まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:驚き

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/04(水) 11:45:59.37 ID:CAP_USER
    (古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授)
    (前略
    日本と韓国の情報収集ギャップ

     防衛問題専門紙の「ディフェンス・ニュース」(8月29日号)に論文として発表した。

     マックスウェル氏は米国陸軍の将校として在韓米軍・参謀本部に勤務した経験を持つ等(略

    「韓国は北朝鮮とその支援国の手中に陥っている」というタイトルの同氏の論文は、韓国が日本との軍事情報を交換する協定の破棄を決めたことの誤りや危険性を強調していた。

     同論文がとくに注目されるのは、韓国には人工衛星で北朝鮮内部の軍事動向を探知する偵察能力がまったくないという指摘だった。一方、日本にはその偵察能力があるから、GSOMIAの破棄はむしろ韓国にとって不利な状況を招くという。

    その点について同氏の論文は以下のように述べていた。

    「韓国と日本は2016年11月に、北朝鮮の弾道ミサイル発射と通常戦力作戦に関する秘密情報を含めた軍事情報を交換する協定『GSOMIA』に調印した。だが韓国側の人工衛星による情報取得の能力は、南北軍事境界線の南側の領域対象だけに限られている。一方、日本の自衛隊は、軍事境界線の北側の北朝鮮軍の動向を偵察できる偵察衛星数機を保持している。GSOMIAはこうした両国間の情報収集ギャップを埋める協定だった」

     マックスウェル氏はこれ以上は韓国の偵察衛星の能力には触れていなかったが、韓国が現在にいたるまで北朝鮮領内を偵察できる独自の人工衛星を保有していないことは韓国側からの情報でも明らかとなっていた。

    断られた偵察衛星の「レンタル」
     考えてみれば、これは驚くべき現実である。北朝鮮は長年、韓国を公然たる敵とみなし、いつでも軍事攻勢をかけられるかのような言動をとってきた。トランプ政権の圧力により最近こそ敵対的な姿勢は後退したかに見えるが、北朝鮮の韓国に対する軍事的脅威は変わってはいない。

    その韓国が、北朝鮮内部のミサイル発射や地上部隊の進撃の動きをつかむ人工衛星を保有していないというのだ。

     韓国の中央日報などの報道によると、韓国政府は2017年8月に、レーダー搭載衛星4機と赤外線センサー搭載衛星1機の計5機の偵察衛星を2021年から3年の間に打ち上げて運用するという計画を発表した。しかし、この計画が完成する2023年まで、つまり2017年から約6年間は、北のミサイル発射の兆候を探知する方法がない。そこで、韓国軍は偵察衛星の「レンタル」というアイデアを思いつき、諸外国に打診したという。

     このあたりの実情は日本でも産経新聞の岡田敏彦記者が2017年9月に詳しく報道していた。韓国政府はイスラエル、ドイツ、フランスの3国に偵察衛星の借用を求めたが、いずれも断られたというのだ。その結果、現在にいたるまで韓国は独自の北朝鮮偵察用の衛星を持っていない。この韓国の態度を、岡田記者は楽観や怠慢が原因だとして批判していた。

    一方、日本は北朝鮮のテポドン・ミサイルの脅威への自衛策として、2003年頃から北朝鮮の軍事動向を探知できる人工偵察衛星の打ち上げ計画に着手した。2013年には光通信衛星とレーダー衛星という2種類の偵察衛星を打ち上げて組み合わせることで、北朝鮮内部の動きを探知できるようになった。

     人工衛星はその後、機能強化、追加の打ち上げなどを経て、現在も光通信衛星2機、レーダー衛星5機の運用体制が保たれているという。つまり、北朝鮮内部の危険な軍事行動を察知する人工衛星の情報収集能力は、韓国よりも日本のほうがずっと高いということなのだ。

     マックスウェル氏は、だからこそ韓国が日本との軍事情報交換の協定を破棄することは賢明ではないと断じるのだ。北朝鮮の軍事動向に関する情報源は、もちろん人工衛星以外にも北朝鮮内の通信傍受やスパイや脱北者からの通報など多々あるが、偵察衛星の役割も非常に大きいといえる。

     米国の人工衛星での情報収集能力は、言うまでもなく日本よりずっと高い。韓国政府はGSOMIAがなくても、これまでと同様に米国からその情報を入手することができる。だが、それでも日本からの情報を遮断する措置は害はあっても益はない、ということだろう。

    米国にとっては「裏切り行為」
     マックスウェル氏はこの論文で、韓国のGSOMIA破棄が米韓同盟に悪影響を与える点も強調していた。

     同論文によると、トランプ政権のエスパー国防長官は、8月に韓国を訪問して文在寅大統領と会談した際、GSOMIAの継続を相互に確認し合ったと解釈していた。だから、米側は文政権の今回の措置を裏切り行為に近いと捉えているという。(略

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57495
    JBpress 2019.9.4(水)

    引用元: ・【無能力】驚きの事実、韓国は北朝鮮内を偵察できていなかった 想像以下だった情報収集力、GSOMIA破棄で打撃を受けるのは韓国[9/4]

    【全然驚くことじゃない【無能力】驚きの事実、韓国は北朝鮮内を偵察できていなかった 想像以下だった情報収集力、GSOMIA破棄で打撃を受けるのは韓国[9/4] 】の続きを読む

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 21:54:53.76 ID:???.net
    2015年10月21日、韓国・テレビ朝鮮は、韓国政府による歴史教科書の国定化方針に賛否両論が渦巻く中、
    北朝鮮からの脱北者が韓国の歴史教育の実態を目にし衝撃を受けていると伝えた。

    昨年から今年にかけ韓国に脱北して来たという女性2人は、現在使われている韓国の歴史教科書について
    「主体思想(朝鮮労働党の統治・指導の指針とされる思想)の原文そのままが記されていた」
    「北朝鮮と同じ教育政策に思えた」ことから、「衝撃を受けた」と声をそろえた。
    1人は、「南韓(韓国)でも赤化統一(共産主義による南北統一)を望んでいるかと感じたほどだ」と語る。

    また、金日成(キム・イルソン)元国家主席の功績を示すため、北朝鮮では1937年の
    普天堡の戦いなど「抗日武装闘争時期」について詳しく教育されるが、
    韓国の教科書でも同時期の内容が強調されており、この点にも2人は驚いたという。

    これについて、韓国のネットユーザーからも、驚きや不安のコメントが寄せられた。

    「そこまでひどいのか。知らなかった」
    「これじゃ本当に赤化統一される」
    「どの教科書に書いてあるのか、誰が作ったのか調べて追及しよう」

    「ここまで意図的に歪曲(わいきょく)されているんだから、国定化は当然だ」
    「韓国には実にスパイが多いんだな」
    「韓国の左傾化は深刻なレベルだ」

    「政府や与党がなぜ突然教科書の問題を取り上げたのか、理由があったんだね」
    「一日も早い国定化が必要だ」
    「国のこの先が心配だ」(翻訳・編集/和氣)

    http://www.recordchina.co.jp/a121715.html

    引用元: ・【韓国】「衝撃!韓国の歴史教育はまるで北朝鮮」脱北者の証言に韓国ネットも驚き「そこまでひどいのか」「国のこの先が心配だ」[10/22]

    【知らないお前らがバカなだけだろ? 【韓国】「衝撃!韓国の歴史教育はまるで北朝鮮」脱北者の証言に韓国ネットも驚き「そこまでひどいのか」「国のこの先が心配だ」[10/22]】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/02/26(木) 18:08:33.58 ID:???.net
    【2月26日 AFP】中国東部・山東(Shandong)省の平度(Pingdu)で、生後7か月のトラが高層ビルから転落死したと国営紙が25日、報じた。
    春節(旧正月、Lunar New Year)を祝う花火に驚いて転落したのではないかという。

     地元紙「半島都市報(Peninsula City News)」によると、春節の夕食会から車で帰宅する途中の男女が、高層ビルの脇に大きな動物が
    倒れているのを発見し警察に通報した。2人は大型犬だと思ったという。同紙が掲載した写真には、頭部から血を流して地面に横たわる
    トラの姿が映っている。

     中国では大量の花火を打ち上げて新年を祝う伝統がある。警察では、高層ビルの一室で飼われていたトラが、花火の音に驚いておりを
    飛び出し、転落したのではないかとみている。

     トラは骨などが伝統薬の材料として珍重され、中国で人気が高い。国内のトラ飼育数は近年急増しており、現在は約200か所の飼育場で
    およそ6000頭が飼育されている。一方、100年前には10万頭いた野生のトラの生息数は、国際自然保護連合(International Union for the
    Conservation of Nature)によれば既に3000頭に激減し、絶滅の危機にある。

    ソース(AFP BB News) http://www.afpbb.com/articles/-/3040851
    写真=中国北部河南省の許晶で飼育されているシベリアトラ(2010年3月16日撮影、資料写真)。
    no title

    引用元: ・【中国】高層ビル脇にトラの死骸…春節の花火に驚き転落死?[02/26]

    【飼えるのかww 【中国】高層ビル脇にトラの死骸…春節の花火に驚き転落死?[02/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ