1: まぜるな!キケン!! 2023/10/02(月) 06:44:21.65 ID:djnKW2bY
618人ががんになった原発周辺村の住民の訴訟 因果性の立証責任、住民に押しつけ…韓水原は何もせず
no title


「原告らの控訴をすべて棄却し、控訴費用は原告の負担とする」

 2023年8月30日午後、釜山市巨堤洞(プサンシ・コジェドン)の釜山高等裁判所457号法廷。
判事(民事5部キム・ジュホ部長判事)の主文は短かったが、その余韻は長かった。
小さな法廷のあちこちで一瞬ため息が漏れた。
判事はすぐに次の事件の判決結果を読み上げ、傍聴客10人余りはぞろぞろと法廷を後にした。
法廷の外で待っていた記者団も彼らと共に移動した。

 その後すぐに裁判所正門前で記者会見が開かれた。
月城(ウォルソン)原発周辺地域移住対策委員会のファン・ブンヒ副会長(76)がマイクを握った。
「住まいが原発に近いほど、そこで暮らしている期間が長いほど、多く被ばくしています。体に放射能が入り込んでいます。
なのに、私たちの安全ではなくただ基準値を突き付けるのは、あまりにもひどい仕打ちではないですか。
9年も裁判を引き延ばして、今回はきちんとした判断するのではという期待もありましたが、本当に言葉も出ないほど失望しました」

 今度は記者会見の司会を務めた「脱核釜山市民連帯」のカン・オンジュ執行委員がマイクを握った。
「住民の体からトリチウムが検出されており、染色体に異常があります。数多くの証拠を提出しました。
ところが因果関係がないと言われました。証拠になるようなものを韓国水力原子力(韓水原)は提出したことがありません。
訴訟人団に立証責任を負わせているのです」

 この日の判決は、2015年2月に始まった「甲状腺がん共同訴訟」の2審だった。
1年6カ月前の1審に続き、この日の2審でも彼らは敗訴した。
原告は、国内の原子力発電所の放射能被ばくで甲状腺がんを患ったと主張する618人とその家族2882人。
彼らは再び控訴する考えだ。

■ 「加害者が無害であることを証明しない限り、責任は免れない」

 始まりは「キュンド君一家訴訟」だった。同じ家に住む4人の大人のうち3人ががん患者で、
またそこで生まれた子どものキュンド君には発達障害がある。
一家は釜山市機張郡(キジャングン)と蔚山市蔚州郡(ウルサンシ・ウルチュグン)
にまたがる古里(コリ)原発周辺で20年間暮らした。2012年7月、キュンド君の母親であるパク・クムソンさんは、
原発が排出する放射線によって甲状腺がんが発病したと主張し、韓水原を相手取って2億ウォン(約2200万円)の
慰謝料請求訴訟を起こした。
パクさんは2014年10月、1審で韓水原に1500万ウォン(約165万円)の慰謝料の支給を命じる一部勝訴判決を言い渡された。
この判決文で判事は、立証責任が誰にあるかが重要だと指摘した。

 「公害訴訟において、事実的な因果関係の存在に関して科学的に厳密な証明を被害者に求めることは、
公害による司法的救済を事実上拒否する結果になりうる。
加害企業が何らかの有害な原因物質を排出し、それが被害者に到達して損害が発生したとすれば、
加害者側がそれが無害であることを証明できない限り、責任を免れないとみるのが社会の公平の観念に合致する」

 甲状腺がん共同訴訟は、この判決文から始まった。パク・クムソンさんの1審判決から2カ月後の同年12月から2016年11月まで、
同じ主張の訴訟4件が相次いでなされた。
原告は新ハヌル原発(慶尚北道蔚珍郡147人)と月城原発(慶尚北道慶州市陽南面94人)、
古里原発(釜山機張郡と蔚山蔚州郡251人)、ハンビッ原発(全羅南道霊光郡126人)から
直線距離15キロ以内の最隣接地域の住民であり、甲状腺がんを患った当事者とその家族だ。
彼らは原発と平均7.4キロの距離で19.4年間暮らした。
ー後略ー

全文はソースから、(2)もあります
登録:2023-09-27 11:15 修正:2023-10-01 07:19
https://japan.hani.co.kr/arti/politics/47964.html

引用元: ・【ハンギョレ】 5歳児の体から大人より大量のトリチウム検出…韓国、9年間の原発「がん訴訟」 [10/2] [仮面ウニダー★]

【トリチウムだけじゃないから 【ハンギョレ】 5歳児の体から大人より大量のトリチウム検出…韓国、9年間の原発「がん訴訟」 [10/2] [仮面ウニダー★]】の続きを読む