まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:DNA

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/07(火) 15:20:51.06 ID:CAP_USER
    日本が最近、韓国のG7首脳会議参加に反対の立場を米国側に伝えたことが分かり、青瓦台(大統領府)が反発する姿勢を見せている。

    日本政府スポークスマンである菅義偉(スガ・ヨシヒデ)官房長官は先月29日、定例記者会見で「G7の枠組み自体を維持することが大変重要だ」と明らかにした。これはG7に韓国など4~5カ国を参加させてG7の機能を強化しようとするトランプ米国大統領の意図から外れる。アジアで米国の最も忠実な同盟国である日本が米国大統領の決定に反旗を翻すのは非常に異例だ。

    日本が韓国のG7参加を防ごうとする意図は何だろうか?

    まず最初に思いつくのは国際政治舞台で韓国の影響力が拡大することを防ぐための意図だ。韓国はすでに国連事務総長など主要な国際機構の首長を数人輩出した。日本は韓国が国際機構で発言権が強化されることを警戒している。

    日本のまた別の意図は従軍慰安婦問題で触発された韓国に対する経済、外交的圧迫の枠組みが壊れることを憂慮していると見られる。米国など主要国に対する韓国の交渉力が強化されれば日本の韓国に対する圧迫が効果を発揮しにくいからだ。

    また他の側面は日本政治の侵略DNAと連びつけることができる。日本は幼稚だ、という声を聞きながらも韓国に対する経済制裁を強行したことと、韓国のG7参加に反対することはどちらも日本の侵略DNAと無関係ではない。

    日本は地政学的に島国なので物資と技術を外部から持ってこなければならない構造的限界を持っている。日本が早目にオランダなどと国際貿易をしたのもこのためだ。ところが、平和な交易方式で国家発展が難しかったり膨張欲が充満すれば日本は例外なく対外侵略の道を歩んだ。

    特に日本が統一を成し遂げたり中央集権的権力体制を構築した時、侵略路線に転じた場合が多かった。16世紀、戦国時代の覇権を掌握した豊臣秀吉は一番最初に朝鮮侵略戦争を起こした。19世紀、徳川幕府没落後の明治天皇体制も韓半島と中国大陸に対する侵略の道を歩いた。

    日本が第二次世界大戦後、維持してきた「戦争しない国」の枠組みが揺れている。軍隊を置かないと規定した平和憲法を破棄して戦争できる国を作ろうとする日本の右翼と彼らの代理人であるアベの対外政策には「侵略DNA」が強く感じられる。だからアベの暴走は危険だ。

    *筆者/クォン・キシク/韓中都市友好協会長。
    no title

    ハンギョレ新聞記者と大統領府政治局長を経て嶺南(ヨンナム)毎日新聞会長と2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック民間団体協議会長などを歴任した。漢陽(ハンヤン)大と日本静岡県立大、中国精華大で東北アジア国際関係を研究して講義した。ソウルメディア大学院大学教客員教授とLBN放送会長を受け持っている。

    ソース:ブレーキニュース(韓国語)日本政治の'危険千万な侵略DNA'
    http://www.breaknews.com/sub_read.html?uid=740799

    関連スレ:【音楽】日本のハロプロアイドルBEYOOOOONDS「ニッポンノD・N・A!」MVになぜか韓国人が激怒…「民族主義の曲見苦しい」「韓国の模倣」 [れいおφ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1594094252/

    引用元: ・【韓国】 日本政治の「危険千万な侵略DNA」~日本が韓国のG7参加を防ごうとする意図は何か?[07/07] [蚯蚓φ★]

    【元々参加資格ねーじゃん 【韓国】 日本政治の「危険千万な侵略DNA」~日本が韓国のG7参加を防ごうとする意図は何か?[07/07] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/05(日) 22:33:30.13 ID:CAP_USER
     先日、386運動圏(1990年代に30代で1980年代の民主化運動にかかわった1960年代生まれの人々)で与党系の中心的人物に会った。与党・共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)議員=市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)」元代表=の話が出ると、突然逆上した。「なぜ罪のない人を蔑視して苦しめるのか」と言う。「30年間、慰安婦被害者一筋だった尹美香議員は決して悪いことをする人ではない」というのだ。

     慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが怒りを爆発させ、さまざまな問題が明らかになったのにもかかわらず、かたくなだった。 「我々のようにこちら側の道を歩んできた人々は私腹を肥やすなんてまねは絶対にしない」と言った。運動圏(市民運動や学生運動にかかわった人々)は生まれながらにして悪いことができない人々だという話だった。彼は「お前らが何を知っているというんだ。マスコミが間違っている」と怒りの矛先をこちらに向けた。

     昨年のチョ国(チョ・グク)前法務部長官問題の時も同様だった。与党関係者の中心的人物は「チョ国はそんな人間ではない」「もともと善良な人間」と擁護した。私募ファンド投資や子の入試不正の証拠があちこちから出てきても同じだった。「我々の仲間がそのような悪人だと罵倒(ばとう)されるのは我慢できない」と言った。

     政治資金不正授受で実刑判決を受け、2017年に出所した韓明淑(ハン・ミョンスク)元首相をめぐる問題でも変わらない。与党指導部は「検察の供述強要疑惑」を掲げ、監察調査を押し通した。大法院で判決が確定した事案なのに「韓明淑元首相は悔しい思いをしている」と話す。自分たちのゴッドマザー的な存在である人物が収賄の前科者として後世に残ることを容認しないという姿勢だ。

     「選民意識」の決定版は青瓦台だった。2018年末に青瓦台特別監査班査察疑惑が浮上すると、金宜謙(キム・ウィギョム)青瓦台報道官=当時=は「文在寅(ムン・ジェイン)政権の遺伝子(DNA)にはそもそも民間人査察が存在しない」と言った。文在寅政権の人々はひときわ純潔なDNAを持っていると言っているように聞こえた。昨年末の蔚山市長選「下命捜査」疑惑も同様だ。宋炳琪(ソン・ビョンギ)元蔚山副市長が情報提供者であることが明らかになったが、尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は「青瓦台による『下命捜査』はなかった。文在寅青瓦台はうそを事実のように言わない」と述べた。
    (中略)

     韓明淑元首相の金は見返り的な性格がなく、チョ国元長官の子の入試不正は目をつぶってもいいレベルで、尹美香議員の寄付金流用疑惑は慣行だと見なす。いくら罪や過ちを犯しても「間違ったことをした」と認める人がいない。もともと「善良な人」だという腕章をつけていれば無条件で免罪符をもらえる世の中になったようだ。与党関係者内部からも「親文(在寅系)は特権階級なのか」という声が上がっている。

     今年4月の総選挙で176議席という絶対議席数を獲得した与党は、数字の力で「正義」さえ変えようという勢いだ。自分たちがやれば正義であり、法であり、真実だと考えているようだ。しかし、優越感と独善に浸ってごう慢になった権力は長続きしない。世の中には選民も、特別なDNAもない。罪は人を選ばない。現在の執権勢力がかつて立ち向かい、闘った過去の政権がどのようになったのか振り返ってみてほしいものだ。

    政治部=ペ・ソンギュ部長
    no title


    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【朝鮮日報コラム】「選民DNA」を持つがゆえに悪事を働けない>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/03/2020070380115.html

    関連スレ:【韓国】 大韓民国は文主共和国、全ての権力は文から生ずる~文政権の味方につけば独立軍、反対につけば日帝だ[07/05] [蚯蚓φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1593955171/

    引用元: ・【韓国】 「選民DNA」を持つがゆえに悪事を働けない~尹美香・チョ国らを無条件で擁護[07/05] [蚯蚓φ★]

    【アホな理屈の選民意識で争ってる癖に【韓国】 「選民DNA」を持つがゆえに悪事を働けない~尹美香・チョ国らを無条件で擁護[07/05] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/20(日) 13:27:25.96 ID:CAP_USER
    日本からまたノーベル賞受賞者が誕生した。科学分野だけですでに24回目だ。最も批判されるのは韓国の教育だ。ところで日本も韓国のように数十年にわたって詰め込み式教育を行い、客観式相対評価を行ってきた国なのに、一体韓国と何が違うというのか。ソウル大学物理学科のキム・デシク教授は、著書『勉強論争』(チャンビ刊、2014)の中でその理由について語っている。キム教授は、韓国の勉強文化を表す壮元及第(トップ合格)DNAと日本の勉強文化を表す職人根性DNAという二つの概念で説明している。

     長年にわたって韓民族は、官吏を試験で選抜してきた。全国民を対象にしているわけではないにしろ、身分が個人の努力によって上昇する余地が同時代の他の国々よりも多かった。従って、古くから勉強の目的は立身揚名(社会的な地位や名声を得ること)だった。トップ合格が勉強する全ての人々の夢だったのだ。韓国のそうめん屋のオーナーは、子どもがそうめん屋を継ぐよりも、一生懸命に勉強して立身揚名するのを願う。

     ところが、日本には一生懸命に勉強して立身揚名する体制がなかった。勉強するというなら、その道で大家になるのを望んでいるわけで、その勉強を足場に他の何かを期待するといった認識そのものがたやすいものではなかった。数千年にわたって王朝が一度も変わったことがなく、身分制度が引っ繰り返ったことがないため、侍の家系は代々侍になり、うどん屋の息子はより良いうどんを作るのが誇らしい生活だった。つまり、韓国ではとんカツ屋の息子が国家試験にパスして判事や検事になるのが誇らしい文化であるのに対し、日本は3代がとんカツを作るのが誇らしい文化なのだ。

    こうした勉強文化の違いは、教授たちの歩みにも直接的な影響を及ぼしている。韓国の教授たちは、テニュア(定年保障)を受けると、人生の岐路に立たされる。学者の道を選ぶか、官職や政界に足を踏み入れ、行政あるいはポリフェッサー(politics=政治とprofessor=教授を合わせた韓国の造語、主に否定的な意味で使われる)の道を選ぶか、でなければ講演やメディアへの寄稿などを通じて大衆の中の知識人としての道を選ぶかで悩むのだ。教授職を純粋な研究者と考えるよりは、教授職を足掛かりに他方面へと進出しようとする。官職やポリフェッサーとして足を踏み出せば研究がおろそかになるため、再び学者の道には戻りにくい。それに長官や総理として入閣するようになれば、周囲の同僚教授たちから羨望(せんぼう)のまなざしで見られるようになる。こうした文化は一生懸命に勉強して教授になったことが立身揚名の手段になる韓国のトップ合格DNAが作り出したものだ。

     一方、日本では総理や長官が政治家の家系からほぼ代を継いで誕生するため、一度教授になったら最後まで教授であって、その間に政治や他のことをしようとしない。他の道に「外れる」ことを誇らしく思うこともない。それで会社に入っても引退するまで一分野の研究にだけまい進し、教授になっても一分野の研究にだけ没頭する。このような職人根性DNAが、今日の日本に数十個のノーベル賞を受賞させた原動力となった。

    約10年前、日本の北海道大学に招聘(しょうへい)教授として出向いた際に交わした同僚教授たちとの会話が思い出される。ある日、ソウル大学の総長が国務総理になったというニュースを見て、この話題を取り上げると、日本人教授たちはまるで信じられないといった表情で大変驚いた。たやすくない栄転を成し遂げたと言って驚いているものと思ったら、日本人教授たちはその教授が総理になることを本当に喜んだのかと反対に聞き返してきた。日本人教授らは、教授が総理になることを栄転と見ること自体が大変異常なことだといった表情だった。

     キム・デシク教授は、韓国のエリート世界の限界を冷静に指摘する。「試験でいい点を取る学生は、他人から与えられる問題を解くところまでは容易にやりこなすことができます。しかし、新しい発見、あるいは発明をしたり、新しい理論を構築したりといったことは全く違った次元の話なんです。今からでもこれを修正することができなければ、このまま滅びの道を歩み続けるのです」

     ある研究がノーベル賞の水準にまで上り詰めるには、大学以降平均で30年以上はかかる。従って、ポリフェッサーが栄転である文化では、大学以前の12年の初等中等教育だけを問題視してばかりいられないのだ。

    イ・ヘジョン教育科革新研究所長

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/18/2019101880182.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/10/20 06:08

    引用元: ・【朝鮮日報/寄稿】韓国の勉強文化を表す壮元及第のDNAと日本の勉強文化を表す職人根性のDNA ノーベル賞…[10/20]

    【こんなだからノーベル獲れないの当たり前【朝鮮日報/寄稿】韓国の勉強文化を表す壮元及第のDNAと日本の勉強文化を表す職人根性のDNA ノーベル賞…[10/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/12(月) 23:56:00.46 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ヤン・スンユン韓国外大名誉教授が去る10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自分が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いて、最近の韓日関係に対する自身の解決法を紹介している。ジャカルタ=コ・チャニュ特派員
    no title

    ▲世界史の流れを変えた告発文学という副題がついた「マックス・ハベラー」の表紙

    「日本は韓国を属国で治めた記憶をDNAに持っています。それは変わらないでしょう。壬辰倭乱を除けば、私たちは日本とまともに戦ったことがありません。これから難しい戦いになるでしょう。」

    国内で東南アジア博士学位1号のヤン・スンユン(73)韓国外大名誉教授がインドネシアを訪問して最近の韓日関係について口を開いた。ヤン教授は10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自身が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いた。コンサートには共同翻訳者やインドネシア文化研究院長など70人余りが参加した。

    ヤン教授は日本の真の姿を東南アジアでも見ることができると説明した。彼は「私が毎年講義するジョクジャカルタのガジャ・マダ大の場合、すべての史学科教授が日本奨学生。20年前から大なり少なり日本が着実に関与して、東海を併記してくれという当然の要求もあまり受け入れられない」と話した。また「約束だけおおげさで、あまり守らない私たちとは違い、小さい約束でもよく守るのが日本」と付け加えた。

    日本が東南アジアで永いあいだ精魂込めて信頼を積んだという話だ。ヤン教授は「特に日本は慰安婦問題のような過去の歴史を決して後代に残さないとして、我が国を属国として治めた記憶も忘れない。それだけ難しい相手と繰り広げる労力のいる戦いだけに、必ず勝とうとするなら反日ではなく克日をしなければならない」と強調した。

    それと共に「私たちの後代が厳しい韓半島周辺4強から抜け出すには5強が必要だ。その5強がインドネシアと確信する」と主張した。

    オランダの小説「マックス・ハベラー」はインドネシアを350年間植民支配したオランダの総督府官吏が自国と現地土着支配層の横暴を告発する方式で展開する。1860年の刊行後、19世紀オランダ文学最高傑作に選ばれ、知識人の間で広く読まれながらオランダの強硬な植民政策を変える一助になった。
    (後略)

    ジャカルタ=コ・チャニュ特派員

    ソース:“韓国を属国でここは日本のDNA,5強で克服しなければ”
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/201908120947016198

    引用元: ・【韓国】 「韓国を属国と考える日本のDNA、これから厳しい戦いになる」~韓国外大名誉教授「5強で克服を」[08/12]

    【やめてよ気持ち悪い 【韓国】 「韓国を属国と考える日本のDNA、これから厳しい戦いになる」~韓国外大名誉教授「5強で克服を」[08/12] 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/06/11(月) 11:09:36.26 ID:CAP_USER
    中国との連携を強め、米副大統領を罵倒したかと思えば、「トランプ大統領を内心評価してきた」と手のひら返し。
    その一方でロシアにも接近し……。金正恩・朝鮮労働党委員長のあからさまな「コウモリ外交」について、
    著述家の宇山卓栄氏は「強大な中華帝国に隷属し続けた朝鮮半島の過酷な歴史がその背景にある」と指摘する――。

    ■米中ロの間を渡り歩く北朝鮮

    『イソップ寓話』の中に、「卑怯なコウモリ」という一話があります。
    かつて、獣の一族と鳥の一族が戦争をしていました。
    両者の戦いを見ていたコウモリは、獣の一族が優勢な時、
    彼らに「私は全身に毛が生えているので、獣の仲間です」と言いました。
    鳥の一族が優勢になると、コウモリは彼らに「私は羽があるので、鳥の仲間です」と言いました。

    『イソップ寓話』は紀元前6世紀に、
    ギリシアのアイソーポス(英語読み:イソップ)という人物によって編纂されました。
    こうした寓話には、時代を超越した普遍の真理が隠されているものです。

    北朝鮮の外交はまさに、イソップのコウモリと同じです。
    北朝鮮は中国との連携を強め、ペンス副大統領を罵倒するなど、アメリカを揺さぶっていました。
    トランプ大統領が5月24日、米朝首脳会談を中止すると発表すると、突如態度を変えて、
    「トランプ大統領を内心高く評価してきた」などと言い、今度はアメリカに抱き付いてきたのです。

    その一方で、5月31日、ロシアのラブロフ外相との会談で、
    金正恩委員長は「(アメリカの)覇権主義に対抗して、
    (ロシアの)指導部と綿密に意見交換していきたい」と述べ、プーチン大統領を持ち上げました。

    ■反故にされるとわかっている「合意」

    6月12日の米朝首脳会談やそれ以降の会談で、どんな合意がなされようとも、
    北朝鮮はお得意の「コウモリ外交」で、また手のひらを返し、約束を破ることは間違いありません。
    北朝鮮との外交において大切なのは、「どのような合意をするか」ではなく、合意が破られた後、
    軍事オプションも含めて、「どのように制裁するか」ということです。
    アメリカが多少の妥協をして、何らかの合意をしたとしても、どうせその合意は紙屑になるだけのこと。
    「トランプ大統領が妥協するかどうか」を詮索すること自体、無意味です。

    ボルトン補佐官をはじめとするトランプ政権の強硬派の面々は、「卑怯なコウモリ」が裏切ることを前提にして、
    その首をどのように斬るかということを考えていると思います。それが彼らの最大の役割だからです。
    もし、それができないのならば、トランプ政権はオバマ政権と同様に、歴史に汚名を残すことでしょう。

    ■19世紀末李氏朝鮮の「コウモリ外交」

    とはいえ北朝鮮には、「コウモリ」を演じているという自覚がありません。
    なぜならば、それは歴史的に培ってきた彼らのDNAであり、体に染み付いた自然の習性であるからです。

    19世紀後半の李氏朝鮮時代に閔妃(びんひ)という人物がいました。
    彼女は王妃でしたが、夫の高宗に代わり、実権を掌握していました。

    中国の歴代王朝は、朝鮮を属国にしていました。閔妃の時代の清(しん)も同様です。
    閔妃は宗主国の清にすり寄る一方、明治維新後の日本にも接近しました。
    日本を後ろ楯にすることで、清を揺さぶることができると考えたのです。

    日本は閔妃の「コウモリ外交」を知りながら、惜しみなく朝鮮に資金を援助し、技術開発を支援しました。
    また、日本人の教官が派遣され、近代式の軍隊を創設して軍事教練を施したりもしました。

    清は日本に対抗するため、朝鮮への駐在軍を増強し、朝鮮支配を強化します。
    この時、清の駐在軍を指揮していたのが、若き日の袁世凱でした。
    袁世凱らの軍勢は朝鮮で略奪・強姦を繰り返し、暴虐の限りを尽くします。
    こうして清の支配が強まると、閔妃は日本を裏切り、清にすり寄りはじめました。

    しかし、この時、日本は閔妃を非難しませんでした。
    当時の対朝鮮外交の責任者であった井上馨は、閔妃の「コウモリ外交」を、属国ゆえの悲哀として憐れんだのです。


    no title


    PRESIDENT Online - プレジデント
    http://president.jp/articles/-/25386
    続く)

    引用元: ・【北朝鮮】歴史が予見する"北朝鮮はまた必ず裏切る"朝鮮半島「コウモリ外交」のDNA[06/11]

    【【北朝鮮】歴史が予見する"北朝鮮はまた必ず裏切る"朝鮮半島「コウモリ外交」のDNA[06/11] 】の続きを読む

    このページのトップヘ