まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:K-

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/09(月) 21:28:54.40 ID:CAP_USER
    (記事内容の要約)
    ┃コンテンツ輸出・マーケティング専門人材の第1期教育生を募集

    (え)
    no title

    ▲ 韓国コンテンツ振興院が、『2022コンテンツ輸出・マーケティング専門人材養成教育課程』の第1期教育生を募集する。
    _______________________________________________________

    韓国コンテンツ振興院(以下、コン振院)がK-コンテンツの持続可能な海外進出を導くために、今年から専門人材の養成教育課程を本格的に運営する。

    コン振院は9日、『2022コンテンツ輸出・マーケティング専門人材養成教育課程』の第1期教育生を10日から27日まで募集すると明らかにした。

    この過程はコンテンツの輸出・マーケティングの実務能力に加え、世界のコンテンツ産業に対する理解力と市場専門性の両方を備えた未来型の専門人材養成のために新規に開設した。

    教育課程は、『K-コンテンツ、世界をつなぐ(Content Connects the World)』というスローガンの下、放送・ゲーム・アニメーション・WEBTOON・ストーリー・音楽など、コンテンツ産業各分野にわたって行われる。

    海外進出の成功事例を持つ企業の代表と実務責任者、国内外のコンテンツ産業を取材してきたジャーナリストなど、有名な専門家たちが講師として乗り出す。

    教育内容は、『輸出・マーケティングの実務手続きに関する理論と実習で構成された基本過程』、『海外先進コンテンツ市場の進出戦略と新たなグローバルビジネスモデルの事例を分析する深化過程』、『英語で行われるコミュニケーション、マーケティング資料と適性・発表、契約書の検討などの外国語過程』で構成した。

    今年の教育生募集は、『コンテンツ輸出・マーケティング分野の就職・創業を希望する新規人材50人』と、『コンテンツ関連企業に就職してから3年未満の新人20人』、『コンテンツ企業に在職中の現役30人』など、計100人前後の規模で行われる。

    新規・新人は基本・深化、外国語コース教育を全て全額無料で受講できる。

    教育生募集は来る27日まで行われ、書類・面接選考を経て6月10日に最終合格者を発表する。

    (以下略)

    ソース:羅州=ニューシス(韓国語)
    https://newsis.com/view/?id=NISX20220509_0001864047

    引用元: ・【韓国】韓国コンテンツ振興院、『K-コンテンツ輸出』専門人材を本格的に養成[05/09] [ハニィみるく(17歳)★]

    【悪質なステマ狂化宣言だろうがw 【韓国】韓国コンテンツ振興院、『K-コンテンツ輸出』専門人材を本格的に養成[05/09] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/20(土) 12:07:51.73 ID:CAP_USER
    ┃日常の当たり前を科学的価値として
    ┃バイオ燃料、電気、肥料、通貨として誕生

    (画像)
    no title

    ▲ 蔚山科学技術院(UNIST)サイエンス・ウォールデンでは人糞が電気エネルギーに変換され、バイオエネルギーと燃料に活用される。 画像=蔚山科学技術院(UNIST)
    _______________________________________________________

    ウリたちの祖先は農業用地に人糞をまき、肥料として活用した。その昔、他所の家で大事をするということは、貴重な資源を他人に与えることなので、叱られることだったという。祖先は早くから、『うんこ』の価値を知っていた。知識はなかったのだが、経験が科学を追い越していたのである。

    過去のように、トイレから始まる生態革命が今起きている。うんこを資源として活用する蔚山(トサン)科学技術院(UNIST)生活型研究所の『サイエンス・ウォールデン』である。この空間のBeeViトイレで『仕事』をすれば、各種装置を経てうんこがバイオ燃料に、電気エネルギーに、肥料に生まれ変わる。

    ┃日常の当たり前を科学的価値として

    科学者は汚染源と思われてきたうんこを覆した。うんこを資源と考え、さらにはこれを処理する過程を無くして水を節約する、『一石三鳥効果』を期待したのである。

    UNISTの研究陣によれば、人間は一生で6トンに至るうんこをたれ、これを水を通じて河川で流す。 だがしかし、うんこは有機物なので土では分解されて肥えた土壌を作るが、水では分解されない。無価値な資源であり、汚染物になるのである。

    これに対し、UNISTの研究陣は非水洗式トイレを作った。この便器は大便と小便を分離する。分離したうんこは真空ポンプを通じ、嫌気性(空気中の酸素が必要ない性質)微生物の浄化槽に送られる。 この便器の特徴はちょー節水式のため、少ない量の水を利用して圧力でうんこを集めて送る。

    嫌気性微生物の浄化槽には微生物が生息している。微生物がうんこを餌にして、バイオガスを作り出す。微生物が生息するために温度調節ヒーターがあり、近寄ると熱気を感じる。このバイオガスはエネルギー貯蔵タンクに行ったり、固体酸化物燃料電池(SOFC)を通じて電気エネルギーに変換される。

    (写真)
    no title

    ▲ (左から)ちょー節水式便器、うんこをバイオ燃料に転換する装置、うんこが電気エネルギーで転換された様子。画像=蔚山科学技術院(UNIST)

    ┃『うんこ』の再発見

    実際に、サイエンス・ウォールデンの空間の全ての電気とエネルギーは、うんこで作られている。ここはBeeViトイレと約5坪の住居空間3室、人糞をエネルギーに転換する装備を構えたバイオセンターと、バイオエネルギー食堂などで構成されている。この空間では関連研究者が研究をしたり、芸術家が何週間も滞在して作品活動などを行う。

    サイエンス・ウォールデンのトイレの使用者は、『クル』というサイバー貨幣が与えられる。1回排泄するごとに『10クル』が支給される。いわゆるうんこが貨幣基準になる、『うんこ本位貨幣』だ。この仮想貨幣でキャンパス内の物品を購入することもできる。

    研究チームによれば、1人が1日排泄する人糞の価値は500ウォン程度である。全国民がうんこを基準にする貨幣を使った場合、毎年約9兆ウォンに達する価値を新たにつくることができる。

    UNIST都市環境工学部のチョ・ヂェウォン教授はサイエンス・ウォールデンを考案した背景に、「人糞を通じた生態変化を導き、これを貨幣やエネルギーに使って新たな価値を提示するためだ」と言いながら、「人糞をエネルギーに変換すれば世の中になかった価値が生まれ、その価値の中に新たな価値共同体が形成される」と話した。

    (写真)
    no title

    ▲ 人糞がバイオ燃料と電気エネルギーなどに転換される科学的原理。画像=蔚山科学技術院(UNIST)

    ソース:マネートゥデー(韓国語)
    https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2021111917394444379

    引用元: ・【K-うんこ】全国民が流した人糞、1年で『9兆ウォン』~うんこがお金になる[11/20] [ハニィみるく(17歳)★]

    【これぞK-POOP 【K-うんこ】全国民が流した人糞、1年で『9兆ウォン』~うんこがお金になる[11/20] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/07(日) 07:33:55.61 ID:CAP_USER
    即席ラーメン大ヒットでコーヒー・粉ミルク・パンまで「ハラール認証」ラッシュ

     「すごく辛くて舌がマヒするような感じがするのに、それでもしょっちゅう食べたくなる」。インドネシアの有名「ユーチューバー」タンボイ・クンさんは先月、動画投稿・共有サイト「ユーチューブ」の自身のアカウントに、食品大手メーカー・三養食品の「ブルダック炒め麺」と「カルボ・ブルダック炒め麺」を山盛りにして食べる動画をアップロードした。イスラム教徒は戒律に基づき、特定の儀式を経て「ハラール認証」を受けた肉だけを食べるが、動画に登場した製品はすべてハラール認証を経たものだ。この動画は再生回数468万回を記録し、大きな人気を集めた。同じく食品大手メーカー・新世界フードも2018年からキムチチゲ(鍋)・ヤンニョムチキン・辛い唐辛子味ラーメンなどをマレーシアで2000万個以上販売した。

    食品メーカー各社がイスラム市場を攻略するために出した「K-ハラール」食品の人気が高まっている。インスタントラーメンなど一部の加工食品に重点を置いていたKハラール食品の領域は最近、ベーカリー・コーヒー・粉ミルクにまで広がっている。

    その最大の要因は、韓流ドラマや映画の人気が上がるにつれ、イスラム圏の消費者たちの韓国食品に対する関心も高まっていることだ。最近では韓国の食品メーカーが肉をあまり食べないイスラム圏の消費者たちをターゲットに、代替肉メーカーを買収したり、協業したりする形で攻略に乗り出している。出生率が高いイスラム市場が食品メーカーの主力市場に浮上しているのだ。

    ■代替肉ラーメンからパンまで

     ベーカリー・チェーン店「パリバゲット」を展開するSPCグループは10月18日、インドネシア企業と合弁法人を設立し、首都ジャカルタに来月、同店舗を初めてオープンさせることになった。インドネシアは全人口2億7000人の87%がイスラム教徒だ。SPCはまた、イスラム教が国教であるマレーシア政府と現地生産設備を建設する案を協議している。SPCの関係者は「マレーシアではハラール認証生産ラインがある工場の建設を進めている。これを中心にベーカリーの領域でも東南アジアのイスラム圏消費者を攻略する」と語った。

     水産食品会社の東遠F&Bも東南アジア市場進出のため「東遠キムチツナ」のハラール認証手続きを進めている。東遠F&B側は「東南アジア市場で韓国の辛い味が大人気だ。米国・中国以外のKフードの新市場として東南アジアが浮上している」と話している。

     韓国の食品メーカーは最近、代替肉まで使用してイスラム市場攻略に乗り出している。今年7月に代替肉ブランド「Better meat(ベターミート)」を発売した新世界フードは、代替肉を使ったハラール・キムチチゲや部隊チゲ(ソーセージなどが入った辛い鍋料理)開発に着手した。辛さを前面に押し出した韓国のインスタントラーメンが爆発的な人気を呼んでいることから、代替肉を使った新製品を発売するということだ。新世界フードの関係者は「イスラム圏の消費者は肉、特に豚肉を嫌がる。代替肉を使えば、ハラール認証を受けやすくなる」と語った。ロッテフードも昨年4月に独自開発・発売した代替肉ブランド「ZERO MEAT(ゼロミート)」を使ったハラール食品の開発を進めている。

    ■出生率3.1人…人口が最も急速に増えているイスラム圏

     韓国の食品メーカーがこぞってイスラム市場に力を入れているのは、イスラム圏の人口が急速に増えているからだ。全世界でイスラム教徒の出生率は3.1人に達している。新世界フードの関係者は「出生率が高いのは子ども市場から成人市場まで攻略すべき所が多いという意味だ。今後の人口急減が予想され、販路開拓が急がれている(韓国の)食品メーカーとしては、イスラム圏など海外市場への進出を検討せざるを得ない」と話している。

     韓国の食品メーカー各社は、子ども・若者市場も念頭に置いてコーヒーや粉ミルクもハラール認証を受ける傾向にある。hy(旧:韓国ヤクルト)は今年6月、同社のコーヒー・ブランド「Cold Brew(コールド・ブリュー)」製品のハラール認証を終え、インドネシア・マレーシア・シンガポールなどに輸出している。男性アイドルグループBTS(防弾少年団)を広告モデルに起用し、10-20代の消費者を攻略する計画だ。ロッテフードは粉ミルク・ブランド「パスツール粉ミルク」のハラール認証を取得し、先月から輸出を開始した。

    宋恵真(ソン・ヘジン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    Copyright (c) Chosunonline.com 2021/11/07 05:02
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2021110580104

    「テバクラーメン」はマレーシアで2000万個販売
    https://i.imgur.com/FKGfy62.jpg
    https://i.imgur.com/XMJjC7d.jpg

    引用元: ・【朝鮮日報】「K-ハラール」食品が快進撃…代替肉入りラーメン・チゲ、18億人のイスラム教徒をとりこに [11/07] [新種のホケモン★]

    【偽装ハラールがK-ハラールなんだね 【朝鮮日報】「K-ハラール」食品が快進撃…代替肉入りラーメン・チゲ、18億人のイスラム教徒をとりこに [11/07] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/07(日) 10:32:05.42 ID:CAP_USER
    ┃コヂャ(餃子)→ マンドゥ(饅頭)に製品名を変更
    ┃ミチョ(美酢)ブームに続くプレミアム製品への育成計画

    CJ第一製糖が日本で販売中の餃子6種類の製品名を餃子(コヂャ)から饅頭(マンドゥ)に変更して、美酢(ミチョ)に続くプレミアム製品に育成する。

    CJ第一製糖によれば、『bibigo 王餃子(ピビゴ ワンコヂャ)』は『bibigo 王饅頭(ピビゴ ワンコヂャ)に、『bibigo 水餃子(ピビゴ ムルコヂャ)』は『bibigo 水饅頭(ピビゴ ムルマンドゥ)』に名称が変更される。また、製品の袋には日本語(マンドゥ)と英語(MANDU)とともにハングルでも製品名を併記して、日本の消費者が『韓国式餃子』についてより正確に認知できると期待されている。

    (写真)
    no title

    ▲ 東京の某大型スーパーで王饅頭を眺める客。

    昨年の日本の餃子市場は6,500億ウォン規模で、2015年から年平均6.7%ずつ高成長を続けている。だがしかし、日本式餃子の形態と食べ方が独特で、韓国式餃子の市場進入は容易ではなかったというのが会社側の説明である。

    CJ第一製糖は、「日本の典型的な餃子とは味とサイズが確実に異なる『bibigo 王餃子』が、むしろ競争力を持っている」と判断して、日本市場に進入した。進出初期の2018年には、保守的な日本の消費者に比較的なじみのある水餃子を前面に出してブランドを伝えた。 その後、日本の典型的な餃子よりも1.5倍以上も大きな『bibigo 王餃子』を紹介して、『韓国式餃子』に対する認知度を高めた。日本市場の状況を考慮した戦略的なアプローチにより、bibigo 王餃子の売り上げは今年の上半期は前年比2倍に成長して、取り扱い店鋪も1500店以上に拡大した。

    CJ第一製糖は日本市場で『韓国式餃子』を成功的に定着させるため、様々な現地マーケティングの活動を進行する。先月15日からは『bibigo 王饅頭』を中心に『“#マンドゥする?” キャンペーン』を実施、オン・オフラインを通じて消費者に向き合っている。

    テレビCMとデジタルコンテンツではbibigoのモデル、俳優のパク・ソヂュンを起用して饅頭の長所を紹介していて、Twitterでは食べたい饅頭のレシピカードを選んで共有する『饅頭チャレンジ』のイベントを進行した。このイベントは約2万人が参加して、日本で一般化している焼き餃子のレシピだけではなく、蒸したり揚げるなどの韓食餃子の様々なレシピについて共有した。

    ほかにも来年1月16日まで東京・渋谷にある『SHIBUYA109』で『bibigo ポップアップストア(ピビゴ パプオプ ストオ)』を運営して、デリバリーサービスを並行しながら饅頭を始めとした様々なpibigoメニューで日本MZ世代に向き合う計画である。

    CJ第一製糖の関係者は「パンデミック(ペンデミク)状況で内食が拡がって韓国旅行も困難になり、日本人のK-フード加工食品の関心度が高まった雰囲気だ」と言いながら、「黒酢が中心の日本の飲用酢市場に美酢ブームをもたらしたように、日本の消費者に韓国式饅頭の魅力を伝え、“bibigo饅頭” ブームを日本でも続けていきたい」と話した。

    キム・スジョン記者
    no title


    ソース:e大韓経済(韓国語)
    https://www.dnews.co.kr/uhtml/view.jsp?idxno=202111070858145370954

    引用元: ・【K-フード】CJ第一製糖『bibigo』、韓国式餃子で日本市場を創出する[11/07] [ハニィみるく(17歳)★]

    【馬鹿共が大騒ぎするやつだ。 【K-フード】CJ第一製糖『bibigo』、韓国式餃子で日本市場を創出する[11/07] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/13(水) 12:59:45.21 ID:CAP_USER
    Record China 2021年10月12日(火) 6時20分

    2021年10月8日、韓国・マネートゥデイは「食糧難のアフリカで韓国の稲が実った、世界が驚いたK-農業」と題した記事を掲載した。

    記事によると、西アフリカのセネガルは数年前まで深刻な食糧不足に苦しんでおり、主食が米ながら自給率が低く、50%以上を輸入米に依存していた。こうした問題解決のために韓国農村振興庁に協力を求めた。
    韓国はアフリカ23カ国と2010年7月に韓国・アフリカ農食品技術協力協議体「KAFACI」を発足している。この協力を受け、農村振興庁がKAFACIを通じ、16年に「アフリカ稲開発パートナーシップ事業」に参入したという。

    農村振興庁は、国際研究機関「アフリカ稲センター」と共に、現地に合った稲の品種開発・普及を進めている。同時に、育種期間を短縮する技術の伝授も行 っているほか、遺伝資源の交換や研究員の育成にも力を入れているという。セネガルをはじめ3カ国では既に、「ISRIZ(韓国の稲を利用して作った新品種)」など5つの新品種を普及品種として登録している。

    また、アジアには韓国・アジア農食品技術協力協議体「AFACI」、中南米には韓国・中南米農食品技術協力協議体「KoLFACI」があり、地域ごとの懸案に対処しているという。
    KAFACIは多収性で病害虫に強い品種の開発を中心にアフリカの食糧難に集中しているが、AFACIは気候変動をテーマとした各国の共同対応や農産物の安全問題の解決に力を入れている。KoLFACIは中南米の特性を考慮した水管理システムの構築など、小農の農業生産性向上に焦点を当てているという。

    さらに、農村振興庁の海外農業技術開発(KOPIA)事業では、開発途上国に農業技術専門家を派遣し、各国の事情に適した農業技術を開発・実証・普及している。現在、22カ国(アジア8カ国、アフリカ7カ国、中南米・独立国家共同体7カ国)にKOPIAセンターが設置されているという。

    経済協力開発機構(OECD)も農村振興庁の活躍に注目しており、最近、KOFACIとKOPIAを「グローバル公共部門政府革新優秀事例」に選定したという。こうした韓国の「K-農業」技術は、気候変動枠組条約(UNFCCC)、国際連合食糧農業機関(FAO)、世界銀行など「グローバル舞台」からも高く評価されていると、記事は伝えている。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.recordchina.co.jp/b883346-s25-c30-d0195.html

    引用元: ・【社会】 世界が驚いた「K-農業」、食糧難のアフリカに技術を伝授―韓国メディア [朝一から閉店までφ★]

    【まず日本から種や苗をパクります 【社会】 世界が驚いた「K-農業」、食糧難のアフリカに技術を伝授―韓国メディア [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ