まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:Kビューティー

    1: ロンメル銭湯兵 ★@無断転載は禁止 2017/01/12(木) 20:31:14.85 ID:CAP_USER
     韓国化粧品メーカー「アモーレパシフィック」が中東の化粧品市場に進出する。アモーレパシフィックは中東流通大手のアルシャヤグループと
    パートナーシップ契約を結び、今年の下半期中にドバイで「エチュード・ハウス(ETUDE HOUSE)」1号店をオープンすると11日、明らかにした。
    アルシャヤグループはスターバックスやヴィクトリアズ・シークレット(米下着ブランド)、H&M(グローバルSPAブランド)など70余りの海外ブランドの
    中東現地流通を手掛ける企業だ。

     化粧品業界で中東は脚光を浴びている新市場としてあげられる。ユーロモニターの集計結果、中東の化粧品市場は2015年を基準に
    180億ドル(約2兆589億円)規模となっている。2020年までに360億ドル規模に拡大する見通しだ。

     中東地域で現地の女性は黒い布で作ったヒジャブ(スカーフ)やアバヤ(アラブ圏の女性が着る黒い衣装)を着なければならない。そのため、
    外部に露出する唯一の部分である顔メーキャップに関心が高い。アモーレパシフィックのクォン・ソンヘ課長は「中東の女性は、許された範囲と
    機会内で最大限にアピールしようとする特徴があり、化粧品の消費が高い方」と説明した。

     アモーレパシフィックが20代をターゲットにした、カラーメーキャップに強いブランドのエチュード・ハウスを先にオープンするのも、このような雰囲気からだ。
    アモーレパシフィックは、後にサウジアラビア・クウェートなどアラブ圏の主要国に店舗を拡大して2022年までに中東だけで売り上げ1000億ウォン
    (約96億8000万円)を達成するという計画だ。そのため、現地人の肌色や気候に見合う「オーダーメード型化粧品」を開発する。

     クォン課長は「アラブ地域は砂嵐や高い気温のため、女性から肌色を整えたいという希望があり、完ぺきな輪郭を好んでいるため、化粧を落とすだけで
    3段階のクレンジングが必要」とし、「この傾向に見合った『マルチカラーパレット」など、現地のオーダーメード型商品も開発中」と話した。

     「ハラール認証」も化粧品業界の「長期課題」となっている。ハラール(halal)とは、「許された項目」という意味のアラビア語で、豚肉や酒などを禁じ、
    牛肉などはイスラム律法に合わせて屠殺したものだけを食べることができる。これまでハラールは、食べ物や加工食品などだけに適用されてきたが、
    ここ数年間は中東やマレーシア、インドネシアなどの地域を中心に豚肉の成分を取り除いてイスラム律法に合わせて作られた「ハラール認証化粧品」
    に対する関心が高まっている。今回1号店で販売されている製品は、韓国と同じ「非ハラール化粧品」だが、アモーレパシフィックは「ハラール認証」を
    得るための作業を検討中だ。

     最近、高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の配備をめぐる論争によって韓国の化粧品産業は海外進出地域の多角化が必要になった。
    昨年第1~3四半期を基準にアモーレパシフィックは、計3兆3365億ウォンの売り上げのうち、34%である1兆1428億ウォンをアジア地域で
    上げてきたが、大部分が中国から上げた売り上げだ。化粧品業界の関係者は「THAADのために多角化しようとするわけではないが、売り上げで
    中国の割合が高いことを悩んでいるのは事実」と話した。

     専門家はいわゆる「Kビューティー」の中東進出は現地に韓国産製品のイメージの上昇と輸出の拡大にもつながる可能性があると指摘する。
    韓国貿易協会のイ・ドンギ国際協力室長は「中東では韓流の影響により、韓国のファッションやビューティーなどに対する関心が高まっている」とし、
    「韓国化粧品が現地で定着ことができれば、韓流商品全体の輸出にも役立つだろう」と見通した。

    中央日報/中央日報日本語版 2017年01月12日16時58分
    http://japanese.joins.com/article/631/224631.html

    引用元: ・【化粧】韓国化粧品メーカー「アモーレパシフィック」が、「Kビューティーの機会の地」中東へ[1/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【宗教的にヤバイ】韓国化粧品メーカー「アモーレパシフィック」が、「Kビューティーの機会の地」中東へ】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 09:41:29.46 ID:CAP_USER
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/09/2016110900710.html

     韓国コスメなど「Kビューティー」の人気を追い風に化粧品市場が成長を続けていることを受け、韓国の食品メーカーをはじめとする他業種の企業が化粧品ビジネスに続々と参入している。

     CJ第一製糖は8日、化粧品原料の専門ブランド「N'gredient」を発表した。小麦胚芽やヒマワリ油など同社が保有する「天然由来の原料」製造技術を活用し、化粧品原料を生産する。これに先立ち、先月には美容補助食品ブランド「innerb」からフェイスパックを発売した。

     また、ピングレは化粧品・健康食品販売大手のCJオリーブヤングが製造する化粧品4種に自社の「バナナ味牛乳」の容器を使う内容の業務提携を結び、化粧品市場に間接的に参入する。

     韓国人参公社(KGC)は9月、化粧品関連の系列会社KGCライフエンジンを買収し、化粧品ビジネスへの再参入に第一歩を踏み出した。2003年に化粧品業界への進出を模索したものの、目立った成果を出せず10年にKT&Gへ売却した企業を再び取り戻した。同公社は「正官庄」(高麗人参を蒸して乾燥させた紅参の製品ブランド)の販売店を韓国国内に1100店ほど抱えており、これを活用して化粧品を販売していく計画だ。

     ピザチェーン「ミスターピザ」などを運営するMPKグループは、昨年から「キスミー」や「キャンメイク」など日本のコスメを輸入・販売している。また、アパレル会社のLFは今年6月、ソウルのセレブ街・清潭洞にフランスコスメ「BULY 1803」のショップをオープンし、化粧品流通業に参入した。楽器メーカーの三益楽器も昨年、化粧品の卸・小売業を新規事業目的に加えた。

     食品をはじめとする他業種の企業が化粧品市場に相次ぎ参入している背景には、「Kビューティー」ブームで好況に沸く化粧品産業に対する期待感がある。

     韓国製化粧品の生産額は、昨年初めて10兆ウォン(約9300億円)を突破。5年で2倍近くに成長した。輸出額は25億8780万ドル(約2700億円)で前年比44%増加した。

     この状況に対し、ある化粧品メーカーの関係者は「Kビューティーが人気を集めているため、化粧品市場への参入は容易に思えるかもしれないが、粘り強い研究開発(R&D)や差別化されたマーケティングによる下支えがなければ生き残るのは難しい」と指摘している。

    引用元: ・【経済】化粧品事業に商機、韓国食品メーカーが続々参入[11/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【情弱相手の商売】化粧品事業「Kビューティー」に商機、韓国食品メーカーが続々参入】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/02/10(水) 22:33:30.19 ID:CAP_USER.net
    no title

    ▲左側からキム・テグン、イ・ジヨン、イ・サンボン、デザイナー。[写真提供=韓国コンテンツ振興院]

    「ニューヨークで韓国ファッションに対する認識が変化しています。Kポップ、Kビューティーに続き
    Kファッション熱風が数年内に起きるでしょう。」

    韓国ファッション業界のベテランでデザイナーのイ・サンボン氏は9日(現地時間)、米国ニュージャ
    ージーのあるレストランで韓国特派員らと会ってこのように言った。最近、中国ハルビンで安重根義
    士をテーマにしたファッションショーを開いた後、ニューヨークのファッションショー(13日)を準備す
    る強行軍をしたため、非常に疲れていたがKファッションの可能性に言及する時は声に力が入った。

    イ氏は「新しいファッション中心地に浮上しているニューヨークを舞台に韓国デザイナーらが2010
    年から積極的に挑戦状を出して叩いた成果が現れている」と話した。彼は「Kビューティーが世界を
    強打するだろうと誰が予想しただろうか。デザイナーと政府が一つのチームとして手足を合わせ、
    持続的に挑戦すれば、グローバル・ファッション業界で韓国ファッションの地位を一層高めることが
    できるだろう」と付け加えた。

    イ氏は文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院が2010年からニューヨーク・ファッション・ウィーク
    期間中に開催している'コンセプト・コリア'行事に言及した。潜在力のある韓国デザイナーの世界市
    場進出とKファッション拡散を支援するため、1年に二回行われるこの行事が日本、中国など他の
    アジア諸国が出来なかったニューヨークの舞台進出の連続性を見せながら、韓国の地位を強固に
    したという評価だ。

    イ氏は「10年くらい前なら'韓国ファッションは全く同じだ。特色がない'という指摘を受けたが、今は
    変わった。韓国デザイナーの融・複合能力、韓国的なものを再解釈して私たちだけのトレンドを作
    っていく能力が競争力と見る」と話した。特に韓国ファッション業界はグローバル・トレンドを受け入
    れる速度が速い。流行に敏感でこれを吸収し新しい流行をまた創り出す瞬発力が優れているという
    事だ。韓国がファッションのグローバル・テスト・マーケットにもなりうるという評価も付け加えた。

    12日、開かれるコンセプト・コリア女性秋冬服ファッションショーに参加する'チャレッ'のデザイナー、
    イ・ジヨン氏は「韓国市場は規模に比べてこれほど多くのデザイナーとブランドがあることを知ったら
    海外バイヤーが驚く」と話した。

    同じ行事に参加する'ヨハニクス'のデザイナー、キム・テグン氏は「韓流がKファッションの海外進出
    にも良い刺激剤になるのは明らかだ。長期的な見識で実力を積み上げれば、韓国だけの独創的
    領域を構築する底力がある」と自信を持った。

    [ニューヨーク=ファン・インヒョク特派員]

    ソース:毎日経済(韓国語) Kビューティー引き続きKファッション熱風くること
    http://vip.mk.co.kr/news/view/21/20/1370443.html

    引用元: ・【韓流】 Kビューティーに続きKファッションの熱風がニューヨークに来る~高まる韓国ファッションの地位[02/10]

    【酔狂だなw【韓流】 Kビューティーに続きKファッションの熱風がニューヨークに来る~高まる韓国ファッションの地位[02/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ