まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:NASA

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/12(水) 21:02:24.26 ID:CAP_USER
    韓国仁荷(インハ)大がアジア大学のうちでアメリカ航空宇宙局(NASA)から共同研究という異例の「ラブコール」を受けた。仁荷大は11日、NASAが推進中の深宇宙探査計画「ヘリオスプロジェクト」に参加すると明らかにした。太陽風などを利用して深宇宙(地球重力や磁場の影響が及ばない宇宙)を探査する探査体の核心部品の開発技術力を認められたためだと大学側は説明した。

    仁荷大とNASAは今月3日、共同研究のための技術協約(SAA、Space Act Agreement)に合意した。

    続いて共同研究のためにNASAラングレー研究所の研究陣が17日に同校を訪問する予定だ。ラングレー研究所はNASAが運営している3カ所の研究所の一つで、先端素材や宇宙船システムなど宇宙科学分野の研究を行っている。

    今回のヘリオスプロジェクトは2030年以降の深宇宙探査に向けた探査体の開発が核心だ。探査体は惑星を周回しながら惑星を観察する役割を担う。

    仁荷大は現在、薄さが髪の毛の10分の1水準に満たない薄膜を作ることができる最先端素材技術力を保有している。また、2年前からは薄膜を広げた時に支える超軽量素材の開発にも乗り出した状態だ。

    NASAはこの技術を通じて探査体に全長220メートルの翼をつけようとしている。通常、探査体の翼が2~6枚である点を考慮すると、両側に展開する場合、長さだけで440メートルにもなる。440メートルの翼が太陽風などの各種宇宙環境に耐えるには、翼が割れたり折れたりしてはいけないため、仁荷大の核心技術が必要だという。

    NASAは仁荷大の核心技術を基に宇宙探査体の翼と支持台を展開したり格納したりできる探査体本体と制御システムの開発を共に行う。探査体の重さも18.3キロの超軽量で製作する作業も共に進めていく。このように製作された探査体の初めての試験飛行は2025年だ。

    今回のプロジェクトに参加するキム・ジュヒョン仁荷大機械工学科教授は「NASAとの今回の合意は仁荷大が持つ技術力が認められたという意味」とし「NASAとの今回の協力を通じて韓国型発射体や次世代小型衛星発射などの韓国航空宇宙研究分野に多いに役立つものと期待される」と述べた。

    中央日報/中央日報日本語版 2017年04月12日09時16分
    http://japanese.joins.com/article/958/227958.html

    引用元: ・【深宇宙探査】米国NASA、韓国仁荷大に宇宙探査体の共同研究を提案[4/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【何をパクったか】NASAが韓国仁荷大に宇宙探査体の共同研究を提案】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/07/18(月)18:35:12 ID:uPr

    一部を抜粋

    【ソウル聯合ニュース】

    LG化学関係者は同製品について「酸素供給や通信装備、放射線測定機など宇宙飛行士の生命を維持
    するために使用される最先端装備の心臓の役割をするもの」とした上で、「LG化学の独自の技術力
    を結集し、世界最高レベルの性能と安全性を備えた」と説明した。

    同製品は、韓国だけでなく日本などの多数の企業から提出されたサンプルのうち最も優秀な成績で検
    査を通過した。

    省略部の詳細はソースで
    Chosun online 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/17/2016071700517.html

    引用元: ・【韓国】LG化学 NASAに宇宙服用リチウム電池供給へ[7/17]

    【【韓国】LG化学 NASAに宇宙服用リチウム電池供給へ[7/17]】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/10/10(土) 10:07:25.57 ID:???.net
    (朝鮮日報日本語版) 「韓紙、NASAの人工衛星も採用」=NYで韓紙セミナー開催
    朝鮮日報日本語版 10月10日 9時30分配信

     ハングルの日に韓紙が世界にその名を知らしめた。米ニューヨーク・マンハッタンのスクール・オブ・ビジュアルズで9日(現地時間)「韓紙の世界化戦略に向けた国際セミナー2015」が開催される。
    午後にはワシントン・スクエアパークで韓紙にハングルを書く行事や、韓紙を使った工芸品作りを体験するイベントも開催される。

     韓紙の専門家や芸術家らは8日にニューヨークで会見を開き「外国人たちが韓紙の長所を理解し、直接これに文字や絵を書き込んでその良さ体感できる機会を提供したい」と述べた。
    ハーバード大学のキム・ヒスク教授は「版画を制作する際、韓紙は日本の和紙とは比較にならないほど優れている。
    芸術家たちが一度実際に使ってみれば、その後もずっと使うようになる」と説明した。
    米国在住の工芸家、エイミー・リーさんは「米国は韓紙が非常に高価なため、自分で直接コウゾを植え、韓国で学んだ伝統的な製造法で韓紙を作って使用している」とした上で「韓紙の普及にもっと力を入れなければならない」と訴えた。

    韓紙の専門家としてしられる国民大学のキム・ヒョンジン教授は「韓紙はその特有の美しさはもちろん、耐久性や抗菌性、吸湿性などにも優れている」
    「韓紙をスピーカーに使用した場合、原音の再生力が非常に高いため、米航空宇宙局(NASA)も情報衛星に韓紙を使用している」などと韓紙の優れた性質について説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151010-00000562-chosun-kr

    引用元: ・【宇宙】キム教授「韓紙は美しさは勿論、耐久性や抗菌性、吸湿性にも優れているため、NASAも情報衛星に韓紙を使用している」

    【NASAの衛星は糸電話か 【宇宙】キム教授「韓紙は美しさは勿論、耐久性や抗菌性、吸湿性にも優れているため、NASAも情報衛星に韓紙を使用している」】の続きを読む

    このページのトップヘ