まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ICT

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/29(金) 16:34:48.78 ID:CAP_USER
    no title


    韓国はICT(情報通信技術、Information and Communication Technology)大国だと言われているが、世界100大企業のうち韓国企業はわずか2社しかないことが分かった。最も多い国は56社を保有する米国で、中国は9社、日本は8社だった。

     全国経済人連合会は、企業分析データベースのS&P Capital IQを通じて世界のICT企業100社を分析し、結果を12日に発表した。

     時価総額ランキングで選ばれた世界100大ICT企業に、韓国からはサムスン電子(9位)、SKハイニックス(56位)の2社が名を連ね、中国や日本、インド、台湾などICT競争国に及ばないことが分かった。

     100大ICT企業のうち、米国企業が56社で半分以上を占め、中国9社、日本8社、インド4社、台湾3社などの順で後に続いた。

     今後100大企業に入るであろう次世代走者で構成された200大企業まで範囲を広げると、中国企業が27社で大幅に増え、日本企業も17社に達する。一方、韓国企業はネイバー、カカオなど新興デジタル企業が追加されたものの、5社にとどまっている。

    NEWSIS/朝鮮日報日本語版

    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/07/29/2022072980177.html

    引用元: ・世界100大ICT企業、韓国は2社だけ…米国56社・中国9社・日本8社、インド4社、台湾3社 [7/29] [昆虫図鑑★]

    【自称半導体大国なのにさっぱりじゃねえかw - 世界100大ICT企業、韓国は2社だけ…米国56社・中国9社・日本8社、インド4社、台湾3社 [7/29] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/13(水) 09:18:32.62 ID:CAP_USER
     世界の100大情報通信技術(ICT)企業のうち、韓国企業は2社のみであり、ハードウェアへの偏りが明確なことが分かった。

     12日、全国経済人連合会(全経連)がグローバル企業分析データベースのS&P Capital IQをベースに調査した結果によれば、市価総額基準で世界の100大ICT企業のうち、韓国企業はサムスン電子(9位)とSKハイニックス(56位)の2社が含まれた。米国企業が56社で最も多く、続いて中国9社、日本8社、インド4社、オランダ4社、台湾3社の企業が100位圏に入った。

     200大企業に拡大すれば、韓国企業はサムスンSDI(114位)、ネイバー(120位)、カカオ(133位)が含まれた。中国は27社、日本17社、台湾6社が200位圏に入った。

     半導体業種だけに絞ってみれば、世界100大企業に韓国はSKハイニックス(11位)とSKスクエア(63位)の2社が含まれた。SKスクエアはSKハイニックスの親会社である投資企業だ。技術ハードウェア業種に分類されるサムスン電子を含めれば3社となる。半導体業種100大企業に、中国は41社、米国は31社、台湾は15社の企業が名前を連ねた。200位まで拡大すれば、DBハイテク(132位)、リノ工業(140位)、LXセミコン(153位)、シムテク(185位)が含まれた。

     世界の100大ICT企業を業種別に区分してみると、半導体企業が最も多く、次いでアプリソフトウェア、データサービス、ITコンサルティング業者の順だった。通信企業は国家基幹産業の性格が強く国際比較の意味が少ないため、順位から除外したと全経連は明らかにした。

     上位5大業種を新型コロナ流行以前と比較してみると、サムスン電子・アップルなどのハードウェア・ストレージ業種の順位が4位から9位に下がり、代わりにアドビ、ズームなどのシステムソフトウェア業種がその座を占めた。システムソフトウェア100大企業に、韓国はトゥゾン・ビゾン(Duzon Bizon Co Ltd 74位)とアンラボ (AhnLab, Inc 82位)が名前を上げた。この分野では米国が34社、中国32社、イスラエル6社、日本5社が100位圏に入った。

     全経連は「新型コロナ以後、ハードウェアの時代が去りソフトウェアの競争力の重要性が上がり、デジタル転換が加速する傾向とみられる」として「韓国のICT企業は依然として電子部品や半導体などの製造ハードウェアが中心なので、ソフトウェア競争力に再編される過程でその位置づけが下がる見込み」と明らかにした。

    キム・フェスン先任記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/44027.html

    引用元: ・世界の100大情報通信技術(ICT)企業 米国56社、中国9社、日本8社、インド4社、オランダ4社、台湾3社、韓国2社 [7/13] [昆虫図鑑★]

    【劣等感丸出し - 世界の100大情報通信技術(ICT)企業 米国56社、中国9社、日本8社、インド4社、オランダ4社、台湾3社、韓国2社 [7/13] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/10(月) 10:10:26.12 ID:CAP_USER
    米57・中12・日11・欧10・印3・韓1

    コロナ19にグローバルデジタル変換が急速に進行されて、情報通信技術(ICT)企業の存在がさらに明確になっているが、肝心のIT強国という韓国企業の規模と価値は、他の国に比べて大きく低いという分析が提起された。特に、世界100大ICT企業の韓国企業は、サムスン電子1個だけと調査された。

    全国経済人連合会は10日、過去10年間、韓国・米国・中国など主要国の証券市場の時価総額上位5つのICT企業の変化を分析した結果、時価総額基準上位5つのICT企業の価値は、米国、中国企業に比べて、それぞれ15分の1、4分の1に過ぎないと明らかにした。主要なデジタル企業の時価総額の増加が比較的遅く、その規模も大幅に小さかったという分析だ。

    各国の株式市場で時価総額上位5つのICT企業を見ると、違いが克明だ。

    米国は5つの企業の時価総額合計が約8092兆ウォンに、その規模は大韓民国政府の今年の本予算(512兆ウォン)より16倍に達した。中国は約2211兆ウォンに続いたが、韓国は約530兆ウォンに過ぎなかった。

    インターネットポータルや電子商取引企業だけで見ると、ネイバーとカカオの2社時価総額は約83兆ウォンで、中国でのジンヅンコム1社の時価総額(120兆ウォン)に及ばなかった。

    全経連は「海外売上高の割合がネイバー30%台、カカオはまだ公式統計がないのが実情で、相対的に増加が遅いようだ」と分析した。

    特に、グローバル時価総額基準上位100個ICT企業韓国企業は、サムスン電子が11位で唯一含まれた。

    まず、最も多くの企業を保有している国は、アップル・ネットフリックス・テスラなど、グローバルスター企業を保有している米国で57社であった。中国も代表企業であるアリババを含む12社、日本と欧州の場合、それぞれ11個、10社がランクに選ばれた。インドも3社がランクに名前を上げた。

    一方、韓国はサムスン電子が11位に名前をあげて、たった1つの企業だけがランクされた。韓国のグローバル市場持分率がわずか1%で、ICT強国中のみすぼらしい位相が明らかになったのだ。

    全国経済人連合会は10日、過去10年間、韓国・米国・中国など主要国の証券市場の時価総額上位5つのICT企業の変化を分析した結果、時価総額基準上位5つのICT企業の価値は、米国、中国企業に比べて、それぞれ15分の1、4分の1に過ぎないと明らかにした。

    主要ICT企業の10年間時価総額の増加率を見ても、韓国が米国、中国より低調だった。米国5社の時価総額合計の年平均増加率が29.4%、中国5社が70.4%の増加率を記録したのに対し、韓国は年平均23.4%であった。

    全経連は、「現在、韓国のデジタル企業の時価総額もコロナ19局面を迎え、急速に増加しているが、それにもかかわらず、市場全体を網羅する、本格的なデジタル産業への再編は、米国・中国のなどに比べて、まだ不十分と分析される」と述べた。

    業界内外でファンデミクデジタルエコノミーへの移行時期をさらに早めのうち、今後、国内製造業が成長の機会を拡大するためには、デジタル技術革新を加速しなければならないという指摘が提起されている。

    全経連は「製造業中心の韓国企業にとってITデジタル企業の育成はもちろんのこと、既存の製造-ITの分野間の融合は、将来のグローバル競争で必ず解放なければならない宿題であるだけに、MS・テスラなど、既存の産業では、デジタル技術革新と融合成功したモデルを参照しなければならない」と強調した。

    ギムボンマン全経連国際協力室長は「時価総額を介して知ることができる企業価値は、実際の市場が望む展望を示すという点で、私たちの企業は、さらに私たちの経済が進むべき未来行方を提示してくれることに意味がある」とし「去る5月カカオの時価総額Top10入りが大きいスポットライトを受けるなど、製造業を中心と韓国経済がデジタルエコノミーへの変曲点を迎えているのは明らかだが、今回の分析結果、私たちの経済のデジタル化は、主要国に比べて速度が遅いのは事実だ」と診断した。

    続いて「 IT強国コリアが世界デジタル経済では、位相を続け行くデジタル技術革新と既存産業との結合のための創造的な努力が必要だ」と強調した。

    jsy @ tf.co.kr
    ザファクト 入力2020.08.10。午前8:31
    https://n.news.naver.com/mnews/article/629/0000036635?sid=101

    引用元: ・【IT強国コリア】世界100大情報通信技術(ICT)企業に韓国は「サムスン電子」1つだけ [08/10] [新種のホケモン★]

    【笑えるwwww 【IT強国コリア】世界100大情報通信技術(ICT)企業に韓国は「サムスン電子」1つだけ [08/10] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/12(水) 11:57:26.57 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の科学技術情報通信部は12日、1月の情報通信技術(ICT)分野の輸出額は134億ドル(約1兆4720億円)で前年同月比7.2%減少したと発表した。主力輸出品目の半導体、ディスプレー、携帯電話がそろってマイナスとなった。

     半導体の輸出額は前年同月比3.3%減の72億9000万ドルだった。ただ、半導体のうちNAND型フラッシュメモリーの輸出額は36.5%、システムLSI(大規模集積回路)は16.2%、それぞれ増加し、輸出額の減少幅は縮小した。昨年1月の半導体輸出額は前年同月比23.5%の大幅減となっていた。

     今年1月のディスプレー輸出額は前年同月比21.3%減の15億7000万ドル。有機ELパネルは需要が上向き、輸出額が前年同月比0.4%の小幅増となった。

     携帯電話は前年同月比28.0%減の6億8000万ドルだった。海外生産の拡大や新機種を見据えた買い控えなどで、完成品と部品の輸出がそろって減少した。

     コンピューターと周辺機器は9億7000万ドルで前年同月比42.7%増加した。ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)を中心に、周辺機器の輸出が伸びた。

     国・地域別の輸出額は、中国向けが60億ドル、ベトナム向けが24億8000万ドル、米国向けが15億4000万ドル、欧州連合(EU)向けが8億6000万ドル、日本向けが3億3000万ドル。

     1月のICT輸入額は前年同月比6.2%減の88億2000万ドルで、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は45億8000万ドルの黒字だった。

    Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00251262-yonh-int

    2/12(水) 11:44配信

    no title

    引用元: ・【聯合ニュース】韓国の1月ICT輸出7.2%減 半導体・携帯電話などマイナス[2/12]

    【相変わらず無様w 【聯合ニュース】韓国の1月ICT輸出7.2%減 半導体・携帯電話などマイナス[2/12]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/25(水) 05:19:10.33 ID:CAP_USER
    先月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領はロシア歴訪に先立ち、ロシアメディアとのインタビューで「今回の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を全世界が経験したことのない最先端の情報通信技術(ICT)五輪にしたい」と強調した。

    文大統領が言ったようにあと100日前に迫ってきた今回の平昌五輪は第4次産業革命に似合う多様なICTが適用される見通しだ。代表的なのがエネルギー運営分野だ。

    数多くの観衆と全世界の取材陣が集まる五輪は莫大な量の電力供給が必要だ。成功的な五輪開催に向けて一日にも数十回の競技が行われる競技場から暖房・上下水道のようなインフラ、選手村・医療施設、リアルタイムで競技状況を生中継する放送センターまで安定的で持続的な電力を供給することが欠かせない。

    このような電力供給を総合的に制御・計測・管理するのはゼネラル・エレクトリック(GE)のエネルギーモニタリングシステム(EMS)だ。

    EMSは電力供給すべての過程で電力の過負荷、供給不安定など多様な問題の原因を迅速に診断して解決するようにサポートする。主要施設の電力使用量と供給状態をリアルタイムで確認して分析することができるためだ。このようなシステムを構築して運営するのは122年の五輪歴史上初めてだ。

    今回の大会が「スマートエネルギー」五輪になるだろうと期待される理由だ。

    具体的に平昌組織委総合運営センター(MOC)がコントロールタワーの役割を果たす。遠隔監視システムを通じて直観的な情報確認が可能であるため、異常が生じた場合、即時対応することができる。無停電電源供給装置(UPS)はいかなる場合にも電気が中断されず連続的に電気を供給させる。

    GEデジタルのシステムは競技期間中の電力消費量を測定して競技場別に実際の電力消費量をデジタルデータで集めた後、統合的な分析を試みる。ここで集まるデータは2020年東京夏季五輪、2022年北京冬季五輪の効率的な運用のための「デジタル遺産」として活用する予定だ。

    GEデジタル・コリアのチョ・ウォヌ社長は「今回の大会は戦略的エネルギー運営を発表した世界先導事例になるだろう」と自信を表した。

    このようにGEは、五輪の隠れた助力者という評価を得ている。GEは環境にやさしい五輪と称賛された2012年ロンドン夏季五輪でも活躍が大きかった。廃棄物を燃料として使用できるイエンバッハガスエンジン を主要電力供給施設に利用し、電気自動車の充電施設であるデュラステイションをロンドン全域に設置した。

    実際、GEは「発明王」エジソンが19世紀後半に設立した電気照明会社が母体だ。家電会社として成長して金融分野まで拡張したが、今はこれらを売却して航空機エンジン、ヘルスケア、エネルギー、発電機タービンなどに力を集中している。

    これにデジタル技術とサービスを結びつけ、GEは「製造会社」から「デジタル産業企業」へと変身を宣言した。おかげでGEは五輪のための先端エネルギー制御技術を発表するなど第4次産業革命を主導する革新企業として換骨奪胎することができた。

    このような生存と成長のための構造調整はGEだけでない。フィリップスは半導体・テレビ・携帯電話事業を思い切って売却し、ヘルスケア会社への変身に成功した。

    繊維・化学事業を整理してバイオ企業に変貌したデュポン、PC事業を中国に売却してビッグデータとクラウドコンピューティングなどに未来をかけているIBM、携帯電話と家電などを捨ててスマート工場・ヘルスケア・エネルギー管理に目を向けたシーメンスなども「レッドオーシャン」を脱出して「ブルーオーシャン」に進出した事例に挙げられる。

    韓国経済研究院のユ・ファニク政策本部長は「ノキア・モトローラ・コダックなど第4次産業革命に対応できず消えた数多くの企業らがあったことを想起する必要がある」とし「新しい成長エンジンを探すために絶え間ない革新を経てこそ100年企業として生き残ることができる」と強調した。

    http://japanese.joins.com/article/722/234722.html

    引用元: ・【韓国】スマートエネルギー技術で「ICT平昌五輪」を輝かせる[10/25]

    【【GEデジタルのシステム】文大統領「平昌五輪を全世界が経験したことのないICT五輪にしたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ