まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:DNA

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/12(月) 23:56:00.46 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ヤン・スンユン韓国外大名誉教授が去る10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自分が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いて、最近の韓日関係に対する自身の解決法を紹介している。ジャカルタ=コ・チャニュ特派員
    no title

    ▲世界史の流れを変えた告発文学という副題がついた「マックス・ハベラー」の表紙

    「日本は韓国を属国で治めた記憶をDNAに持っています。それは変わらないでしょう。壬辰倭乱を除けば、私たちは日本とまともに戦ったことがありません。これから難しい戦いになるでしょう。」

    国内で東南アジア博士学位1号のヤン・スンユン(73)韓国外大名誉教授がインドネシアを訪問して最近の韓日関係について口を開いた。ヤン教授は10日、インドネシア、ジャカルタ市内の韓国文化院で自身が翻訳したムルタトゥーリの小説「マックス・ハベラー (Max. Havelaar)」出版記念ブックコンサートを開いた。コンサートには共同翻訳者やインドネシア文化研究院長など70人余りが参加した。

    ヤン教授は日本の真の姿を東南アジアでも見ることができると説明した。彼は「私が毎年講義するジョクジャカルタのガジャ・マダ大の場合、すべての史学科教授が日本奨学生。20年前から大なり少なり日本が着実に関与して、東海を併記してくれという当然の要求もあまり受け入れられない」と話した。また「約束だけおおげさで、あまり守らない私たちとは違い、小さい約束でもよく守るのが日本」と付け加えた。

    日本が東南アジアで永いあいだ精魂込めて信頼を積んだという話だ。ヤン教授は「特に日本は慰安婦問題のような過去の歴史を決して後代に残さないとして、我が国を属国として治めた記憶も忘れない。それだけ難しい相手と繰り広げる労力のいる戦いだけに、必ず勝とうとするなら反日ではなく克日をしなければならない」と強調した。

    それと共に「私たちの後代が厳しい韓半島周辺4強から抜け出すには5強が必要だ。その5強がインドネシアと確信する」と主張した。

    オランダの小説「マックス・ハベラー」はインドネシアを350年間植民支配したオランダの総督府官吏が自国と現地土着支配層の横暴を告発する方式で展開する。1860年の刊行後、19世紀オランダ文学最高傑作に選ばれ、知識人の間で広く読まれながらオランダの強硬な植民政策を変える一助になった。
    (後略)

    ジャカルタ=コ・チャニュ特派員

    ソース:“韓国を属国でここは日本のDNA,5強で克服しなければ”
    https://www.hankookilbo.com/News/Read/201908120947016198

    引用元: ・【韓国】 「韓国を属国と考える日本のDNA、これから厳しい戦いになる」~韓国外大名誉教授「5強で克服を」[08/12]

    【やめてよ気持ち悪い 【韓国】 「韓国を属国と考える日本のDNA、これから厳しい戦いになる」~韓国外大名誉教授「5強で克服を」[08/12] 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/06/11(月) 11:09:36.26 ID:CAP_USER
    中国との連携を強め、米副大統領を罵倒したかと思えば、「トランプ大統領を内心評価してきた」と手のひら返し。
    その一方でロシアにも接近し……。金正恩・朝鮮労働党委員長のあからさまな「コウモリ外交」について、
    著述家の宇山卓栄氏は「強大な中華帝国に隷属し続けた朝鮮半島の過酷な歴史がその背景にある」と指摘する――。

    ■米中ロの間を渡り歩く北朝鮮

    『イソップ寓話』の中に、「卑怯なコウモリ」という一話があります。
    かつて、獣の一族と鳥の一族が戦争をしていました。
    両者の戦いを見ていたコウモリは、獣の一族が優勢な時、
    彼らに「私は全身に毛が生えているので、獣の仲間です」と言いました。
    鳥の一族が優勢になると、コウモリは彼らに「私は羽があるので、鳥の仲間です」と言いました。

    『イソップ寓話』は紀元前6世紀に、
    ギリシアのアイソーポス(英語読み:イソップ)という人物によって編纂されました。
    こうした寓話には、時代を超越した普遍の真理が隠されているものです。

    北朝鮮の外交はまさに、イソップのコウモリと同じです。
    北朝鮮は中国との連携を強め、ペンス副大統領を罵倒するなど、アメリカを揺さぶっていました。
    トランプ大統領が5月24日、米朝首脳会談を中止すると発表すると、突如態度を変えて、
    「トランプ大統領を内心高く評価してきた」などと言い、今度はアメリカに抱き付いてきたのです。

    その一方で、5月31日、ロシアのラブロフ外相との会談で、
    金正恩委員長は「(アメリカの)覇権主義に対抗して、
    (ロシアの)指導部と綿密に意見交換していきたい」と述べ、プーチン大統領を持ち上げました。

    ■反故にされるとわかっている「合意」

    6月12日の米朝首脳会談やそれ以降の会談で、どんな合意がなされようとも、
    北朝鮮はお得意の「コウモリ外交」で、また手のひらを返し、約束を破ることは間違いありません。
    北朝鮮との外交において大切なのは、「どのような合意をするか」ではなく、合意が破られた後、
    軍事オプションも含めて、「どのように制裁するか」ということです。
    アメリカが多少の妥協をして、何らかの合意をしたとしても、どうせその合意は紙屑になるだけのこと。
    「トランプ大統領が妥協するかどうか」を詮索すること自体、無意味です。

    ボルトン補佐官をはじめとするトランプ政権の強硬派の面々は、「卑怯なコウモリ」が裏切ることを前提にして、
    その首をどのように斬るかということを考えていると思います。それが彼らの最大の役割だからです。
    もし、それができないのならば、トランプ政権はオバマ政権と同様に、歴史に汚名を残すことでしょう。

    ■19世紀末李氏朝鮮の「コウモリ外交」

    とはいえ北朝鮮には、「コウモリ」を演じているという自覚がありません。
    なぜならば、それは歴史的に培ってきた彼らのDNAであり、体に染み付いた自然の習性であるからです。

    19世紀後半の李氏朝鮮時代に閔妃(びんひ)という人物がいました。
    彼女は王妃でしたが、夫の高宗に代わり、実権を掌握していました。

    中国の歴代王朝は、朝鮮を属国にしていました。閔妃の時代の清(しん)も同様です。
    閔妃は宗主国の清にすり寄る一方、明治維新後の日本にも接近しました。
    日本を後ろ楯にすることで、清を揺さぶることができると考えたのです。

    日本は閔妃の「コウモリ外交」を知りながら、惜しみなく朝鮮に資金を援助し、技術開発を支援しました。
    また、日本人の教官が派遣され、近代式の軍隊を創設して軍事教練を施したりもしました。

    清は日本に対抗するため、朝鮮への駐在軍を増強し、朝鮮支配を強化します。
    この時、清の駐在軍を指揮していたのが、若き日の袁世凱でした。
    袁世凱らの軍勢は朝鮮で略奪・強姦を繰り返し、暴虐の限りを尽くします。
    こうして清の支配が強まると、閔妃は日本を裏切り、清にすり寄りはじめました。

    しかし、この時、日本は閔妃を非難しませんでした。
    当時の対朝鮮外交の責任者であった井上馨は、閔妃の「コウモリ外交」を、属国ゆえの悲哀として憐れんだのです。


    no title


    PRESIDENT Online - プレジデント
    http://president.jp/articles/-/25386
    続く)

    引用元: ・【北朝鮮】歴史が予見する"北朝鮮はまた必ず裏切る"朝鮮半島「コウモリ外交」のDNA[06/11]

    【【北朝鮮】歴史が予見する"北朝鮮はまた必ず裏切る"朝鮮半島「コウモリ外交」のDNA[06/11] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/23(金) 00:33:09.57 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の市民団体、太平洋戦争犠牲者補償推進協議会は22日、沖縄で日本の市民団体「ガマフヤー」と共同集会を開き、戦争で犠牲になった韓国人の遺族のDNAをデータベース化し、遺骨の鑑定を実施するよう日本政府に訴えた。韓国市民団体の民族問題研究所関係者が伝えた。

    日本政府は昨年成立した戦没者遺骨収集推進法に基づき、沖縄戦で戦死した部隊の遺族に対し、遺骨を送還するためにDNA鑑定に協力するよう呼びかけを始めたが、韓国人遺族については対象外とした。

     両団体は「遺骨には強制動員された韓国人が含まれている」とし、「DNA鑑定の対象に韓国人遺族を含み、遺骨発掘事業に韓国人遺族などが参加できるようにしなければならない」と強調した。

     また「日本政府は沖縄に動員された韓国人の公式の死亡記録がないため行方不明者と規定している」とし、「今まで行方不明というのは当時死亡した可能性が高いということだ。これら遺族に対するDNA鑑定も実施しなければならない」と要求した。

     厚生労働省は昨年、同協議会が韓国人遺族に対するDNA鑑定を行うよう要望書を提出した際、韓国政府から具体的な提案があれば慎重に検討するとして、これまでと同じ立場を繰り返した。

     集会に参加した民族問題研究所の関係者は聯合ニュースの取材に対し、「日本政府の返事から1年が過ぎても、韓国政府は日本に何も提案もしていない」とし、「韓国政府は早く問題解決に動きださなければならず、日本政府も人道的な立場で韓国人の遺骨探しを行わなければならない」と指摘した。


    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170622003400882&site=0400000000&mobile
    2017-06-22 18:34

    引用元: ・【聯合ニュース】韓日の市民団体 戦没者遺骨のDNA鑑定「韓国人も対象に」[6/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【遺骨は要らんと言ったのにな】韓日の市民団体 戦没者遺骨のDNA鑑定「韓国人も対象に」】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/02/27(月) 15:17:25.76 ID:CAP_USER
    【時論】われわれには危機克服のDNAがある=韓国(1)

    「悠久な歴史と伝統に輝くわれわれの大韓国民は3・1独立運動で建設された大韓民国臨時政府の法の正統や不正に抵抗した4・19民主理念を継承して、…われわれと次の世代の安全や自由や幸福を永遠に確保することに決意しながら…」。

    大韓民国は今どこへ向かっているのだろうか。われわれはこの大韓民国をどこに導いていくべきか。大韓民国の歴史で今のように混沌と分裂によって道をさ迷う時期もなかっただろう。

    もちろん、これよりも大きな危機もあった。しかし、その当時は力を合わせてどこへ進むべきかを知っていた。だが、今は方向を失った。このような時は基本に立ち戻るべきだ。国家の目的は何か。国家の主人は誰か。大韓民国憲法全文に明示されている。「われわれと次の世代の安全や自由や幸福を永遠に確保すること」が国家の目的だ。
    国民安全、自由民主主義、国民幸福、そして未来世代への配慮が真の危機克服の道だ。第一に、国民の安全は安全保障から始まる。
    最近、急激に変わりつつある国際情勢は文禄の役と韓日合併を連想させる。文禄の役の直前に黄允吉(ファン・ユンギル)と金成一(キム・ソンイル)の政派的判断を繰り返してはならない。清・日本・米国・ロシアの間で右往左往する姿をまた見せてはならない。

    安保問題でも自由な議論や意見を汲み上げることが必要だ。十分な議論を経ずに結論が出ると、混乱が持続する。密かに強行すればいいという時代遅れのパラダイムをリセットする必要がある。
    韓国安保の最も大きな柱は韓米同盟ということに異論の余地がない。中国の台頭を認める一方で、米中関係の枠組みの中で考えなければならない。
    日本は韓国安保に戦略的資産になるという点を見逃してはいけない。ロシアは北東アジアの平和を新しく議論できる相手という点を忘れてはいけない。

    第ニに、歪められた代議民主主義をリセットしなければならない。権力を委任された為政者が民意をまともに代弁することができず、今日のような混乱をもたらした。今は技術発展によって国民の意思表示が非常に安全で簡単になった。
    重要な懸案に対して民意を汲み上げる電子民主主義制度を導入する必要がある。国民請願制度を活性化し、国民発議立法が可能にしなければならない。国民召還制を導入して国民意思を代弁しない政治家はやめさせるべきだ。帝王的大統領制を直し、不幸がこれ以上繰り返されないように変えるべきだ。
    各政党は次の世代を考えて改憲議論に臨んでほしい。利害関係のために今回の改憲が合意に至らない可能性もある。そのようになれば、次期大統領から適用する改憲でも踏み切る必要がある。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000036-cnippou-kr

    引用元: ・【韓国】バイオ・脳公学科教授「われわれには危機克服のDNAがある」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【何も出来ないDNA】韓国人教授「われわれには危機克服のDNAがある」】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/11/27(日) 09:46:20.01 ID:CAP_USER
    10年余り前、ある警察官が検察に呼ばれた。暴行事件を見逃してやってカネを受け取った疑いがあったからだ。

    当初は、きっぱりしらを切った。「私はその日、非番でした。後輩が勤務していたのに、その友人がそんなことをやるだろうとは思いませんでしたね」。
    調べてみると、非番なのは間違いなかったが、当日勤務していたことが判明した。再び検察にやって来た彼の様子は、全く違っていた。

    検事室のドアを開けるなり、膝を突いた。「検事さん、申し訳ありません!」。検察の取調室で見られるうその風景は、今も変わっていない。
    同じ席で7回も供述を変えた被疑者もいるという。

    数日前、日本の雑誌に「韓国は息をするようにうそをつく国」という記事が載った。

    不快な記事ではあるが、韓国の警察庁の統計を引用して「偽証・詐欺・虚偽告訴の罪で起訴される人間は、
    人口比例で日本の165倍」と突き付けられると、返す言葉がない。

    朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入事件でも、関係者は地位の上下を問わずうそのパレードを繰り広げている。
    崔被告は、娘の小学校時代の同級生の父親が経営する会社に対して現代自動車への納品をあっせんしてやり、金品を受け取っていたことが判明した。

    それでも崔被告は「会社自体を知らない」としらを切ったという。

    朴槿恵大統領は、最初の国民向け謝罪で、崔被告について「演説や広報」に関する意見を聞いていたかのように語っていたが、
    崔被告に送った書類の中には政府高官の人事や、国務会議(閣議に相当)の資料まで含まれていた。

    大統領府(青瓦台)が補佐システムを完備した後は、崔被告に書類を送らなかったと言うが、実際は今年4月まで送っていたことも判明した。

    ミル財団・Kスポーツ財団への強制募金に関与した安鍾範(アン・ジョンボム)前大統領府政策調整首席秘書官と
    李承哲(イ・スンチョル)全国経済人連合会(全経連)副会長も、「大企業が自発的に出したカネ」だと言っていたのに、
    検察に来るとそれぞれ「大統領の指示でやった」「安・前首席がやらせた」と言い出した。

    「一つのうそがばれないようにするためには、別の20のうそをつかなければならない」という言葉がある。

    韓国社会にことのほかうそが多いのは、うそが露見したときの負担よりも、うそで得られる利益の方が大きいからだ-という解釈がある。

    韓国は、法廷でのうそは偽証罪で処罰するが、捜査機関でうそをつくことは、防御権の観点から容認している。
    米国は、参考人・被疑者が捜査機関で無罪を主張するためうそをついた場合には処罰している。
    黙秘権は保証するが、ひとたび口を開いたなら真実を語れ、ということだ。

    朝鮮王朝時代、オランダの船員ハメルは『朝鮮幽囚記』に「朝鮮人はうそをつく傾向が強い」と記した。誇張ということもあり得る。
    しかし崔順実事件を見ていると、韓国人には本当に「うそのDNA」があるのではないか、という恥ずかしい気持ちを抱いてしまうのも事実だ。

    正直さが国を変える、うそをつくな、と教えた島山・安昌浩(アン・チャンホ)が見たら、大地をたたいて嘆き悲しむことだろう。


    2016/11/27 06:03
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/25/2016112501086.html

    関連スレ
    【書籍】 なぜ韓国人は息をするように嘘をつくのか?韓国人だけの「特殊性」5年間追跡分析~キム・ヒョンヒ著「韓国人の嘘」[11/25] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1480178552/

    引用元: ・【朝鮮日報】息をするようにうそをつく韓国人 本当に「うそのDNA」があるのではないか[11/27]©2ch.net

    【【「みんな嘘つき、でも俺は違う」 】朝鮮日報「韓国人には本当に「うそのDNA」があるのではないか」】の続きを読む

    このページのトップヘ