まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:Kゲーム

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/30(水) 20:55:26.56 ID:CAP_USER
    韓国の上場ゲーム会社の半数が赤字に苦しめられている。中国など外国製ゲームの攻勢と週52時間労働制などの規制のためゲーム産業の成長が鈍化したためだ。「ゲーム強国」と呼ばれた韓国のゲーム産業の競争力が大きく落ちたという分析が出ている。

    韓国経済新聞が27日に韓国の上場ゲーム会社35社を分析した結果、4-6月期基準で15社が赤字を記録した。6年前の2013年4-6月期の5社に比べ3倍に増加した。いわゆる「3N」と呼ばれるネクソン、ネットマーブル、NCソフトの上位3社は4-6月期の営業利益が1年前より10%以上減少した。同じ期間に上場ゲーム会社(5月に上場したSNKを除く)の営業利益も3942億ウォンから3595億ウォンに10%近く急減した。

    韓国は世界で初めてオンライングラフィックゲームを開発し、アイテム販売など収益モデルを作って「ゲーム強国」と呼ばれた。だが最近赤字に耐えられず破産するゲーム会社が増加している。

    韓国のゲーム会社は人気ゲームが急速に変わるモバイルゲーム市場の速度戦で押されている。これら企業が適時に新作ゲームを出すことができない隙を利用して中国製ゲームが急速に市場に食い込んだ。世界最大のゲーム市場である中国にゲームを輸出できなくなったのも競争力低下の要因に挙げられる。中国政府は韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備などを理由に2017年3月から中国国内での韓国製新規ゲームの流通を認めていない。

    韓国ゲーム学会会長を務める中央大学経営学部のウィ・ジョンヒョン教授は「週52時間労働制などで人件費負担に耐えられない中小・中堅ゲーム会社の破産が継続して増えるだろう」と予想した。

    大手ゲーム会社は別の分野で生きる道を探し始めた。韓国2位のゲーム会社ネットマーブルは生活家電レンタル会社の熊津(ウンジン)コーウェイ買収を推進している。1位のネクソンの創業者であるキム・ジョンジュNXC(ネクソンの持ち株会社)代表は会社を売り出すこともした。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000016-cnippou-kr

    引用元: ・【Kゲーム】墜落する韓国ゲーム…上場企業の半数が「赤字」[10/30]

    【鵜飼いの鵜がどうしたって? 【Kゲーム】墜落する韓国ゲーム…上場企業の半数が「赤字」[10/30] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/25(水) 03:15:33.69 ID:CAP_USER
    no title

    ネットマーブルの『Seven Knights(日本版)』。

    韓国ゲーム(Kゲーム)が新たな「韓流の主人公」として浮上した。世界3大市場である中国・北米・日本での現地化戦略で善戦中だ。特に難攻不落だった日本市場で成果が出てきている。
    1980~90年代に日本で役割遂行ゲーム(RPG:ロールプレイングゲーム)に魅了された韓国のゲーム開発者が、今ではRPGを作って日本に輸出している。

    22日、業界によれば今年1-3月期の国内の主要ゲーム会社は海外で注目するに値する実績を上げた。
    ゲーム業界「ビッグ3」のネクソン・ネットマーブルゲームズ・NCソフトが1-3月期に昨年対比で45%増となる6304億ウォン(約585億円)の売り上げを海外で記録した。ネットマーブルの海外での売り上げは前年同期間よりも393%増加した史上最高値だ。

    今年2月に日本で発売したモバイルRPG『セブンナイツ(Seven Knights)』が3カ月で300万ダウンロードを突破した。NCは北米・欧州で好調だった。
    オンライン多重接続RPG(MMORPG)『ブレイド・アンド・ソウル(Blade & Soul)』でこの地域の売り上げが136%成長した。ネクソンはオンラインアクションゲーム『アラド戦記(原題:Dungeon & Fighter)』で中国内の売り上げが14%増加した。

    特に日本での成果が鼓舞的だ。
    ゲーム業界ビッグ3だけ見ても1-3月期に日本でおさめた売り上げは合計1000億ウォン以上(ネクソンとNCは統合600億ウォン、非上場社で地域別売り上げを公開しなかったネットマーブルは日本のグーグルプレー順位にともなう推算額)だ。
    ゲーム市場が年約15兆ウォンである日本はここ10年、韓国ゲーム企業の相次ぐ攻勢にもなかなか突破できなかった金城鉄壁だった。
    日本国内製のコンソールゲーム(テレビにつなげて楽しむビデオゲーム)が勢力を伸ばして外国製PC・モバイルゲームの「墓」と呼ばれた。

    Kゲームは徹底した現地化で墓から出てきた。モバイルRPG『サマナーズ・ウォー(Summoners War)』で日本を魅了したCOM2USは戦略性を強化した。
    クォン・イクフンCOM2USゲーム事業本部長は「韓国とは違い『競争』よりも『戦略』要素を重視する日本のゲーマーの指向を開発段階から反映した」と話した。

    ネットマーブルの『セブンナイツ』は叙事的な構造とキャラクター成長方式がいずれも日本のRPGのように「色とりどりの魅力」が感じられた。
    例えばほかのRPGはたいていキャラクターが経験値を得て成長するが、『セブンナイツ』はゲーマーが取得した材料や組み合わせにより400種余りの多様なキャラクターを作ることができる。

    日本だけでなく他地域でも徹底した現地化が成功の秘訣だった。中国では自国情緒がゲームに多く反映されるのを好むという点を積極的に攻略した。キャラクターの衣装を中国人が好む赤色と黄金色で整えたのは基本だ。

    キム・チャンヒョンNCチーム長は「日本では女性キャラクターの適度な露出が必須だが、中国では禁物」と話した。
    中国政府の審議にかかる可能性が高く、ゲーマーも割と保守的だ。ネクソンは『アラド戦記』の中国バージョンで中国最大名節である春節連休用のアイテムを提供し、反響を得た。

    北米でも現地化が通じた。カカオ子会社エンジンのオンラインMMORPG『黒い砂漠』はキャラクターの英語の発音・抑揚を英国式や中東式などに分けて録音した。現地ゲーマーの没入感を誘導するためだ。
    このゲームは3月に北米・欧州発売後これまでに有料加入者80万人を突破した。北米に最適化した販売方式である「B2P(Buy to Play)パッケージ」の導入もやはり功を奏した。
    製品購買後に追加費用なしでゲームを楽しめる合理的指向の北米ゲーマーが呼応した。

    http://japanese.joins.com/article/015/216015.html
    http://japanese.joins.com/article/016/216016.html

    >>2以降に続く)

    関連スレ
    【スマホ】韓国アイプレイ、ビジュアルノベルゲーム‘久遠の絆 再臨詔’リメイクで日本攻略[05/23] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464057354/

    引用元: ・【経済】韓国ゲーム、現地化で「金城鉄壁」の日本を攻略 韓国ゲーム(Kゲーム)が新たな「韓流の主人公」[5/25]©2ch.net

    【韓国ゲーム(Kゲーム)が「韓流の主人公」、現地化で日本を攻略←それ、韓流と無関係な】の続きを読む

    このページのトップヘ