1: ねこ名無し ★ 2017/10/23(月) 08:42:16.76 ID:CAP_USER
「breaking 9.99(9.99秒突破)」

これは、韓国陸上界の「短距離の希望」金国栄(キム・グクヨン、26)が今年8月、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」に書き込んだ言葉だ。自身のメーン種目である100メートルで9秒台を出すという決意だった。

2010年に徐末九(ソ・マルグ)=故人=の韓国記録(10秒34)を31年ぶりに破り注目された金国栄はこれまで5回、韓国新記録を更新した。金国栄が今年6月に塗り替えた100メートルの韓国新記録は10秒07。「魔の9秒台」までたった0.08秒という記録だった。

「金国栄の9秒台」への夢は次に持ち越された。金国栄は22日に忠州総合運動場で行われた全国体育大会男子一般の部100メートル決勝で、10秒03を記録して優勝した。

これは、自身が出した韓国記録を0.04秒縮めたものだが、追い風が秒速3.4メートルと強く、公認記録にならなかった。国際陸上競技連盟(IAAF)の規定では、追い風が秒速2メートル以上だと公認記録にならない。

レースを終えた金国栄は、10秒台の記録に満足できないという表情だった。金国栄は「追い風が強くて(公認記録にはならなくても)9秒台を十分に出せたはずなのに、残念だ。50メートル以降をもっと加速させる練習を集中的にしたい」と語った。

忠州=チュ・ヒョンシク記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/23/2017102300642.html

引用元: ・【韓国】韓国陸上界「短距離の希望」 金国栄、追い風参考10秒03[10/23]

【【これすら日本の後追い追求かよ 】韓国陸上界の「短距離の希望」金国栄、「10秒切れなかったのは追い風のせい」】の続きを読む