケガしはしなかったが台所で寝ていた猫が激しい火傷をした。

爆発した鍋はAさんが昨年3月、近隣ホームプラス企画販売戦で9千900ウォンで購入したPB商品で、中国で製造された。

インターネットにはホームプラスで特価で買った鍋が爆発して夫人が胸に火傷をしたという事情も上がってきた。

インターネットユーザーは低価格で製品を生産して欠陥ができたのではないかと不安に思っている。該当製品は昨年から最近まで全国で2千900個ほどが売れて使われている。

被害に対する会社側の対応も論議の的だ。

Aさんは「初めには製品欠陥とし治療費全額を支給するといったのに、本社指示を受けた後には『猫も『対物』でありすでに育てていた中古猫である点を勘案して減価償却を適用、猫価格の最大70%を弁償する』と言葉を変えた」と明らかにした。

物は法的に土地および定着物である『不動産』と『動産』で分かれ、ペットは『動産』に属する。そのため一般的な物が壊れたのと同じ基準を適用して賠償するということだ。

チョン氏は「慰労金を要求したのでもなくて治療費だけ賠償してほしいということで猫も生命なのに『物』が毀損されたこととか中古物で賠償するとしてくやしくて腹が立つ」と悔しさをさく烈させた。

ペットは医療保険適用対象ではなくて予想外の治療費が出てくる場合が多い。Aさんはすでに二度の診療に30万ウォンを使ったし、完治までは数十回以上治療受けなければならない状況だ。

会社側はAさんの理由がインターネットを通じて知らされて非難世論が沸き立って治療費全額を補償するとして宥和に出た。

ホームプラス関係者は「該当製品にどんな欠陥があるのか確認中」としながら「売り場に残っていた在庫は100個余りで全部撤収させたし、望む顧客がいれば直ちに払い戻し措置する」と明らかにした。

デイリー韓国(韓国語)
http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140704134626137790.htm

▽関連記事
【韓国】ホームプラス東大門店の駐車場で火災(ソウル)[05/28]
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401250849/
【韓国】ホームプラスが春の保養食、生鮑・チムガルビを販売[03/27]
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1395894973/

引用元: ・【韓国】ホームプラスPB鍋が使用中に爆発(大邱)[07/04]

【【韓国】ホームプラスPB鍋が使用中に爆発(大邱)[07/04]】の続きを読む