まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:IMF

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/25(水) 08:47:02.07 ID:CAP_USER
    国際通貨基金(IMF)のイ・チャンヨンアジア太平洋担当局長は23日、アジア経済にとって最大のリスク要因として北朝鮮の核問題を挙げた。

    イ局長は同日、ワシントンで特派員懇談会を開き、「1年半前には中国の経済危機がいつ起きるかという質問が多かったが、最近アジアには北朝鮮の核問題以外には(リスクとして)言及される事柄がほとんどない」と述べた。

    米国、欧州、日本など先進国の景気が回復し、アジア各国の企業業績が良好で、投資も増えるプラスの循環局面に入ったとの説明だ。

    イ局長は「日本は人口が減少する中でも今年は潜在成長率を超える1.5%の成長が見込まれる。安倍晋三首相(の連立与党が)衆院選で3分の2以上の議席を獲得したことも基本的に景気が良いためだ」と指摘した。

    中国についても、「短期的には成長が非常に堅実とみられ、習近平主席がさらに権力を得る可能性がある」と述べた。最近、中国と日本の指導者が権力を固める背景には経済面での実績があるとの見方だ。

    イ局長は韓国の今年の経済成長率を3%台と予想しながら、これは北朝鮮の要素を全く考慮していないものだと付け加えた。

    ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/25/2017102500619.html

    引用元: ・【経済】IMF韓国人幹部「アジア経済、北の核以外にリスクなし」[10/25]

    【【IMFの中にいてもコレ】IMF韓国人幹部「韓国の今年の経済成長率は3%台。アジア経済、北の核以外にリスクなし」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 18:16:56.12 ID:CAP_USER
    韓国内企業景気感触不振が、1990年代末の国際通貨基金(IMF)外国為替危機以後、最長である16カ月目続くことが明らかになった。

    29日、韓国経済研究院が売上額基準600大企業を対象に実施した企業景気実体調査指数(Business Survey Index)調査結果、9月の展望値は94.4で16カ月連続基準線である100に達しなかった。

    http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=18&ai_id=238236

    no title

    [写真:NEWSIS]

    引用元: ・【経済】韓国内企業景気16カ月連続“否定的”…IMF外国為替危機以後最長[8/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【飛ぶんじゃないか?】韓国内企業景気16カ月連続“否定的”…IMF外国為替危機以後最長】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/29(土) 22:12:49.36 ID:CAP_USER
    世界的に見ても、韓国ほど情熱的な国も珍しい。私が3度も韓国に留学した理由でもある。韓国には日本では感じることのできない刺激的な魅力がある。ところがその情熱が不思議なほどすぐ冷めてしまい、忘れられるのがあまりにも残念だ。国民性のせいだろうか。

    最近、日本で働いていた新聞社の先輩記者から、韓国IMF(国際通貨基金)経済危機20年を迎えて20年になり企画記事を準備したいのでこれを手伝ってほしいと頼まれた。

    当時、職場を解雇されたり就職が取り消しになるなど、人生に大きな影響を受けた人を探しているのだが、それがなかなかうまくいかないのだと言った。

    そういう人はいくらでもいるはずなのに、なぜこんなに見つからないのか、最初は理解できなかった。ところが探し始めるようになってその理由がだんだん分かってきた。20年という歳月は、韓国では非常に長い歳月だ。

    こんなに大変なことを体験しても、昔話のように感じ、当事者も「詳しいことはよく思い出せない」と言ったりする。しかも「20年も過ぎたが、なぜ韓国でもない日本でそのような記事を書くのか」と不思議に思われた。

    日本は少し違う。2011年東日本大震災はもちろん、1995年の阪神・淡路大震災も毎年その時期が来ると当時を振り返ったり、犠牲者の遺族がどのように暮らしているのか、再発防止対策などのさまざまな報道が出る。20年になる年は大々的に報道した。忘れないためだ。

    先輩がIMF危機20年を取材すると聞いた時、一番最初に頭に思い浮かんだのは、2002年韓国に初めて留学に来た時に会った友人だ。

    私は当時、IMF危機がどういうものかよく知らなかったが、その友人の父親の工場が倒産し、母親は家を出て行ってしまったと聞いた。頑張って毎日を生きながら、何とかして夢をかなえようと努力している姿を見て私も刺激を受けた。

    先輩にはIMF危機の時に銀行員だったが解雇されたという人を見つけて紹介した。初めてインタビューを依頼した時は「解雇されて悔しいと思わなかったし、むしろ違う仕事をたくさん経験することができて良かった」と何でもない事のように話していた。

    ところが先輩と一緒に話をインタビューを進めていくうちに苦労談が出てき始めた。この人は当時融資担当だったので、事業が傾いた中小企業の社長が多く訪れてきて彼にあれこれ訴えたという。

    「私がどうすることもできないのをよく知りながらも、そういうふうに訴えるほかなかった社長の心情も十分理解していた。そうしているうちに、うちの銀行が退出銀行に指定されて他の銀行に買収されて私は解雇された。私よりもはるかに深刻な状況に陥った人々をたくさん見ていたので、解雇されたくらい何でもなかった」。

    直接的な理由ではないかもしれないが、彼が奥さんと別れたのも解雇と無関係ではなさそうに見えた。

    インタビューはしなかったが、他の数人からもIMF危機に関する経験を聞いた。父親が大宇(デウ)グループの社員だったという人は、グループが解体されてその時まで、会社から支給されていた大学登録料が途絶えて自分で稼がなくてはならなくなり、就職は思いもしなかったというという。結局、20代で事業を始めて成功したという。

    また他の人は97年に就職と同時に解雇され、予定されていた結婚も延期し、海外に出てアルバイトで稼いだという。今はジャーナリストとして活躍している。

    2人の経験を通じて、短い期間に痛みを克服した韓国の底力を実感した。もちろん自殺したり再起できないほど深刻な状況に陥ったりした人々も多かっただろう。

    日本で辛い記憶を再確認して絶えず報道するのには理由がある。その痛みを再び繰り返さないようにしようという覚悟だ。地震自体は自然災害なので防ぐことは難しいが、これにどのように備えて対処するべきか、痛みを共有して今後の犠牲を減らそうということだ。韓国もそうしたら良いのにと思う。

    胸が痛い記憶だが、20年前に起きた経済危機を振り返れば今後も忘れてはいけない教訓を得られるはずだ。いつ再発するかもしれない次の経済危機の犠牲者を減らすためにも。

    成川彩/日本人ジャーナリスト(東国大大学院在学中)

    http://japanese.joins.com/article/802/231802.html

    引用元: ・【中央日報】危機の記憶をすぐに忘れる韓国、20年過ぎても再確認し続ける日本[7/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【身勝手な願望しか頭に残らない】中央日報「20年前のIMF危機 危機の記憶をすぐに忘れる韓国、再確認し続ける日本」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/27(木) 11:03:39.27 ID:CAP_USER
    no title


    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の女優、キム・ヘスが映画「国家破綻の日」(原題)にキャスティングされたと、所属事務所が27日伝えた。

    キム・ヘスは、金融危機を題材としたこの映画にヒロインとして出演する予定だ。
     
    「国家破綻の日」は1997年のアジア通貨危機当時に国際通貨基金(IMF)との交渉を巡って起こった物語を描く作品。
     
    昨年公開された映画「グッバイ・シングル」(原題)でコミカルな演技を披露したキム・ヘスは、映画「大切な女性」(同)の封切りを控えている。


    2017/07/27 10:14
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2017/07/27/1000000000AJP20170727001200882.HTML

    引用元: ・【芸能】キム・ヘス 1997年のアジア通貨危機描く映画「国家破綻の日」で主演[07/27]©2ch.net

    【【 続編もすぐできそうですね 】映画「国家破綻の日」は1997年のアジア通貨危機当時に国際通貨基金(IMF)との交渉を巡って起こった物語を描く作品】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/01/31(火) 18:51:09.60 ID:CAP_USER
    日本の「失われた20年」を韓国がたどっていると、国際通貨基金(IMF)が指摘した。高齢化と生産性低下に対処できなければ日本のように長期沈滞を迎えるという警告だ。

    非正規職が急増し、サービス業の競争力が低下する危険信号も過去の日本と同じだ。危機から抜け出すためには徹底した構造改革と資産バブルの管理が必要だと、IMFは強調した。

    ◆「生産性低下が深刻」

    IMFは最近出した報告書「韓国が直面した挑戦-日本の経験から学ぶ教訓」で、「韓国は高齢化ペースが速いうえ、構造的な問題で生産性が落ちている」とし「20年前の日本と非常に似ている」と指摘した。

    1990年代の日本は株式・不動産市場のバブルが発生し、成長率が大きく落ちた。構造改革と負債調整を先に延ばし、1997年にアジア通貨危機を迎え、長い沈滞に陥った。

    報告書は韓国が20年ほどの時差を置いて日本の前轍を踏んでいると指摘した。生産可能人口(20-60歳基準)比率は今年66.5%でピークを迎えた後、今後20年以内に56%まで低下すると予想した。

    日本は生産可能人口比率が1995年の63%をピークに2015年には56%に落ちた。報告書は「高齢化と人口減少は内需にマイナスの影響を与え、労働生産性まで落とす」と分析した。

    ◆非正規職・サービス業問題は日本と同じ

    日本の潜在成長率は1980年代の4%台から2000年代には1%以下に落ちた。1991年に8%だった韓国の潜在成長率も2015年には3%以下に落ちたと、報告書は推定した。

    生産性低下の原因も両国は似ている。労働市場の二重構造が最初だ。韓国で臨時職勤労者の比率は2014年基準で22%と、経済協力開発機構(OECD)平均の倍にのぼる。

    日本の非正規職比率も1990年代初期の20%台から最近は40%近くに高まった。

    後れたサービス業も両国の生産性を落とした。報告書は「韓国のサービス業規制は主要先進国より厳格」とし「規制改革を通じてこの分野の生産性を引き上げる余地が大きい」と分析した。

    ◆資産バブル崩壊を避けるべき

    報告書は負債調整の重要性を強調した。日本の企業の負債は1990年代、国内総生産(GDP)の140%に達した。情報技術(IT)バブルが発生した2002-03年に企業と金融界の構造改革が始まった。

    その結果、企業の負債比率は2015年に100%水準に低下した。

    韓国の企業の負債は現在GDPの100%と、過去の日本に比べると低い。しかしさらに遅れる前に造船・海運など産業構造改革に取り組んで不良債権を整理するべきだと報告書は助言した。

    日本で失われた20年の直接的な原因となった資産バブルにも積極的に対処する必要があると強調した。

    報告書は「韓国はマクロ健全性政策を導入して不動産価格の急騰をある程度防ぐことができた」とし「政府が一貫性のある政策を継続する必要がある」と提言した。韓国は日本より財政状況が良いだけに構造改革を強化する余力があるという見方も示した。

    人口減少への対応も課題に挙げられた。報告書は高齢化が今後5年間に物価上昇率を0.3%落とすと分析した。低物価が経済主導者の心理を委縮させ、デフレを招くという懸念も表した。

    IMFは「通貨政策を通じて経済主導者の期待を維持する一方、構造改革でデフレ圧力を解消していかなければいけない」と強調した。

    韓国経済新聞/中央日報日本語版 2017年01月31日10時24分
    http://japanese.joins.com/article/229/225229.html

    関連
    【経済】韓経社説:韓国経済、日本型でなくギリシャ・南米型不況に直行?[1/31] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1485849519/

    引用元: ・【経済】韓経:IMF「韓国、構造改革を先延ばしすれば日本式の沈滞も」[1/31] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本と比べるな!】韓経:IMF「韓国は日本より財政状況が良いだけに構造改革を強化する余力がある」】の続きを読む

    このページのトップヘ