まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:CCTV

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 17:19:36.66 ID:CAP_USER
    中国中央電視台(CCTV)はこのほど、
    中国空軍の主力戦闘機J-11Bとその生産過程と技術についての大規模な報道を行った。
    中国メディアがJ-11B戦闘機を全面的に近距離から外部に伝えるのはこれが初めて。
    no title


    専門家によると、J-11Bは、中国海空軍のスター設備と言える戦闘機で、
    重大ミッションで何度も登場し、中国航空工業もこの機種を通じて製造水準を高めてきた。
    J-11Bは、空軍にとっても、中国の航空工業にとっても、重大な意義を持っている。
    J-11Bについてこれほど立ち入った報道がなされたということは、
    中国空軍がますますオープンな態度を取り、自信を高めているということを側面から示してもいる。

    ■CCTVがJ-11Bの生産過程を暴露

    CCTVは今回、現役の先進戦闘機の製造現場に立ち入っての初の報道を行った。
    映像は全部で11分を超える。

    記者がまず、現場で読み解くという方式で、
    レーダー、光電レーダー、エアインテイク、国産エンジン、搭載兵装の基本的な用途を紹介した。
    その後、炭素繊維復合材料やレーザー積層造形技術(3Dプリンター技術の一種)など
    製造材料と技術についての解説がなされ、最後に瀋陽飛機工業集団の重戦闘機シリーズの展望が示された。

    専門家は、この映像で最も注意を引くのは、3D印刷を行う輸入設備なども映された生産過程だと指摘する。
    またこの番組で明らかにされた最大の情報は、J-11Bがまだ生産を続けているということとも言える。

    客観的に考えて、フェーズドアレイレーダーを備えた
    J-10B/CやJ-16などの戦闘機がすでに部隊に配備され、閲兵を受けている状況下で、
    従来型の機械式スキャンレーダーの搭載されたJ-11Bの技術はすでに遅れていると考えられる。
    また同機は部隊に配備されてすでに長い時間が経っており、
    同機は生産停止に直面していると外部では考えられていた。

    だが今回の番組では、同機がまだ生産されていることが示された。

    メディアが今回、これほど近距離からJ-11Bを扱い、その生産現場と技術を明らかにしたことは、
    この型の戦闘機の技術的な敏感度が低まったことを側面から示している。

    ■米軍機の前で「バレルロール」したスター戦闘機

    CCTVが今回、J-11Bについての大規模な報道を行った重要な原因の一つには、
    同機が海空軍のスター戦闘機であり、海空軍の各種の重大ミッションで幅広く登場しているということが挙げられる。
    同機はこれまで、空軍の開催した一般開放の航空イベントで、
    飛行デモンストレーションや展示を何度も行い、その高い機動性を示してきた。

    海軍のJ-11BHは南中国海方向で国外の軍用機を追い払うのに何度も使われてきた。
    米国の偵察機を「バレルロール」で妨害したと米国にいわれなき非難を受けているのはまさにこの戦闘機だ。

    専門家によると、この時期にJ-11Bの大規模な宣伝がなされ、
    国慶節(建国記念日、10月1日)前に『空天猟』が上映されるのは、
    一方では第19回党大会に捧げる贈り物となり、
    もう一方ではまもなく訪れる第68回空軍設立記念日を祝う措置となると考えられる。

    以下ソース:中国網 2017年9月18日
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2017-09/18/content_50019962.htm

    引用元: ・【中国】J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道[09/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【設計図盗んででっち上げ】中国空軍の主力戦闘機J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/02/21(土) 19:00:37.58 ID:???.net
    no title

    イケメンキャスター降板の裏にセックススキャンダル(ロイター)

     中国で政界やマスコミを揺るがすスキャンダルが勃発している。国営放送「中国中央テレビ」(CCTV)の人気男性キャスターが、中国共産党幹部の妻20人以上の“夜のお相手”をしていたことが現地メディアの報道で判明。
    ベッド上で聞き出した内部情報を漏洩(ろうえい)させたとして中国当局に身柄を拘束されているというのだ。キャスターには米系メディアのスパイ疑惑もかけられており、騒動はさらに拡大しそうな気配だ。

     香港の大衆紙「蘋果日報(アップルデイリー)」など複数の中国メディアによると、スキャンダルの“震源”は、CCTVで夜の経済報道番組「経済信息聯播」のキャスターを務めていた●(ゼイ)成鋼(ぜい・せいこう)氏(37)。

     昨年7月に突然、番組を降板。中国の検察当局に拘束されたとみられ、長らく消息不明だったが、その後の調査でゼイ氏が、党幹部の妻20人以上の「情夫」だったことが判明。
    プライベートの場で仕入れた党の内部情報を外部に流出させていた疑いも出ているという。

     「ゼイ氏が“ご奉仕”していたのは、党の次官級以上の役職に就く高官の妻たち。
    いずれも自分より20歳から30歳以上、年上で、ゼイ氏は行為の一部始終を隠し撮りするなどあらゆる方法で相手を籠絡し、機密情報を引き出していたようだ」(現地事情通)

     ゼイ氏と親しい相手の中には、習近平国家主席による「反腐敗運動」で失脚した令計画・人民政治協商会議副主席の妻も含まれていたとされ、地元メディアはその親密さを称して「姉弟同然」と報じている。

     渦中のゼイ氏は、父親が小説家、母、姉ともにアナウンサーという家庭に生まれた。

     王毅外相を輩出した外交官を養成する専門大学「外交学院」を卒業。
    英語を得意とし、2010年、韓国ソウルで開かれたG20では、「私がアジアを代表する」と、オバマ米大統領にしつこく質問する姿が話題を呼ぶなど、中国では「国際派キャスター」として知られた存在だ。

     『中国「猛毒食品」に殺される』(SPA!BOOKS新書)の著者でジャーナリストの奥窪優木氏は、
    「国粋主義的な言動を繰り返すことでも有名だった。自身のブログで米国の大手コーヒーチェーン、スターバックスが北京の故宮内に店舗を開いたことを『スタバは故宮から出ていけ』などとブログで非難し、店舗を閉鎖に追い込んだこともある。
    体制側の人間だとみられていたこともあって、突然の降板に驚く人が多かった」と解説する。

     ゼイ氏は、欧米メディアの関係者との付き合いも豊富だった。

     「一部では米国のスパイ疑惑もささやかれているが、今回のスキャンダルには、胡錦濤前国家主席の側近だった令計画氏の妻も絡んでいる。
    こうしたことから、習近平国家主席の政敵潰しに利用されたのではないか、という見方も出ている」(奥窪氏)

     キャスターの仮面を被った“マダムキラー”の夜の人脈に注目が集まっている。

     ※●=草かんむりに内の中が人ではなく入

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150221/frn1502211700006-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150221/frn1502211700006-n2.htm

    引用元: ・【中国】国営放送人気キャスター、共産党幹部妻20人以上の“情夫”だった![2/21]

    【どういうスケジュールだったんだろう 【中国】国営放送「中国中央テレビ」(CCTV)人気キャスターぜい・せいこう氏、共産党幹部妻20人以上の“情夫”だった![2/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ