まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:OLED

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/10(日) 00:37:22.01 ID:CAP_USER
    LGディスプレイがiPhoneに供給するOLEDパネルに品質問題が発生していたことが分かった。

    ・システム評価段階でパネルに縦じまが生じ、100万台以上のパネル廃棄推定
    ・LGディスプレイ、今年iPhone11ProMax向けのOLED供給物量500万台以下の可能性が大きくなる

    品質に問題が生じた製品は全量廃棄される。 LGディスプレーは7月末、アップル側に関連するサンプルを供給して、8月から本格的な供給を開始した。 8月に中下旬から9月までの物量に不良が現れた点を勘案すれば、100万台以上のパネルの供給が座礁したものと推定される。

    今年最初の新型iPhone向けのOLED供給契約を成功させたLGディスプレイが中小型パネルの動力さえ失うのではないかという懸念が出ている。

    OLEDの製造工程は、バックプレーン工程、蒸着、封止工程、モジュール工程など大きく3段階に分けられる。

    どの工程に問題が生じたのかは伝えられていないが、一部ではLGディスプレイの責任論も取り上げている。

    LGディスプレイの内部事情に詳しい関係者は「9月に問題が生じたiPhone向けOLEDをめぐって、LGディスプレイ側の責任で見る雰囲気が強い」とし

    「問題が生じた製品は全量廃棄されるのが原則であるだけに損失が避けられない」と述べた。


    韓国語
    http://daily.hankooki.com/lpage/ittech/201911/dh20191108114711138240.htm
    https://www.otonarisoku.com/archives/lg-oledquality.html

    関連
    【LGディスプレイ】第3四半期も約400億円損失…OLEDで「赤字の沼」脱出に拍車[10/24]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1571920443/
    【韓国】 半導体素材国産化に「死の谷」 脱・日本に壁  フッ化水素100%国産化の真相 [11/09]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573256876/
    【国際】韓国、10月の輸出減少幅が今年最大…11カ月連続マイナス
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572585956/
    韓国人「韓国が日本不買した結果、ユニクロ過去最高益!日本の旅行収支過去最高の黒字!訪日外国人5.2%増!」
    https://www.otonarisoku.com/archives/japan-koreaunnecessary.html

    ★1 2019/11/09(土) 18:32:23.56
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573305317/

    回避

    引用元: ・【韓国】LGディスプレイ、iPhone11向けOLEDに品質不良発生・・・9月は供給“ゼロ”レベルに★4[11/9]

    【ゴミしか作れない事が判明【韓国】LGディスプレイ、iPhone11向けOLEDに品質不良発生・・・9月は供給“ゼロ”レベルに★4[11/9] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/25(水) 11:38:09.56 ID:CAP_USER
    韓経:【社説】中国の攻勢で韓国半導体・OLEDも危機に
    2018年07月25日10時33分
    [?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

    韓国主力産業の砦といわれるDRAM、NAND型フラッシュメモリーなどメモリー半導体とOLED(有機発光ダイオード)までが中国の全方向攻勢で危機を迎えている。メモリー半導体の価格が調整され始める中、中国の「半導体崛起」が市場蚕食につながる可能性が高まっている。中国の物量攻勢でLCD(液晶表示装置)市場から押し出されている韓国ディスプレー企業の最後の望みのOLEDも同じだ。昨年LCD市場で世界1位になった中国BOEがOLED市場に目を向けているからだ。韓国メモリー半導体としては長期好況の一段落、中国の参入など、これまで懸念していたことが現実に近づいている。半導体サイクルは過去にもあったが、中国変数はそうでない。

    中国のメモリー量産はまだ聞こえていないが、2025年までに半導体の自給率を70%に引き上げるという目標は依然として有効だ。中国企業が「人材引き抜き」を越えてサムスン電子、SKハイニックスの協力会社の買収に血眼になっているのを見てもそうだ。中国企業が韓国の大学の半導体専攻教授を対象に巨額の研究課題提案、学生交流など執拗な攻勢を見せているのは公然の秘密だ。

    中国企業の半導体攻勢の背後には政府の全面的な支援があるというのは言うまでもない。一方、韓国では「大企業が半導体をするのになぜ政府が支援するのか」という情緒が強い。大企業R&D投資税額控除の縮小、政府プロジェクトからの除外などがそうだ。教育および研究生態系が崩れれば、サムスン電子、SKハイニックスはもちろん、協力会社の競争力が低下するのは明白だ。

    OLEDは半導体よりも早く危機に直面したケースだ。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は「中国BOEがアップルにアイフォン用フレキシブルOLEDパネルの供給を打診している」とし「BOEが納品に成功すれば物量だけでなく技術力でも韓国と日本に追いつく契機になるだろう」という見方を示した。2003年にハイニックスのディスプレー子会社ハイディスを買収し、LCD技術を初めて習得したBOEが、今ではOLEDに目を向けて韓国ディスプレー産業の牙城を脅かしている。

    ここでも中国企業と韓国企業の環境は異なる。BOEが中国政府の支援を受けるのに対し、韓国ではLGディスプレイが市場拡大のために決定した中国工場建設を政府が遅延させる状況まで生じている。造船・鉄鋼などに続いて半導体OLEDまでが崩れれば、韓国製造業は前に出すものがない。中国は人工知能やモノのインターネットなどが変える未来の製造業だけでなく、電気自動車やバイオヘルスなど新産業でも先を進んでいる。中国は一貫性ある国家産業戦略、大企業活用、規制廃止を推進している。国家戦略不在、反大企業情緒、規制の中で韓国企業が今まで持ちこたえてきたのが不思議なほどだ。企業家が現場で感じる危機感を知っているのなら、今からでも産業戦略について悩んで誤った企業政策を正す必要がある。

    http://japanese.joins.com/article/468/243468.html?servcode=100&sectcode=110

    引用元: ・【経済】中国の攻勢で韓国半導体・OLEDも危機に

    【【経済】中国の攻勢で韓国半導体・OLEDも危機に 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 03:56:43.48 ID:???.net
    水原地検特捜部は15日、LGディスプレーが保有する「フェイスシール」と呼ばれる技術を流出させたとして、同社の下請け会社の代表(50)とサムスンディスプレーの社員(47)ら計4人を起訴したと発表した。

     調べによると、サムスンディスプレーの研究員4人は2010年5月と6月にLGディスプレーの下請け会社を訪ね、LGディスプレーの企業秘密が含まれた「フェイスシール主要技術資料」とのファイルを受け取り、
    テストを2回行うなど、企業秘密を不正に取得した疑いが持たれている。フェイスシール技術とは、有機発光ダイオード(OLED)素子に空気接触を防ぐために密封、合着させる技術。

     LGディスプレー関係者は「サムスンは2012年にLGがOLED技術の開発に失敗し、サムスンの重要人材や技術を不正入手しようとしたと主張したが、当時LGの事件関係者6人のうち5人は無罪判決を受けた。
    そんなサムスンが実際にはLGの下請け企業を利用し、技術を盗み出していたことを検察が突き止めたものだ」と話した。

    水原=権祥銀(クォン・サンウン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/16/2015021600692.html

    関連スレ
    【韓国】LG幹部を在宅起訴=サムスンの洗濯機破壊[2/15](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1424022833/
    【韓国】サムスン洗濯機破損事件でLG電子社長を起訴[02/16](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1424047214/

    引用元: ・【韓国】LGのOLED関連技術流出、サムスン社員ら4人起訴[2/16]

    【共食いが始まった 【韓国】LGのOLED関連技術流出、サムスン社員ら4人起訴[2/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ