まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:1位

    1: 動物園φ ★ 2019/01/09(水) 09:41:15.53 ID:lV1R41Zi
    サムスン電子、「グローバル半導体王座」返却可能性... 今年も「危険」
    記事入力2019-01-09 06:11

    第4四半期の売上高見通し20兆ウォン下回っ... インテルは21兆ウォンを突破予想

    (ソウル=聯合ニュース)イスングァン記者=昨年第4四半期」アーニングショック」の実績を記録したサムスン電子が最大の競合他社である米国のインテルに「グローバル半導体王座」を再マイ与えよ可能性があることが分かった。

    特にメモリ半導体価格下落が今年もしばらく続くと予想され、2年天下」になるという、やや時早い悲観論も出ている。

    9日、業界によると、昨年第4四半期、サムスン電子の半導体事業の売上高は20兆ウォンを下回ったと推定される。 過去2017年第4四半期から続いていた'20兆ウォン台の売上高の行進」が中断されることになる。

    特に、昨年第3四半期に記録した過去最高の24兆7千700億ウォンと比較すると、急激な下げ幅で、今年も四半期の売上高20兆ウォン台を回復するには容易ではないというのが証券の代替的な見通しである。

    これに比べて、インテルは、昨年10月末に発表した業績ガイダンスで、昨年第4四半期の売上高見通しを190億ドルで提示した。 約21兆3千600億ウォンに達する額で、サムスン電子より良い成績だ。

    前期実績(192億ドル)と大きな差がないのだが、サムスン電子の相対的な不振で1位復帰に「青信号」が点灯しているわけだ。

    サムスン電子は、去る2017年第2四半期に売上高17兆5千800億ウォン(約158億ドル)を上げながら、インテル(148億ドル)を初めて上回った。 なんと24年間、世界中の半導体業界で「皇帝」として君臨していたインテルを権力の座から押し出した歴史的事件として記録された。

    特に2017年全体としても、サムスン電子は74兆3000億ウォンの売上高には、Intel(628億ドル・約69兆1000億ウォン)を予想よりも大きい差で押し出したのに続いて、昨年も全体的なパフォーマンスは、1位の座を維持したこと暫定集計された。

    実際に、過去7日のグローバル市場調査会社ガートナーが発刊した報告書によると、サムスン電子は昨年758億ドルの売上高を記録し、インテル(659億ドル)を上回った。

    問題は、今年のサムスン電子半導体事業の回復がのろいと予想され、また、インテルの「権力の座」を思い付く公算が大きいだろう。

    昨年下半期からDラムとNAND型フラッシュなどのメモリ製品の価格が比較的大幅に低下中で、インテルの「主力」である非メモリ市場は相対的に不振の程度が少ないためである。

    ちょうど最近、メモリ市場不振の要因として指摘されているデータセンターの需要の減少が非メモリ業界にも少なからぬ影響を及ぼしているうえ、今年の下半期からは、メモリ製品の価格が上昇に転じるという期待感もあって下手予断することは難しいという指摘もある。


    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D001%26aid%3D0010569119 ate%3D20190109%26type%3D1%26rankingSeq%3D1%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhhUdgZXXkDaiIrHsorWesId_N14cQ

    引用元: ・【韓国経済崩壊】三星電子、半導体1位から転落へ

    【お陀仏やで 【韓国経済崩壊】三星電子、半導体1位から転落へ 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/24(火) 13:21:02.54 ID:CAP_USER
    米国市場で1位の日本インスタントラーメンを追撃する韓国(1)

    2018年07月24日10時57分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    no title


    先月29日(現地時間)、米ロサンゼルス(LA)郊外チノバレーの台湾系大型スーパーマーケット「99ランチマーケット」。

    売り場の真ん中にあるインスタントラーメンコーナーに行くと、赤の包装に黒で「辛」と鮮明に書かれた韓国の農心辛(シン)ラーメンが目に入った。隣にも農心のノグリラーメンとキムチラーメンが置かれていた。その下にもティギム(天ぷら)うどんや生麺など農心のインスタントラーメンが並んでいる。一番上にもハングルと英語で包装された見慣れた製品があった。オットギジンラーメン、パルドビビン麺、三養(サムヤン)プルタッポックム麺…。

    うれしくなってさらに近づいてみると、韓国の製品だけではなかった。サッポロ一番・東京・日清・マルちゃんなど日本のインスタントラーメンも並んでいる。このほかマレーシア、タイ、中国の製品もある。あたかも「ラーメンエキスポ」に来たようだ。

    世界インスタントラーメンの激戦地の米国で韓国ラーメンが世界の人々の味覚を変えている。かつてインスタントラーメン元祖の日本ラーメンが米国市場の主流だったとすれば、今では農心を筆頭に韓国ブランドがシェアを急速に増やしている。さらに中国や東南アジア国家のラーメンまでが新しく登場している。

    韓国貿易投資振興公社(KOTRA)によると、米国は韓国から最も多くのインスタントラーメンを輸入している。米国は昨年、韓国から5862万ドル(約66億円)分のインスタントラーメン製品を輸入し、ラーメン輸入全体の26.6%を占めた。米国市場で韓国ラーメン製品の輸入は前年比16.38%増えるなど増加傾向が続いている。

    クォン・オソクLA貿易館長は「SNSで辛い韓国ラーメンへの挑戦が紹介され、世界の若年消費者の間で韓国ラーメンに対する関心が高まっている」とし「特に辛い味を好むヒスパニック系消費者の間でも韓国式の辛いスープのラーメンは人気がある」と説明した。

    米国インスタントラーメン市場は年間12億4000万ドル規模。市場シェア1位は日本のマルちゃん(46%)だ。2位は日清(30%)で、韓国を代表する農心はシェア15%で3位に入る。ここで注目すべき点は伸び率だ。農心の米国市場シェアは10年前まで2%にすぎなかった。しかし最近は毎年14%ずつ売上高が増え、速いペースで元祖の日本インスタントラーメンを追い上げている。

    1971年に初めて米国市場に進出した農心は現地で徐々にシェアを拡大し、2005年にはロサンゼルス地域にラーメン工場を建設した。北米地域で唯一の韓国インスタントラーメン工場だ。ここで生産される16種類のインスタントラーメンは年間3億個を超え、カナダ・米国・メキシコで販売されている。

    先月29日に訪問した農心ロサンゼルス工場は巨大だった。ロサンゼルス都心から東に100キロほど離れた小都市ランチョクカモンガにある5万2000平方メートル(約1万5600坪)規模の農心アメリカ法キャンパスには、長さ100メートルのインスタントラーメン生産ラインが5本もあった。道路の向かい側には工場の半分規模の施設に研究開発(R&D)とマーケティング本部・倉庫などの施設まで備えていた。

    農心アメリカ法人のチャン・ウジン部長は「最近、工場の施設規模を大幅に拡大した」とし「R&D施設があるところは1週間前に新しく入ったところ」と説明した。続いて「現地の人々の好みに合わせて韓国産製品とは違う製品の開発をしている」と伝えた。実際、農心アメリカ法人が生産する製品16種類うち6種類は韓国にはない製品だ。烏龍麺・キムチ・純などだ。

    http://japanese.joins.com/article/439/243439.html?servcode=300&sectcode=320&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【話題】米国市場で1位の日本インスタントラーメンを追撃する韓国 マルちゃん(46%)、日清(30%)、農心(15%)

    【【話題】米国市場で1位の日本インスタントラーメンを追撃する韓国 マルちゃん(46%)、日清(30%)、農心(15%) 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/20(金) 16:43:57.80 ID:CAP_USER
    EUが発表した革新力量、世界最高は韓国…日本は?
    2018年07月20日14時32分
    [? 中央日報日本語版]

    欧州連合(EU)が2018年国別革新力量評価で韓国を1位に選んだ。2013年の評価以降、大韓民国が6年連続で1位を占めた。

    EU執行委員会はEU加盟国28カ国と近隣8カ国、米国、日本、オーストラリア、中国、韓国などEUの主要競争10カ国の革新指数を20日、発表した。

    韓国の革新指数は129.2(2010年EUの平均革新指数100を基準)で1位を占めた。2位はカナダ(122.5)、3位はオーストラリア(116.9)、4位は日本(107.4)、5位は米国(105.2)の順となっている。次いで中国、ブラジル、南アフリカ共和国がランキングに入った。

    EU執行委員会は、韓国の25~64歳の高等教育人口、公共分野の研究開発(R&D)支出、民間分野のR&D支出、商標出願、デザイン出願などで韓国を高く評価した。執行委は2001年から革新条件・投資・革新活動・波及効果など4分野で10部門27項目の細部指標を活用して革新力量を評価している。

    http://japanese.joins.com/article/373/243373.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【国際】革新力量ランキング、韓国が6年連続で世界1位

    【【国際】革新力量ランキング、韓国が6年連続で世界1位 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/05(木) 06:43:56.66 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が元・現大統領の好感度調査で最も高い36%の支持を受けた。

    世論調査専門会社リサーチビューがニューシスの依頼で3月末に定期調査をした結果によると、文大統領は朴正熙(パク・ジョンヒ)元大統領(支持率27%)に9ポイントの差をつけて高感度トップとなった。次いで盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領(19%)、金大中(キム・デジュン)元大統領(7%)、金泳三(キム・ヨンサム)元大統領(3%)、李明博(イ・ミョンバク)元大統領と朴槿恵(パク・クネ)前大統領(ともに2%)の順だった。

    これは12月末に比べて文在寅大統領、朴正熙元大統領、金泳三元大統領は1ポイントずつ上昇したが、盧武鉉元大統領、金大中元大統領、李明博元大統領、朴槿恵前大統領は1ポイントずつ下落した。

    金大中元大統領、盧武鉉元大統領、文在寅大統領の好感度の合計は62%と、朴正熙元大統領、金泳三元大統領、李明博元大統領、朴槿恵前大統領の4人の元大統領の好感度を合わせた34%に比べて28ポイント高かった。

    また、文大統領の職務評価は「良い」が70%(「非常に」46%、「少し」24%)、「悪い」が26%(「少し」9%、「非常に」17%)と、「良い」が44ポイント高かった。「良い」「悪い」の数値は前回の調査と比べてほとんど変化がなかった。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.joins.com/article/285/240285.html

    引用元: ・【韓国】元・現大統領の好感度、1位は文大統領、2位は…[04/04]

    【【韓国】元・現大統領の好感度、1位は文大統領、2位は…[04/04] 】の続きを読む

    《 
    1: 豆次郎 ★ 2018/05/02(水) 09:43:46.56 ID:CAP_USER
    Record China
    韓国人の「嫌いな国」、トップは日本=中国ネットの反応は?


    1日、中国メディアの騰訊網に「韓国人の嫌いな国トップ3は全てアジアの国」とする記事が掲載された。資料写真。

    2018年5月1日、中国メディアの騰訊網に「韓国人の嫌いな国トップ3は全てアジアの国」とする記事が掲載された。

    記事は韓国メディアの報道を引用し、韓国の市場調査専門会社トレンドモニターが1日発表した「外交関係」の認識調査で、韓国人の最も嫌いな国は日本であることが分かったと伝えた。

    それによると、「好感が持てない国」として、回答者の62.4%が日本を挙げた。中国は58.3%で、北朝鮮は53.9%、米国は24.9%、ロシアは24.0%だった。

     》

    ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

    引用元: ・【調査】『韓国人の嫌いな国』1位は日本 以下、中国、北朝鮮、米国、ロシアと続く

    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-596808/

    【【調査】『韓国人の嫌いな国』1位は日本 以下、中国、北朝鮮、米国、ロシアと続く 】の続きを読む

    このページのトップヘ