まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:LCC

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/30(水) 03:20:13.48 ID:CAP_USER
    山口宇部空港(宇部市沖宇部)に11月28日、同空港初となる「国際定期便」の初便が降り立った。

    定期便は、アシアナ航空の子会社・エアソウル(本社=韓国)が3月25日まで、山口宇部-仁川間を週3回(月曜・水曜・土曜)往復運航する。運航機材は195人乗りのエアバスA321-200型機。

    2013年度冬期から県が取り組むインバウンド観光推進の一環として、山口宇部-仁川間で連続チャーター便を運航してきた。初年度の利用率は84.3パーセント、2014年度は95.7パーセント、2015年度は93.6パーセントと好調だったため、県が定期便化を働き掛けて実現に至った。

    同日15時25分、152人を乗せた同便が滑走路に降り立ち、消防車からの放水アーチに迎えられてターミナルに到着。国際線の到着口では村岡嗣政山口県知事や久保田后子宇部市長、県PR本部長「ちょるる」などが出迎え、観光パンフレットや山口茶のティーバッグなどが入った記念品を手渡した。

    国際線旅客ターミナルビルでは「就航記念セレモニー」も行われ、同便に搭乗して来宇したエアソウルの柳光熙(リュ・グァンヒ)社長が「歴史と伝統ある山口県に就航できてうれしい。両国の観光活性化、民間交流の拡大に期待したい」とあいさつ。

    村岡県知事は「これまでエアソウル本社や東京本部にも足を運んで尽力してきた。開港50周年の年に実現し、うれしく思う」と笑顔を見せ、今後については「今年度から観光プロモーターをアジア各国へ配置し、韓国ブロガーを誘致するなど、県の魅力発信を積極的に行っている。この定期便を成功させ、便数を増やして通年化を目指したい」と力強く話した。

    http://yamaguchi.keizai.biz/headline/2674/

    no title

    就航記念セレモニーの様子
    no title

    山口宇部空港に到着した「国際定期便」の初便。同空港初の国際定期便は、アシアナ航空の子会社・エアソウル(本社=韓国)が3月25日まで、山口宇部-仁川間を週3回(月曜・水曜・土曜)往復運航する。運航機材は195人乗りのエアバスA321-200型機。初便には152人が搭乗した。

    引用元: ・【日韓】山口宇部空港に初の国際定期便 韓国から152人来県、放水アーチで歓迎[11/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【旅行中に行方知れずに】山口宇部空港に初の国際定期便 アシアナ航空の子会社のLCC】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/11(金) 06:29:51.13 ID:CAP_USER
    チェジュ航空、ティーウェイ航空、ジンエアー、エアプサン、イースター航空、エアソウル――。この中でいくつの名前をご存じだろうか。これらはすべて韓国を拠点とするLCC(格安航空会社)。ここ数年で日本に乗り入れる便を急速に増やしている。

    2016年の冬ダイヤ(10月末~3月末)期初時点で、日本を発着する全旅客便に占めるLCCの割合が初めて20%を超えた。日本人や訪日外国人の観光客にとって、LCCはもはや欠かせない交通手段となっている。

    インバウンドは中国人だけじゃない

    no title


    このLCCの成長を支えるのが韓国勢だ。右のグラフの通り、韓国系LCCの日本発着便数は直近2年間で約3倍に増えた。外国航空会社の国別便数を見ると、この10月末時点で韓国は中国を抜きトップだ。韓国行きのフライトは、関西国際空港からは1日40便弱、成田空港や福岡空港からは1日20便強が飛んでいる。

    背景には韓国人の訪日旅行客の増加がある。ティーウェイ航空のウ・ヂュウ東京支店長が「年間で平均すると利用者のうち7割が韓国人で、残り3割が日本人」と話すとおり、各社の需要はインバウンドが中心。中国人に注目が集まりがちだが、日本政府観光局(JNTO)によれば今年1~9月に日本を訪れた韓国人は371万人と前年同期から100万人近く増えている。9月単月としては過去最多を記録した。

    さらに企業側の事情もある。日本よりも国土の小さい韓国にLCCが6社もあれば、国内線の成長余地は限られる。稼ぎを増やすには国際線に頼るしかない。しかも短距離の日本路線であれば、航空機の稼働率を高めやすいうえ、客にとっては席の狭さも気になりにくい。LCCの強みを生かし、大韓航空やアシアナ航空のようなフルサービスキャリア(FSC)に対抗できるわけだ。

    実際、アシアナ航空は広島、静岡、高松、米子、富山の5都市とソウル(仁川)を結ぶ路線を、この10月から傘下のLCCであるエアソウルに移管。もはやFSCで採算を取るのが難しくなっていることを示している。

    日本の航空会社はこうした競争から距離を置く。LCCで韓国路線を設けているのはピーチ・アビエーションのみ。同社はソウル行きの便を羽田、関空、那覇から、釜山行きを関空から飛ばす。バニラ・エアは設立当初に成田―仁川線を運航していたが、2015年3月に撤退済みだ。

    FSCでは日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)が、都心へのアクセスに便利な羽田―ソウル(金浦)線を1日3便運航し、単価の高いビジネス客を取り込む。一方で成田―仁川線を見ると、JALは「北米への乗り継ぎ需要があるため」(広報)1日1便を飛ばすが、ANAは2013年に撤退している。

    ぬぐえない供給過剰の懸念

    韓国LCCの鼻息は荒い。最大手のチェジュ航空はこの1年で日韓路線の便数を倍増させた。「日韓路線は大韓航空やJALではなく、LCCが中心になる」(同社広報)と豪語する。2017年も既存路線の増便を計画している。

    中国人の訪日が足元で落ち着いてきたように、韓国人の往来もいつ静まるかはわからない。政情や為替レートに左右されるリスクはある。そこでエアプサンやティーウェイ航空といった新興勢は、日本人のアウトバウンド需要の取り込みに動く。個人のウェブ予約よりも、旅行会社とのタイアップ商品や企業などの団体旅行の比率が高いという。

    エアプサン東京支店の畠中慎太郎課長は「販売を安定させるため、韓国発:日本発をできるだけ5:5に近づけるようにしている。他社が減便・撤退をする中、当社は就航以来そのようなことは一度もない」と自負する。

    韓国系LCCの日本路線は現在、軒並み8~9割という極めて高い搭乗率を維持しているが、この状況がいつまでも続くとは限らない。

    一足先に需給が緩んでいたのが日本と台湾を結ぶ路線だ。今年9月には台湾系のVエアが、日本への就航から1年も経たずして全路線からの撤退を余儀なくされた。同社は台北(桃園)を拠点として、成田、羽田、中部、関空、茨城、福岡、那覇の6都市に乗り入れたが、ピーチ、バニラ、ジェットスター・ジャパンという日系3社との競争に敗れた格好だ。

    「韓国勢も今後淘汰が進むだろう」とある航空業界関係者はつぶやく。日本の航空当局や各空港は、乗り入れが増える分には歓迎する姿勢。今後韓国LCC同士の競争がより厳しさを増していきそうだ。

    http://toyokeizai.net/articles/-/144618

    引用元: ・【日韓】「韓国LCC」が日本の空に殺到する理由 関空、成田、福岡は毎日「韓国行き」だらけ[11/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【もう禁止にしろよ】「韓国LCC」が日本の空に殺到する理由 関空、成田、福岡は毎日「韓国行き」だらけ】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/12/04(金) 12:18:00.85 ID:CAP_USER.net
     11月30日に韓国の仁川国際空港を出発し那覇空港へ到着した韓国の格安航空会社(LCC)済州航空の飛行機が、乗客の預け荷物を全く積まなかった上、同社の成田便の荷物の一部を誤って積んでいたことが3日、同社への取材で分かった。

     これほど大きな取り違えは異例で、韓国国土交通省が原因調査を始めた。

     同社は「荷物を飛行機へ運ぶ関連会社の単純なミス」と弁明。しかし荷物が定められた機体に積まれたかどうか確認せずに離陸していたことで、テロ対策が適切にできるのかと批判する声も出ている。

     同社によると、那覇行きには乗客163人が搭乗、120個の預け荷物があった。実際には成田行き便の122個が積まれていた。(共同)

    http://www.sankei.com/world/news/151203/wor1512030054-n1.html

    引用元: ・【韓国】LCC・済州航空が仁川空港に那覇便の荷物置き忘れ 代わりに成田便の荷物積み込む これほど大きな取り違えは異例[12/04]

    【セキュリティ上の問題が大有り【韓国】LCC・済州航空が仁川空港に那覇便の荷物置き忘れ 代わりに成田便の荷物積み込む これほど大きな取り違えは異例[12/04]】の続きを読む

    このページのトップヘ