まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:黒字

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/20(火) 17:05:15.57 ID:CAP_USER
    韓国鉄道公社が昨年の純利益を実際よりも3943億ウォン(約347億円)水増しし、実際には1050億ウォンの赤字だったにもかかわらず、2893億ウォンの黒字と公表していたことが分かった。同公社は黒字公共機関に分類されるために、事実上の粉飾会計に及んだのではないかと指摘されている。

     総理室、企画財政部によると、粉飾会計の疑いは、監査院が最近鉄道公社など23の公共機関を対象に実施した「公共機関決算監査」で明らかになった。

     監査院は鉄道公社が法人税法上の収益を誤って算定し、収益を過大計上したと結論づけた。鉄道公社の外部監査法人である大手会計事務所のサムジョンKPMGによる会計監査に問題があったのではないかとする責任論も浮上している。鉄道公社側は「法人税法の改正内容を公社と会計法人が認識できず、収益を過大計上した。監査院の監査で帳簿上の収益を削除した」と説明した。

     鉄道公社は今年6月に発表した企画財政部の2018年の公共機関経営評価で17年(C等級・普通)よりも1段階高いB等級(良好)に分類された。元国税庁幹部は「今回の事例は企業の経営実績を良く見せかけようと利益を水増しする事実上の『粉飾会計』だ」とし、「誤った業績に基づき、職員に成果給を支給したり、さまざまな金融上の優遇を受けたりすれば、結局国民が被害を受けることになる」と話した。

     鉄道公社による収益水増しは公共機関の放漫な経営と会計の実態を端的に示している。鉄道公社は慢性的な赤字にもかかわらず、昨年には職員1人当たり平均で1081万ウォンの成果給、賞与を支給した。2万8000人以上の職員に総額3000億ウォン以上を支給したことになる。役員は3500万~5500万ウォンを受け取った。

    鉄道公社の負債は15年時点の13兆4502億ウォンから昨年には15兆5532億ウォンへと2兆ウォン以上増えた。16年の2265億ウォンの赤字に続き、17年には赤字が8555億ウォンへと急増した。一方、職員の定員は15年の2万7981人から今年6月末には3万2267人へと4286人(約15%)増えた。今年も昨年より1段階高い18年の経営評価等級(B等級)に基づき、成果給を支給する見通しだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の選対出身で、昨年2月に鉄道公社社長に就任から10カ月後、江陵線KTX脱線事故で引責辞任した呉泳食(オ・ヨンシク)元社長も数千万ウォンの成果給を受け取るとみられる。

     他の公共機関も事情に大差はない。放漫な経営や会計を監視するシステムが作動しないままだ。339ある公共機関のうち、監査院の監査対象は23にすぎない。韓国電力公社など一部の政府系企業は上場しているが、金融監督院の監理を受けない。公共機関の大半が会計処理の「死角地帯」に置かれていることになる。大手会計事務所幹部は「公共機関の会計監査は監視の目が少なく、会計法人が安易に考えているのは事実だ」と話した。

     公共機関の業績を水増しして、成果給を大盤振る舞いしたり、故意に業績を過小計上して脱税したり、政府の予算配分を多く受け取ったりするケースもある。これも全て国民が被害を受ける。

     これに先立ち、韓国農漁村公社は経営実績評価で高評価を得るため、14-15年に総額9637億ウォン規模の国策事業の工事が終了していないにもかかわらず、完成したかのように処理し、総理室に摘発された。

     韓国産業銀行は11年の営業利益を最大2443億ウォン水増しし、行員に成果給を上積み支給したことが監査院の監査で指摘された。

    アン・ジュンヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/20/2019082080008.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/08/20 09:00

    引用元: ・【朝鮮日報】慢性赤字の韓国鉄道公社、4千億ウォンの粉飾会計で黒字偽装[8/20]

    【どいつもこいつも嘘つきなんだな 【朝鮮日報】慢性赤字の韓国鉄道公社、4千億ウォンの粉飾会計で黒字偽装[8/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/12(金) 12:15:26.41 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓日関係の冷え込みが続き、2019年1~5月は日本の総輸出に占める対韓輸出の割合が17年ぶりに6%台に落ち込んだ。
    日本の総輸入に韓国産が占める割合も4.1%と、3年ぶりの低水準となった。だが、韓国は依然として日本の貿易黒字相手国の順位で3位を維持している。

    日本は1965年の韓日国交正常化以降の53年間、韓国との貿易で一度も赤字を出したことがない。

    日本にとっても韓国は重要な輸出相手国であるため、8月にも韓国を「ホワイト国」(安全保障上の友好国で輸出手続きを簡素化する国)の指定から外し、
    輸出規制を拡大すれば、日本もかなりの打撃を受ける見通しだ。

    韓国貿易協会傘下、国際貿易研究院のムン・ビョンギ首席研究員は、日本の措置は韓日両国にマイナス影響を与えると指摘。
    ただ、「今は自国産業が被害を受けることになっても韓国の主力品である半導体を攻撃し、交渉で優位に立つという政治的な意図がより大きく働いている」と懸念を示した。

    日本でも懸念の声が強まっている。朝日新聞は3日付の社説で、「韓国と取引する日本企業にも被害が跳ね返る公算が大きい。
    将来的には韓国企業が供給元を変える可能性もある」などとして輸出規制の撤回を促した。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/12/2019071280115.html

    引用元: ・【聯合ニュース】 韓国は日本の黒字相手国3位 輸出規制拡大なら日本も打撃を受ける

    【妄想ばっかしてんじゃねえよ【聯合ニュース】 韓国は日本の黒字相手国3位 輸出規制拡大なら日本も打撃を受ける 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/03(月) 09:35:39.89 ID:CAP_USER
    韓国の5月の輸出が前年同月比で9.4%減少した。4月(2.0%減)よりも減少幅が拡大した。輸出品目でトップの半導体の輸出が31%も減少し、対中輸出も20%の落ち込みだった。

    5月の貿易収支は22億7000万ドルの黒字だったが、前年同期を64%も下回った。輸出がマイナスに転じたのは6カ月前からで、不吉な兆候だ。

    韓国政府は商品、サービス、所得の各収支を総合した経常収支は83カ月連続の黒字が4月でストップする可能性があるとの見方を示している。4月の経常収支が外国人への配当支払いで小幅の赤字になるとの予想だ。

    外国人への配当は毎年4月に海外に流出するドル建て資金だ。経常収支が7年ぶりに赤字となれば、主因は輸出減少なのだが、それを認めたくないために他の理由を付けた格好だ。

    5月の貿易収支黒字が4月(40億ドル)の約半分に減少した点からみて、経常収支の赤字が5月も続く可能性がある。輸出全体の21%を占める半導体の価格(8ギガビットDRAM)が最近4ドルを割り込んだ。市場は半導体価格の回復時期が来年4-6月にずれ込むとの見方が出ている。

    輸出は韓国経済を支える柱だ。韓国政府は2005年以来13年ぶりに昨年の民間消費の伸び(2.8%増)が経済成長率(2.7%)を上回ったと自慢しているが、輸出は昨年の経済成長率に半分程度寄与した。

    今年の成長率予測値(2.5%、韓国銀行)のうち内需と輸出の寄与度はそれぞれ1.5ポイント、1.0ポイントだ。輸出のマイナスが続けば、成長目標の達成は難しくなる。

    韓国経済の対外信用度を支えてきた2本の柱は財政の健全性と経常収支黒字だ。財政の健全性は税金ばらまきで急激に損なわれており、経常収支までもが7年ぶりに赤字となれば、対外信用度に赤信号がともりかねない。

    外国為替市場では既に不安な兆候が見られる。ウォンの対ドル相場は年初来で7%も下落し、1ドル=1200ウォンを割り込むウォン安水準が迫っている。

    こうした中で韓国経済に悪影響を与える米中貿易紛争はエスカレートする一方だ。

    中国は今月から米国産の輸入品600億ドル相当に25%の報復関税をかけ始めた。米国は中国の反発に構うことなく、報復関税の対象から除外されていた残る輸入品3000億ドル相当にも追加報復関税をかけることを検討している。

    米中貿易戦争は関税戦争から「為替戦争」「技術戦争」へと拡大する可能性が高い。「安全保障は米国、経済は中国」という構図をこれ以上持続することが難しい状況になった。

    不安な国民は金やドルを買い、企業は海外投資に没頭している。そうした状況にもかかわらず、大統領は「韓国経済は成功に向かっている」と述べ、経済副首相は「下半期には改善する」という言葉ばかりを繰り返している。


    2019/06/03 08:40
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/03/2019060380008.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字  大統領は「韓国経済は成功に向かっている」 [06/03]

    【言ってることは間違ってないwww 【朝鮮日報】 韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字  大統領は「韓国経済は成功に向かっている」 [06/03] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/02(土) 22:18:07.26 ID:CAP_USER
    今年5月の韓国の経常収支が103億6000万ドルの黒字となり51カ月連続の黒字を記録した。今年に入ってから最大規模だ。

    韓国銀行が1日に発表した「5月の国際収支(暫定分)」によれば、経常収支の黒字は103億6000万ドルと集計された。経常収支は2012年3月から51カ月連続での黒字で最長記録となった。黒字の規模は4月の33億ドルに比べ再び大幅に増えた。
    韓国銀行は輸出の減少幅が大幅に低くなりながら経常収支の黒字が再び増えたと説明した。

    商品輸出は397億9000万ドルで1年前より6%減少した。これと同時に商品の輸入も328億1000万ドルで1年前より9%減少した。輸出の減少幅よりも輸入の減少幅がより大きいために黒字が発生するという不況型黒字の様相を継続した。

    サービス収支は、建設収支やそのほかの事業サービス収支などが改善されて赤字規模が4月の16億2000万ドルから11億4000万ドルに減った。金融勘定では89億3000万ドルの純資産の増加を記録した。

    http://japanese.joins.com/article/735/217735.html

    引用元: ・【経済】韓国5月の経常収支、今年に入り最大規模の黒字記録…51カ月連続 不況型黒字の様相を継続[7/02]©2ch.net

    【韓国5月の経常収支、大幅黒字。4月の3倍以上!】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/02(木) 10:10:40.09 ID:CAP_USER
    輸出不振の影響で、韓国の4月の経常収支黒字が激減した。基幹産業である造船・海運業の競争力が低下し、構造調整に苦しむ中、輸出統計にも赤信号がともった。

    韓国銀行によると、4月の経常収支黒字は33億7000万ドルで、3月(100億9000万ドル)の3分の1に落ち込み、昨年4月(77億3000万ドル)の半分に満たなかった。
    月次ベースでは2014年1月(18億7000万ドル)以降で最低だった。

    4月の輸出は前年同月比19.2%減少し、輸入の減少幅(18.7%減)を上回った。主力品目の輸出が軒並み落ち込んだ。
    ディスプレー用パネルの輸出が30.7%減少したほか、家電製品(25.0%減)、乗用車(18.3%減)、精密機器(16.5%減)、
    鉄鋼製品(13.9%減)などが2桁台の落ち込みとなった。

    輸出不振の影響で、産業生産も停滞している。統計庁がこのほど発表した4月の産業生産は、前月を0.8%下回り、3カ月ぶりのマイナスとなった。
    造船受注残高が急減し、造船業が90%を占める「その他輸送設備」の生産が前月を12%下回った。

    これは世界的な景気低迷で世界の貿易が縮小する中、中国などライバル国に追い上げられたためとみられる。
    外部環境は当面改善が見込めないため、韓国の輸出体質の改善が急がれるとの指摘が出ている。

    ■世界的な貿易縮小の影響

    世界貿易機関(WTO)によると、今年1-3月の世界71カ国の相互貿易額は6兆9450億ドルで、前年同期(7兆5260億ドル)に比べ7.7%減少した。
    第1四半期の世界の貿易額が6兆ドル台に落ち込んだのは、2010年(6兆4480億ドル)以来6年ぶりだ。

    世界の輸出で3.5%を占め、国内総生産(GDP)に占める輸出の割合が半分を超える韓国は、世界貿易の縮小による影響を直ちに受ける。
    1-3月の韓国の輸出減少幅(13.3%減)は、アジアでシンガポール(14.4%減)、インドネシア(14.0%減)に次いで大きかった。

    経済協力開発機構(OECD)は先月16日に発表した韓国経済に関する報告書で、
    「輸出依存度が高い韓国経済の特性上、世界貿易の回復が遅れることは、韓国経済の持続的成長にとって最大のリスク要因だ」と警告した。

    各国による保護貿易の動きが強まり、世界的な需要低迷が続く中、世界貿易の見通しも明るくない。

    国際通貨基金(IMF)は「世界的な貿易の伸びの鈍化傾向は景気変動とは関係ない構造的な要因であり、
    世界経済が回復しても以前にように貿易が増えることはない」と診断した。

    ■中国に追われ、中国国内でも苦戦

    縮小する世界市場で韓国は中国に追い上げられている。
    国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、2005-14年の中国の世界貿易市場に占めるシェアは7.6%から13.3%へと5.6ポイント上昇したが、
    韓国は2.9%から3.3%へと0.4ポイント上昇するにとどまった。

    韓国銀行によると、電子、機械、石油化学、鉄鋼金属など4大主要産業の世界シェアは中国の3分の1前後だ。
    半導体は05-13年の間に韓国のシェアが9%から11%に上昇したが、中国は5%から20%へとシェアを高め、韓国を抜いた。

    韓国の輸出の26%を占める最大市場中国でも韓国の存在感は低下している。輸出から消費へと経済体質を転換している中国の政策に対応が遅れている格好だ。
    昨年韓国は対中貿易で469億ドルの黒字を上げたが、消費財部門では122億ドルの赤字だった。

    ■原油安で産油国の消費減少

    原油安は中東・中南米など原材料輸出国の消費を低迷させ、韓国の輸出に悪影響を与える。
    5月31日現在でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油価格は1バレル49ドルで、26ドルにまで低下した年初よりは持ち直したが、
    60ドルを上回っていた昨年5-6月と比べれば依然安値だ。

    1-3月の韓国の中南米・中東向け輸出はそれぞれ前年同期比で30%、22%減少し、主要地域別で最も減少幅が大きかった。

    また、石油化学も原油安で輸出単価が下落するという直撃を受けている。
    1-3月の石油化学輸出は30%減少し、ディスプレー用パネル(35%減)に次いで減少幅が大きかった。

    韓国貿易協会国際貿易研究院のキム・グクス院長は「大企業の輸出依存度を低下させ、しっかりした輸出中小企業を育成する一方、
    輸出先も中国一辺倒から脱却する努力が必要だ」と指摘した。

    2016/06/02 09:17
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/02/2016060201019.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/02/2016060201019_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国の輸出に赤信号、経常収支黒字が3分の1に[06/02]©2ch.net

    【韓国の4月の経常収支黒字、先月比3分の1、前年の半分以下】の続きを読む

    このページのトップヘ