まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:1位

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/22(月) 10:57:59.63 ID:CAP_USER
    韓国貨幣

    韓国の家計負債が主要国と比較して最も速く増えていると確認された。特に今年は新型コロナウイルスの余波で民間部門の信用規模が過去初めて国内総生産(GDP)の2倍を大きく上回る見通しだ。

    国際決済銀行(BIS)が21日に公開した43カ国のGDP比負債比率報告書によると、韓国のGDP比の民間部門(家計+企業)信用の割合は昨年10-12月期基準197.6%で、前四半期の195.0%より2.6ポイント上がった。シンガポールの7.2ポイント、チリの3.1ポイントに次いで上昇速度が3番目に速かった。2018年10-12月期と比較すると10ポイントの上昇だ。

    特に家計部門の信用増加速度は比較対象国のうち最も速かった。GDP比の家計信用の割合は昨年10-12月期基準95.5%で前四半期の93.9%より1.6ポイント高くなった。香港の1.6ポイントと同水準で増加した。ノルウェーが1.0ポイント、中国が0.8ポイント、ベルギーが0.8ポイントなどと続いた。GDP比の家計信用の割合の絶対水準はスイスが132.0%、オーストラリアが119.5%、デンマークが111.7%などに続く7位だった。

    非金融企業信用のGDP比の割合は102.1%で前四半期の101.1%より1ポイント上がった。シンガポールの6.9ポイント、チリの2.7ポイント、サウジアラビアの2.1ポイントに続き4番目に上昇幅が大きかった。2018年と比較してもシンガポールの11.1ポイント、チリの9.2ポイント、スウェーデンの7.3ポイントに続き4番目に増加速度が速かった。GDP比の非金融企業信用の割合の絶対水準は17位で日本の103.9%と同水準だった。

    負債増加の流れは当分続くものとみられる。特に今年はGDP比の民間部門信用の割合が過去初めて200%を超えるのが有力だ。新型コロナウイルス感染拡大の余波で家計と企業とも借り入れが大幅に増加しているためだ。これに対し経済協力開発機構(OECD)が予測した韓国の今年のGDP成長率はマイナス1.2%水準だ。

    韓国銀行によると、5月末基準で銀行の企業向け貸付規模は945兆1000億ウォンだ。今年に入ってから76兆2000億ウォン増え、すでに昨年の増加幅44兆9000億ウォンを超えた。特に大企業が5月までで27兆5000億ウォンを銀行から借り入れ、増加傾向を主導した。昨年大企業は2兆4000億ウォンの借り入れを純償還した。

    家計向け貸付も大幅に増えた。5月基準で銀行の家計向け貸付残高は920兆7000億ウォンだ。今年に入り32兆4000億ウォン増えた。特に6月には信用貸付が急増している。17日基準で新韓銀行、国民銀行、ハナ銀行、ウリィ銀行、農協銀行の5大銀行の個人向け信用貸付残高は116兆5544億ウォンで5月末より1兆8685億ウォン増えた。すでに5月1カ月間の信用貸付増加幅1兆689億ウォンを上回った。

    延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は「新型コロナウイルス拡散前から負債が急速に増加していたが、新型コロナウイルスがこれを加速化した側面がある。成長と投資に寄与する負債ではなく、生存のための負債が大幅に増加するのは今後民間と政府部門に大きな負担を与えるほかない」と話した。

    6/22(月) 9:59 中央日報日本語版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/de7b36963bc3bb8afaaa7604ee316d7be7cdff84

    引用元: ・【借金自転車操業するニダ】韓国、GDP比の家計負債増加速度1位…信用貸付も急増 [6/22] [新種のホケモン★]

    【今更泣き言言うな 【借金自転車操業するニダ】韓国、GDP比の家計負債増加速度1位…信用貸付も急増 [6/22] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/20(木) 17:06:28.00 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/HTcAsv7.jpg
    no title

    no title


    文化体育観光部(省に相当)海外文化広報院が韓国を含む16カ国・地域の8000人を対象に、昨年7月から8月にかけて実施したオンラインによるアンケート「2019年度大韓民国国家イメージ調査」の結果、外国人10人中8人は韓国のイメージを肯定的だと評価していることが分かった。 では、韓国を代表するイメージ、外国人が考える韓国のイメージについて調べてみよう。

     外国人が韓国に関して最もよく接することができる分野に対する回答では、K-POP、映画、ドラマなど大衆文化が37.8%で最も多かった。以下、経済(16.8%)、安保(13.9%)、文化遺産(10.5%)などが後に続いた。

     外国人は韓国を代表するイメージとして、K-POPや歌手(12.5%)を最も多く挙げた。そのほか韓国料理・食品(8.5%)、文化・文化遺産(6.5%)などの順だった。

     また、韓国に対する情報を得る媒体としてはテレビ、ラジオなど放送(66.6%)やインターネット、ショーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などオンライン(63.9%)が多いことが分かった。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/20/2020022080119.html
    朝鮮日報日本語版 2020/02/20 11:18

    引用元: ・【即席国家】外国人に聞く、韓国を代表するイメージ1位は? K-POPや歌手(12.5%)韓国料理・食品(8.5%)文化・文化遺産(6.5%)[2/20]

    【数が少なすぎる 【即席国家】外国人に聞く、韓国を代表するイメージ1位は? K-POPや歌手(12.5%)韓国料理・食品(8.5%)文化・文化遺産(6.5%)[2/20]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/16(木) 07:18:45.43 ID:CAP_USER
    ● 「IMFが韓国の経済成長率を1位予想」報道に韓国ネット大喜び


    2020年4月15日、韓国・世界日報は「国際通貨基金(IMF)が発表した今年の経済成長率予想で、韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国36カ国のうち1位となった」と報じた。

    記事によると、IMFは韓国の今年の経済成長率をマイナス1.2%と予想した。仮にそうなれば22年ぶりのマイナス成長となる。ただ、この数値はOECD加盟国のうち最も高いという。マイナス1%台は韓国のみで、後にはハンガリー(マイナス3.1%)、チリ(マイナス4.5%)、ポーランド(マイナス4.6%)、ルクセンブルク(マイナス4.9%)、トルコ(マイナス5.0%)、日本(マイナス5.2%)、米国(マイナス5.9%)が続いた。

    また、昨年10月の予想と比べて最も低下幅が小さかったのも韓国(マイナス3.4ポイント)で、後には日本(マイナス5.7ポイント)、ハンガリー(マイナス6.4ポイント)が続いたという。

    韓国の経済成長率予想の低下幅が相対的に小さかった原因について、記事は「新型コロナウイルス感染の防疫の成果と景気対応策により、経済への打撃が相対的に少なかったとみられる」と分析している。

    これに韓国のネットユーザーからは「新型コロナウイルス事態はやっぱり文大統領の対応が正しかった」「国を封鎖していたらこの数値は出ていなかった」「マイナスだから悪いとばかり思っていた。OECDで1位だったなんて!」「韓国は世界最高の国になった」など文政権への称賛の声が続出している。

    ただ、一部からは「全員不合格の中で1位を獲ってうれしい?」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)


    レコードチャイナ
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw7038935

    引用元: ・【国際】IMF「韓国の経済成長率は1位の予想」→韓国ネット大喜び「韓国は世界最高の国に」 [4/16]

    【真生のアホだな 【国際】IMF「韓国の経済成長率は1位の予想」→韓国ネット大喜び「韓国は世界最高の国に」 [4/16]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/12(木) 11:01:55.59 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルス感染症の拡散で韓国の消費心理が経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も大きく下落したことが分かった。

    12日、OECDによると、2月韓国消費者信頼指数(CCI)は1月(100.0)より0.4ポイント下落した99.6だった。

    OECD加盟国25カ国の中で最も下げ幅が大きかった。OECDが発表する消費者信頼指数は100を下回れば消費者が今後の景気と雇用動向を悲観的に捉えているということを示す。

    韓国法務部と与信金融協会などによると、2月第3週目の映画観覧客は1年前より57%減り、遊園地入場客は71.3%急減した。消費者が食事の約束を減らし、外出を避けることで百貨店、飲食・宿泊業界の売り上げも減少した。


    ⓒ 中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/263589?servcode=300&sectcode=300

    2020.03.12 10:49

    引用元: ・【韓国1位】韓国、OECD加盟国の中で消費心理指数の下げ幅1位[3/12]

    【一位好きやろ。 おめでとう 【韓国1位】韓国、OECD加盟国の中で消費心理指数の下げ幅1位[3/12]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/13(月) 11:23:05.68 ID:CAP_USER
    記事入力2020.01.13。 午前9:31

    [ソウル経済]韓国全体の失業者のうち、20代後半が占める割合が7年目、経済協力開発機構(OECD)の最高水準であることが分かった。

    13日(現地時間)OECD統計によると、2018年に韓国全体の失業者で、25?29歳の失業者が占める割合は21.6%で、OECD 36カ国の中で最も高かった。 2位はデンマーク(19.4%)、3位はメキシコ(18.2%)であり、米国はこれより低い13.0%、日本は12.6%、ドイツは13.3%である。

    韓国15歳以上の人口のうち、20代後半では7.8%に過ぎないが、失業者5人に1人は20代後半日程度である。 韓国は2012年以来、7年の間、失業者のうち、20代後半の割合がOECD 1位だった。

    2011年までは、ギリシャ、スロベニアがそれぞれ20.8%で1位、韓国は20.1%で、これらのより低かった。 ギリシャは2010年に国際通貨基金(IMF)の救済金融を受けた私だ、スロベニアは世界的な金融危機の中の経済がマイナス成長した。

    2012年に入って、ギリシャはこの比率が18.7%、スロベニアは19.9%に低下したが、韓国は所定の位置に滞在し、36カ国のうち1位を占めた。 その後もまだ20%台を上回る高い水準だ。

    大学進学率などを考慮すると、20代後半の失業率の状況を単純比較するのは難しい。 就職市場に飛び込むの年齢層で失業率が相対的に高いのは一般的な現象だが、韓国の場合、このような現象がひどい。

    専門家は「大・中小企業間の賃金格差が大きく青年たちが求職期間が長くても、大企業にドゥルオガギルウォンであり、企業の立場では大卒初任給が高く、労働の柔軟性は低く、新規雇用を気にするために、このような現象が現れた」と指摘した。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm id1%3D101 id%3D011%26aid%3D0003679535&usg=ALkJrhgj2pseuIXLgSLlhc62NqfS0jEIRA

    引用元: ・【国際】韓国20代後半の失業者の割合、7年目OECD 1位

    【失業強国おめでとう!【国際】韓国20代後半の失業者の割合、7年目OECD 1位】の続きを読む

    このページのトップヘ